【30坪平屋の間取り事例】平屋を建てるメリット&デメリット、間取りで失敗しない対処法

平屋30坪の間取りは家族4人で住むのに十分な間取りです。

テレワークが進むなかで、プライベートルームと仕事部屋の機能を分けられる広い間取りは、昨今注目を集めています。
平屋30坪はおよそ100平米、3LDKの部屋を作ったとしてもゆとりのある暮らしを楽しむことができます。

しかしその反面、採光に注意しないと、日の光が当たらない場所ができてしまいます。

そこでこの記事では、平屋30坪を立てる際に知っておきたい間取り例、平屋のメリット・デメリット、よくある失敗例と解決方法について紹介していきます。

この記事で紹介する平屋30坪のおすすめ間取り例
  • 【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例
  • 【外と内のつながりを感じられる家】平屋30坪のおすすめ間取り例
  • 【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例
  • 【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例
  • 【バイクガレージあり】平屋30坪のおすすめ間取り例
複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、190社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

坪数ごとの平屋の間取りを比較してみたいという方は「平屋の間取り」の記事も合わせてご参照ください。

Contents

1.平屋30坪のおすすめ間取り例5選

平屋30坪に適した間取り例を、想定世帯人数とともにご紹介します。
部屋の間取りの工夫例も解説していますので、ご参考にしてください。

1-1.【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

家族3人で機能別の部屋を実現

【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな方に人気 家族3人でゆとりのある生活を実現したい方
世帯(想定) 夫婦 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 4LDK(+テラス)
費用 約2,500万円

家族3人でゆとりのある生活をしたい方には4LDKの間取りがおすすめです。

寝室のほかに3つの部屋が用意されているため、仕事部屋を分けて独立させることができます。また、スタイリッシュな3種類の勾配屋根を取り付けることで、お洒落な平屋を体現できています。

▶【勾配屋根の30坪平屋】についてプランを比較する(無料)

1-2.【外と内のつながりを感じられる家】平屋30坪のおすすめ間取り例

LDKに隣接するウッドデッキが印象的

【外と内のつながりを感じられる家】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな方に人気 平屋ならではのソトとのつながりを感じたい方
世帯(想定) 夫婦 + 子供2人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 4LDK(+ウッドデッキ+パントリー+ウォークインクローゼット)
費用 約3,000万円

敷地面積が十分に取れるのであれば、ウッドデッキを通じて緩やかな外と内とのつながりを感じられる間取りがおすすめです。

広いLDKとウッドデッキがつながる間取りは、開放感を演出するにもぴったり。収納も随所に用意されているため、子供が大きくなっても安心です。

▶【ウッドデッキ付きの30坪平屋】についてプランを比較する(無料)

1-3.【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

バリアフリー設計で老後も安心

【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな方に人気 長く平屋に住みたい方
世帯(想定) 夫婦 + 子供2人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 2LDK(+ウォークインクローゼット)
費用 約2,000万円

寝室以外の空間はすべてリビングから見渡すことができる。そんな空間を実現したのが本間取りです。

子供がどこにいるのかすぐに把握したい方にこの間取りはぴったりです。床暖房を備え付けたバリアフリー設計のため、老後も平屋に住みたいと思う方にもおすすめできる間取りとなっています。

▶【バリアフリーの30坪平屋】についてプランを比較する(無料)

1-4.【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

広いロフトで収納スペースにはもう困らない

【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例
【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな方に人気 収納スペースを多く設けたい方
世帯(想定) 夫婦 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 2LDK(+ フリースペース)
費用 約2,600万円

収納スペースを広く設けたい方には、平屋の屋根裏部分を有効活用することがおすすめです。

吹き抜け部分とロフト部分を分けて備え付けることで、解放感を保ちながら収納スペースも増やすことができています。リビングを一部仕切ることで、部屋を1つ増やすことができるため、子供が増えても安心な間取りです。

▶【ロフト付きの30坪平屋】についてプランを比較する(無料)

1-5.【バイクガレージあり】平屋30坪のおすすめ間取り例

趣味を楽しめる平屋

【バイクガレージあり】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな方に人気 広い場所が必要な趣味を持っている方におすすめ
世帯(想定) 夫婦 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 3LDK(+ウッドデッキ+バイクガレージ)
費用 約2,500万円

車やバイク、船、水上オートバイなどの趣味をお持ちの方にとってガレージは必須です。

置き場所が見つからないのであれば、作ってしまえばいい。そんな想いを形にしたのが今回の間取りです。

リビングはほかの30坪の平屋と比べるとやや小さめですが、吹き抜け天井があることで開放感は十分にあります。

▶【ガレージ付きの30坪平屋】についてプランを比較する(無料)

ここまでご紹介してきた間取りの例で、いいなと思ったパターンがあったら、HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスを使うことをおすすめします。

ご自身の好みにあう家づくりを得意とするハウスメーカーと出会えるため、効率的に家づくりを進めることができますよ!

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

2.平屋30坪の土地面積と間取りの特徴

30坪の平屋を建てられる土地の面積、平屋の間取りの特徴について見ていきましょう。

2-1.30坪の平屋を建てられる土地の広さとは?

30坪の土地面積は約100平米であり、畳に換算すると60畳ほどの広さです。一人暮らしの賃貸物件は20平米~30平米程度であるため、30坪の平屋で3LDKや4LDKの間取りを実現できます。

ただし、30坪の平屋を建てるには、十分な広さを持つ土地を確保しなければなりません。建築基準法により「建ぺい率」に制限が設けられ、土地の面積いっぱいに建物を建てられないためです。

建ぺい率とは、土地の敷地面積に対する建築面積の割合のことです。具体的な数値は、「建築面積 ÷ 敷地面積 × 100=建ぺい率(%)」の計算式で求められます。

建ぺい率と容積率

平屋の場合、建築面積と延べ床面積が同じとなります。そのため、平屋の建ぺい率は土地の敷地面積に対する延べ床面積の割合である「容積率」と同じになるのが特徴です。延べ床面積は2階建て以上になると増えるため、平屋においては容積率の影響が少ないといえます。

建ぺい率の割合は、土地の用途地域によって異なります。用途地域とは、土地の用途や建てられる建物の種類・大きさを制限するルールのことです。

低層住宅をメインとする住居専用地域の建ぺい率は、30%、40%、50%、60%の範囲で定められています。これらの建ぺい率で、30坪の平屋(約100平米)を建てられる土地の広さは次のとおりです。

建ぺい率 30% 40% 50% 60%
土地の広さ 約330平米 約250平米 約200平米 約170平米

建ぺい率によって必要な土地の広さが大きく変わるため、30坪の平屋を建てる際は土地を決める段階で用途地域と建ぺい率を調べる必要があります。

建ぺい率は不動産会社が公開する情報に加え、行政による「都市計画図」でも調べることが可能です。なお、一定の条件を満たしていると建ぺい率の制限が緩和されるため、自治体に確認することをおすすめします。

2-2.平屋30坪における間取りの特徴

・部屋を機能別に分ける
平屋30坪の広さの場合、家族3人なら、機能別に部屋を分けることが可能です。ある部屋は子供用、仕事用、趣味用など、部屋を機能別に区切ることで、集中して趣味にも仕事にも取り組めるようになります。

1-1.【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

・床暖房を設置する
平屋30坪の間取りで一年中快適に過ごしたい方は、間取りと合わせて必要な断熱材を屋根や壁に取り入れるなどの対処が必要になります。また、床暖房を設置することで、寒い季節も快適に過ごせるでしょう。

1-3.【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

・収納はロフトを活用する
収納スペースが必要な場合に活用したいのがロフトです。開放感を減らすために収納スペースを減らしたという方のなかには、あとになって収納スペースが必要になったと後悔する方もいます。ロフトを用意しておくことで、収納が不要な際にはフリースペース、その後必要になれば収納スペースとして活用することができます。

1-4.【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

3.30坪の平屋を建てるメリット・デメリット

30坪の平屋におけるメリット、デメリットについて解説します。

3-1.30坪平屋のメリット4選

・家族のコミュニケーションがとりやすい
平屋では、ワンフロアに生活空間を集約させて生活することができます。そのため、家族との距離も近く、家族間でのコミュニケーションがとりやすいのがメリットです。
また、30坪はゆとりがある広さのため、広いリビングを確保できることで家族が1つの空間に集まりやすくなるでしょう。

・バリアフリー化&シンプルな生活動線
平屋は生活空間が1つの階に集約されているため、階段を上り下りする必要がありません。段差がないことでバリアフリー化がしやすく、子供やお年寄りでも暮らしやすい環境といえます。
また、平屋では玄関からリビング、寝室、浴室、キッチンなど、生活動線を一直線にすることも可能です。部屋の移動がスムーズになることで、利便性の高い間取りを作れます。

・テラスや庭を設置できる
前述のように、平屋を建てるには広い土地を確保しなければなりません。広い土地に庭やテラスを設置することで、自然を身近に感じる暮らしを実現できます。
ガーデニングや家庭菜園など、自然とふれあえる趣味を存分に楽しめるでしょう。なお、平屋をロの字型やコの字型に設計して中庭を設置すると、日当たりや風通しを確保できるメリットもあります。

・地震の揺れに強い
平屋は2階部分の高さと荷重がないため、構造的に安定しているのが特徴です。地震の揺れや強風に対して強く、災害時でも安心できるのは平屋の大きなメリットです。
ただし、構造が安定していても、地盤が弱い土地では耐震性が低下するので注意しましょう。

耐震性

3-2.30坪平屋のデメリット4選

・土地の購入費用や税金が高くなる
平屋はすべての部屋をワンフロアに配置するため、2階建てより広い土地が必要です。希望する土地の確保が難しいうえに、土地の購入費用が高くなる可能性があります。
また、広い土地を必要とする平屋は、2階建てと比べて土地の評価額も高くなります。建物の構造によっては、固定資産税が増額されるので注意しましょう。

・建築費用が高くなりやすい
平屋は建築費用が割高になることが一般的です。
平屋は床面積が広いこともあって、屋根や基礎の面積も大きくなるため、それらにかかわる建築費は高額になります。
同じ規模の2階建てと比べ、平屋の建築費用が1~2割ほど高くなることも少なくありません。

・周辺の環境で日当たりや風通しが悪くなる
平屋は高さが低いため、住宅密集地では建物に囲まれた状態になります。そのため、日当たりや風通しが悪いうえに、プライバシーの確保も難しくなるデメリットがあります。
これらを考慮し、平屋を建てる際は周囲に住宅が少ない土地を選ぶのが望ましいでしょう。平屋の土地を探すときは、周囲の環境をしっかり見極めることが大切です。
良い土地が見つかり次第、用途地域と建ぺい率を調べ、30坪の平屋が建てられるか確認することをおすすめします。

・厳重な防犯対策が必要
間取りや採光の関係上、平屋は窓や出入り口を多く設置します。これにより、侵入口となる部分が多くなるため、空き巣に入られる危険性が高くなります。
平屋はすべての部屋が1階に集約されているため、各部屋で防犯対策をすることが大切です。防犯カメラやセンサーライトを設置する、窓ガラスを防犯ガラスにするなど、厳重な防犯対策を心がけましょう。

4.平屋30坪の費用相場とシミュレーション

4-1.平屋30坪の費用相場はどのくらい?

平屋30坪の費用相場は、坪単価にすると60万~70万円ほど、金額にすると1,800万円以上となるのが一般的です。

しかし、ローコストであれば1,500万円程度の30坪の平屋もあるため、予算オーバーの際にはローコストハウスメーカーを検討しましょう。ただし、30坪の広さになると、予算を抑えることで日が当たりづらいなどのデメリットが生じることもあるため注意が必要です。

家の広さや部屋数別の平屋の費用相場も調べながら、自身に合った費用をイメージしてみてください。

4-2.平屋30坪を建てる際の費用シミュレーション

今回は広さ80坪程度の土地に、1LDKの平屋を建てるというプランの場合の費用をシミュレーションしてみましょう。

【例】平屋30坪の3LDKを建てた場合
建築費用合計:約2,580万円
内訳:
  • 建築本体工事費:約1,806万円
  • 付帯工事費、別途工事費:約516万円
  • その他諸費用:約258万円

ただし、費用相場やシミュレーションはあくまで目安です。

注文住宅は1戸1戸住宅プランが異なるため、人によって総額が異なる点は念頭に置いておきましょう。

「思った以上に費用がかかった」「予算オーバーした」など、せっかく建てるマイホームで後悔しないためにも、注文住宅を検討する際には、注文住宅のプロに資金計画を相談しておきましょう。

無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらは、営業トークが一切なく、完全無料のサービスなので安心してご利用いただけます!

【必見】失敗しない家づくりは
資金計画の検討が大事!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 土地と建物の費用・予算配分がわかる
    住宅ローンの予算シミュレーションや、住みたいエリアの坪単価などもお調べできます。
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    予算イメージから、【中立・客観的】な立場で、あなたにぴったりなハウスメーカーをご案内します!
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

5.平屋30坪を建てる前に!よくある失敗例と解決方法

5-1.【計画段階】屋根と外壁とのバランスが悪い

屋根まで気にしていませんでした……

平屋の間取り・内装のデザイン、特に勾配天井にこだわって平屋を建てましたが、できあがってみると屋根がアンバランスになってしまい残念です。平屋の場合は屋根が大きくなってしまうので、屋根がおかしいと家全体のバランスが悪くなってしまうことに気付くべきでした。

解決方法:平屋は屋根と外壁とのコーディネートが欠かせない

平屋はほかの建物よりも屋根の位置が低いため、屋根の存在や形状が目立ちます。
このため、屋根のデザインは内側だけでなく、家全体のデザインイメージもしっかり考えることが大切ですよ。

5-2.【計画段階】日当たりが悪い

予算をケチってしまい後悔しています

天窓を設置すると費用が余分にかかることから、日当たりはあとからでもどうとでもなると判断して、特に対策はせず家を建てました。でも、暮らしてみると屋内が暗すぎて、理想の明るくのどかな平屋暮らしとはかけ離れていました。今度、天窓をつけることにしましたが、はじめから予算をケチらなければよかったです。

解決方法:天窓や勾配天井の設置を検討しましょう

大きな平屋になるほど採光に注意しないと、日当たりが悪い部分ができてしまいます。30坪の平屋をお考えの方は、間取りや部屋の向きによる採光にも注意してください。

天窓や勾配天井などで光を取り入れることもできますので、ハウスメーカー・工務店に相談しながら進めるのがよいでしょう。

5-3.【計画段階】暖房が効きづらい

暖かい部分と寒い部分があります

平屋のなかでも、暖かい箇所と寒い箇所があるのが気になります。今後子供が生まれる予定なので、家の中で寒暖差があるとヒートショックなどが起きないか心配です。お金をかけてもよいので、対策をしたいと考えています。

解決方法:屋根と窓に注意

平屋は屋根と生活空間との距離が近いため、断熱材を使用していないと夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。

また、大きな窓は平屋全体の開放感を高めてくれますが、窓の形状によっては部屋の空気を逃してしまうことも。このため、サッシや窓の隙間には注意が必要です。

なお、追加で窓に断熱材を入れる際は、「断熱リフォーム」ができる会社に依頼をするのがよいでしょう。平屋の場合は、500万円程度で断熱材を屋根に入れることができます。

5-4.【計画段階】収納スペースが少ない・使いにくい

平屋はワンフロアに必要なものを集約するため、居住スペースを優先的に確保する傾向にあります。そのため、家が完成してから、収納スペースが少なかったと後悔するケースも少なくありません。

平屋は建築費用が割高になるため、予算の問題で収納スペースを削ることもあるようです。また、1つの場所に大きな収納を作ったものの、かえって使い勝手が悪くなるパターンもあります。

解決方法:デッドスペースを活用する

平屋で収納スペースを確保するには、デッドスペースを有効活用しましょう。壁面や床下、天井と屋根の間にある小屋裏などの空間を収納に活用するのがおすすめです。

また、天井に勾配を設け、ロフトやスキップフロアを設置する方法もおすすめです。スキップフロアとは、1つの階に複数の高さのフロアを設けるもので、この高低差を収納に活用できます。

大きい収納を設置するときは、出入り口を2箇所設けて通り抜けることができる、ウォークスルータイプのクローゼットがおすすめです。生活動線に収納を組み込むことで、移動しながら収納できるメリットがあります。

5-5.【生活面】外からの目線が気になる

隣家からの目線が気になります

我が家は開放感を大切にしたかったので、リビングから直接つながるウッドデッキがある間取りを採用しています。外に出ると心地良いのですが、外からの目線がかなり気になってしまいます。また、2階建ての隣家から室内が見えてしまうのも気になります。

解決方法:グリーンカーテンやシェードを活用する

平屋は建物が低いため、外の生活環境と室内環境との目線が一致する恐れがあります。
特に、ウッドデッキなど室外は外から丸見えということも少なくありません。

その際は、グリーンカーテンやシェードを利用することで、外からの視線をシャットダウンできますので、設置を検討してみてください。

5-6.【計画段階】水害が起きたときに不安がある

近隣で水害が起きた場合、2階建てであれば上階に避難することが可能です。しかし、平屋は建物の構造上、家屋内に逃げ場がありません。

河川や海に近い土地の場合、ゲリラ豪雨や台風で水害が起きるのではと不安になることも少なくないでしょう。

解決方法:地域のハザードマップを確認する

平屋を建てる土地を検討する段階で、自治体のハザードマップを必ず確認しましょう。水害や土砂崩れなど、起こり得る災害のリスクを把握できます。

5-7.【生活面】プライバシーを確保できない

平屋は家族の気配を感じやすい反面、距離の近さからプライバシーの確保が難しい面もあります。家族の会話が筒抜けになったり、生活リズムが異なる家族の生活音が気になったりすることも少なくありません。

例えば、リビングを設置すると、家族が集まりやすくなり静かな環境の確保が難しくなります。リビングの隣に子供部屋があると、「勉強に集中できない」、「一人の時間が欲しい」など、子供が不満を抱くこともあるようです。

解決方法:リビングと部屋の間に廊下を作る

平屋は廊下を作らず、部屋同士を壁でつなげる間取りが多くあります。しかし、部屋の距離が近いことで、壁から音漏れしやすくなります。

音漏れを軽減するには、部屋の間に廊下を設け、部屋と部屋の距離をとる方法が有効です。床面積の都合で廊下を作れない場合は、隣の部屋につながる壁に「防音材」を取り付けると音漏れを軽減できます。

以上が、30坪の平屋の失敗例と注意点です。夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。

注文住宅を理想に近い形で建てられるかどうかは、ハウスメーカー・工務店選びにかかっているといっても過言ではありません!

しかし、ハウスメーカー・工務店は全国に数万社あるといわれており、自分たちだけで情報を集め、整理しながら比較していくのは非常に大変です。

「自分にあったハウスメーカー」の選び方をハウスメーカー出身の専門アドバイザーが教えてくれる無料オンライン講座は、ご自宅にいながら、お好きな時間に参加できるので、お気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
無料オンライン講座を開催中!

  • 自分にあったハウスメーカーがわかる
    自分にあったハウスメーカーの選び方をご説明し、ご希望にあったハウスメーカーをご案内します。
  • ハウスメーカー出身アドバイザーが教えてくれる
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から参加できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からかんたんに参加」できます。

6.30坪の平屋でおすすめのハウスメーカー3社

6-1.セキスイハイム


セキスイハイム

出典:セキスイハイム ホームページ

セキスイハイムは工業化住宅のリーディングカンパニーです。

「あったかハイム」の名前でも有名なセキスイハイムは、断熱性、機密性に高い技術力を有しているため、ヒートショックが心配な方におすすめできるハウスメーカーとなります。

▶【セキスイハイム】などの特徴をプロに聞く(無料)

楽の家

「心と身体を楽に整え、日々の暮らしの楽しみを大切にする」というコンセプトのもと建てられる「楽の家」では、一年中を快適な温度で過ごすことができます。

全室空調システム「快適エアリー」を採用しているため、部屋間の温暖差がなくなります。

▷セキスイハイムの坪単価・口コミはこちら

6-2.ミサワホーム


ミサワホーム

出典:ミサワホーム ホームページ

ミサワホームは、収納スペースや生活空間にゆとりがあり、地震に強い家を建てられるハウスメーカーです。

独自の制震装置「MGEO」を採用した建物は非常に強固なため、長く家に住みたいという方にもおすすめできます。

▶【ミサワホーム】などの特徴をプロに聞く(無料)

GRAND LINK HIRAYA

リビングを中心としたサークル設計を整えながら、各部屋を機能的に利用でき「GRAND LINK HIRAYA」は子育てをするのにぴったりな商品です。学習部屋も備え付けられているため、子供が勉強をしないという心配もなくなります。

▷ミサワホームの坪単価・口コミはこちら

6-3.ユニバーサルホーム


ユニバーサルホーム

出典:ユニバーサルホーム ホームページ

リーズナブルな価格で平屋を建てたいと考えたら、ユニバーサルホームを選択肢に入れることがおすすめです。ローコストながら高品質なので、予算を抑えた素敵な平屋を建てることも十分に可能です。

▶【ユニバーサルホーム】などの特徴をプロに聞く(無料)

フラットワン

地熱床システムや地熱床暖房を採用するフラットワンは、毎日の生活に彩りを与えてくれる大きなテラスを採用しています。部屋から外へつながるテラスでは、心地良い風を浴びながらすっきりとした気分で読書をすることができます。リビングと隣接する和室の扉を開き放てば、開放感を演出することも可能です。

▷ユニバーサルホームの坪単価・口コミはこちら

まとめ

30坪で平屋を建てるならどのような間取りにすれば良いのか、実際の事例とともにご紹介しました。

平屋の住宅は、2階建てとは異なるメリットとデメリットがあります。家族とコミュニケーションがとりやすい反面、プライバシーを確保できないなど、メリットがデメリットになることもあるので注意しましょう。

30坪に平屋を建てる場合の費用だけでなく、失敗例も参考にしていただき、理想の住まいを手に入れてください。

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し 完全無料
プラン作成サービスを詳しく見る

この記事のポイント まとめ

30坪の平屋でおすすめ間取りは?
平屋30坪の土地面積と間取りの特徴は?
30坪の平屋のメリットとデメリットは?

それぞれ以下の4つが考えられます。詳しくは「3.30坪の平屋を建てるメリット・デメリット」をご覧ください。

メリット

  • 家族のコミュニケーションがとりやすい
  • バリアフリー化&シンプルな生活動線
  • テラスや庭を設置できる
  • 地震の揺れに強い

デメリット

  • 土地の購入費用や税金が高くなる
  • 建築費用が高くなりやすい
  • 周辺の環境で日当たりや風通しが悪くなる
  • 厳重な防犯対策が必要
平屋30坪の費用相場は?

平屋30坪の費用相場は、坪単価にすると60万~70万円ほどです。詳しい内容や具体的なシミュレーションは「4.平屋30坪の費用相場とシミュレーション」をご覧ください。

30坪の平屋の失敗例は?
30坪に平屋を建てる際におすすめのハウスメーカーは?

30坪の平屋でおすすめのハウスメーカー3社」では、以下のハウスメーカーの特徴やおすすめポイントをご紹介しています。

30坪に理想の平屋の住まいを建てるなら、この記事もぜひお役立てください。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方の方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選190社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。