坪単価とは?新築戸建て住宅の坪単価相場と費用を抑えるコツ

このページをシェアする
坪単価_計算

戸建てを新築するにあたり、まず気になるのが「費用がいくらかかるのか」という点ではないでしょうか。

家を建てる際の建築費用を見るとき、目安のひとつなるのが「坪単価」です。坪単価は、建築費用以外にも、土地を示す場合、賃貸費用を示す場合などさまざまな場面で使われる単位です。

この記事では、注文住宅の新築を計画している方に向けて、ハウスメーカーや工務店が広告などを通じて提示する「坪単価」の意味、ハウスメーカーごとの比較のポイントについて詳しく解説します。

この記事を読んだらわかること!
  • 坪単価とは何か? 坪単価から建築費用を概算する方法とは?
  • 地域ごとの平均的な「坪単価相場」やハウスメーカーごとに見る「坪単価」の違い
  • 坪単価を抑えるコツ

坪単価の仕組みをしっかりと理解して、理想の戸建て住宅の建築を実現してくださいね。

はじめての注文住宅で不安」「ハウスメーカー選びが大変そう」という方は、本記事をご覧になった上で、「HOME4U 家づくりのとびら」で、「自分にあったハウスメーカー」について相談してみることをおすすめします。
HOME4U 家づくりのとびら」は、ハウスメーカー出身で経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポートしています!
さらにご要望に応じて、あなたにあったハウスメーカーをご案内。ご予算や土地に関するご質問も受け付けています。
HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。

1.坪単価とは?坪単価の考え方と計算方法、注意点

「実際に家を建ててみたら、事前に計算した坪単価より高くなってしまった」という、家を建てた人の意見を聞いたことがあるのではないでしょうか。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

まずは坪単価とは何か、実際にかかる建築費となぜ違いが生じるのか、詳しく解説していきます。

1-1.坪単価とは?

「坪単価」とは、1坪あたりどのくらいの建築費がかかるかを判断する基準になります。家の広さを示す場合、一般的には「延べ床面積(単位:坪)」で「建物の建築価格」を割ったものを示します。

坪数:「1坪」の大きさ

坪単価の「坪」は伝統的な日本の単位で、尺貫法に基づいて計算されます。

1坪 : 一辺が1.818メートル(6尺=60/33)の正方形の面積
約3.31平米

一般的な畳のおよそ2枚分の広さ(1畳が1.62平米以上と定義され、2枚で3.24畳以上となる)ため、「1坪は2畳程度」と表現されることもあります。

以下、「坪」「平米」「畳」の広さについて、単位別の対応表と坪数別の早見表にまとめました。住宅や土地の広告を見たときに大体の広さをつかむためにも、ぜひご活用ください。

「坪」「平米」「畳」の広さがわかる対応表
1坪 約3.31平米
約2畳
1平米 0.3025坪
約0.64畳
1畳 約0.5坪
1.62平米
(参考)坪数別 広さの早見表
平米
20坪 約66.2平米 約40畳
30坪 約99.3平米 約60畳
40坪 約132.4平米 約80畳
50坪 約165.5平米 約100畳

参考:大日本図書「坪|単位プラス」「尺貫法|単位プラス

ここがポイント!
プロ・専門家の視点

坪以外に「尺」などの単位を理解しておくことは、実は予算の調整の際にも役立ちます! 予算がちょっとオーバーしたときには「尺」「メーター」のモジュールを活用することが可能です。

上記のように、新築住宅のプロだから知っている「家づくりのテクニック」や「裏ワザ」について詳しい話が聞きたい方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」をご利用ください。

1-2.坪単価の計算例

ここでは一般的な坪単価の求め方で計算してみます。坪単価の算出方法は以下の通りです。

坪単価=建築価格÷延べ床面積(坪)

(例)建築価格2,000万円・延べ床面積40坪の住宅の場合
坪単価=2,000万円÷40坪=50万円

坪単価=2,000万円÷40坪=50万円

1-3.坪単価の注意点と確認事項

すでに説明したとおり、坪単価の算出方法には明確な定義がないため、「建築価格」「面積」にどんな数字を用いて計算されているのか、注意と確認が必要です。

面積基準:「延べ床面積」「施工面積」の違いに注意!

戸建て住宅の坪単価を算出する際、基本的には「延べ床面積」の坪数を採用します。

延べ床面積(青色)施工面積(赤色)

しかし、広告など坪単価を低く見せたいときに、「面積を広くして計算すると、その分、坪単価が安くなる」という仕組みを使って、延べ床面積ではなく「施工面積(バルコニー・ポーチ・インナーガレージを含めた面積)」を使って算出しているケースもあります。比較する際には注意が必要です。

(例)建築費用:2,000万円の場合
延べ床面積:40坪
で計算した場合
坪単価
50.0万円
施工面積:45坪
で計算した場合
坪単価
44.4万円

「事前に計算した坪単価より高くなった」という人の場合、計算の元にすべき面積を間違えていた可能性もあり得ます。

坪単価だけを単純に比較することは避け、「『延べ床面積』と『施工面積』のどちらで算出されたものなのか」を確認することをおすすめします。

建築費用:本体工事費用のみで算出!他にも費用は発生する

「坪単価」には、一般的には「建物本体の工事にかかる費用は全て含まれている」というイメージを持ってしまいがちですが、そうではありません。

まず、戸建て住宅を建てる費用には、建物の「本体工事費用」「付帯工事費用」「諸経費」の3つがあります。
しかし、一般的に広告や最初にハウスメーカーが提示してくる建築商品の坪単価は、そのうちの「本体工事費用」だけしか含まれていないケースがほとんどです。そのため、比較する際には注意が必要です(なお、基本的に諸経費は含まれません)。

付帯工事費用や本体工事費用の一部を含めないことで建築費用が低く見える、つまり計算上は坪単価が安く表示されることとなります。

坪単価の他に発生するかもしれない費用も確認しておこう

坪単価以外に発生する、もしくは発生する可能性がある主な費用は以下の通りです。

  1. 付帯工事費(冷暖房工事や地盤改良工事、電気・水道・ガスの引き込み工事など)
  2. 一部の本体工事費(仮設工事費など)
  3. 住宅設備にかかる費用
  4. 解体工事費

特に、(1)の付帯工事には10万円を超える工事もあり、まとまった費用となります。これが坪単価に反映されていない場合、実際の費用総額とは少しかけ離れた金額となり、資金計画を組み直す必要が出てきます。

先に申し上げた通り、坪単価はどの数字を持ってきているかで、随分と見え方が変わる単位です。金額を比較したい場合、また戸建ての新築にかかる全体の費用を知りたい場合は、費用の内訳を把握し、項目ごとに確認すると確かでしょう

「坪単価」を比較する際の複雑さに少しでも不安に感じた方には「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスをおすすめいたします。

ハウスメーカーでの勤務経験を持つプロの専門アドバイザーが、家の新築に必要な費用相場の把握、建築商品の比較など、家づくりのわかりづらいポイントについて、初心者の方にもわかりやすく解説しながら、しっかりとサポートをいたします。

2.坪単価相場の平均

主な地域ごとの坪単価相場について、2021年8月に発表された2020年度のフラット35利用者調査結果では以下のようになっています。

※なお、この調査における建設費用の項目は「本体工事費+付帯工事費」とみることができるため、一般的にみた費用の比率から、「本体工事費用:付帯工事費用:諸経費=7:2:1」として本体工事価格として算出し、坪単価の計算を行っています。

主な地域別・坪単価の平均相場

「土地購入費用」と「注文住宅の建設費」の両方ともローンを組んだ場合

建設費
(万円)
本体工事
費用[想定]
(万円)
住宅面積
(平米)
坪数
(坪)
坪単価
(万円)
全国 2,961.2 2,303 111.1 33.6 68.6
首都圏 2,851.8 2,218 105.8 32.0 69.4
近畿圏 2,884.4 2,243 111.2 33.6 66.8
東海圏 3,112.2 2,421 114.8 34.7 69.8
その他地域 3,016.3 2,346 113.1 34.2 68.7

※住宅金融支援機構 PDF2020年度 フラット35利用者調査 の集計表「土地付注文住宅」より各坪単価を計算

土地購入と新築の注文住宅の建設費のどちらともフラット35のローンを利用した方の平均的な坪単価は全国平均から、60万台後半が相場といえるでしょう。

土地購入なし、もしくは土地購入にローン利用がない場合

建設費
(万円)
本体工事
費用[想定]
(万円)
住宅面積
(平米)
坪数
(坪)
坪単価
(万円)
全国 3,533.6 2,748 124.4 37.6 73.1
首都圏 3,808.5 2,962 123.9 37.4 79.1
近畿圏 3,741.5 2,910 127.4 38.5 75.6
東海圏 3,606.3 2,805 126.5 38.2 73.4
その他地域 3,355.9 2,610 123.5 37.3 70.0

※住宅金融支援機構 PDF2020年度 フラット35利用者調査の集計表「注文住宅」より各坪単価を計算

土地の購入がない場合、もしくは土地購入にローン利用をしなかった場合を見ると、土地購入のローンがない分、余裕をもって建設費に資金を回すことができるため、建物の坪単価も高くなる傾向にあります。

全体の相場としては、平均的に70万円台が相場としてみることができるでしょう。

また、今回のデータ元となる建設費用はフラット35で融資を受けた方を調査対象としており、さらに個別に工事費用の項目やかかる費用は異なるため、ご自身の家の新築費用とは差がある可能性があります。

相場よりも工事費用が少なく済む場合、逆にもっと費用がかかってしまう場合もあります。あくまで平均値と考え、幅を持たせてご判断し、資金計画を進めましょう。

「自分が建てたい家を実現するにはどれぐらいの費用がかかるのか?」
「土地と建物、資金計画の配分はどの程度がベストなのか?」

上記のように、気になる疑問が解決できず、なかなか資金計画が進まないという方は、一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスで、家づくりのプロの意見を聞いてみませんか?

HOME4U 家づくりのとびら」では新築注文住宅の業界で実績・経験を積み重ねたプロが、資金計画のシュミレーションをお手伝いいたします!
家づくりの費用に関するささいな疑問・小さなお悩みにもしっかりとお応えし、納得をしたうえで、大事な資金計画を進めることができるようにサポートいたします。

オンライン会議の形式でご利用いただけるため、スマートフォンやPCなどがあれば、遠くに住むご家族の方とも一緒にご参加いただけます。単身赴任中の方、ご実家が遠い方にもおすすめです
理想の家づくりのために、是非お気軽にご活用ください。

3.ハウスメーカーによる坪単価の違いと比較するポイント

この章では、ハウスメーカーのタイプごとに坪単価の違いを見ていきましょう。ローコストハウスメーカーをAタイプ、いわゆる大手の有名メーカーをCタイプ、その中間となる中堅ハウスメーカーをBタイプとして例を挙げ、それぞれの特徴や比較するポイントを解説していきます。

各タイプの予算イメージについては、以下の表をご参考ください。

各タイプの提示する建築商品の坪単価の目安

例:2階建て30坪の家を建てる場合

3-1.【Aタイプ】「ローコスト住宅」と言われるハウスメーカー

一般的に「ローコスト住宅」のハウスメーカーといわれるAタイプは、以下のような特徴があります。

Aタイプのハウスメーカーの坪単価・特徴一覧
坪単価 多くは40万前後~
保証期間 最低限で延長不可(国が定めている瑕疵担保保証10年のみ)
家の性能 性能が低い可能性あり
デザイン性 シンプルで自由度は低い
サービス面 対応が遅い可能性あり
対応エリア 地元密着が多い
安全性・災害対策 実際の耐震性に不安が残る可能性がある

【坪単価】

基本的に40万円前後~が多いといえます。坪単価を安く見せるために、施工面積や本体工事費用から何かを差し引いた数字を持ってきている可能性があります。坪単価が全体の費用だと考えないように、注意が必要です。

【保証期間】

Aタイプにおける保証は、国が定めている瑕疵担保保証10年のみが多くなります。初期保証期間が最低限の期間であり、かつ希望しても保証期間の延長が出来ない仕組みとなっているケースがほとんどです。
その分、修繕やメンテナンス費用が発生することを先に覚悟しておきましょう。

【家の性能】

Aタイプのハウスメーカーの建てる家は、そのほかのタイプと比べると家の性能は低くなってしまいます。耐久性・耐震性・耐火性・断熱性・遮音性などが、必要最低限の仕様になっている可能性が高いからです。
グレードを上げたり、規格にはない条件を要望すると、対応できなかったり、対応できても大きな費用を追加されたりこともあるため、最初に話を聞く段階で確認するとよいでしょう。

【デザイン性】

Aタイプのハウスメーカーは、規格に基づき大量生産、大量仕入れによって建材のコストを抑えています。
また、より費用を抑えるために、デザインがシンプルな箱型になる可能性も少なくありません。ご自身の好みのものがあれば問題はありませんが、デザインの自由度はそのほかのタイプに比べて少なくなってしまうでしょう。

【サービス面の充実】

Aタイプのハウスメーカーは、コストカットのために、人件費の削減にも力を入れています。そのため、工事の際の現場監督の数が少なかったり、工期が遅れたりする恐れがあります。
また、入居後のアフターサービスに人員が割けない可能性もあるため、ご自身でしっかりとチェックするか、別のサービスを利用する必要性もでてくるかもしれません。

【対応エリア】

広告費の削減からAタイプのハウスメーカーの対応エリアは小規模で地元密着型のスタイルとなります。

【安全性・災害対策】

地元に根差しているハウスメーカーの場合、近年災害を経験したことがないエリアであれば、「その家の実際の耐震性がわからない」という不安もあります。
そのほかのハウスメーカーは規模が大きい分、実際に被災した際のデータや多様な耐震実験のデータがあり、より安心といえるでしょう。

ローコスト住宅メーカーの選び方は?評判の良い会社を選ぶポイント

3-2.【Bタイプ】AとCの中間となる「中堅ハウスメーカー」

次に、いわゆる中堅ハウスメーカーと呼ばれるBタイプのハウスメーカーの坪単価や特徴について解説します。
Bタイプは、AタイプとCタイプの中間に位置し、二つのプラスなポイントを持ち合わせています。

Bタイプのハウスメーカーの坪単価・特徴一覧
坪単価 相場としては、55万前後~
保証期間 基本最低限だが、延長可能のケースが多い
家の性能 耐久性や断熱性など、各社のこだわりがある
デザイン性 素材や間取りなどこだわりのポイントがある
サービス面 AとCの中間
対応エリア 全国まではいかないが、広範囲
安全性・災害対策 被災した建物の実績もある

【坪単価】

Bタイプのハウスメーカーの坪単価相場は55万円前後~です。限定商品・企画商品など、Aハウス並みの坪単価50万~80万に該当する場合が十分にあります。

【保証期間】

Bタイプのハウスメーカーにおける保証期間については初期保証の10年が基本となります。しかし、ローコスト住宅のAタイプとの違いは、保証延長が可能な会社が多い点にあります。延長することで、最長30年~60年まで延長する事が可能となります。

【家の性能・デザイン性】

Bタイプのハウスメーカーは、各社でこだわりのポイント(断熱性、デザイン性、設備機器など)を持っており、その特徴を強みにして住宅を提供しています。

【サービス面】

まさにAとCの中間で、ほどよく人員を配置しているため、即時とはいかないが、Aよりは厚く対応してもらえるでしょう。繁忙期や人員が不足するエリアでは対応が遅くなる可能性があるでしょう。

【対応エリア】

県をまたいで広範囲~全国の対応を行っています。広告費をあまりかけておらず、インターネットを中心に集客するケースもあります。

【安全性・災害対策】

広範囲での施工をしているため、建物棟数の実績数が多く、過去の災害エリアでの建物の被害状況を把握しています。また、Cタイプと同様、しっかりとした耐震実験を行っている企業もあります。

Bタイプに該当するハウスメーカーとしては、以下のようなハウスメーカーがあげられます。

  • アイ工務店
  • アキュラホーム
  • ヤマダ
  • 住宅情報館 など

Bタイプのハウスメーカーの数は最も多くあり、その分、調べたり、比較したりするのは大変な作業となります。ご自身にあった中堅ハウスメーカーを“効率よく”知りたい方には、「HOME4U家づくりのとびら」がおすすめです

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

3-3.【Cタイプ】名前の知られた「大手有名ハウスメーカー」

Cタイプはまさに「大手有名ハウスメーカー」を指します。
最も坪単価の価格帯は高いものの、家の性能やサービス、メンテナンス・保証面では、最も高いパフォーマンスを発揮します。

Cタイプのハウスメーカーの坪単価・特徴一覧
坪単価 相場として70万前後~
保証期間 初期保証が30年以上。またメンテンナンス費用が発生しにくい
家の性能 研究や開発に基づいた技術力をもつ
デザイン性 オリジナル素材を生かし、各社のデザイン性を高めている
サービス面 各部署でしっかりとした対応を行っている
対応エリア ほぼ全国
安全性・災害対策 被災した建物の実績、実験データなど多様なデータがある

【坪単価】

Cタイプのハウスメーカーでの坪単価相場は、70万前後~が一般的といえます。

【保証期間・メンテナンス面】

初期保証が手厚く、30年以上など、国の定める最低基準を上回る保証期間をスタンダードとするケースが多くあります。
また、初期コストが掛かるものの、メンテナンスコスト(外壁の塗り替え・屋根などの修繕費用)、ランニングコスト(冷暖房費用・電気代など)が掛かりにくいというメリットがあります。

【家の性能】

Cタイプの大手ハウスメーカーでは、建築実績から得られた知識や技術が反映された家づくりが可能です。研究費、開発費、実験費をしっかりと掛けており、多くの特許をもっています。
それぞれのもつ特許や開発技術は「このハウスメーカーでないと実現できない独自技術」という意味で、ハウスメーカーを比較する際の大きな材料となります。

【デザイン性】

Cタイプの住宅には、それぞれのブランド力を意識したデザインが凝らされています。自社オリジナル部材を用いた外観デザインや内観デザインなど、その会社の特徴が分かる仕上げになっているため、特徴を比較しやすいでしょう。

【サービス面】

工事からメンテナンスまで、部署に分かれてしっかりと人員を配置しています。24時間対応など、手厚いサービスを提供してくれます。
土地も探したい場合、分譲地を持ったハウスメーカーや不動産会社と提携するハウスメーカーも多くある。

【対応エリア】

ほぼ全国エリアで対応しています。しっかりと広告費もかけており、社会的な知名度も高いため、企業側もしっかりとした対応を求められます。
宣伝広告費を掛けているため、公式HPの情報のボリュームも多く、しっかりとしたカタログ作成も行っているため、住宅展示場などに行ってもしっかりと家で検討することができるでしょう。

【安全性・災害対策】

地震の多い日本で、耐震性は大手ハウスメーカーにとっても大きな問題です。そのため、耐震実験(実大物実験)を行うための研究費、社内で研究、開発を行う為の人材費もしっかりと確保しています。
また、全国で施工実績がある為、過去の震災での被害状況等を独自にまとめており、その会社の建物の強さを確認する事が可能です。

「具体的にはどんな大手ハウスメーカーがあるの?」という疑問をおもちの方は、以下の関連記事を合わせてご参照ください。

【完全版】大手・個性派ハウスメーカー13社の特徴を徹底比較!選ぶポイントもご紹介します

お家のいろは コラム
“【土地も購入する方は‥】土地とハウスメーカーの検討は同時並行で!”

家を建てるための土地探しから始める方の中に、まずは土地探しから、と考えている方はいませんか。
残念ながら、それは最適な順序とは言えません。まず、購入する土地を探す段階で、ハウスメーカーの検討を進めることをおすすめします

家を建てる資金計画を組み立てる場合、「土地代」と「建物の建設費」のバランスがとても大切になります。
土地だけ先に買ってしまうと、建物にかけられる費用が思った以上に少なくなったり、その分ローンが膨れてしまったりと失敗につながりやすくなってしまいます。

つなぎ融資を活用する場合、土地購入後にハウスメーカー選びに時間がかかってしまうと、家の完成までの期間が長くなることで利子が膨れ、費用がかさむ原因となります。
また、住宅ローンを使って土地も購入する場合、ローンの申し込みには家のプランが必須です。焦った状態でハウスメーカー選びを進めて、のちに後悔することがないよう、早めにハウスメーカーの検討を進めるとよいでしょう。

そして、ハウスメーカーを探しながら、ご自身のご予算ではどんな配分が最適なのかを考えておきましょう。

もし、こうした資金計画をおひとりで考えるのが難しいと感じた方は、ぜひ「HOME4U 家づくりのとびら」で新築住宅のプロにご相談ください。

予算の配分から資金計画やローンのシュミレーションまで、個別のご状況・ご要望に合わせて、お悩みにお答えします。最速で当日のご予約も可能です。オンラインの相談サービスですので、ご自宅からお気軽にご利用いただけます。

4.構造・工法による坪単価の違い

「どこに家づくりを依頼したか」だけではなく、構造や工法によっても、坪単価は変わります。以下、要点にしぼって、解説していきます。

4-1.木造、鉄骨造、RC造で坪単価は異なる

家の構造は、大まかに木造、鉄骨造、RC造の3つに分けられます。最も多いのが木造を得意とするハウスメーカーで、いわゆるAタイプ(ローコスト住宅)、Bタイプ(中堅のハウスメーカー)、Cタイプの一部メーカーが該当します。

鉄骨造りやRC造の住宅を得意とするハウスメーカーはCタイプの一部が該当し、専門的な技術をもっています。強靭な構造となるため、自由な間取りを実現します。近年、耐震性の関係から木造以外の構造を選ぶ方も増えてきました。

3つの構造は、材料の違いから坪単価が異なります。最も安いのは木造で、鉄骨造、RC造はそれよりも高価な坪単価となります。ちなみに、戸建ての鉄骨造りは、軽量鉄骨であるケースがほとんどです。

「鉄骨軸組工法(軽量鉄骨造・プレハブ工法)」は大手ハウスメーカーでの取り扱いが多く、坪単価は木造より高めとなっています。

4-2.木造はツーバイフォー工法、在来工法で坪単価が異なる

2×4工法 木造在来工法の図

ここからは、最も人気が高い木造住宅で使われる上記2つの工法について解説します。

(1)「木造軸組工法」

工務店などが一般的に採用している、いわゆる「在来工法」は、柱と梁、筋交いで家を支える工法です。ツーバイフォー工法に比べて、間取り変更の自由度が高く、坪単価50~90万円程度が目安となります(記載した金額は一例)。

(2)「2×4(ツーバイフォー)工法」

木質パネルの「面」で壁をつくり支えるため、耐震性が高いとされている形式です。気密性が高く断熱性もよいですが、換気や手入れを怠ると虫害や腐食が発生する場合があるため、注意が必要です。
輸入住宅やローコスト住宅なども採用することが多い工法ですが、間取り変更などの自由度は必然と低くなります。各社によって、性能は大きく異なり、坪単価30~90万円程度と幅があります。

ハウスメーカーでは、例えば「鉄骨軸組構造」と「木造軸組工法」、両方取り扱う会社もあります。予算、そして何よりそれぞれの工法の特徴を確認して自分たちに合うものを選択するようにしましょう。

具体的なハウスメーカーが知りたい方は、関連記事「【木造注文住宅】高性能・高評価のハウスメーカー16選」をご参照ください。

構造や工法は各ハウスメーカーの特徴でもありますが、それ以外にも様々な長所・短所があります。専門的な知識が必要な場合もあり、判断に迷う場合も少なくないでしょう。
そんなとき、直感や思い込みで決断するのは一番やってはいけないことです。
HOME4U 家づくりのとびら」などの無料相談サービスを使って新築住宅の専門アドバイザーに相談するなど、家を建ててから後悔しないために、ワンクッションをおいて考えてみましょう。

5.坪単価を抑えて理想の家に近づける3つの方法

家づくりはプランを練っているうちに、予算をオーバーしてしまうことは少なくありません。ここからは、坪単価を抑えたい場合のポイントをご紹介していきます。

5-1.外観をシンプルに

片流れ,切妻,寄棟,方形の図

坪単価を抑えるには、外観をできるだけシンプルにすることが効果的です。具体的には、建物の形は凹凸の少ない長方形などの箱型が理想的です。
屋根の形状は、「片流れ」だと屋根面積が少なくなり、施工費も削減できるためコストを抑えられます。

5-2.「とりあえず」の間取りを避ける

間取りの要望をまとめるときに「とりあえず和室」など、「本当にその居室が必要かどうか」をあいまいにしないことが大切です。

コスト削減のために床面積の削減は有効な方法のひとつ。安易に床面積を広げすぎず、しかし必要な部屋や設備は取り入れる、メリハリのある間取りを計画しましょう。

一方で、新型コロナによる在宅ワークの浸透により、落ち着いた在宅環境で仕事がしたいから家を新築する場合は、書斎は必須とも考えられます。
優先順位として高いものなのか、もう一度しっかりと検討してみてください。

5-3.住宅設備・仕様のバランスを図る

坪単価が高くなる要因のひとつに、住宅設備のグレードが高すぎるケースがあります。ショールームで見学したときに気に入ったからと、キッチンやバスルームに気軽にオプションを加えて、後で概算をみたら驚いたというのはよくある話です。

家づくりにはさまざまな費用がかかります。建築中に「ここに収納棚を増やしたい」「ここに窓を取り付けたい」など、追加工事が出てくる可能性もあります。
設備・仕様の要不要を精査し、全体の費用のバランスを考え、そのうえでほしい設備や作りたいデザインを追求しましょう。

お家のいろは コラム
“「規格住宅」「分譲地」でコストダウンも可能”

「規格住宅」は間取り・外観・内装・設備などすべてを一定の選択肢の中から選んで建てることができる住宅商品です。通常の注文住宅のようにオーダーメイドというわけにはいきませんが、低コストで、かつ工期も短くなるため、予算内に収めたい場合におすすめです。

また、不動産会社やハウスメーカーが大きな土地を分割し、宅地として販売する「分譲地」の利用も大きなコストダウンとなります。ただしハウスメーカーや施工会社の指定があるため、好みの会社でない場合は大きなデメリットとなります。

HOME4U 家づくりのとびら」では規格商品や分譲地に強いハウスメーカーの中からご相談者さまのご希望に合うハウスメーカーをご提案することも可能です。
また、プロだから知っている「予算に収めるためテクニック」や「裏ワザ」についてもご教示いたします!是非お気軽にご活用ください。

6.坪単価だけでハウスメーカー・工務店を選ばない

ここまで見てきたように、坪単価は家づくりの費用の目安を知るうえで参考にはなりますが、比較するには、坪単価をどのような基準で計算しているかをしっかり確認する必要があります。

中には坪単価を安く見せるために、あえて建築費用から一部の工事費用を抜いて計算する会社もあるかもしれません。そのため、単純に広告に掲載されている坪単価だけでは、費用の全体像を把握することはできません。

坪単価はあくまでも、住宅を建てるためのひとつの「目安」です。
実際にその坪単価で建てられる家の費用感を把握するには、いろいろな展示場などを見学し、間取り・住宅設備・使われる素材・構造と工法などを詳しく知ることが重要です。

さまざまな住宅を見るうちに、「このくらいの家ならばこの程度の坪単価になる」「この仕様でこの坪単価では割高かもしれない」など、徐々に自分なりの「相場感」がつかめるようになるでしょう。

まずは、住宅展示場で気になる住宅メーカーのモデルハウスの見学や、工務店などの施工した実際の住宅見学ツアーに参加するなど、「家」を五感で体験してみてください。

しかし、十数万もあるハウスメーカーの中から、自分に合った会社を絞り込むのは、大変な作業です。ハウスメーカーの下調べや比較をスピーディーに行いたい方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U 家づくりのとびら

HOME4U 家づくりのとびら」では、ハウスメーカーでの勤務経験を持つプロの専門アドバイザーがご予算や工法・デザイン、住みたいエリアなど、ご希望の条件をヒアリングした上で、最適なハウスメーカーを複数ピックアップしてご提案いたします。

条件を満たすハウスメーカーや建築商品の中からじっくり商品を比較し、ご希望を満たす建築商品がみられる展示場のみを訪問する流れができるため、理想を叶える建築商品を「効率よく」見つけることができます。

また、相談はオンライン形式なので、お仕事や育児で忙しい方でも、ご自宅にいながら、ご都合のつく時間帯に相談することが可能です。家づくりの計画を最短で進められます。

HOME4U 家づくりのとびら」のご利用はもちろん無料。お気軽に、第三者のプロに家づくりの相談をすることができます。ぜひ理想とする家の実現にお役立てください。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

まとめ

新築注文住宅の費用の目安となる坪単価について、基本的な算出方法や地域ごとの坪単価の違い、依頼先のハウスメーカーや構造など坪単価に差が生じるポイント、坪単価を抑えるコツをご紹介しました。
これから家づくりを進める方はぜひこの記事を参考に、信頼できるパートナーとなるハウスメーカーを選んで、理想的な家づくりをスムーズに進めてください。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方の方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。