ローコスト住宅メーカーの選び方は?評判の良い会社を選ぶポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ローコスト住宅メーカーの選び方は?評判の良い会社を選ぶポイント

限られた予算の中での家づくり、できるだけ費用を抑えたいと考えるのは自然の流れでしょう。費用を抑える方法のひとつとして、ローコスト住宅で家を建てることを検討している方もおられるでしょう。しかし、
「ローコスト住宅は大地震のときでも安全なのか?」
「コストを抑えるのはいいが、見た目が安っぽくなってしまわないか心配」
「設備などがすぐ壊れて修繕費用が結局かかってしまうのでは?」
など、不安に思っている方もいるかもしれません。

この記事では、ローコスト住宅を検討している方に向けて、

  • ローコスト住宅が安く建てられる理由
  • 性能などをチェックするポイント
  • ローコスト住宅を依頼する会社の選び方

について詳しく解説します。ローコスト住宅のメリット・デメリットをしっかりと理解して、理想の家づくりを実現してください。

1.ローコスト住宅はなぜ安い?安くなる4つの理由

実は「ローコスト住宅」には、具体的な定義があるわけではありません。そのため、住宅会社が自社の商品を「ローコスト住宅です」といえば、たとえ坪単価が50万円を超えてもローコスト住宅と判断されます。しかし、一般的には坪単価30万円~40万円台の住宅がローコスト住宅であると考えられます。
ローコスト住宅は、なぜ坪単価が抑えられるのでしょうか。その理由には、次の4つの要因が挙げられます。

1-1.材料費がかからない設計にする

ローコスト住宅の特徴のひとつとして、材料費がかからない設計の工夫が挙げられます。

例えば、「箱型の総2階建て」「屋根は片流れ」など、ローコスト住宅にはシンプルな形状・外観を多く見かけます。外観が簡素であることは、材料費を減らしたり、施工費を安くしたりする効果があります。

間取りでもコスト削減のための工夫があります。
例えば、柱や梁、下地に使われる木材は、一般的に取り引きされる長さが決まっています。その基準よりも短い部分だけが必要な場合でも、納入される木材の長さは同じになることが多く、使わない部分は端材となって処分されることがあります。端材となっても材料費は住宅のコストに加わりますので、効率のよい使い方とはいえません。むしろ「もったいない」部分です。
ローコスト住宅では、できる限り端材がでないような設計をし、コスト削減につなげています。

また、「企画型住宅」といわれる、外観デザインや内観の仕様を統一させる住宅にすることによって、材料の一括仕入れで単価を安くすることを可能にしています。

1-2.設備・仕様にコスト削減の工夫がある

ローコスト住宅では、システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台やトイレなどの住宅設備を「手頃なグレードにする」「同じメーカーに統一して3点セット、4点セットなどにまとめたりする」ことで、コスト削減につなげています。
また、「建具を減らす」「廊下を極力なくす」など、コスト削減を図る間取りの工夫が多く見られます。

1-3.人件費をかけない

ローコスト住宅を多く手掛けて実績を持つメーカーや工務店、設計事務所では、設計業務や現場作業の負担を軽くして、できるだけ人件費をかけない運営をしているところが多いようです。

例えば企画型住宅であれば、同じデザインや仕様で設計図を共有することができるため、1棟ごとに設計図を作成する手間を少なくすることが可能です。
また、木材はあらかじめプレカット工場で製作すれば、大工さんの現場での加工の手間も省けます。
さらに、同じ仕様の住宅なら工程を統一できるため、建築工程にかかわる管理負担も少なく作業もスムーズです。
このように、各担当業務それぞれの負担が少なくなることで、結果的に大幅な人件費の削減につながります。

1-4.工期が短い

ローコスト住宅は、できるだけ工事中の手間がかからないようにシステム化されているため、一般的な住宅よりも完成までの工期が短くなります。
工期が短いと、工事中の仮囲いや足場の設置期間などが短縮され、仮設費用を抑えることができます。そのため、施主にとっては、直接的に建築費用の削減ができるのです。

2.ローコスト住宅は安心して住める?5つのチェックポイント

家を建てる時のチェックリスト「ローコスト住宅だと、住宅性能に不安があるのではないか」
「建築費用が抑えられている分、一般的な住宅と比べて地震に弱い構造なのでは?」
と考えて不安になっていませんか。実際のところローコスト住宅の住宅性能はどのようなものなのかを知るために、ここでは5つのチェックポイントをご紹介していきます。

2-1.「安全性は大丈夫?」=住宅性能には基準がある

ローコスト住宅でも、それ以外の住宅でも、家を建てる前には役所に建築確認申請をします。その際、一定基準の住宅性能を満たしているか、設計図などで審査を受けます。審査には耐震基準なども含まれており、万が一、基準を満たしていなければ建築することができない仕組みになっています。
ローコスト住宅でも、許可が下りる=建築基準法の基準を満たしているので耐震性・耐久性などは安心してよいといえるでしょう。

なお、耐震基準は1~3まで等級があり、3等級が最も耐震性があります。ローコスト住宅では、2等級の場合でも、別途オプションで3等級に対応しています。

2-2.「住宅設備、安いからすぐ壊れるのでは?」=住宅設備は大手メーカーがほとんど

ローコスト住宅のキッチンやユニットバスで採用されているのは、そのほとんどが大手有名メーカーのものです。
ローコスト住宅でも大手メーカーが対応できる理由には、同じシリーズに統一して大量仕入れができるためです。一般的にもなじみがある設備メーカーのため、品質にも全く不安はありません。

ただし、グレードや仕様が固定されるなど自由度が限定される可能性はあります。

2-3.「住宅性能を下げているから安いのかも」=コスト削減につながる設計を重視

ローコスト住宅は、建築資材のコストカットも積極的に行われていますが、住宅としての性能を著しく削減しているわけではありません。
上述でも触れましたが、建築基準はどのローコスト住宅も満たしています。その上で、

  • 材料を効率的に使う設計の工夫に取り組む
  • 現場施工の負担を少なくするために、加工を工場で行い大量生産するシステムを確立

など、独自の工夫でコストカットを実現しています。

2-4.「広告を見かけないけど大丈夫?」=宣伝広告費を削減して原価還元

メーカーにもよりますが、宣伝広告費をできるだけ削減して、ローコスト住宅に原価還元している会社もあります。

例えば、チラシ広告の配布や掲載、TVCMの数を少なくしたり、展示場をたくさん作らずに決まった地域のみにしたりとそれぞれの会社により工夫は異なります(一般的な大手有名ハウスメーカーは、宣伝広告費や展示場の整備に多くの経費をかけているところが多い傾向があります)。
経費が多くなれば建築費用にも反映されますので、広告費を抑えることでコストカットに貢献しています。

2-5.「安い分、同じ家しか建てられない?」=仕様変更はオプション対応できる

コストカットをしている分、建築費用は安く済むが、「好きな家のデザイン間取りには絶対できないのでは?」と不安に感じている方も少なくないでしょう。
ローコスト住宅では、標準仕様よりも少しグレードを上げたいという方に、オプションで、住宅設備のグレードアップや外壁、内装の仕上げ素材の変更にも対応可能な会社があります。
展示場などで実際の家を体感し、変更したい箇所があるか確認しながら進めると安心です。

3.ローコスト住宅の3つの依頼先

ローコスト住宅での家づくりを進めたいと思っても、いったいどこに依頼すればよいかわからず、なかなか家づくりを進められない方もいるのではないでしょうか。
ここからは、ローコスト住宅の依頼先についてご紹介します。それぞれの会社に特徴がありますので、依頼した人からの評判も参考にしてみましょう。

3-1.大手メーカーに依頼する

ローコスト住宅を得意とするハウスメーカーもあります。
ハウスメーカーの場合、家づくりに使われる建材のほとんどを工場で生産し、現場作業の負担を軽減するシステムを採用しています。無駄がなく、住宅性能においても力を入れている会社も多いため、希望の住宅イメージや構造に合わせて選ぶことができます。
住宅の外観や仕様が決められている企画型住宅を取り扱う会社が多くなっていますが、自由度の高い家を建てるためにオプションを選択することで、変更はある程度可能です。

ただし、建築費用が当初よりも割高になると、結果的に「ローコスト住宅」ではなくなってしまうことも。費用とのバランスは、十分に気を付けてください。

3-2.工務店に依頼する

地元工務店は、地元密着型の会社です。地域への貢献が評価に結び付くため丁寧な仕事をする大工さんや職人さんを抱えている工務店も多く、顧客の要望と予算に合わせてローコスト住宅建築に対応してくれる工務店もあります。

工務店は、ハウスメーカーのように画一的な住宅というよりは、1棟ごとにコスト削減の相談に乗ってくれる傾向があるようです。そのため凝りたい箇所と簡素にしたい箇所を、施主が工務店と相談しながら決めることも可能です。
広告を出すことに消極的だったり、展示場を建てていなかったりと宣伝のための経費は少ないことも多く、ハウスメーカーのように営業専門の社員をたくさん配置している会社も少ない場合もあります。その独自のコスト削減の提案が期待できます。

ただし、システム化されてはいませんので、ローコスト住宅で建てるときは、住宅性能、設備、外壁や内装の仕様はどのようになるのか、事前に十分に確認することをおすすめします。

3-3.設計事務所に依頼する

設計事務所でもローコスト住宅の建築が可能です。

設計事務所では基本的に自由設計で対応してもらいますが、自由設計のメリットを生かして、オリジナルな発想でデザイン性の高いローコスト住宅が期待できます。
ハウスメーカーや工務店とは違った視点で、一般的な概念にとらわれない素材の使い方や間取りの仕方にも対応できる可能性があります。

ただし、設計事務所は自社で施工は請け負わないため、施工会社は別の会社になります。また、設計料が別途必要になるため、家づくり全体のコストとしては割高になることもありますので注意してください。

4.評判のいいローコスト住宅、依頼先を選ぶ3つのポイント

4-1.予算に合わせた家を建てる会社は注意

ローコスト住宅の依頼先で気を付けたいのは、「どんな予算にも合わせて建てられます」とうたっているケース。

コストを削減して建てるとはいえ、長く安心して住み続けるためには、最低限の住宅品質を確保する必要があります。そのためには、「これ以上はコストカットできない」という上限があります。
「どんなに少ない予算でも大丈夫」とは、「どこかで手抜き工事をされてしまうリスク」が考えられますので、注意してください。

4-2. 建てた後のフォローもしっかりしてくれる会社かどうか見極める

一定の住宅性能を確保するために、これ以上はコスト削減ができないという姿勢を持っている会社の方が信用できるといえます。

どのような会社でも「1棟でも多く契約したい」という思いは同じです。しかし、コストダウンする方法として、住宅の重要な基盤となる性能面でのコスト削減を簡単に提案してくる会社は要注意です。

住宅性能は、建物の安全を確保し、さらには将来的なメンテナンスにも影響する部分です。たとえ、外壁や内装にハイグレードな素材を使えたとしても、基礎や構造などがしっかりとした耐久性を確保していなければ、安心して住み続けることができません。

将来的なメンテナンスを軽視している会社は、技術面にはあまり詳しくない運営をしている傾向があります。ローコスト住宅で安心できる家づくりを進めるためには、建てた後のフォローもしっかりしてくれる会社かどうか見極めることが大切です。

4-3.メリット・デメリットを説明する会社を選ぶ

ローコスト住宅は、建築費用を抑えることができるため、収入がまだまだ十分ではない若い子育て世帯や、定年後の退職金で負担を少なく立て替えたい高齢者世帯などにはメリットになります。
子育て世帯ではこれから必要になる教育費などの負担もあるため、できるだけ住宅ローンを抑えたいと考える方は少なくありません。

しかし、ローコスト住宅の種類によっては、定期的な外壁や屋根のメンテナンス費用が早期に必要になるリスクもあります。このようなメリット、デメリットをしっかりと理解し、どのように家づくりを進めることが最適かアドバイスをしてくれる会社を選ぶと安心です。

また、ローコスト住宅と一般的な住宅との違いを性能面や設備面、コスト面などから、明確に説明してくれる会社がおすすめです。ローコスト住宅を提供できる理由を説明せず、なんとなく「他社より安くできます」だけではなく、住まう人の将来まで見越した家づくりをしてくれる、誠実な対応の会社を選択してください。

まとめ

注文住宅は、建売住宅と違って自由に選択できる範囲が広いぶん、自分たちで決断しなければならないことも多くあります。
本当にこの内容で進めてもよいか、ひとつひとつ丁寧に検討し、何か疑問を感じたら曖昧にせず解決しながら進めることが、失敗しない家づくりにつながります。
建築会社やハウスメーカー、住宅展示場などで、プロの方々の意見を聞いて参考にしながら、理想の家づくりを進めてください。

SNSでもご購読できます