暮らしやすい平屋を建てるには?間取り5選と予算内に抑えるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
平屋

できるだけ予算をかけずに平屋を建てたい。そのために、予算を抑える工夫を知りたいという方もいるのではないでしょうか。工夫次第で予算を抑えて平屋を建てることは可能です。
家族構成や暮らし方、立地条件などで平屋の間取りも変わってきます。この記事では、平屋の家づくりを考えている方に向けて平屋の特徴やメリット・デメリット、平屋を建てる際の費用、間取りなどについて詳しくご紹介します。平屋の特徴を知り、自分たちの暮らし方や敷地に合う間取りで、理想の家づくりを実現してください。

1.平屋の特徴、メリットとデメリットは?

「平屋は、2階建てと比べてどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。ここでは平屋の特徴をご紹介していきます。

1-1.平屋の特徴

戸建て住宅といえば一般的には2階建てが主流ですが、将来的な暮らし方の変化にも対応しやすいこともあり、平屋での家づくりを検討する方も多くなっています。

平屋は1階建ての戸建てで、全ての生活空間が1階に集約されています。そのため階段がないことが大きな特徴のひとつになるでしょう。
1階に居住にかかわる全てが集約されていることで、建物は2階建てよりも奥行や横幅があることが多い傾向があります。

1-2.平屋のメリット

平屋には、上の階に移動するための階段がありません。階段の上り下りに不安を抱える高齢者や、目が離せない小さい子供がいる家庭でも、安心・安全な暮らしができる点が大きなメリットです。
生活空間が同じ階にあることで、マンションと同じワンフロアの生活動線になり、部屋から部屋への移動も少なくなります。
また、平屋は重心が低く安定感があるため、地震や台風などの強風でも影響を受けにくい点もメリットです。
そのほか、屋根などの高い部分で不具合があったときでも、平屋は見つけやすくメンテナンスもしやすいため、コストも抑えられる可能性があります。

1-3.平屋のデメリット

平屋は日当たりが悪くなる点がデメリットのひとつです。特に密集した住宅地など、立地条件によっては十分な日当たりが望めない可能性があります。
また、防犯面での心配があります。夏場に窓を開けたまま就寝したり、窓を開けて換気をしたまま外出したりすると、外部からの侵入の危険性があります。窓の外に格子を取り付けるなど防犯対策を検討する必要があるでしょう。
また、平屋は、2階建てと比べて坪単価が高くなる傾向があるとされています。坪単価が高くなる要因として、建築費用に対して床面積が2階建てよりも小さくなることや、基礎工事、屋根工事、外壁工事などで面積が増えることが挙げられます。

2.おしゃれで使いやすい平屋の間取り5選

平屋の家を建てるには、どのような間取りがよいのでしょうか。ここからは、使いやすい5つの間取りをご紹介します。

2-1.ウッドデッキで内と外をつなぎたい空間に

ウッドデッキで内と外をつなぎたい空間に 間取り出典:ダイワハウス 間取り例|xevoΣ 平屋暮らし|注文住宅

リビングの大きな掃き出し窓の外にウッドデッキを設けることで、内と外がつながり自由に行き来できる大空間が生まれます。
平屋の特長を生かし、寝室からもウッドデッキに出ることができれば、家全体を回遊できて、短い動線でどこでも移動できる機能性が期待できます。

2-2.L字型・コの字型リビングで外からの視線をカット

L字型・コの字型リビングで外からの視線をカット 間取り図出典:住友林業の平屋GRAND LIFE|平屋間取りプラン集

L字型やコの字型リビングにすることで、道路側からの視線を防ぎ、中庭を臨めるくつろぎの空間が生まれます。
建物の中央にスペースをつくることで、平屋のデメリットとなりやすい日当たり対策もできます。

2-3.玄関から両側に部屋を配置しプライベートを分ける

2-3.玄関から両側に部屋を配置しプライベートを分ける 間取り図出典:ミサワホームの平屋住宅|平屋住宅の間取り|平屋住宅の間取りと実例

玄関を中心として、片方にLDKと水回り、片方に寝室や子供部屋と共有スペースとプライベートスペースを分けることで、個室側のプライバシーを確保できます。
リビングに来客があっても水まわりへの動線が別に確保されていれば、お互いに気を遣うことなくリラックスできます。
夜にリビングのテレビの音が個室に漏れることを防ぐこともできます。

2-4.リビングに隣接して畳間を配置

2-4.リビングに隣接して畳間を配置 間取り図出典:出典:ミサワホームの平屋住宅|平屋住宅の間取り|平屋住宅の間取りと実例

リビングに隣接した畳間であれば、普段使いの和室として日常的に活用できます。
和室を客間として活用することを考えている方も多く、リビングから独立した個室として配置されることもありますが、客間として利用する回数が限られている場合、普段はセカンドリビングのように気軽に使える場所にあると、横になりたいときにも便利です。小さな子供がいる家庭であれば、子供のお昼寝スペースとしても活用できます。

2-5.スキップフロアで空間に変化を

スキップフロアで空間に変化を 間取り図出典:辰巳住宅株式会社|モデルハウス|平屋の勾配を生かしたスキップフロア。

平屋の空間の一部にスキップフロアを取り入れて、高さの変化がある間取りにするのもおすすめです。
例えば、1段から3段程度階段をのぼった場所にカウンターを設置すれば、家族が共有できるスタディールームとして活用できます。
少し高さが変わるだけで目線の位置が変わり、他の部屋とは違う空間となるため、趣味や勉強に集中できるでしょう。

3.平屋の坪単価は2階建てより高い? 2階建てとの比較と予算・費用を抑えるコツ

平屋は2階建てと比べて、坪単価が高くなるといわれています。同じような家族構成で同じような部屋数、住宅仕様である場合、平屋の方が高くなるというのにはどんな理由があるのでしょうか。平屋の特徴や坪単価、費用を抑えるコツなどをご紹介していきます。

3-1.平屋と2階建ての違い

平屋住宅の特徴は、全ての部屋が同じ階にあるワンフロアという点です。2階建てなら階段で1階と2階に部屋が分けられるため、一般的にはLDKや水回りは1階に、寝室や子供部屋は2階に配置されます。階段を利用して1階と2階を行き来する必要があり、高齢者になって身体的に不安があると階段の上り下りが心配になることもあるでしょう。

平屋はワンフロアであるため、生活動線が短く移動できることや、階段を使う負担がないことが大きなメリットとなり、高齢者だけではなく将来的な備えとして子育て世代にも注目されています。

3-2.平屋と2階建ての建築費用の違い

同じ家族構成で、同じような部屋数や住宅仕様であっても、平屋と2階建てでは坪単価が異なることがあります。
坪単価の計算式は、「建築費用÷坪数=坪単価」となり、階段部分を必要とする2階建ては、平屋よりも坪数が大きくなりやすいため、建築費用が同じ場合、計算上は平屋の方が坪単価は高くなります。
しかし、階段部分の面積が加わったことで高くなってしまった場合、単に坪単価だけを比べて「平屋は高い」と判断できるものではありません。坪単価はあくまで目安として捉えて、全体的な建築費用が予算と合うかどうかで判断することをおすすめします。

3-3.平屋の建築費用を抑えるコツ

平屋で家を建てたいと思っても、プランを作ってもらったら予算オーバーであったということは、家づくりではよくあります。たとえ予算オーバーとなってしまってもすぐにあきらめるのではなく、どのような方法で費用を抑えることができるか、再度検討することをおすすめします。ここでは、平屋の建築費用を抑えるコツをご紹介します。

3-3-1.外観は箱型がベスト

住宅の外観は、できるだけシンプルにするとコスト削減が期待できます。L字型やコの字型などの外観は、壁面積や屋根面積などが増える傾向があるため、費用を抑えたいのであれば、長方形や正方形などの箱型がベストです。
また、屋根の形状は「片流れ」が最もコストを低くできます。

片流れ,切妻,寄棟,方形の図

3-3-2.室内の間仕切りを少なくする

室内の空間には構造上必要な壁や柱を除き、できるだけ間仕切りをつくらないことがコストを抑えることにつながります。
例えばLDKでは間仕切りをつくらずオープンな空間にすることで、広々としたスペースを確保できると同時に、壁を無くすことで施工費や材料費の削減にもつながります。

3-3-3.間仕切りと収納を兼用する工夫

部屋と部屋の間仕切りに、壁ではなく本棚などの収納を利用する方法もあります。本棚を壁替わりにする発想です。リビングと廊下の仕切りとしても使うことができ、ふたつの子供部屋の間仕切りを本棚で代用すれば、子供が小さいうちは本棚を壁側に置いて、ひとつながりの部屋として広々と使い、成長に合わせて本棚で間仕切ると、お互いの本棚兼収納として使えます。壁をつくらない工夫のひとつとしておすすめです。

3-3-4.設備グレードを見直す

システムキッチンやトイレなど設備グレードの見直しは、予算オーバーのときには大切なチェックポイントです。住宅設備は住まい全体の中でも大きな金額を占めるため、余分なオプションを削減したり、グレードを変えたりすると、大幅にコストダウンできる可能性があります。ひとつひとつチェックしてみてください。

4.平屋を建てるときの注意点

平屋を建てる際は、一般的な2階建てとは違う部分に注意する必要があります。ここでは4つの注意点をご紹介します。

4-1.日当たりに注意

平屋は立地条件によっては、高い建物に隠れて日当たりが悪くなる可能性があります。周囲に建物がない、または高台に建っている場合それほど問題はありませんが、密集した住宅地などでは注意が必要です。
できるだけ全ての部屋に光が届くためには、屋根に天窓を付けたり、天井付近の高い場所に窓を設けたりするなど、窓の位置を工夫してみてください。

4-2.防犯対策をする

1階部分に寝室や子供部屋などの個室があると、日中でも換気のために窓を開けていることがあるでしょう。しかし、防犯面では窓を開けたまま外出すると外部からの侵入リスクがあります。
窓に格子枠を取り付けたり、夜は人感センサーで侵入者がいる場合明かりが点灯したりするなど、防犯対策を検討しておく必要があります。

4-3.道路や隣家からの視線に注意

平屋は、生活空間が1階に集中しているため、リビング以外の場所でも道路からの視線が気になりやすいでしょう。日当たりを求めると、寝室が道路に近い場所になることもあり、プライバシーが心配な方もいるかもしれません。
視線を避ける方法としては、塀をつくったり、植栽で目隠ししたりと直接的に道路から見えにくくする対策がおすすめです。
とはいえ、極端に高さのある塀や植栽をつくると、外からまったく気配が感じられず死角になってしまう恐れもあります。隠しすぎることがないように注意してください。

4-4.土地の大きさと建てられる限度を確認

住宅に限らず、土地に建物を建てる際は、その土地に建てられる限度が決まっています。その限度を「建ぺい率」といいます。
例えば、50坪の土地の建ぺい率が60%である場合、50坪×60%=30坪の建物まで建てられます。
そもそも平屋は2階建てよりも1階の坪数が大きくなりがちなため、事前に土地の建ぺい率を確認しておくと安心です。なお、建ぺい率はその土地によって異なるため、不動産会社や住宅会社に確認してください。

5.平屋で失敗しないためのポイント

一生に一度かもしれない家づくりは、誰もが失敗したくないものです。平屋での家づくりを失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

5-1.近隣の環境をチェック

平屋は近隣の建物の高さ、密集度などによって日当たりや風通しなどに影響が出ます。そのため、周囲の住環境をしっかりとチェックすることをおすすめします。日当たり、風通しに影響しそうな場合は、中庭をつくったり、L字型やコの字型の外観にしたりと建てるときの工夫を検討してください。

5-2.平屋が得意な会社を選ぶ

住宅を建てる会社は、平屋が得意な会社を選ぶことが大切です。平屋と2階建ての家づくりは全く同じではありません。平屋ならではの特長を生かして暮らしやすい機能的な家にするためには、土地に合ったプランを提案してくれる会社が理想的です。平屋の建築実績が豊富な会社であれば、自分たちでは気付かない細部のことまでアドバイスが期待できるでしょう。

5-3.土地・建物で予算バランスを考える

家づくりでは、土地と建物の両方が必要です。土地に極端に費用をかければ、建物部分の予算が圧迫され、思い描く住まいが建てられなくなる可能性があります。土地と建物、それぞれの予算のバランスを考えて、土地選びからしっかりと検討することをおすすめします。

まとめ

平屋はワンフロアでマンションのような使い勝手が機能的でもあり、高齢者だけでなく子育て世代においても人気が高まっています。
日当たりや風通し、防犯など平屋ならではの注意点がありますので、これらの注意点を参考にして、平屋を得意とするよきパートナーを見つけ、家族が伸び伸びと暮らせる理想の家づくりを実現してください。

SNSでもご購読できます