【延床・土地】平屋50坪の間取り10選!おしゃれに見せるコツや費用の注意点

延床・土地50坪平屋 間取りと費用相場・注意点

これからマイホームを建てる方の中には、「50坪(約165平米)」で平屋を建てたい」と考えている方もいるでしょう。

一口に50坪といっても、「延床面積50坪」なのか、「土地50坪」なのかによって、建てられる平屋は異なってきます。
※建物全ての階の床面積の合計

例えば、延床面積50坪は畳なら100枚分。
バレーボールのコート程度といえば、イメージしやすいのではないでしょうか。

間取りにもよりますが、4LDK~5LDKが可能で、大人5~6人が暮らせます。

また、平屋は基本ワンフロアですが、注文住宅のように設計の自由度が高い縦方であれば、縦への広がりを演出する「スキップフロア」や「ロフト」「屋根裏部屋」などをオーナーの意思で設けることも可能です。

なお、50坪の土地に平屋を建てる際には、「建ぺい率」に注意して間取りを考える必要があります。

この記事でわかること
  • 延床・土地別50坪のおすすめ間取り事例
  • 延床面積50坪の建築費用相場
  • 建ぺい率や固定資産税に関する注意点

50坪の平屋をおしゃれに仕上げるコツや、おすすめハウスメーカーもお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
そんな方は「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめ。190社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。以下からぜひご利用ください!

かんたん3分入力
自分にあった 家づくりプランを
まとめて依頼!
STEP1
STEP2

坪数ごとの平屋の間取りを比較してみたいという方は「平屋の間取り」の記事もご覧ください。

1.延床面積50坪の平屋の間取り5選

まずは、延床面積50坪のおすすめ平屋間取りを紹介します。

延床面積50坪のおすすめ平屋間取り
  • 【3LDK】広いインナーテラスとガレージのある間取り
  • 【5LDK】土間やパントリーなど収納スペースが豊富な間取り
  • 【4LDK】家事動線にこだわった暮らしやすい間取り
  • 【4LDK+2LDK】玄関ホールで分かれる二世帯住宅の間取り
  • 【6LDK】サンルームのある間取り

以下より、間取り図とともにおすすめポイントを解説するので、ぜひ間取りを考える際の参考にしてください。

1-1.【3LDK】広いインナーテラスとガレージのある間取り

【3LDK】広いインナーテラスとガレージのある間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※SC…シューズクローク

想定世帯人数 2~3人
土地面積 100坪(約331平米)
間取り 平屋3LDK+ビルトインガレージ+インナーテラス++ランドリールーム+ウォークインクローゼット+パントリー+シューズクローク
おすすめのポイント
  • インナーテラスを囲むLDK
  • 車2台分を駐車できるビルトインガレージ

平屋を建てる際、しばしば問題になるのが「採光の確保」です。

周囲の家も平屋ならよいのですが、隣家との距離が近く、しかも2階建て以上のときは建物全体に日が当たりにくくなることもあります。

上図のように、広いインナーテラスを囲むようにLDKを配置した間取りなら、明るさだけでなく風通しも確保できます。

また、インナーテラスは子どもの遊び場やバーベキューの場としても活用でき、家での暮らしがさらに楽しくなるでしょう。

部屋数が少ない分、ビルトインガレージには車2台が停められる広さがあります。
車は一台しか持たないという方でも、来客が多い方は余分に1台分広さを確保しておいてもよいかもしれません。

▶【インナーテラス・ビルトインガレージ】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【インナーテラス・ビルトインガレージ】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

1-2.【5LDK】土間やパントリーなど収納スペースが豊富な間取り

【5LDK】土間やパントリーなど収納スペースが豊富な間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※CL…クローゼット

想定世帯人数 4~5人
土地面積 70坪(約231平米)
間取り 平屋5LDK+土間+パントリー+ウォークインクローゼット+広縁
おすすめのポイント
  • 適材適所に配置された収納スペース

平屋はすべての部屋がワンフロアに集まっているため、物をしっかりと片付けないと家全体が乱雑な印象になってしまうことがあります。

また、片付けるものと片付ける場所が離れていると、片付けの習慣が身につかないかもしれません。

広い平屋だからこそ、生活動線を短くする工夫が必要です。

上図のように、玄関にはシューズクロークにもなる広い土間、キッチンにはパントリー、リビングや廊下には日常的にすぐ取り出せると助かるものを収納するスペースなどを確保すれば、その場その場で物を片付けられて便利です。

▶【充実した収納】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【充実した収納】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

1-3.【4LDK】家事動線にこだわった暮らしやすく間取り

【4LDK】家事動線にこだわった暮らしやすく間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※SC…シューズクローク
※CL…クローゼット

想定世帯人数 3人
土地面積 80坪(約264平米)
間取り 平屋3LDK+畳コーナー+ユーティリティ+玄関収納+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ+広縁
おすすめのポイント
  • 洗濯物の家事動線がスムーズ
  • 広々とした空間を演出する工夫が満載

生活動線だけでなく家事動線にもこだわった間取りなら、暮らしやすさはさらにアップします。

こちらの間取りでは、浴室・洗濯室とユーティリティ、ウッドデッキが一直線になっているため「洗濯する・干す・アイロンをかける・たたむ」の動作がスムーズになります。

また、広縁やウッドデッキがあることで、延床面積50坪の広々とした空間がより広く感じられるのも魅力です。

畳コーナーのふすまを開け放つとLDKと一続きになり、さらに広々と過ごせます。

▶【家事が楽】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【家事が楽】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

1-4.【3LDK+2LDK】玄関ホールで分かれる二世帯住宅の間取り

【3LDK+2LDK】玄関ホールで分かれる二世帯住宅の間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※CL…クローゼット

想定世帯人数 6人
土地面積 80坪(約264平米)
間取り 平屋
子世帯:3LDK+書斎+学習コーナー+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ
親世帯:2LDK+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ
共有:土間
おすすめのポイント
  • 程よい距離感で暮らせる二世帯住宅
  • 二世帯が集まれる広さを確保した子世帯のLDK
  • 親世帯の居住空間はバリアフリー対応

延床面積50坪の平屋なら、玄関・土間以外を完全に分離させた二世帯住宅も可能です。

共用できる土間収納には、両世帯のアウトドア用品やガーデニング用品を片付けられます。

子世帯のLDKは広めに確保し、時には二世帯がともに過ごせるよう工夫されています。

また、親世帯の浴室やトイレは引き戸にすることで、車いすでも使いやすいバリアフリーに対応できます。

▶【二世帯住宅】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【二世帯住宅】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

1-5.【6LDK】サンルームのある間取り

【6LDK】サンルームのある間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※CL…クローゼット

想定世帯人数 6人
土地面積 70坪(約231平米)
間取り 平屋6LDK+書斎+ウォークインクローゼット+サンルーム+パントリー+第二玄関
おすすめのポイント
  • 広いLDKと充実した個室の数を両立
  • 吹き抜けで採光・風通しを確保
  • 選択が楽になるサンルーム付き

延床面積50坪の平屋なら、27畳超の広いLDKも可能です。
廊下を極力なくしているため、個室の数も6人以下で暮らすのであれば申し分ないでしょう。

LDKは上部を吹き抜けにすれば、明るさも確保できます。

キッチンの横には第二玄関があり、パントリーまでスムーズに移動できます。

また、玄関脇には広いサンルームがあり、採光や洗濯物を干す場として活躍します。

▶【家事が楽】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【家事が楽】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

漫画でわかる!「家づくりのとびら」 アイコン

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し
お家のいろは コラム
延床面積50坪の建築費用は?

延床面積50坪平屋(木造)の建物建築費用相場は、2,000万~3,000万円程度です。

ただし、上記はあくまで相場であり、実際の資金計画の際には以下の点に注意して検討する必要があります。

新築平屋の資金計画を立てる際の注意点
  • ハウスメーカーによって坪単価は異なる
  • 設備や仕様によって建築費用は大きく変動する
  • 建物本体の建築費用以外にも付帯工事費用や諸費用がかかる
  • 土地がなければ土地代金も必要

平屋は一般的な2階建て住宅よりも坪単価が高い傾向にあります。

「思ったより費用がかかってしまった…」と後悔しないために、まずは無料のHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスで実際の住宅プラン(資金計画含む)を手に入れることをおすすめします。

2.土地50坪の平屋の間取り5選

次に、50坪の土地に平屋を建てる場合のおすすめ間取りを見ていきましょう。

なお、土地の面積が決まっていて間取りを決める際には、用途地域ごとに決められている「建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)」に注意してください。(詳細はコラムで解説)
※建物を真上から見た時の面積。平屋の場合ワンフロアなので「建築面積≒延床面積」と捉えられる。

今回は延床面積30坪のおすすめ平屋間取りを見ていきます。

土地50坪に建てる平屋のおすすめ間取り
  • 【3LDK】中庭を囲むコの字型の平屋の間取り
  • 【3LDK】ロフトのある開放的な3LDKの間取り
  • 【2LDK】ウッドデッキでつながる間取り
  • 【3LDK】横長の敷地にフィットした間取り
  • 【3LDK】縦にゆとりのある勾配天井の間取り

以下より、間取り図とともにおすすめポイントを解説するので、ぜひ間取りを考える際の参考にしてください。

2-1.【3LDK】中庭を囲むコの字型の平屋の間取り

【3LDK】中庭を囲むコの字型の平屋の間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※CL…クローゼット

想定世帯人数 4人
延床面積 30坪程度
間取り 平屋3LDK+納戸+ウォークインクローゼット
おすすめのポイント
  • プライバシーと採光を両立できるコの字型

新築マイホームには「遊び場やアウトドアリビングとして使える庭を付けたい」と考えている方の中には、「塀を高くしてプライバシーを守りたい」と考える方は多いでしょう。

しかし、塀を高くすると採光が難しくなるため、建物全体が暗くなってしまいます。

庭をプライベートな空間として活用したい人には、中庭を囲むコの字型の間取りがおすすめです。

周囲の視線を気にせずテーブルを出して食事をしたり、洗濯物を干す場として活用したりできます。

▶【コの字型平屋】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【コの字型平屋】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-2.【3LDK】ロフトのある開放的な3LDKの間取り

【3LDK】ロフトのある開放的な3LDKの間取り
【3LDK】ロフトのある開放的な3LDKの間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※CL…クローゼット

想定世帯人数 3~4人
延床面積 30坪程度
間取り 平屋3LDK+土間+ロフト+土間+パントリー+ウォークインクローゼット+デッキ
おすすめのポイント
  • ロフトが縦の広がりをプラス
  • LDKを囲む採光抜群のデッキ

ロフトがあると部屋が縦に広がり、床面積が狭くても広く見えます。
個室が狭くなったときにおすすめのアイデアです。

また、玄関からつながる広々としたデッキはガラス張りで、サンルームにもなります。
ふんだんに日光が入るため、くつろぎの場や洗濯物を干す場としても活用できます。

▶【ロフト】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【ロフト】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-3.【2LDK】ウッドデッキでつながる間取り

【2LDK】ウッドデッキでつながる間取り

※WIC…ウォークインクローゼット

想定世帯人数 4人
延床面積 30坪程度
間取り 平屋2LDK+スタディスペース+小上がり+パントリー+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ
おすすめのポイント
  • 使用用途が広がるウッドデッキを囲むコの字型
  • 家事の時短を助ける2ドアのウォークインクローゼット

庭を作りたいと考えているのであれば、中庭を囲むコの字型の間取りもおすすめですが、ウッドデッキを囲むタイプのコの字型間取りもおすすめです。

ウッドデッキには靴を履かずに出られるので、LDKから個室への移動やセカンドリビングなどに活用できます。

また、2つの洋室間に設けられたウォークインクローゼットには2つのドアがあり、どちらの個室からも入れる構造です。
双方の部屋からアクセスできるうえ、洗濯物を片すときには個別のクローゼット行く必要がないため家事の時短につながります。

▶【ウッドデッキ】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【ウッドデッキ】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-4.【3LDK】横長の敷地にフィットした間取り

【3LDK】横長の敷地にフィットした間取り

想定世帯人数 4人
延床面積 30坪程度
間取り 平屋3LDK+フリースペース+土間+ウォークインクローゼット
おすすめのポイント
  • 間口が狭い土地に適した間取り
  • 充実した共用スペース

うなぎの寝床のように間口が狭く、奥行きが広い敷地なら、共用スペースを玄関ドア側に配置した間取りがおすすめです。

プライベートスペースはすべて家の奥側にあるため、来客中でも気兼ねなくトイレやお風呂に行けます。

土間には靴や傘だけでなく、趣味のアウトドア用品や子どもの外遊びのおもちゃも片付けられる広さを確保しています。

また、LDK奥のフリースペースは、ワークスペースとしても活用できるため、急なテレワーク時にも対応できます。

▶【横長の土地】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【横長の土地】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-5.【3LDK】縦にゆとりのある勾配天井の間取り

【3LDK】縦にゆとりのある勾配天井の間取り

※WIC…ウォークインクローゼット
※FC…ファミリークローゼット
※SC…シューズクローク
※CL…クローゼット

想定世帯人数 4人
延床面積 30坪程度
間取り 平屋3LDK+畳コーナー+ウォークインクローゼット+ファミリークローゼット+シューズクローク
おすすめのポイント
  • 正方形の土地に適した間取り
  • 勾配天井で空間の広がりを調整
  • 充実した収納

正方形に近い形の平屋は、家の中心部分が暗くなりがちです。

こちらの間取りでは、明るさを確保するために天井を高くし、勾配をつけることで奥行きが広く見えるように工夫しています。

天井高が低くなる部分は畳コーナーとなっており、お昼寝や家事の合間の休憩にちょうどよい空間になっています。

ウォークインクローゼットやファミリークローゼット、シューズクロークなど収納スペースが充実しているのも特徴です。

▶【正方形の土地】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【正方形の土地】など、理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

無料のHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスなら、あなたの予算に合ったハウスメーカー・工務店が簡単に絞り込めるうえ、気になるハウスメーカー・工務店から実際の間取り図を提案してもらえます。

最大5社分の間取り図が手に入るので、自分の要望や予算からどのような間取りが可能なのかイメージしやすくなりますよ。

あなたの実現したい「イメージ」に合わせて
最適なプランを提案します!

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
あなたの「実現したい生活のイメージ」「間取りのイメージ」「家族構成」「欲しい便利機能」等々をお聞きして、あなたに合った間取りを具体的にご提案します!

無料プラン作成でこんなプランがもらえます!|純和風、吹き抜け、家事優先

漫画でわかる!

お家のいろは コラム
間取りを考える前に確認したい建ぺい率とは?

2章冒頭でもお伝えしたとおり、間取りを考える前に土地の面積が決まっている場合は、「建ぺい率」に注意してください。

建ぺい率とは

敷地面積に対する建築面積(建物を真上から見たときの面積)の割合のこと

平屋はワンフロアなので、建築面積と延床面積はほぼ同じと考えられます。
建ぺい率を求める際には、以下の計算式を使います。

建ぺい率を求める計算式

建ぺい率=建築面積÷敷地面積

なお、建ぺい率は用途地域ごとに変わりますが、例えば平屋が建てられる「第一種低層住居専用地域」であれば、建ぺい率は30・40・50・60%です。

すでに所有している土地の建ぺい率50%であれば、建築面積は以下のように求められます。

建ぺい率50%の建築面積

敷地面積60坪×建ぺい率50%÷100=建築面積30坪(約99平米、61畳)

所有している土地にはどの程度の広さの住宅を建てられるのか、間取りを本格的に検討する前に確認しておきましょう。

3.50坪の平屋の間取りで押さえておきたいポイント

土地50坪、あるいは延床面積50坪の平屋を建てるなら、間取りづくりの際に次のポイントを押さえるとよいです。

50坪(土地・延床面積)の間取りポイント
  • 生活動線・家事動線を工夫する
  • 日当たり・生活音・風通しに配慮する
  • 使用用途の多い中庭を作る
  • 明るさと熱効率を考慮して天井高を決める

それぞれ詳しく解説します。

3-1.生活動線・家事動線を工夫する

家の中を行ったり来たりする時間を減らすためにも、生活動線と家事動線を工夫しましょう。

延床面積50坪の平屋であれば縦横に広く、移動距離が長くなる可能性があるため、なおさら生活動線と家事動線の短縮化が暮らしやすさと直結します。

3-2.日当たり・生活音・風通しに配慮する

周囲の環境によっては、平屋は日当たりと風通しが悪くなることもあります。

天井高を高くする、あるいはコの字型の建物にするなどの工夫をしましょう。

また、敷地いっぱいに建物を建てると、生活音が隣家に聞こえてしまうかもしれません。

リビングや窓を向かい合わせにしないように配慮し、お互いに気持ちよく暮らせるようにしておきましょう。

3-3.使用用途の多い中庭を作る

中庭は周囲の視線を遮るため、プライベートスペースとして活用しやすくなります。

中庭の活用方法(一例)
  • ガーデニング・アウトドア
  • 子供の遊び場
  • リラクゼーションスペース
  • ホームパーティ
  • ペットの居場所

敷地いっぱいに平屋を建てる場合は、中庭をつくって、プライバシーを守りつつさまざまな使い方で過ごせる屋外空間を確保してみてはいかがでしょうか。

3-4.明るさと熱効率を考慮して天井高を決める

採光に配慮するなら高天井が好ましいですが、熱効率が低下する可能性があります。

両方に配慮するのであれば、全体的に高天井にするのではなく、一部のみ天井高を高くした勾配天井を検討してみてはいかがでしょうか。

明るさを確保しつつ、空間が広くなり過ぎないため、熱効率が低下しにくくなります。
また、勾配天井により奥行きが実際以上にあるように見え、広く見せる効果も期待できます。

建築依頼先となるハウスメーカー・工務店に相談し、明るさと熱効率のバランスを考慮して天井高を決めましょう。

無料のHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスなら、あなたの予算・要望に合ったハウスメーカー・工務店の実際の間取りプランを簡単に比較できるため、家づくりが一層はかどりますよ。

実際の間取り図があれば、自分の理想のイメージや、住み始めてからの動線の確認がしやすくなります。
同居人との話し合いの際に用意しておけば、意見の交換もしやすく、スムーズにプランが固まるでしょう。

困ったことや疑問があれば、コーディネーターや注文住宅のプロに無料相談もできます。

営業トークは一切ないので、ぜひお気軽にご活用ください。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

お家のいろは コラム
50坪の平屋は固定資産税に要注意!

50坪の平屋は、広い分、固定資産税も高額になりがちです。

建物を建てる前におおよその税額も見積もってもらいましょう。

なお、2024(令和6)年3月31日までは「新築住宅の固定資産税の軽減措置」により、3年間(長期優良住宅は5年間)は固定資産税が2分の1になります。

もうすぐ適用期限が切れてしまうため、なるべくお得に家を建てたい方で、建築依頼先に迷われている方は、無料相談サービスを活用しながら効率よく家づくりを進めてみてくださいね。

※土砂災害特別警戒区域等の区域に立地する一定の住宅は対象外

参考:国土交通省「新築住宅に係る税額の減額措置

4.50坪の平屋をおしゃれに仕上げるコツ

せっかく注文住宅で平屋を建てるなら、機能面だけでなく「おしゃれな見た目」にもこだわりたいですよね。

おしゃれな平屋を目指すなら、次のコツに注目してください。

おしゃれな平屋のコツ
  • 【内装】吹き抜けで天井高に変化をつける
  • 【外観】外壁や屋根の種類を吟味する
  • 【外観】外構にこだわる

以下よりそれぞれのコツを解説します。

4-1.【内装】吹き抜けで天井高に変化をつける

平屋はワンフロアのシンプルな構造のため、場合によっては少し寂しい印象になってしまうかもしれません。

おしゃれに見せるコツとしては、吹き抜けや高天井を活用して天井高に変化をつけることがおすすめです。

見た目がおしゃれになるだけでなく、以下のような効果も期待できるため、積極的に検討してみてください。

吹き抜け・高天井のメリット
吹き抜け
  • 採光・換気がしやすくなる
  • 空間が広くおしゃれに見える
  • 吹き抜け以外の部分を小屋裏収納として活用できる
高天井
  • 採光しやすくなる
  • 空間が広くおしゃれに見える
  • ロフトを作れる

4-2.【外観】外壁や屋根の種類を吟味する

平屋は、内装だけでなく外観も単調な印象になりがちです。

外壁に2種類以上の色や素材を用い、変化をつけてみてはいかがでしょうか。
おしゃれに見えるだけでなく、メリハリが生まれて広く見える効果もあります。

また、一般的な切妻屋根や寄棟屋根ではなく、「片流れ屋根」を採用することで、建物の形状自体に変化をつけるのもおすすめです。

アシンメトリーでスタイリッシュな印象になるだけでなく、大容量の太陽光パネルを搭載しやすくなる、採光用の窓を設置しやすくなるといった住宅性能に関する効果も期待できます。

4-3.【外観】外構にこだわる

外構にこだわることで、よりおしゃれな住宅に仕上がります。

おしゃれな外構の工夫(一例)
  • 門から玄関までのアプローチを曲線的に描く
  • 玄関ポーチの脇にシンボルツリーを植える

また、背の高いフェンスや門柱を設置すれば、目隠し効果も期待できます。

5.50坪平屋の間取りが豊富なハウスメーカー

家づくりを成功させられるかどうかは、ハウスメーカー・工務店選びにかかっているといっても過言ではありません。

最後に、50坪の建築実績が豊富なハウスメーカー・工務店を紹介します。

ハウスメーカー・工務店選びの際に、ぜひ参考にしてください。

5-1.ダイワハウス

ダイワハウス

参考:ダイワハウス 公式HP

ダイワハウスは、業界トップクラスの手厚い保証制度を提供するハウスメーカーです。

自然と調和した平屋を目指すなら、xevoΣ 平屋暮らしがおすすめです。

50坪の間取りでおすすめのポイント
  • 屋外と自然につながる広い軒や縁側
  • 272cmの高天井
  • 生活動線・家事動線に配慮

272cmの高天井が標準仕様のため、圧迫感のないゆとりのある暮らしが可能です。

また、軒や縁側などで緩やかに外とつながり、開放感を演出します。

▶ダイワハウスなどの間取りプランを比較する(無料)

5-2.三井ホーム

三井ホーム

参考:三井ホーム 公式HP

日本の風土に合わせた工法を開発してきた三井ホームは、災害にも耐える木造住宅のハウスメーカーです。

三角屋根が特徴のWESTWOODで、平屋暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。

50坪の間取りでおすすめのポイント
  • くつろぎ空間として利用できる屋根裏部屋
  • 風雨を防ぐ広い軒
  • こもり感のある勾配天井

広い屋根裏部屋は収納スペースとして、また、くつろぐ場所としても活用できます。

広い軒は建物を囲むように設けられるため、風雨を避けつつ、晴れた日にはセカンドリビングにもなるでしょう。

また、リビングは大胆な勾配天井で、ドラマチックに空間を彩ります。

▶三井ホームなどの間取りプランを比較する(無料)

5-3.トヨタホーム

トヨタホーム

参考:トヨタホーム 公式HP

品質に定評のあるトヨタホームでは、快適と安心を叶える平屋、シンセ SMARTSTAGE+HITAYAを提案しています。

50坪の間取りでおすすめのポイント
  • 空間を有効活用する間取り設計
  • 吹き抜けも均一な温度に保つ全館空調、全館床暖房
  • 生活に変化をプラスするスキップフロア

平屋を平面ではなく空間として設計することで、よりオーナーの要望に寄り添ったオリジナリティの高い間取りを実現します。

また、吹き抜けがあっても均一な温度を保つ全館空調システムで、暮らしやすい点も特徴です。

▶トヨタホームなどの間取りプランを比較する(無料)

まとめ

延床面積50坪・土地面積50坪の平屋のおすすめ間取りを解説しました。

平屋はワンフロアですが、スキップフロアやロフト、屋根裏部屋を設けることで、縦へ広げることも可能です。

注文住宅なら、設計の自由度が高く、暮らす人の思いを形にできますよ。

ぜひ紹介した間取りアイデアやコツを参考に、理想の平屋を実現してください。

この記事のポイント

50坪の家はどのくらいの広さですか?

50坪(約165平米)は、以下のような広さです。

  • 畳100枚分
  • バレーボールのコート

延床面積50坪であれば、4LDK~5LDK、大人5~6人が暮らせます。

平屋50坪の建築費用はいくらですか?

延床面積50坪平屋(木造)の建物建築費用相場は、2,000万~3,000万円程度です。
ただし、これはあくまで相場です。

コラム「延床面積50坪の建築費用は?」で資金計画を立てる際の注意点も確認してください。

平屋は何坪あればいいですか?

住む人の人数や希望するライフスタイルによって、必要な坪数は異なります。

2.土地50坪の平屋の間取り5選」では想定世帯人数を交え、土地50坪・延床面積30坪の平屋間取りを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。