【訪問前に必見】住宅展示場を回る際のポイント9つと注意点!前日までの準備は?

住宅展示場の見学 ポイントと注意点を解説!

住宅展示場の見学の目的はさまざまです。主な目的としては次の5つが挙げられるでしょう。

  • どのような住宅が欲しいのかイメージを膨らませる
  • 遮音性や断熱性などホームページではわからない部分をチェックする
  • 最新の設備や情報を家づくりのヒントにする
  • インテリアコーディネートのヒントにする
  • どのハウスメーカーが良いのか比較検討する

どのような目的であれ、住宅展示場の見学を有意義な時間にするには、事前に見るべきポイントを整理しておく必要があります。

この記事でわかること
  • 住宅展示場見学のポイント
  • 住宅展示場見学の注意点
  • 住宅展示場見学の事前準備

今回は、見学する際に注目するポイントを9つに分けて解説します。ぜひ参考にしていただき、当日の見学を意味のあるものにしてくださいね。

なにから始めて良いのかわからない」「ハウスメーカーの選び方を知りたい」という方におすすめ!
HOME4U 家づくりのとびら」は、元ハウスメーカー勤務の経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で、「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポート。

1.住宅展示場で見学する9つのポイント

次の9つのポイントに注目すると、住宅展示場での見学が効率良く進みます。

  1. 見学するハウスメーカーを絞り込んでから行く
  2. 住宅の工法・性能の理解を深めておく
  3. オプションと標準仕様の違いを確認する
  4. 営業担当者との相性を見る
  5. 生活動線・家事動線をイメージする
  6. 営業やカタログが不要の場合は初めに断る
  7. 筆記用具とメジャーを持っていく
  8. 見学は1日に3社までがおすすめ
  9. 動きやすくカジュアル過ぎない服装で行く

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1-1.見学するハウスメーカーを絞り込んでから行く

大きな住宅展示場であれば、10社以上ものハウスメーカーが入っていることも少なくありません。

あらかじめ見学したいハウスメーカーを絞り込んでから行くと、知りたいポイントも比較しやすくなります。
疲れて細部まで見学できないという状況も避けられるため、より実りのある時間が過ごせるでしょう。

ハウスメーカー選びに迷ったときは、「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」を活用してハウスメーカーの絞り込みを行うのがおすすめです。
希望条件でハウスメーカー・工務店を絞り込み、さらにプラン作成依頼をすることで、具体的な間取り・資金計画などからハウスメーカー・工務店を比較することができます。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

1-2.住宅の工法・性能の理解を深めておく

ハウスメーカーではさまざまな工法や性能を研究開発し、モデルハウスを通して紹介しています。省エネ性を実現する断熱性能や気密性能、地震に備える耐震性能、制震性能などは、住み始めてからの費用や安心につながる大きなポイントです。

しかし、これらの工法や性能に対してまったく知識がない状態で住宅展示場に行くと、何がどう優れているのか理解できないまま説明が終わってしまうかもしれません。営業担当者の説明をより深く理解するためにも、ある程度は工法や性能についての知識を仕入れてから住宅展示場に行くようにしましょう。

なお、工法や性能に関しては、各ハウスメーカーのホームページで紹介されていますが、専門用語が多くてわかりづらいということもあるかもしれません。以下の記事も参考にしながら、見学したいハウスメーカーのホームページをチェックしてみてください。

【耐震等級で比較】地震に強いハウスメーカー15選と選び方
【住宅の断熱材11種の特徴を比較!比較ポイントや工法の違いも解説
【おすすめ一覧】全館空調が実現できるハウスメーカー11社と見極めるべき4項目!

「専門家からわかりやすい説明を受けたい」という方には、「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめです。元ハウスメーカー勤務の専門アドバイザーに無料で相談でき、わかりやすいガイドブックも手に入れることができます!

【初心者必見】
家づくりは、基礎知識と
予算・資金計画が成功のカギ!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン相談(無料)すると
もらえる!

  • 家づくりパーフェクトガイド
    予算の立て方や、土地の探し方・選び方など、失敗しない家づくりの秘訣をまとめた「家づくりパーフェクトガイド」をプレゼント!
  • ご予算シミュレーションシート
    ご相談時に、借入希望額から毎月返済額、もしくは毎月の返済額から借入額をシミュレーションしたシートをプレゼント!建物本体金額や付帯工事費+諸費用の総予算もシミュレーションいたします。

1-3.オプションと標準仕様の違いを確認する

住宅展示場では、気になる設備・機能について標準仕様なのかどうか確認するようにしましょう。

モデルハウスの設備や機能などは、すべて標準仕様とは限りません。追加料金でアップグレードしたものや、オプションで付けたものを取り入れていることも多々あるため、営業担当者の説明なしには標準仕様がどの程度のものなのか理解することが難しいでしょう。

標準仕様でないときは追加料金がかかるので、ハウスメーカーが提示している基本料金よりも高額になる可能性があります。

1-4.営業担当者との相性を見る

住宅展示場で担当してもらった営業担当者との関係は、住宅購入後も続くことが一般的です。住宅展示場でのコミュニケーションで「自分と合わない」と感じたら、早めに変えてもらいましょう。早急に対応してもらうことで、「理想に近い家が作れそうなハウスメーカーなのに、営業担当者だけがネックで検討を見送った」ということも避けられます。

ただし、営業担当者を変えてほしいときは、明らかに営業担当者側に問題がある場合以外は、角が立たない言い方を工夫しましょう。例えば、以下のような言い方がいいかもしれません。

「年齢が近いほうが理解していただけそうなので…」
「以前、友人を担当した○○さんに担当してもらいたいのですが…」など

相性が良い営業担当者に担当してもらうことも住宅購入の満足度を高めるために必要なことなので、住宅展示場でしっかり見極めましょう。

1-5.生活動線・家事動線をイメージする

モデルハウスを見学するときは、生活動線や家事動線をイメージすることが大切です。
例えば、キッチンやリビング、寝室などの各部屋が素晴らしいものであっても、実際に部屋間を動いてみないことには過ごしやすい家なのかどうかわかりません。

普段の行動や家事を思い浮かべ、「キッチンとリビングの行き来がしづらい」「洗濯してからベランダまでの移動が大変」など、不具合がないかどうかをチェックしてみましょう。

また、間取りが自分のライフスタイルに合わないときは営業担当者に相談してみてください。大抵のハウスメーカーではいくつか間取りのパターンを用意しているので、自分に合う間取りが見つかるかもしれません。

1-6.営業やカタログが不要の場合は初めに断る

まだ「注文住宅を建てる」という意思が固まっていない方の中には、担当者による営業やカタログの受け取りを希望していない方もいることでしょう。

「良い家があれば建てたい」「マンションが良いのか戸建て住宅が良いのか迷っている」というスタンスで住宅展示場を見学するのであれば、住宅展示場を予約するときやモデルハウスに入場する前に「営業やカタログは不要」といった旨を伝えておくようにしましょう。
あるいは、「予約なし」で見学が可能な住宅展示場を選び、まずは自由見学をしてみるのもいいかもしれません。

なお、カタログは、ハウスメーカーのホームページからでも請求することができます。

住宅展示場で予約なしで行く際、またカタログ請求をする際の注意点については、次の記事で詳しく解説しています。

住宅展示場は予約なしでも行ける!予約あり・なしのメリットや事前準備のポイントは
【注文住宅】ハウスメーカーのカタログ請求のメリット・デメリット、注意点は?

また、先にハウスメーカーを絞り込んでおくことで、そうした無駄な営業を受けることを避けることができます。
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」などの無料サービスを使って、自身に予算・希望の間取りに合ったハウスメーカーだけに集中して、住宅展示場を上手に活用してくださいね。

1-7.筆記用具とメジャーを持っていく

家に帰ってから「このテレビはあの空間に置けるのだろうか」「ベッドは入るだろうか」などと気になる点が思い浮かぶことがありますが、目視だけで記憶をたどることは困難です。住宅展示場に行くときは筆記用具とメジャーを持っていき、家具を置きたい場所や部屋の寸法は測定し、メモしておくようにしましょう。

また、筆記用具があれば、住宅で気になったことや営業担当者から得た情報なども、逐一書き留めることができます。特に複数のモデルハウスを一度に見学するときは、それぞれの情報が混ざってしまわないためにも必須アイテムと言えます。

1-8.見学は1日に3社までがおすすめ

1日にまわるハウスメーカーの数は、多くても3社程度にしておきましょう。
特に小さな子どもがいる場合には、子どもに負担がかからないよう、1日に見学するハウスメーカーは厳選したほうが無難です。

モデルハウスの見学は、思ったよりも時間がかかるものです。個人差はありますが、細部まで見学し、営業担当者の説明を聞くと、1社あたり1~2時間程度の時間がかかります。

一度に多くのモデルハウスを見学すると疲れてしまい、細部まで集中して見られない、情報が多く整理しきれない、といった恐れもあるので、時間に余裕のあるスケジュールを立てることをおすすめします。

事前にご自身の希望条件を叶えてくれるかどうかを確認しておき、ハウスメーカーを絞り込んでおくことが大切です。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

1-9.動きやすくカジュアル過ぎない服装で行く

モデルハウスを見学するときは、家の隅々まで移動するので意外と歩数が多くなります。複数のモデルハウスを見学するのであれば、さらに歩数は増えるでしょう。なるべく疲れにくく動きやすい服装で行くことが大切です。

しかし、あまりにもカジュアル過ぎる服装で行くと、暇つぶしやプレゼント目当てのような印象になるかもしれません。服装だけで「相手にされない」ということはほとんどありませんが、丁寧な接客を受けるためにも、適度にきちんとした格好が好ましいでしょう。

2.住宅展示場へ行くときの注意点

住宅展示場で有意義かつ楽しい時間を過ごすために、次の3点に注意しましょう。

  • 予算や希望の間取りを伝える
  • 生活者目線でモデルハウスを見学する
  • マナーに注意する

それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

2-1.予算や希望の間取りを伝える

あらかじめ予算を伝えておかなければ、予算を超えるプランを提案され、時間の無駄になることがあります。
また、家族の人数に合わない部屋数・広さのプランも、住宅購入の参考にならないかもしれません。

最初のアンケート回答の時点で、予算と希望の部屋数、広さを正確に伝えるようにしましょう。

家族内でどのような住宅が良いのかうまく話がまとまらないときは、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料相談サービスがおすすめです。
HOME4U 家づくりのとびら」では、専門アドバイザーが皆さまのご希望を丁寧にヒアリングし、どのような家が合うのか、具体的なイメージ作りをお手伝いします。
ぜひ住宅展示場に行く前にご相談ください。

2-2.生活者目線でモデルハウスを見学する

おしゃれなモデルハウスを目の当たりにすると、見た目だけで「こんな家に住みたい」と思ってしまうこともよくあることです。しかし、おしゃれなだけでは生活はできません。

「実際に自分たちが暮らしたらどうか」という観点で、住宅を見学することが大切です。リビングから洗面所の動線、洗濯するときの動線、収納スペースなど、生活者としての目線でモデルハウスをチェックしましょう。

2-3.マナーに注意する

住宅展示場で案内してもらう担当者は、今後も末永く付き合いが続く関係になるかもしれません。
最初から良好な関係を築くために、見学の際には見学者も営業担当者も、お互いが心地良い時間を過ごせるよう、マナーには注意をしましょう。

特に、子どもを連れて行くときは、子どもにもマナーを守ることを徹底させます。走り回ったり、壁や床に傷をつけたりしないよう注意しておきましょう。

3.住宅展示場に行く当日までに準備すること

住宅展示場に見学までに、以下の事前準備を進めておけば、より効率良く見学を進めることができます。

  • 住宅に対する家族の希望・予算をまとめておく
  • 住宅展示場に行く前に予約をしておく
  • 場内マップでハウスメーカーの位置を確認しておく
  • 質問リストを作っておく

それぞれについて詳しく解説します。

3-1.住宅に対する家族の希望・予算をまとめておく

注意点でもお伝えしたように、最初に「希望条件」を伝えるのは、とても大切なことです。
どのような住宅にしたいのか、家族の希望や予算をまとめておきましょう。事前に家族で話し合っておくことで、見たいポイントに注目した無駄のない見学を実現できます。

3-2.住宅展示場に行く前に予約をしておく

事前に予約しておくことで、スムーズに見学できるだけでなく、営業担当者から丁寧な説明を受けることができます。

「予約なし」で行ける住宅展示場もあります。しかし、「予約なし」で行くと、混雑しているときは待たされたり、相手にしてもらえなかったりといったデメリットが多いです。
また、新型コロナウイルス感染症予防の目的で、人数制限を実施している場合には入場できない可能性もあるでしょう。

住宅展示場は予約なしでも行ける!予約あり・なしのメリットや事前準備のポイントは

3-3.場内マップでハウスメーカーの位置を確認しておく

スムーズに移動できるように、場内マップで気になるハウスメーカーは確認しておきましょう。

大型の住宅展示場では、多くのハウスメーカーが複数のモデルハウスを紹介しています。そのため、事前に場内マップを見ておかないと、希望する場所になかなかたどり着かないといったことにもなりかねません。

3-4.質問リストを作っておく

ハウスメーカーのホームページやパンフレットなどから事前にある程度の情報を入手し、聞きたいことをリストにまとめておくようにしましょう。
営業担当者に直接聞くことで、知りたいポイントを効率良く知ることができます。

以下の記事では大手ハウスメーカーの特徴をまとめているので、この中で気になる点をピックアップしてもよいでしょう。

ハウスメーカーのおすすめ17選と選ぶときのポイント【比較一覧表あり】

4.ハウスメーカーの絞り込みはプラン比較がおすすめ!

住宅展示場でモデルハウスを見学するハウスメーカーを絞り込む際には、「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」の活用が非常に効果的です。

HOME4U「家づくりのとびら」複数ハウスメーカーに「間取り図」「資金計画」「土地探し」をまとめて依頼!

HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスは、資金計画・間取りプランを一括で入手できるため、ご自身のイメージとギャップが生まれることなく、ハウスメーカー・工務店を絞り込むことができます

厳しい審査基準から、優良ハウスメーカーのみと提携しているため、信頼できるハウスメーカー・工務店に工事を依頼できるというメリットもあります。
住宅展示場でより有意義な時間を過ごすためにも、ぜひ事前に活用してみてくださいね。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

住宅展示場に行く前に、家族で話し合い、希望や間取り、広さ、予算などをある程度決めておきましょう。住宅展示場の予約をすることで、待ち時間なく、営業担当者の接客を受けられます。

また、事前に希望に合うハウスメーカーを絞り込んでおくと、より効率良く見学を進めていけるでしょう。理想の住宅を建てるためにも、ぜひ事前準備をしてから住宅展示場に出かけるようにしてください。

この記事のポイント まとめ

住宅展示場に行く前に押さえたい見学のポイントは?

住宅展示場に行く前には以下のようなポイントを押さえておくと、より有意義な見学になります。

  • 見学するハウスメーカーを絞り込んでから行く
  • 住宅の工法・性能の理解を深めておく
  • オプションと標準仕様の違いを確認する ほか

詳しくは「1.住宅展示場で見学する9つのポイント」で解説しています。

住宅展示場での注意点は?

住宅展示場では、以下の3点に注意しましょう。

  • 予算や希望の間取りを伝える
  • 生活者目線でモデルハウスを見学する
  • マナーに注意する

詳細は「2.住宅展示場へ行くときの注意点」でお伝えしています。

住宅展示場の見学にかかる時間は?

住宅展示場見学にかかる時間は、その人の状況や混み具合、ハウスメーカーによって異なります。
見学当日は、ハウスメーカー1社あたりにかかる時間を目安に、1日にまわるハウスメーカーを決めるとよいです。
詳しくは「1-8.見学は1日に3社までがおすすめ」をご覧ください。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。