【完全版】ハウスメーカーの特徴を徹底比較!選ぶポイントもご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家を建てるにあたって、さまざまなハウスメーカーや住宅会社を調べはじめると、どの企業にすればよいのか迷ってしまう方は少なくありません。資料を集めてみたものの、比較するとどの企業も良さそうに見えてしまい、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ハウスメーカーで家を建てる方に向けて、各ハウスメーカーの特徴(構造、デザインなど)やおすすめのポイントなどについて比較しながら詳しく解説します。ハウスメーカー選びで悩んでいる方は、各社の特徴をしっかりと理解して、後悔のない選択をしてください。

1.ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、住宅に使われる部材を工場生産し、効率的な建て方になるようにシステム化している住宅会社のことです。全国展開している大手ハウスメーカーや、特定の地域で展開する中堅ハウスメーカーなどがあります。

基本的にはどの地域においても同じ部材で建てられますが、たとえば多雪地域では耐久性を高めるなど、地域ごとの特徴に合わせた対応も可能です。住宅デザインはある程度制限されることもありますが、内装や設備などは工務店のように自由に選択できるケースもあります。また、完全自由設計にも一部対応している場合がありますが、建築費用は通常よりも割高になります。工程がマニュアル化されていることで、完成までの期間の見通しがつきやすいため、希望の完成時期がある方は予定をたてやすい面があります。

一般的にハウスメーカーは、営業・設計・現場・アフターメンテナンスとそれぞれ担当部署があります。それゆえ部署ごとに担当者が変わり、連絡の申し送りが不十分なときもあるでしょう。しかし、部署ごとに対応してくれることで迅速な対応につながるのです。

2.大手ハウスメーカーの特徴

大手ハウスメーカーここからは、大手ハウスメーカーの特徴をご紹介します。構造・工法やデザインの違い、おすすめポイントなどをお伝えしますので参考にしてください。なお、この章でご紹介する住宅会社のほとんどは、全国展開しています。

住宅会社 構造 特徴 耐震性
木造 鉄骨
積水ハウス 重厚感と落ち着きのあるデザイン ・ダナミックフレームシステム
・制震構造システム「シーカス」
ダイワハウス 天井が高い住空間 ・エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」
・xevoΣの「持続型耐震構造」
住友林業 × 木の質感と高級感のある住空間 ・BF構法
・地震エネルギー吸収パネル
ミサワホーム × 木質系内装材のMウッドが特徴 ・制震装置「MGEO」
・モノコック構造
一条工務店 × デザインバリエーションが豊富 ・ツインモノコック構造
セキスイハイム ビル型デザインの外観とハイブリッド住宅が特徴 ・ボックスラーメン構造
・ハイブリッド耐震GAIASS(ガイアス)
三井ホーム × 西洋スタイルが特徴 ・プレミアム・モノコックG
ヘーベルハウス × 丈夫なALC外壁はデザインも豊富 ・制震フレーム「ハイパワードクロス」
・重鉄システム・ラーメン構造
トヨタホーム × 溶接技術をいかした性能の高さが特徴 ・パワースケルトン構造体
・制震装置「T4システム」

2-1.積水ハウス

積水ハウスは、テレビCMなどでも目にする機会が多いため、知名度はかなり高いでしょう。ダイナミックフレーム・システムの鉄骨構造と、シャーウッド構法による木造構造があり、どちらも独自の工法による高い耐久性を確保しています。
積水ハウスの住宅デザインには華美な演出があるわけではありませんが、重厚感と高級感があり、幅広い年齢層に好まれるシンプルな色づかいが特徴です。
鉄骨造と木造の両方の取り扱いがありますので、構造・工法をどちらかに決めかねている方や、アフター管理までしっかりと対応してもらいたいと考えている方におすすめです。

2-2.ダイワハウス

ダイワハウスは、ユニークなテレビCMが話題の大手ハウスメーカーです。地震などの揺れを吸収する耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」を採用する鉄骨造や、耐力壁「Gran-Device(グランデバイス)」を採用する木造という選択肢があります。1階の天井高は2m72cmと、一般的なハウスメーカーの天井よりも高く設定され、開放感のある空間が特徴です。
住宅デザインは、シンプルモダンな雰囲気を得意としています。天井の高さとともに、室内は途中の柱がない大空間とすることも可能です。洗練されたデザインは都市型住宅に興味を持つ方に好まれています。

2-3.住友林業

住友林業は、「木」へのこだわりをもつ大手ハウスメーカーです。独自技術の木造ビッグフレーム構法が強靭な構造体を可能にしています。また、将来的なメンテナンスを考慮した耐久性にもこだわりがあり、構造躯体、外装、屋根の防水については30年の初期保証がつくなど長もちする家を目指しています。

「木」をふんだんに取り入れた落ち着きのあるデザインは、住友林業の特徴といえます。使う部位によって樹種を変え、適材適所で重厚感や高級感を演出。幅広い年齢層が好む住宅デザインですが、ハイグレードな内装素材も扱っており、本物の素材に興味がある方にもおすすめです。住友林業は全国展開していますが、展示場がない地域も一部ありますので、事前に確認してください。

2-4.ミサワホーム

ミサワホームも全国的に知名度のある大手ハウスメーカーです。木質系パネルのモノコック構造を採用していることが特徴で、従来の柱や梁にパネルを貼り、一体構造で「面」にすることで強度を確保します。また、壁内部に制震装置「MGEO(エムジオ)」を採用しているため、地震などのエネルギーを約50%カットできるとされています。
ミサワホームはデザイン、設計に力を入れているメーカーで、幅広い年齢層に好まれる堅実なデザインと、細かい部分のセンスの良さがポイントです。中2階に収納庫を設ける「蔵のある家」はロングセラーといえます。性能、デザイン、価格それぞれを重視したい方におすすめです。

2-5.一条工務店

一条工務店は、木質系のモノコック構造を採用しているハウスメーカーです。建物構造を柱や梁の点で支えるのではなく、パネルを貼って面で支えることで、耐震性に優れた住まいを提供しています。高気密・高断熱の高性能な家づくりで質の高い住宅ながら、納得の価格で提供することをアピールポイントとし、モデルハウスの仕様が標準仕様であるとしています。
モダンから洋風、和風まで、デザインのバリエーションが多い点も特徴です。ヨーロピアンスタイルを採用している洋館「セゾン」は、本物の素材であるレンガタイル仕様を採用しており、重厚感、高級感がお好みの方におすすめです。

2-6.セキスイハイム

セキスイハイムは、鉄骨造りのボックスラーメン構造を採用している大手ハウスメーカーです。柱や梁の接合部の強度を高めるため、鉄骨は工場内において大型溶接機械で強固に接合させてから現場に出荷します。また、地震などのエネルギーを適度にコントロールするために、堅さとしなやかさの両面を組み合わせたハイブリッド耐震「GAIASS(ガイアス)」も採用できます。
セキスイハイムの住宅デザインは、都会的なビル型が多く、モダンなデザインが特徴的です。華美な印象はありませんが、シンプルで飽きのこないスタイルを好む方におすすめです。

2-7.三井ホーム

三井ホームは、木質系のモノコック構造を採用する大手ハウスメーカーです。オリジナル技術のダブルシールドパネルで壁周囲を囲むことで、一体した面で支える耐震性の高さを確保しています。
また、構造体である柱や梁を緊結する金物にも特徴があります。一般的に構造体を緊結するときは専用の金物にピンを打ち込む方法を採用しますが、三井ホームではコネックといわれる面でできた金物も採用しているのです。
三井ホームの住宅デザインは個性的といえます。クラシックな西洋スタイルも得意としていますが、モダンや和風の住宅もセンスと高級感のあるデザインが特徴です。レンガや石材などハイグレードな素材も多用しており、本物の素材に興味がある方におすすめです。全国に展示場を設けていますが、一部でモデルハウスのない地域がありますので、確認してみてください。

2-8.ヘーベルハウス

ヘーベルハウスは、外壁素材に特徴をもつハウスメーカーです。「比類なき壁」とアピールするのは、ヘーベルといわれるALC(軽量気泡コンクリート)。コンクリートのように強度がありながら軽量化を実現したヘーベル外壁は、耐久性に優れていることも特徴です。構造体は、重量鉄骨・システムラーメン構造を採用しており、高層ビルにも採用される「オイルダンパー」で耐震性能を高めています。
ヘーベル外壁では壁のデザインを形成できるため、タイルや石、陶器など好みの素材のものを選択できます。外側から見ても素材の厚みや重厚感を感じさせる点は、ヘーベル外壁の特徴といえます。ヘーベルハウスは、東北や四国を除いた地域に展示場があります。

2-9.トヨタホーム

トヨタホームは、鉄骨ラーメン構造、鉄骨軸組工法を採用しているハウスメーカーです。鉄骨の形、接合方法などには、トヨタグループとして自動車づくりで培った技術を生かしています。また、独自のT4制震システムを採用することで、耐震+制震性の高さを確保しています。
住宅デザインとして突出した個性はないものの、幅広い年齢層に好まれる色調でまとめられていますので、気に入るものが見つかるでしょう。和モダンデザインや、都市型ビルのようなデザインも取り扱っています。トヨタホームの展示場は東北から九州まで展開しており、関東、中部、近畿地方に多く出店しています。お住まいの地域で対応しているか、事前に調べておくことをおすすめします。

3.個性派ハウスメーカーの特徴

ここからは、個性的な特徴を持つハウスメーカーをご紹介します。

3-1. スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは北欧仕様で家を建てることができるハウスメーカーです。
北欧ではスタンダードな回転式の木製3層ガラス窓や、高気密・高断熱システムを取り入れていることが特徴です。また、北欧デザインを取り入れた独特の外観や、無垢の木材がふんだんに使われた内装が魅力でしょう。高性能かつ自然派志向の方におすすめです。

3-2. アエラホーム

アエラホームは、高性能住宅とデザインのコストバランスに優れたハウスメーカーです。木造構造を採用し壁周囲をアルミ箔で覆われた高性能断熱材で包むことで、冷暖房のロスを少なくする省エネ住宅を実現しています。限られた予算の中で最大限の理想の住まいを実現したい方におすすめです。

3-3. 土屋ホーム

土屋ホームは、北海道の厳しい環境で培った経験を生かした高断熱・高気の住宅が特徴のメーカーです。高級注文住宅と位置付けられる「カーディナルハウス」と、企画型住宅と位置付けられる「リズナス」が柱になっています。設計に力を入れており、ハイグレードな素材も積極的に採用しています。

3-4.東急ホームズ

東急ホームズの特徴は、本格的な西洋デザインを取り入れていることです。現在では西洋デザインを扱うメーカーもありますが、東急ホームズは以前から個性的デザインの住宅を提供しており、ノウハウがあることが特徴でしょう。色づかいやアクセント部材などは輸入住宅そのもので、西洋スタイルがお好みの方におすすめです。

3-5. 日本ハウスホールディングス

日本ハウスホールディングス(旧東日本ハウス)は和風づくりの家に強く、ヒノキなどの木材にこだわりがあります。伝統的な和のスタイルから、現代的な和モダンスタイルまでバリエーションも豊富です。

4.ハウスメーカーを選ぶポイント

ハウスメーカー 選ぶポイントハウスメーカーを選ぶには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。ポイントをご紹介していきます。

4-1.住宅性能・技術力

ハウスメーカーにはそれぞれ、木造や鉄骨などの構造に違いがあります。どのような構造・工法なのか、耐震性の特徴は何か、各社の住宅性能や技術力をしっかりと理解することが大切です。中には、パンフレットを読んだだけでは理解できない部分もあります。資料を読むだけでなく社員の方からきちんと説明してもらい、場合によっては模型などで確認してください。

また、ほとんどのハウスメーカーは施工を地域の施工会社に外注します。部材は工場生産されるため、品質のばらつきなどは心配ありませんが、現場施工の面ではきちんとした施工会社が着手しているか確認が必要でしょう。できればご自分で建築中の現場に行き、職人さんの仕事ぶりや対応力などを見て、整地のレベルなどをチェックしてみてください。

4-2.デザイン性

ハウスメーカーを選ぶとき、デザインを重視する方は多いのではないでしょうか。長く愛着をもてる住宅を建てるには、自分の好みが反映されていることは大切です。とはいえデザインのみを優先させることは避け、住宅性能と併せて検討してください。

4-3.住宅メーカーの信頼度

ハウスメーカーは、業務によって担当部署が分かれていることが多く、家を建てたあとはアフターメンテナンス部署が対応します。家は建ててからが本当に長いお付き合いのはじまりですので、アフターメンテナンスの充実度は重要なポイントです。また、地域内でのメーカーの評判にも注目してみてください。トラブルの多いハウスメーカーの場合、まれに訴訟が起きるケースもありますので、このような事例がないかチェックすることも大切です。

4-4.家族の意見が分かれる?

どのハウスメーカーを選択するか、家族内で意見が分かれることは珍しくありません。夫は住宅性能を重視したいが妻はデザインを重視したい、といったケースもあります。最終的にはどちらかに決めることになりますが、大切なのは納得いくまで話し合うことです。どこを妥協せずどこを譲歩すべきか、優先順位を決めながら話し合うことで、どちらを選択しても後悔のない選択につながります。

まとめ

ハウスメーカー選びで迷っている方に向け、大手ハウスメーカーを中心に個性的なハウスメーカーもご紹介し、ハウスメーカーを選ぶときのポイントについてもお伝えしました。
注文住宅に興味を持つきっかけがデザインなのか住宅性能なのかなどは人それぞれでしょう。どういった点に強みをもつのか各社の特徴をしっかりと理解したうえで、展示場に行って実際の建物を体感し、後悔のない選択ができるようにしてください。

SNSでもご購読できます