40坪平屋の間取り例と費用相場|失敗例に見る4つの注意点

40坪の平屋 間取り例とメリット・デメリット

この記事では、建物の延床面積が40坪台で造れる、平屋の間取りを紹介します。

延床面積が40坪となると、平屋としてはかなり大きな家を建てられます。スペースに余裕があるため、部屋数を多くとれば3~5人の家族でも十分暮らせるでしょう。部屋数を確保しつつ、いつでも家族が集まる広いリビングを設置するなど、平屋ならではの間取りを実現できます。

一般的な長方形だけでなく、L字やコの字、ロの字形のように、個性的な形状にすることも可能です。

また、中庭とともに、庭と室内をつなぐウッドデッキを設けると、開放的かつ季節の移り変わりを感じられる間取りになります。愛車を守るインナーガレージ、DIYやアウトドアに便利な広い土間など、趣味の空間を採り入れてもよいでしょう。

ただし、40坪を超える平屋は建物が大きくなるため、日当たりや風通しが悪くなったり、大きな屋根で弊害が起きたりすることがあります。平屋ならではのデメリットを解消するには、構造を工夫することが大切です。

この記事では、40坪の平屋を建てるにあたり、家族構成やライフスタイルに合わせた間取り、費用や失敗例からわかる注意点、おすすめのハウスメーカー・工務店について解説します。理想の住まいづくりにぜひお役立てください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、190社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

坪数ごとの平屋の間取りを比較してみたいという方は「平屋の間取り」の記事も併せてご参照ください。

1.40坪の平屋 おもなメリット・デメリット

40坪の平屋のメリット・デメリットには、以下が挙げられます。

平屋40坪のメリット
  • キッチンや水回りをつなぐ動線を工夫することで、家事の負担を減らせる
  • 子育てから老後までライフステージ合わせた間取りを造れる
  • 勾配天井や中庭などの設備を設置することで開放感ある間取りを実現できる
平屋40坪のデメリット
  • 屋根が大きく、室内スペースが広いため温度管理が難しい
  • プライバシーの確保が難しい場合がある
  • 広い土地を必要とし、延床面積を大きくすると2階建てよりも建築費用が高くなりやすい
  • 延床面積が36.3坪(120平米)を超えると、固定資産税の軽減措置が受けられなくなる

なお、デメリットにある「固定資産税の軽減措置」とは、戸建て住宅を新築した場合、床面積36.3坪(120平米)部分に対する固定資産税が3年間にわたって1/2に減額されるものです。

出典:
新築住宅に係る税額の減額措置|国土交通省
PDF住宅等に係る固定資産税・都市計画税の主な軽減制度一覧(23 区内)|東京都主税局

仮に延床面積40坪の平屋を建てた場合、36.3坪(120平米)を超える「3.7坪」分に関しては、軽減措置の対象外となってしまいます。家を新築する際は、土地や建物にかかる費用だけでなく、税金を含む幅広いコストに注意を向けるようにしましょう。

ただし、固定資産税の軽減措置は、2024年(令和6年)3月31日で適用期限を迎えます。軽減措置を受けるには申告が必要なため、お住まいの自治体の役所で早めに手続きを行ないましょう。

次に、40坪の平屋の特徴と間取りについて解説します。

1-1.ワンフロアで家事効率の良い動線が確保できる

平屋はそれぞれの部屋が近く、家族とのコミュニケーションが取りやすいのが魅力です。ただし、40坪台の平屋は水平方向に長い造りになりやすいため、水回りなどの設置場所を考えないと、家事の効率が悪くなってしまう場合があります。

水回りやキッチンを隣合わせることで家事効率の動線を確保した間取りを実現できます。家事負担を減らすためにおすすめの間取りはこちらです。

2-1.【4LDK 大家族でも家事はらくらく】平屋40坪のおすすめ間取り例

1-2.勾配天井や中庭で開放感のある家

平屋は2階建てと比べて暗くて窮屈な印象を持っている人もいるかもしれませんが、2階がないからこそ天井高にしたり、中庭を設置したり、間取りの工夫次第で開放的な平屋を実現できます。開放的な空間を実現した間取りはこちらです。

2-2.【3LDK 勾配天井と中庭でリビングに開放感を】平屋40坪のおすすめ間取り例

1-3.子供のいる家庭から老後の介護まで

平屋はワンフロアでバリアフリーな家を実現してくれます。老後の生活にも最適ですが、段差の少ない広々としたスペースの平屋は、小さな子供ものびのびと育てることができます。どんな世代でも安心して暮らせる、バリアフリーを実現した平屋の間取りがこちらです。

2-3.【3LDK 家全体をバリアフリー化】平屋40坪のおすすめ間取り例

2.平屋40坪のおすすめ間取り例5選

平屋40坪のおすすめ間取り例を、想定世帯人数と共にご紹介します。
いずれも代表的なものであり、家事動線と収納のポイントもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

2-1.【4LDK 大家族でも家事はらくらく】平屋40坪のおすすめ間取り例

すべての部屋にアクセス可能な大きなリビングが特徴

【4LDK 大家族でも家事はらくらく】平屋40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 土地の面積を最大限に使いたい人
世帯(想定) 夫婦+子供3人
延床面積 42坪
間取り 平屋 4LDK(+シューズインクローゼット+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ)
本体価格 約3,000万円

5人家族が快適に暮らすため、トイレは2つ確保しつつ、各部屋にクローゼットを配置し十分な収納スペースを確保しています。中央に配置した広いリビングは、家族が集まる場所としてだけでなく、各部屋をつなぐ動線としても機能します。

リビングとともに、隣り合うように水回りを配置することで、掃除などの家事も効率的に行なえます。建ぺい率の上限近くまで建物の床面積を使うことで、土地を最大限に活用できるおすすめの間取りです。

なお、建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積(建物を真上から見たときの面積)の割合を指します。各市町村の都市計画法に基づき、土地の用途地域に応じた建ぺい率が定められています。

▶【大家族にぴったりな40坪平屋】の間取り作成のプランはこちら

2-2.【3LDK 勾配天井と中庭でリビングに開放感を】平屋40坪のおすすめ間取り例

開放感あふれるリビングとプライベートな中庭

【3LDK 勾配天井と中庭でリビングに開放感を】平屋40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 開放感を実現したい人
世帯(想定) 夫婦+子供1人
延床面積 41坪
間取り 平屋 3LDK(+インナーガレージ+土間収納+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット)
本体価格 約1,800万円

天井に勾配をつけて高さを確保するとともに、ウッドデッキで中庭と緩やかにつなぐことで、開放感あふれるリビングを実現しています。中庭を囲むように建物をコの字型にレイアウトすることで、各部屋に十分な光が差し込むようになっています。

また、大きなガレージにはロフトがあり、収納スペースも十分に確保できる間取りです。プライベート感のある中庭に、友人を招待してBBQを楽しむなどの使い方もできます。

▶【開放感のある40坪平屋】の間取り作成のプランはこちら

2-3.【3LDK 家全体をバリアフリー化】平屋40坪のおすすめ間取り例

老後や介護に最適なフラットな家

【3LDK 家全体をバリアフリー化】平屋40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 バリアフリーな家を建てたい人
世帯(想定) 母+子
延床面積 41坪
間取り 平屋 3LDK(+ウォークインクローゼット+シューズインクローゼット)
本体価格 約3,000万円

床を低く造りやすい平屋の強みを生かし、家全体をバリアフリー化した間取りです。段差をなくし、玄関や浴室などに手すりなどを配置したバリアフリーの平屋なら、足腰に不安を覚える年齢になっても安心して暮らせます。

将来、車いすを利用することも考え、すべての扉はスライド式を設置。スライド式扉は、開け放っておくことで家族を見守りやすくなるだけでなく、開放感も演出してくれます。

長めのスロープに続く大きめの玄関ホールからは、和室へ直接入れるようになっており、家の出入りも楽にできるよう工夫されています。

▶【バリアフリーな40坪平屋】の間取り作成のプランはこちら

2-4.【3LDK 中庭を中心としたロの字型の間取り】平屋40坪のおすすめ間取り例

中庭から差し込む光が家を明るくしてくれる家

【3LDK 中庭を中心としたロの字型の間取り】平屋40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 明るい家にしたい人
世帯(想定) 夫婦+子供2人
延床面積 43坪
間取り 平屋 3LDK(+パティオ+ランドリールーム+ウォークインクローゼット+土間収納)
本体価格 約3,500万円

中心に大きくとった中庭は、ウッドデッキと人工芝の2種類のエリアに分かれています。メインのリビングから直接つながることで、家族がくつろぐセカンドリビングの役割も果たします。

中庭越しにも子供部屋の様子を伺うこともでき、家族のプライバシーと安心を両立できる間取りとなっています。

▶【明るい40坪平屋】の間取り作成のプランはこちら

2-5.【4LDK 車好きの憧れガレージハウス】平屋40坪のおすすめ間取り例

愛車を風雨や盗難から守る

【4LDK 車好きの憧れガレージハウス】平屋40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 ガレージを取り入れたい人
世帯(想定) 夫婦+子供1人
延床面積 41坪
間取り 平屋 4LDK(+ウォークインクローゼット+インナーガレージ+シューズインクローゼット+ウッドデッキ)
本体価格 約3,000万円

車が移動手段の中心なら、建物の中にガレージを組み込んだ、ガレージハウスが非常に便利です。

建物と一体になったインナーガレージは、愛車を風雨から守ってくれるだけでなく、セキュリティ面でも安心です。この間取りだと、ガレージからリビングダイニングキッチンへ直接つながっているため、雨の日でも濡れずに乗り降りできるだけでなく、買い物帰りの収納も楽にできます。

また、家の中央に配置されたリビングは、各部屋につながっており、住みやすさにも十分配慮された間取りになっています。

▶【ガレージ付きの40坪平屋】の間取り作成のプランはこちら

ここまでご紹介してきた間取りの例で、いいなと思ったパターンがあったら、HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスを使うことをおすすめします。

ご自身の好みにあう家づくりを得意とするハウスメーカーと出会えるため、効率的に家づくりを進めることができますよ!

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

3.平屋40坪の費用相場とシミュレーション

3-1.平屋40坪の費用相場はいくら?

40坪の平屋といっても、延床面積、設計の複雑さ、材料費によって費用は大きく変わってきますが、ローコストの平屋かハイグレードの平屋とで分けると相場が見やすくなります。

例えばローコストの場合の相場は注文住宅の場合でも1,000万〜2,000万円で収まるのに対し、こだわりのあるハイグレードな平屋となると、価格は2,000万〜3,000万円以上になることも。

このため、ご予算にあった平屋を建てることが大切です。

3-2. 40坪の平屋を建てる際の費用シミュレーション

ガレージと人気のウッドデッキを取り入れた平屋を建てる場合の建築費用をシミュレーションしてみましょう。

【例】平屋40坪の3LDKを建てた場合
  • 工法:木造軸組
  • 家族構成:夫婦+子供2人 
  • 立地:郊外(約60万円/坪単価)

建築費用合計:2,800万円
内訳:
  • 建築本体工事費:約1,960万円
  • 付帯工事費、別途工事費:約560万円
  • その他諸費用:約280万円

ただし、費用相場やシミュレーションはあくまで目安です。

注文住宅は1戸1戸住宅プランが異なるため、人によって総額が異なる点は念頭に置いておきましょう。

「思った以上に費用がかかった」「予算オーバーした」など、せっかく建てるマイホームで後悔しないためにも、注文住宅を検討する際には、注文住宅のプロに資金計画を相談しておきましょう。

無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらは、営業トークが一切なく、完全無料のサービスなので安心してご利用いただけます!

【必見】失敗しない家づくりは
資金計画の検討が大事!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 土地と建物の費用・予算配分がわかる
    住宅ローンの予算シミュレーションや、住みたいエリアの坪単価などもお調べできます。
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    予算イメージから、【中立・客観的】な立場で、あなたにぴったりなハウスメーカーをご案内します!
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

4.40坪の平屋を建てる前に!失敗例からわかる注意点

24_2

4-1.【計画段階】家事動線を考えていなかった

朝の支度と家事で水回りは混雑

5人家族なのですが、子供や旦那が朝の支度をするのに洗面所が混み合います。洗濯もしたいのに混み合って同時にできないので、私は早起きして洗濯するしかないです。

注意点:家事動線と家族構成に合った間取りの検討が必要

水回りの家事動線はその後の生活に大きく関わってきます。
また、家族構成やライフスタイルによってはトイレや洗面室を2つ設けるほうが良い場合もあります。

朝混雑しがちな洗面室に洗濯機を置くのではなく、ランドリールームを設けることは家事を快適にできる間取りの一例でしょう。

4-2.【計画段階】日当たりや風通しが悪い

憧れた平屋のイメージとは大きく変わった生活になってしまいました

家の中心部は風通しが悪く、日当たりも悪いのでジメジメしてしまいます。せっかく楽しみにしていた平屋なのに、こんなことになるとは思っていませんでした。

注意点:天窓の設置を検討する

平屋は平行方向に長い作りになる分、中心部まで日の光が当たらないことがあります。建てる前に立地や日当たりを考慮して、以下のような対策をすることをおすすめします。

平屋の採光に有効な方法
  • 天窓を設置する
  • 中庭を中心にL字型やロの字方の設計をする

天窓を設置した際は、4〜5年おきに定期的なメンテナンスが必要となり、1箇所あたり2〜4万円程度のメンテナンス費用がかかります。また、後付けの場合は設置後の雨漏りなどのリスクが高まるため、注意するようにしてください。

4-3.【設備】寒暖差に合わせて室内の温度管理が難しい

冬はなかなか部屋が暖まらない…

採光や開放感を考えて高い天井にして、コスト削減するために断熱材を安いものにしてしまいました。実際に住んでみると室内が広いため、温度管理が難しく光熱費もその分高くなってしまいました。

注意点:屋根の断熱対策はしっかりする

平屋の場合、屋根の面積も広くなるので断熱に関しては注意が必要です。冬は暖かく夏は涼しい家を実現するためには断熱材と気密性が重要になります。

一般的に断熱材を最低でも10cm以上とる必要があり、暑い地域によってはさらに厚さが必要な場合があります。どの素材や厚さにするべきなのかはハウスメーカー・工務店に相談してから選ぶようにしましょう。

4-4.【生活面】外からの目線が気になる

ふと外からの目線が気になるようになりました

ふと外を見てみると、通行人の視線が気になり、昼間でも常にカーテンを閉めておくことが多くなりました。近所では同じ平屋の住宅が空き巣にあったので家にも侵入されたらと不安になります。

注意点:周辺環境は平屋で適しているのか

住宅密集地や人通りの多い路面に面した場所に平屋を建てる場合は、周囲の視線が気になることがあるでしょう。また40坪の平屋の場合は、1階に出入りできるドアや窓が多くなるため、外からの侵入に注意が必要です。

家を建てる前に、まずはその土地は平屋に適しているのかを一度考えましょう。

もし、住宅密集地や人通りの多い路面に面した場所に平屋を建てる場合は、塀で家を囲む、二重サッシや防犯ガラスを採用するなど、防犯対策をしっかりすることをおすすめします。

以上が、40坪の平屋に関する失敗例と注意点です。夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。

注文住宅を理想に近い形で建てられるかどうかは、ハウスメーカー・工務店選びにかかっているといっても過言ではありません。

しかし、ハウスメーカー・工務店は全国に数万社あるといわれており、自分たちだけで情報を集め、整理しながら比較していくのは非常に大変です。

「自分にあったハウスメーカー」の選び方お探しの方は、HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスを使うことをおすすめします。

ご自身の好みにあう家づくりを得意とするハウスメーカーと出会えるため、効率的に家づくりを進めることができますよ!

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

5.40坪の平屋でおすすめのハウスメーカー3社

5-1.セキスイハイム


セキスイハイム

出典:セキスイハイム ホームページ

セキスイハイムは「耐震性能」「環境性能」に評判があるハウスメーカーです。

積水化学工業株式会社の100%子会社であり、社会的信頼度も高いため、納得のいく平屋を建てることができるでしょう。

Parfait bj style

快適な換気デザインにこだわるセキスイハイムは、平屋ならではの「家の中心部がジメジメしてしまう」問題を解決しています。

外気を綺麗にして再度室内へ送風する独自システムで、湿気を含む空気が室内に滞留する心配がありません。
また、ロフトを仕事空間にすることでプライベート空間と分ける間取りは、在宅ワークをするにもぴったりです。

セキスイハイムの坪単価や口コミに関しては、「セキスイハイムの平均坪単価は87.6万円!実際の費用内訳とやばい口コミ・評判、選んだ理由を大公開!」を参照ください。

▷【セキスイハイム】などの間取りプランを無料でもらう(無料)

5-2.トヨタホーム


トヨタホーム

出典:トヨタホーム ホームページ

トヨタホームは、地震に強い家づくりに自信を持った会社です。

安心感が強いハウスメーカーのため、後悔しない家を建てるためにトヨタホームを選ぶ方も多いです。全館空調「スマート・エアーズPLUS」なら、広い空間の平屋でも、いつでも快適な暮らしが実現できます。

理想の平屋

理想の平屋は、屋根と天井の間の空間を小屋根裏部屋として活用できるため、趣味の多い方、洋服の多い方でも平屋を楽しむことができます。

太陽光パネルも搭載できる平屋は、環境にもやさしく、これからの世代の未来を守りたい方にもおすすめです。

トヨタホームの坪単価や口コミなどの情報は、「トヨタホームの平均坪単価は87万円!価格実例とやばい口コミ・評判、選んだ理由を大公開!」で詳しく解説しています。

▷【トヨタホーム】など家づくりのプランを比較する(無料)

5-3.パナソニック ホームズ


パナソニック ホームズ

出典:パナソニック ホームズ ホームページ

パナソニック ホームズは、家電メーカーであるパナソニックと同じパナソニックグループに属しています。このため、住宅設備をパナソニックで揃えることができるのが魅力の一つです。

また、35年初期保証などの保証に手厚い住宅メーカーとしても有名なため、初めて新築を建てる方に魅力的です。

平屋の住まい

平屋にあえて段差をつけることで視線の異なる空間を演出しているのが「平屋の住まい」の特徴です。

連続的な平屋空間にメリハリをつけることで、プライベートにも仕事にも全力で取り組める平屋を実現しています。

パナソニックホームズの坪単価、費用など、パナソニック ホームズの平均坪単価は87.7万円!実際の費用内訳とやばい口コミ・評判、選んだ理由を大公開!も併せてチェックしてください。

▷【パナソニック ホームズ】などハウスメーカーの間取りや費用を徹底比較(無料)

まとめ

40坪で平屋を建てる際の間取りの事例、失敗例、おすすめのハウスメーカーについてご紹介しました。40坪は十分な広さがあるため、家事の効率、バリアフリー化、趣味のスペースを設けるなど、ライフスタイルに合わせた間取りを実現できます。ただし、家事の動線や日当たり、断熱対策など、失敗例を参考に設計を考えることが大切です。

40坪に平屋を建てる際、当記事の内容をぜひ参考にしていただき、理想の住まいを手に入れてください。

なお、自分に合うハウスメーカーを選ぶ際は、「HOME4U 家づくりのとびら」のオンライン無料相談をご利用ください。

この記事のポイント まとめ

40坪の平屋でおすすめ間取りは?
平屋40坪で4LDKの間取り事例は?

平屋40坪で4LDKの間取りにするなら、中心にリビングを配した家事動線の良い間取りがおすすめです。
デッドスペースが生まれにくいため、家族の人数が多くても快適に暮らせます。

詳しくは「2-1.【4LDK 大家族でも家事はらくらく】平屋40坪のおすすめ間取り例」をご覧ください。

平屋40坪の費用相場は?

ローコストかハイグレードかにより、かなり幅がありますが、費用相場は1,000万〜3,000万円です。詳しい内訳や具体的な費用シミュレーションは「3. 平屋40坪の費用相場とシミュレーション」をご覧ください。

40坪の平屋の失敗例は?
40坪に平屋を建てる際におすすめのハウスメーカーは?

「5. 40坪の平屋でおすすめのハウスメーカー3社」では、以下の3つのハウスメーカーの特徴やおすすめポイントをご紹介しています。

  • セキスイハイム
  • トヨタホーム
  • パナソニック ホームズ

平屋ならではの建築に強いハウスメーカーなのでぜひ参考にしてください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。