【ハウスメーカーの選び方】価格やデザインだけじゃない外せない基準とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家を建てようとある程度情報収集を進めている段階では、さまざまな魅力のある複数のハウスメーカーにたどり着いてしまい、どこで家を建てればよいか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。

この記事では、注文住宅のハウスメーカー選びでなかなか決断できず困っている方に向けて、ハウスメーカーを選ぶ基準や失敗しないためのポイント、最終的な決め手について詳しく解説します。

ハウスメーカー選びが成功すれば、さっそく理想の家の完成に向けて信頼できる伴走者と走り出せます。ぜひ楽しんで家づくりの計画を進めてください。

1.ハウスメーカーを選ぶ基準は?

家づくりの成功をも左右する重要項目のひとつは、「どの建築会社で建てるか」ということです。とはいえ、ハウスメーカーといってもたくさんの会社があり、それぞれに構造・工法やデザインなどの特長があります。

ここでは、ハウスメーカー選びで迷ってしまったときに検討したい下記5つの判断基準をご紹介します。

  • 構造・工法
  • デザイン
  • 価格
  • サービス体制
  • 担当者の人柄

1-1.構造・工法

住宅の構造・工法は、「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」と大きく3つに分けられます。
日本で昔からなじみ深いのは木造ですが、各社によってさまざまな構造・工法を採用しています。それぞれにメリット・デメリットがあり「これが一番良い」と単純に決めることは難しいですが、各構造の特徴としては次の通りです。

木造

日本の気候風土に合った構造で、一戸建て住宅の約8割が木造で建てられています。
日本の伝統的な建物の建て方である「在来工法(木造軸組工法)」、断面サイズ2×4インチの角材を使用して壁・床・天井6面を組み立てる「2×4(ツーバイフォー)工法」、工場生産の部材を現場で組み立てる「木質系プレハブ工法」があります。

耐久性はほかの構造と比べても遜色ありません。耐火性や耐震性、遮音性や防音性でやや劣る場合があります。

鉄骨造

工業製品である鉄骨を使用するため、品質が安定しています。
鉄骨(おもに軽量鉄骨)を軸組みに工場生産の部材を現場で組み立てる「鉄骨系プレハブ工法(軽量鉄骨造)」、高い強度で空間がとりやすく間取りの自由度が高い「重量鉄骨造」があります。

耐震性の高さや害虫の少なさがメリットである一方、高温時の耐火性はやや劣ります。

鉄筋コンクリート造

鉄筋とコンクリートで構成された強度の高い構造です。
柱と梁で構成されている「ラーメン構造」、柱・梁なしで、面(壁・床)で構成されている「壁式構造」があります。
耐震性や防火・防音性に優れています。大空間にも対応できます。

以前に比べ、技術が向上し、構造・工法による耐久性の違いは、それほど大差がなくなってきています。ハウスメーカーによっては、各構造のデメリットをカバーする工夫がとられていたり、メリットを最大限に活用した住み心地が実現することも少なくありません。

とはいえ、構造・工法の選択によってはリビングを広くできないなど、ある程度は制約がかかることもあります。また、価格も構造・工法によって異なります。

予算や間取りの要望と併せて、バランスよく検討することをおすすめします。

1-2.デザイン

和モダンスタイルや西洋スタイル、シンプルモダンなど、ハウスメーカーによって得意なデザインに違いがあります。耐久性などのハード面も気になりますが、見た目のデザインが好みであればより愛着が湧くでしょう。展示場のモデルハウスを見たときの印象が決め手になることも少なくありません。

とはいえ、デザイン面だけが独り歩きしてしまうのも避けたいところです。これから長く暮らしていく住まいですから、デザインとともに建物の性能も併せて検討してください。

1-3.価格

家づくりには、それぞれの家庭に「予算」があります。そのため、住宅の建築費用が予算内におさまるかどうかも、ハウスメーカーを選ぶ重要な判断基準のひとつです。
よい家をできるだけ費用を抑えて建てることができれば理想的ですが、現実的になかなかそうはいかないこともあるかもしれません。しかし、ただ単に価格だけでハウスメーカーを決めることは避けたいところです。

家づくりでお金をかけたいこだわり箇所と削ってもかまわない部分を整理するのと併せて建築価格を比較検討することは、家づくりをする上で必要な過程です。その際、費用の内訳に何が含まれるのかもしっかり確認して検討することをおすすめします。価格の根拠はどのような部分なのか、オプションの扱いはどのようになるかなど、しっかりと理解することが大切です。

複数のハウスメーカーの設計プランを比較するには、内訳についてもきちんと担当者に確認し、詳細を把握してから価格を比べるとよいでしょう。

1-4.サービス体制

アフターサービス体制や保証内容など、サービス内容を選択基準とするケースもあります。
保証期間をはじめ、決まった期間で確実に定期点検を行うシステムや、顧客が気軽に連絡できる専用の窓口があるなど、ハウスメーカーによって提供しているサービスにはそれぞれ違いがあります。

住宅を建てても、住んでから不具合が出たり、修繕したい場所が出てきたりすることもあります。建てるまでの期間はもちろん、建ててからの長い年月も安心して任せられる会社を選びたいですね。

1-5.担当者の人柄

ハウスメーカーに相談したとき、担当者、または会社との相性もひとつの判断要素となることもあります。住宅そのものの商品力ももちろん重要なポイントですが、いくら魅力的な住宅でも担当者や会社がどうしても苦手だと感じてしまう場合、なかなかその先に進めることができないという場合もあるでしょう。

家づくりは大きな買い物です。失敗がないよう計画を進めるためには、真剣に向き合ってくれ、適切なアドバイスを受けることができる誠実な担当者、会社とお付き合いをすることが重要です。
施主の要望をただ受け取るだけではなく、費用をかけるべき部分と削減すべき部分を明確にするなど、予算と要望のバランスも考慮してくれることが理想です。

2.ハウスメーカー選びで後悔しないためのポイント

次に、ハウスメーカーを選んだあとで後悔しないための3つのポイントをご紹介します。

2-1.建築費用だけで決めない

住宅の建築費用が予算内だからという理由だけで、依頼する会社を決めることは避けてください。なぜなら、住宅建築のプランの作り方には決まった形式がなく、各社が自由に作成できるためです。
場合によっては、契約前に建築費用を安く見せるためだけのプランを作成することも可能で、オプションで追加費用がかかるケースもあります。

どのような構造・工法で建てるか、仕様・デザインはどのようなグレードにするか、オプションで費用がかかる部分はないかなど、費用の内訳もよく確認してください。

2-2.値引き額で決めない

複数のハウスメーカーに住宅建築のプラン提出を依頼することは、珍しいことではありません。競合他社がいることで、ハウスメーカーが互いに値引きし合うこともあります。しかしここで注意したいのが、契約を取りたいがために、多額の値引きをしてくる会社です。

もちろん、ある程度の値引き幅をもっていることはありますが、百万円単位の値引きが可能な場合、そもそも最初の建築費用が高すぎる設定だったのではないかと疑問を感じるかもしれません。このようなケースでは、いったん時間を置いて再検討してみるとよいでしょう。

2-3.土地だけで決めない

自社で土地を所有していたり、土地の仲介をしたりしているハウスメーカーは多く、土地の購入とセットで建築プランが提案されるという例もあります。

建築条件付き土地」という用語を耳にしたことがあるかもしれません。これは、その土地を購入後、一定期間内(多くは3か月以内)に指定の建築会社(ハウスメーカーなど)で住宅を建てる必要があることを意味しています。
土地の売主である会社と建築会社が同じ会社もしくは関連会社であることがほとんどであるため、土地の費用が割安の場合も少なくありません。

建築条件付き土地を購入すると、他の建築会社を選択することは基本的にできません。もともと候補としていたハウスメーカーであればよいですが、別の建築会社で建てたいと考えていたのに、土地の購入があるからと安易に決めてしまうのは避けたいところです。
土地と建物を併せてチェックし、後悔しないか客観的に判断してください。

2-4.メーカー名だけで決めない

大手ハウスメーカーは、テレビなどでCMも放映していることから知名度があります。しかし、他のハウスメーカーよりも目にする機会が多いという点だけで決めることは避けてください。

確かに、宣伝広告をたくさん行っている会社は規模が大きく、会社の安定感もあるでしょう。しかし、取り扱う住宅の詳細や会社としての方針など、しっかり吟味して決めることをおすすめします。

3.迷ったときの決め手は?

資料や展示場を見たり会社から説明を受けたりしながら、いくつか候補となるハウスメーカーに絞り込んだとしても、なかなか決断できないケースもあります。
最後は、どんなことを決め手とすればよいのでしょうか。

3-1.親身に相談できる会社

家が完成するまで上手にリードしてくれ、親身に相談できる会社を選択するようにしてください。
家を建てるには、土地選びから設計打ち合わせ、現場施工、引き渡しまで半年以上かかることもあります。また、家を建てた後もアフターサービスは続いていき、長い付き合いになります。

担当者や会社との信頼関係を築くことはとても大切で、一生のお付き合いができると思える会社を選ぶことがポイントになります。

3-2.無理に契約まで運ばない会社

どのハウスメーカーでも、1棟でも多く住宅建築の契約を取りたいと考えるのが自然です。しかし、契約を優先しすぎて、施主のための家づくりを忘れてしまう会社はおすすめできません。

施主のことをしっかり考えてくれる会社がどうか判断してください。

まとめ

注文住宅のハウスメーカーの選び方について、その判断基準、また選ぶときに注意すべきポイントなどについてご紹介しました。
各社とも、自分の会社が一番といわんばかりにアピールしてくることが多く、どこも魅力的に感じることもあるでしょう。

住宅の性能やデザインも重要な要素ですが、会社の企業理念や社員の対応などをよく見て、長く付き合うことができるかどうかよく見極めてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、信頼できるハウスメーカーに出会い、理想の家づくりを実現させてください。

SNSでもご購読できます