【新築住宅の間取り事例】30坪に平屋を建てるメリット&デメリットとおすすめ間取り

平屋30坪の間取りは家族4人で住むのに十分な間取りです。テレワークが進むなかで、プライベートルームと仕事部屋とに部屋の機能を分けられる広い間取りは、昨今注目を集めています。平屋30坪はおよそ100㎡、3LDKの部屋を作ったとしてもゆとりのある暮らしを楽しむことができます。

しかしその反面、採光に注意しないと、日の光が当たらない場所ができてしまいます。

そこでこの記事では、平屋30坪を立てる際に知っておきたい間取り例、失敗例を紹介していきます。

平屋30坪のメリット
  • 家族4人でゆとりのある生活を楽しめる
  • 部屋の機能を分けて使うことができる
  • バリアフリー設計も楽に整えられる
  • 中庭などを併設することも可能になる
平屋30坪のデメリット
  • 採光に注意が必要
  • 5人家族には少し狭く感じる
  • 断熱対策には気を付ける

平屋30坪の機能的な間取り

・部屋を機能別に分ける
平屋30坪の広さの場合、家族3人なら、機能別に部屋を分けることが可能です。ある部屋は子供用、仕事用、趣味用など、部屋を機能別に区切ることで、集中して趣味にも仕事にも取り組めるようになります。

1-1.【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

・床暖房を設置する
平屋30坪の間取りで1年中快適に過ごしたい方は、間取りと合わせて必要な断熱材を屋根や壁に取り入れるなどの対処が必要になります。また、床暖房を設置することで、寒い季節も快適に過ごせるでしょう。

1-3.【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

・収納はロフトを活用する
収納スペースが必要な場合に活用したいのがロフトです。開放感を減らすために収納スペースを減らしたという方のなかには、後になって収納スペースが必要になったと後悔する人もいます。ロフトを用意しておくことで、収納が不要な際にはフリースペース、その後必要になれば収納スペースとして活用することができます。

1-4.【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

1. 平屋30坪のおすすめ間取り例5選

平屋30坪に適した間取り例を、想定世帯人数と共にご紹介します。
部屋の間取りの工夫例も解説していますので、ご参考にしてください。

1-1.【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

家族3人で機能別の部屋を実現

【スタイリッシュな勾配屋根が印象的】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 家族3人でゆとりのある生活を実現したい人
世帯(想定) 夫婦2人 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 4LDK(+テラス)
費用 約2,500万円

家族3人でゆとりのある生活をしたい人には4LDKの間取りがおすすめです。寝室の他に3つの部屋が用意されているため、仕事部屋を分けて独立させることができます。また、スタイリッシュな3種類の勾配屋根を取り付けることで、お洒落な平屋を体現できています。

1-2.【外と内のつながりを感じられる家】平屋30坪のおすすめ間取り例

LDKに隣接するウッドデッキが印象的

【外と内のつながりを感じられる家】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 平屋ならではのソトとの繋がりを感じたい人
世帯(想定) 夫婦 + 子供2人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 4LDK(+ウッドデッキ+パントリー+ウォークインクローゼット)
費用 約3,000万円

敷地面積が十分に取れるのであれば、ウッドデッキを通じて緩やかな外と内とのつながりを感じられる間取りがおすすめです。広いLDKとウッドデッキがつながる間取りは、開放感を演出するにもぴったり。収納も随所に用意されているため、子供が大きくなっても安心です。

1-3.【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

バリアフリー設計で老後も安心

【床暖房で温もりを感じられる】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 長く平屋に住みたい人
世帯(想定) 夫婦2人 + 子供2人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 2LDK(+ウォークインクローゼット)
費用 約2,000万円

寝室以外の空間は全てリビングから見渡すことができる。そんな空間を実現したのが本間取りです。子供がどこにいるのかすぐに把握したい方にこの間取りはぴったりです。床暖房を備えつけたバリアフリー設計のため、老後も平屋に住みたいと思う方にもおすすめできる間取りとなっています。

1-4.【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

広いロフトで収納スペースにはもう困らない

【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例
【ロフトはフリースペースとして活用】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 収納スペースを多く設けたい人
世帯(想定) 夫婦2人 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 2LDK(+ フリースペース)
費用 約2,600万円

収納スペースを広く設けたい方には、平屋の屋根裏部分を有効活用することがおすすめです。吹き抜け部分とロフト部分を分けて備え付けることで、解放感を保ちながら収納スペースも増やすことができています。リビングを一部仕切ることで、部屋を1つ増やすことができるため、子供が増えても安心な間取りです。

1-5.【バイクガレージあり】平屋30坪のおすすめ間取り例

趣味を楽しめる平屋

【バイクガレージあり】平屋30坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 広い場所が必要な趣味を持っている方におすすめ
世帯(想定) 夫婦 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 30坪
間取り 平屋 3LDK(+ウッドデッキ+バイクガレージ)
費用 約2,500万円

車やバイク、船、水上オートバイなどの趣味をお持ちの方にとってガレージは必須です。置き場所が見つからないのであれば、作ってしまえばいい。そんな想いを形にしたのが今回の間取りです。リビングはほかの30坪の平屋と比べるとやや小さめですが、吹き抜け天井があることで開放感は十分にあります。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2. 平屋30坪の費用相場

2-1.平屋30坪の費用相場はどのくらい?

平屋30坪の費用相場は、坪単価にすると60〜70万円ほど、金額にすると1,800万円以上となるのが一般的です。

しかし、ローコストであれば1,500万円程度の30坪の平屋もあるため、ご予算にあった平屋を建てることが可能です。ただし、30坪の広さになると、予算を抑えることで日が当たりづらいなどのデメリットが生じることもあるため注意が必要です。

2-2.平屋30坪を建てる際の費用シミュレーション

今回は広さ80坪程度の土地に、1LDKの平屋を建てるというプランの元費用をシミュレーションしてみましょう。

【例】平屋30坪の3LDKを建てた場合
建築費用合計:約2,580万円
内訳:
  • 建築本体工事費:約1,806万円
  • 付帯工事費、別途工事費:約516万円
  • その他諸費用:約258万円

以上、30坪の平屋の費用目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

家を建てる費用はいくら必要?建てられる家のイメージは?予算金額の目安を解説!
【予算別・間取り例あり】新築平屋の費用、価格相場はいくら?

3. 平屋30坪を建てる前に!失敗例からわかる注意点

3-1.【計画段階】屋根と外壁とのバランスが悪い

屋根まで気にしていませんでした…

平屋の間取り・内装のデザイン、とくに勾配天井にこだわって平屋を建てましたが、できあがってみると屋根がアンバランスになってしまい残念です。平屋の場合は屋根が大きくなってしまうので、屋根がおかしいと家全体のバランスが悪くなってしまうことに気づくべきでした。

注意点:平屋は屋根と外壁とのコーディネートが欠かせない

平屋はほかの建物よりも屋根の位置が低いため、屋根の存在や形状が目立ちます。このため、屋根のデザインは内側だけでなく、家全体のデザインイメージもしっかり考えることが大切ですよ。

3-2.【計画段階】日当たりが悪い

予算をケチってしまい後悔しています

天窓を設置すると費用が余分にかかることから、日当たりは後からでもどうとでもなると判断して、特に対策はせず家を建てました。でも、暮らしてみると屋内が暗すぎて、理想の明るくのどかな平屋暮らしとはかけ離れていました。今度、天窓をつけることにしましたが、はじめから予算をけちらなければよかったです。

注意点:天窓や勾配天井の設置を検討しましょう

大きな平屋になるほど採光に注意しないと、日当たりが悪い部分ができてしまいます。30坪の平屋をお考えの方は、間取りや部屋の向きによる採光にも注意してください。天窓や勾配天井などで光を取り入れることもできますので、ハウスメーカー・工務店に相談しながら進めるのがよいでしょう。

3-3.【計画段階】暖房が効きづらい気がします

暖かい部分と寒い部分があります

平屋の中でも、暖かい箇所と寒い箇所があるのが気になります。今後子供が生まれる予定なので、家のなかで寒暖差があるとヒートショックなどが起きないか心配です。お金をかけてもよいので、対策をしたいと考えています。

注意点:屋根と窓に注意

平屋は屋根と生活空間との距離が近いため、断熱材を使用していないと夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。また、大きな窓は平屋全体の開放感を高めてくれますが、窓の形状によっては部屋の空気を逃してしまうことも。このため、サッシや窓の隙間には注意が必要です。

なお、追加で窓に断熱材を入れる際は、「断熱リフォーム」ができる業者に依頼をするのがよいでしょう。平屋の場合は、およそ500万円程度で断熱材を屋根に入れることができます。

3-4.【生活面】外からの目線が気になる

隣家からの目線が気になります

我が家は開放感を大切にしたかったので、リビングから直接つながるウッドデッキがある間取りを採用しています。外に出ると心地よいのですが、外からの目線がかなり気になってしまいます。また、2階建ての隣家から室内が見えてしまうのも気になります。

注意点:グリーンカーテンやシェードを活用する

平屋は建物が低いため、外の生活環境と室内環境との目線が一致する恐れがあります。特に、ウッドデッキなど室外は外から丸見えということも少なくありません。その際は、グリーンカーテンやシェードを利用することで、外からの視線をシャットダウンできますので、設置を検討してみてください。

30坪の平屋の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

注文住宅新築でよくある失敗とは?後悔しないための注意点

4. 30坪の平屋を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.セキスイハイム株式会社

セキスイハイム株式会社は工業化住宅のリーディングカンパニーです。「あったかハイム」の名前でも有名なセキスイハイム株式会社は、断熱性、機密性に高い技術力を有しているため、ヒートショックが心配な方におすすめできるハウスメーカーとなります。

楽の家

「心と身体を楽に整え、日々の暮らしの楽しみを大切にする」というコンセプトの元建てられる「楽の家」では、一年中を快適な温度で過ごすことができます。全室空調システム「快適エアリー」を採用しているため、部屋間の温暖差がなくなります。

セキスイハイム ホームページ

4-2.ミサワホーム株式会社

ミサワホーム株式会社は、収納スペースや生活空間にゆとりがあり、地震に強い家を建てられるハウスメーカーです。独自の制震装置「MGEO」を採用した建物は非常に強固なため、長く家に住みたいという方にもおすすめできます。

GRAND LINK HIRAYA

リビングを中心としたサークル設計を整えながら、各部屋を機能的に利用でき「GRAND LINK HIRAYA」は子育てをするのにぴったりな商品です。学習部屋も備え付けられているため、子供が勉強をしないという心配もなくなります。

ミサワホーム ホームページ

4-3.株式会社ユニバーサルホーム

リーズナブルな価格で平屋を建てたいと考えたら、株式会社ユニバーサルホームを選択肢に入れることがおすすめです。ローコストながら高品質なので、予算を抑えた素敵な平屋を建てることも十分に可能です。

フラットワン

地熱床システムや地熱床暖房を採用するフラットワンは、毎日の生活に彩りを与えてくれる大きなテラスを採用しています。部屋から外へ繋がるテラスでは、心地よい風を浴びながらすっきりとした気分で読書をすることができます。リビングと隣接する和室の扉を開き放てば、開放感を演出することも可能です。

株式会社ユニバーサルホーム ホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

30坪で平屋を建てるならどんな間取りにすればよいのか、実際の事例とともにご紹介しました。30坪に平屋を建てる場合の費用や失敗例からわかる注意点など、ぜひ参考にしていただき、理想の住まいを手に入れてください。おすすめのハウスメーカー・工務店もチェックしてくださいね。

この記事のポイント まとめ

30坪の平屋でおすすめ間取りは?
平屋30坪の費用相場は?

平屋30坪の費用相場は、坪単価にすると60〜70万円ほどです。詳しい内容や具体的なシミュレーションは「2. 平屋30坪の費用相場」をご覧ください。

30坪の平屋の失敗例は?
30坪に平屋を建てる際におすすめのハウスメーカーは?

4. 30坪の平屋を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ」では、以下のハウスメーカーの特徴やおすすめポイントをご紹介しています。

30坪に理想の平屋の住まいを建てるなら、この記事もぜひお役立てください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。