おしゃれで暮らしやすい平屋の間取り8選!費用を予算内に抑えるコツは?

このページをシェアする
おしゃれで暮らしやすい平屋の間取り8選!費用を予算内に抑えるコツは?

「平屋の間取り例が知りたい」と「おしゃれで暮らしやすい平屋の間取りにするポイントが知りたい」という方に向けて、おしゃれな平屋の間取り例8つと工夫すべきポイントを詳しく解説します。

ワンフロアの住まいである平屋は、高齢の方だけでなく、若年層や新婚夫婦からの人気も高まり、近年ではおしゃれで個性的なデザインの平屋も増えています。

しかし、一般的な2階建ての住宅に比べると建築例が少なく、「平屋の間取りのイメージがつかない‥」「平屋の場合は、どんな間取りが暮らしやすいのか?」と疑問を抱えている方も多いはず。

そこで、この記事では以下の疑問にポイントを絞って、平屋の家づくりを解説します。

この記事を読むとわかること!
  • おしゃれで暮らしやすい平屋の間取り例とポイント
  • 平屋の弱点を克服する間取り例と工夫
  • 平屋の間取りに関する注意点と費用を抑えるコツ

家族構成や暮らし方、立地条件などによって暮らしやすい平屋の間取りは変わってきます。平屋の特徴を知り、自分たちの暮らし方や敷地に合う間取りで、理想の家づくりを実現してください。

はじめての注文住宅で不安」「ハウスメーカー選びが大変そう」という方は、本記事をご覧になった上で、「HOME4U 家づくりのとびら」で、「自分にあったハウスメーカー」について相談してみることをおすすめします。
HOME4U 家づくりのとびら」は、ハウスメーカー出身で経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポートしています!
さらにご要望に応じて、あなたにあったハウスメーカーをご案内。ご予算や土地に関するご質問も受け付けています。
HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。

1.おしゃれで暮らしやすい平屋の間取り4選

まず、平屋の間取りは大きく分けると「I型」「L型」「コ型」「ロ型」「連棟型」の5つの型があります。以下の一覧で、それぞれの型のメリット・デメリットを理解しておきましょう。

平屋の間取りタイプ別 メリット・デメリット
〔「I型」「L型」「コ型」「ロ型」「連棟型」〕
I型 メリット
  • 生活空間がコンパクトにまとまる
  • 壁を減らし大きな空間を作れる
  • 家族間のコミュニケーションが生まれる
  • 建築費を節約できる
デメリット
  • プライバシーを確保しにくい
  • 採光がとりづらい可能性がある
L型
コ型
ロ型
メリット
  • 採光を多く取り入れられる
  • 風通りがよい
  • 中庭やウッドデッキなどを活用した間取りが可能
  • 家族間のプライバシーも両立できる
  • (L字型・コの字型)駐車スペースやビルトインガレージの設置が可能
デメリット
  • I型よりも費用が高くなる
  • I型よりも家の断熱性が低くなる
  • 中庭は「水はけ」を検討する必要がある
連棟型 メリット
  • 二世帯住宅でそれぞれの空間を分けやすい
  • プライバシーを確保しやすい
  • 採光が大きい
  • 風通りをよい
デメリット
  • 壁が多く、費用が高くなる
  • メンテナンス費用が高い

ここからは、中でもおしゃれさで暮らしやすい平屋の間取りを5つご紹介します。

1-1.【2LDK】L字型・シンプルで開放的な平屋の間取り例

ウッドデッキで内と外をつなぐ大空間に 間取り図
出典:ダイワハウス 間取り例|xevoΣ 平屋暮らし|注文住宅

ウッドデッキで内と外をつなぐ大空間に

リビングと中庭・ウッドデッキをくっつけるL字型の平屋は、今とても人気のスタイルです。

L字の間取りにすることで、リビングの大きな掃き出し窓からつながるウッドデッキとの一体感が生まれ、内と外を自由に行き来できる大空間が生まれます。

平屋の特長を生かし、寝室からもウッドデッキに出ることができれば、家全体の回遊率を上げ、短い動線でどこにでも移動できる機能性が期待できます。

1-2.【2LDK】コンパクトで和洋を取り入れた平屋の間取り例

2-4.リビングに畳間を隣接させ2シーンで活用 間取り図
出典:出典:ミサワホームの平屋住宅|平屋住宅の間取り|平屋住宅の間取りと実例

リビングに畳間を隣接させ2シーンで活用

リビングに隣接した畳間であれば、普段使いの和室として日常的に、また客間として来客時にも活用できます。

和室は客間として活用されることが多く、リビングから独立した個室として配置されることもありますが、客間として利用する回数が限られている場合、普段はセカンドリビングのように気軽に使える場所に配置するのがおすすめです。

家族団らんの空間が広がり、少し横になりたいときや、小さなお子様がいる家庭であれば、お昼寝スペースとしても活用できます。

1-3.【3LDK】ロの字型・中庭を使ったおしゃれ平屋

【3LDK】ロの字型・中庭を使ったおしゃれ平屋

家の中心に中庭を置くと開放感が生まれる

平屋を建てたいという方の中には、中庭をおしゃれに活用したいという方もいらっしゃるでしょう。ロの字型の平屋では、中庭を中央に置くことで、採光をおしゃれにとり、プライバシーも両立できるおしゃれな空間を演出することができます。

最も採光がとりづらい中央のスペースを中庭として有効活用することで、閉塞感がなくなります。また、風通りがよくなるのもうれしいポイントです。

1-4.【4LDK(ロフト付き)】機能性も高いおしゃれ平屋の間取り例

スキップフロアで空間に変化を 間取り図
出典:辰巳住宅株式会社|モデルハウス|平屋の勾配を生かしたスキップフロア。

スキップフロアで空間に変化を

平屋の空間の一部にスキップフロアを取り入れて、高さの変化がある間取りにするのもおすすめです。

例えば、1段から3段程度階段をのぼった場所にカウンターを設置すれば、家族が共有できるスタディールームとして活用できます。少し高さが変わるだけで目線の位置が変わり、他の部屋とは違う空間となるため、趣味や勉強に集中できるでしょう。

また、リビングにロフトをつけることで収納力もアップし、リビングの整頓がしやすくなります。

ここまで5種類の平屋の間取りを紹介してきましたが、「そもそも平屋を建てる全体の流れがわからない‥」「どのハウスメーカーに相談すればよいの?」などお悩みの方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスをご活用ください。

元ハウスメーカー勤務のプロのアドバイザーが、住みやすい平屋を無理せずに建てる流れをしっかりとお教えします! 注文住宅の疑問や不明点を、その場でわかりやすくご説明いたします。

また、ハウスメーカー探しにお悩みの方には、ご希望に応じて、ご要望にぴったりのハウスメーカーをいくつかご提案をすることも可能です。ぜひお気軽にご相談ください。


2.平屋のデメリットを克服する間取り例4選!工夫のポイントは?

おしゃれで住みやすい平屋の間取りのイメージがわいてきましたか? ここからは、平屋のデメリットを克服できる4つの間取り例を解説していきます。間取りで工夫したいことを確認していきます。

特に、平屋の間取りで工夫したいのは、以下のポイントです。

平屋の間取りで工夫したいポイント
  • 無駄なスペースの削減(特に廊下)
  • 日当たりや風通り
  • プライバシー(外部から、もしくは家族間)

特に気を付けたいのは、意外とスペースをとってしまう「廊下」を余計に配置してしまうことです。無駄なスペースの削減は意識しないと注意できないポイントなので、しっかりと心得ておきましょう。

2-1.【1LDK】廊下部分ゼロ!省スペースの平屋間取り例

【1LDK】廊下部分ゼロ!省スペースの平屋間取り例

壁を少なくワンルーム感覚で暮らす

一人暮らしやご夫婦など、家族の人数が少ない場合、壁をできるだけ少なく配置し、空間を区切らない間取りにすることがおすすめです。

リビング・ダイニング・キッチンはひとつながりのオープンな空間で、寝室も廊下を利用することなく直接行き来ができると無駄なスペースが生まれません。

また、実際の坪数よりも視覚的に広がりを感じることができ、将来的に車いすが必要になったときにも移動しやすいのもポイントです。老後を意識した家づくりとしても、廊下のないシンプルな平屋の間取りはとても効果的です。

2-2.【3LDK】コの字型・プライバシーと採光を両立する平屋の間取り例

【3LDK】コの字型・プライバシーと採光を両立する平屋の間取り例

コの字型で外からの視線をカット

コ型の間取りにすることで、道路側からの視線を防ぎつつ、中庭から採光を取ることができるため、プライバシーや防犯を考慮したくつろぎの空間が生まれます。

また、建物の中央にスペースをつくることで、平屋のデメリットとなりやすい「日当たりが確保しづらい」という問題も解決できます。

2-3.【4LDK】家族間のプライバシーにも配慮した平屋の間取り例

2-3.玄関から両側に部屋を配置しプライバシーを確保 間取り図
出典:ミサワホームの平屋住宅|平屋住宅の間取り|平屋住宅の間取りと実例

玄関から両側に部屋を配置しプライバシーを確保

玄関を中心として、片方にLDKと水回り、もう一方には寝室、子供部屋、共有スペース、プライベートスペースを分けることで、個室側のプライバシーが確保できます。

また、リビングに来客がある際にも水回りへの動線が別に確保されていれば、お互いに気を遣うことなくリラックスできます。夜にリビングからのテレビ音が個室に漏れることも防いでくれる間取りです。

2-4.【2LDK】I字型・老後にも財布にもやさしい平屋の間取り例

【2LDK】I字型・老後にも財布にもやさしい平屋の間取り例

高齢者に使いやすく、玄関ホール近くに寝室を配置

高齢者の暮らしを想定する際に、大切なのは「玄関ホール付近に寝室を配置する」ことです。将来的に介護が必要になったとき、寝室が家の一番奥にあると、車いすの移動距離が長くなるうえ、障害物が増えるので不便です。

訪問介護の際にも、家の中まで介護スタッフを案内することになるので、同居している家族のプライバシーが保ちにくくなります。

こうして、生活に必要な機能を固めることで、無駄な廊下スペースが生まれることを防ぎ、結果として費用の節約にもつながります。

また、トイレを寝室の近くにすることも介護の面では便利です。高齢者は足腰に不安があるとトイレの移動も容易ではありません。気軽に移動できる距離にトイレがあれば安心です。

最近では若い世代の方でも、早くから老後を想定し、玄関ホール脇に「寝室・トイレ・洗面所」を配置する平屋の間取りプランも多くなっています。
バリアフリー住宅で気を付けるべきポイントについて詳しく知りたい方は、関連記事「バリアフリー住宅に建て替える!間取り実例と注意点、ローンの選び方は?」を合わせてご参照ください。

以上のように、新築の平屋を建てる場合、間取りに気を付けることで、平屋のデメリットを解決することができます。
デメリットをしっかりと押さえた家づくりをしたい方は、以下のページより、注文住宅を建てる際に起こる失敗事例をご確認ください。

注文住宅の「よくある失敗事例」を見る

3.平屋の間取り検討時の注意点

平屋を建てる際は、間取りを考える際に注意しておきたい点があります。ここでは平屋を立てる際の4つの注意点を解説します。

3-1.日当たりに注意

まず注意したいのが日当たりです。平屋は、立地条件によっては、高い建物に隠れて日当たりが悪くなる可能性があります。

周囲に建物がない、または高台に建っている場合はそれほど問題ありませんが、密集した住宅地や高いビルが周りに建っている場合などには注意が必要です。

できるだけ全ての部屋に光を届けるためには、屋根に天窓を付けたり、天井付近の高い場所に窓を設けたりするなど、窓の位置を工夫してみてください。

3-2.防犯対策をする

防犯対策にもしっかり気を遣いましょう。警視庁の調べによると、住宅の空き巣の侵入場所で最も多いのが窓といわれています。

寝室や子供部屋などの個室は、日中でも換気のために窓を開けている方は多いでしょう。どの住宅にもいえることですが、平屋はワンフロアで、防犯面で外部からの侵入リスクが上がるため、必ず対策が必要です。

また、ガラスを破って侵入される可能性もあるので、窓に格子枠を取り付けたり、人感センサーを取り付けたりすることで、防犯意識が高い住宅であることを視覚的にアピールする家づくりを行うとよいです。

3-3.道路や隣家からの視線に注意

平屋は生活空間が1階に集中しているため、リビング以外の場所でも道路からの視線が気になりやすいです。日当たりを求めると寝室が道路に近い場所になるケースもあり、プライバシーが心配な方もいるかもしれません。

外部からの視線を避ける工夫としては、以下のような方法が考えられます。

直接的に道路から見えにくくする対策
  • 塀をつくる
  • 植栽で目隠しをする

とはいえ、極端に高さのある塀や植栽をつくると、防犯の視点でいうと空き巣犯や不審者の隠れ場所になってしまうおそれもあります。家の周辺に死角ができないよう注意してください。

3-4.土地の大きさと建てられる限度を確認

平屋に限らず、土地に建物を建てる際には、その土地に建てられる大きさの限度を確認する必要があります。その土地に建てられる建物の大きさの限度を知るために、「建ぺい率」を確認しましょう。

建ぺい率とは、敷地面積に対し、建築できる面積の割合を指し、地域によって定められていますが、以下のように計算して考えます。

例:地域の建ぺい率が60%と定められており、50坪の土地に家を建てる場合
50坪 × 60% = 30坪までの家を建てることが可能

平屋は一般的な2階建て住宅よりも建築面積が大きくなりがちなため、事前に土地の建ぺい率を確認しておくと安心です。土地の建ぺい率は、不動産会社やハウスメーカーに聞いてみましょう。

上記以外にも「平屋を建てた人の失敗談や成功談などが知りたい!」とお考えの方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」をご利用ください。
元ハウスメーカー勤務のプロが現場で見聞きした家づくりの経験談から、平屋を建てる際に注意すべきポイントをお伝えします。お気軽にご利用ください。

4.平屋の建築費用を抑える4つのコツ

ここからは、平屋の建築費用を抑える4つのコツを1つずつ紹介します。
平屋を新築で建てたいと思っても、いざハウスメーカーに見積もりを出してもらってみたら「予算オーバーだった‥」ということはよくあります。

たとえ予算オーバーになっても、家づくりをすぐにあきらめるのではなく、どうすればコストカットができるか、再度検討することが大事です。

【間取り例あり】新築平屋の費用、価格相場はいくら?
平屋の坪単価の相場や建てるときの費用を抑える5つのコツをご紹介

4-1.外観の形状は「箱型」、屋根は「片流れ」がベスト

片流れ,切妻,寄棟,方形の図

平屋の建築費用を抑えるコツの1つ目は、住宅の外観をできるだけシンプルにすることです。

L型やコ型などの外観は、壁面積や屋根面積などが増える傾向にあるため、費用を抑えたいのであれば、長方形や正方形などの箱型、いわゆるI型がベストです。また、屋根の形状は「片流れ」が最もコストを抑えられます。

4-2.室内の間仕切りを少なくする

室内の空間には構造上必要な壁や柱を除き、できるだけ間仕切りをつくらないこともコストカットにつながります。

例えば、LDKでは間仕切りをつくらずオープンな空間にすることで、壁の施工費や材料費の削減につながり、同時に広々としたスペースを確保することもできます。

4-3.間仕切りと収納を兼用する工夫

間仕切りをつくらないかわりに、間仕切りとして収納棚を配置するという方法もあります。

例えば、本棚を間仕切りとして併用すれば、本の収納とプライベートの確保の両方がかないます。リビングと廊下の仕切りとして、または2つの子供部屋の仕切りとしても活用できます。

子供が小さいうちは本棚を壁側に置き、ひとつながりの部屋として広々と使い、成長に合わせて本棚で間仕切ると、お互いの本棚兼収納として使えます。壁をつくらない工夫の1つとしておすすめです。

また、こうした収納スペースを活用することで家具の購入費用が抑えられ、さらに無駄なスペースも減るため、工事費の節約にもつながります。

4-4.設備グレードを見直す

システムキッチンやトイレなど設備グレードの見直しは、予算オーバーのときには大切なチェックポイントです。

住宅設備は住まい全体の中でも大きな金額を占めるため、余分なオプションを削減したり、グレードを変えたりすると、大幅にコストダウンできる可能性があります。ひとつずつ、慎重にチェックしてみましょう。

お家のいろは コラム
“平屋の坪単価は2階建てより高い? ”

平屋は2階建てと比べて、同じような家族構成、部屋数、住宅仕様であっても坪単価が高くなる傾向にあるといわれています。

しかし、平屋の費用を抑えるためのコツはあります。まずは平屋と2階建ての特徴の違いと費用の違い、坪単価の仕組みを知り、平屋の費用を抑えるためのコツを確認していきましょう。

平屋と2階建ての違い

平屋住宅の最大の特徴は、全ての部屋が同じ階にあるワンフロアという点です。

2階建てなら階段で1階と2階に部屋が分けられるため、一般的にはLDKや水回りは1階に、寝室や子供部屋は2階に配置されます。階段を利用して1階と2階を行き来する必要があり、高齢者になると階段の昇り降りに不安を感じることもあるかもしれません。

平屋はワンフロアであるため、生活動線がシンプルであることや、階段を使う負担がないことが大きなメリットです。高齢者にはもちろん、将来的な備えとして子育て世代にもおすすめの間取りといえます。

平屋と2階建ての建築費用の違い

5章の冒頭でお伝えしたとおり、同じような家族構成、部屋数、住宅仕様であっても、平屋と2階建てでは平屋のほうが坪単価は高くなる傾向にあります。
しかし、それは坪単価だけの話であり、全体的な建築費用とは異なります。

そもそもなぜ平屋のほうが坪単価は高くなるのかというと、答えは両者の坪数の違いにあります。
坪単価の計算式は、「建築費用÷坪数=坪単価」となり、階段部分を必要とする2階建ては、平屋よりも坪数が大きくなりやすいため、建築費用が同じ場合、計算上は平屋のほうが坪単価は高くなるのです。

単に坪単価だけを比べて「平屋は高い」と判断できるものではないので、坪単価はあくまで目安として捉え、全体的な建築費用が予算と合うかどうかで判断することをおすすめします。

より詳細な理由が知りたい方は、以下の参考記事をご参照ください。

新築平屋の「坪単価」を間取りで比較!二階建てより高い理由と費用節約のコツ

5.平屋を建てる際に失敗しないためのポイント

家づくりは一生に一度かもしれないビッグイベントなので、誰もが失敗したくないものです。最後に、平屋での家づくりを失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

理想の家を建てる必勝マニュアル!費用や注意すべきポイントは?

5-1.近隣の環境をチェック

平屋は近隣の建物の高さ、密集度などによって日当たりや風通しなどに影響が出ます。そのため、周囲の住環境をしっかりとチェックすることをおすすめします。

近隣環境が日当たり、風通しに影響しそうな場合は、中庭をつくったり、L型やコ型にしたりすることで、意識的に風の通り道を作るとよいです。

5-2.土地・建物で予算バランスを考える

平屋を建てる土地費用と、建築費用のバランスを考えましょう。平屋はフロアが1つに限られている分、2階建て住宅より建築面積が広くなりがちです。まず土地に費用をかけすぎないよう注意してください。

広い土地がよいからといって極端に土地に費用をかければ、建物部分の予算が圧迫され、思い描く住まいが建てられなくなる可能性があります。

土地と建物、それぞれの予算のバランスを考えて予算を立てることがおすすめです。

家づくりの資金計画を立てる|予算の立て方と費用の内訳【初級編】

5-3.平屋の建築が得意な会社を選ぶ

平屋の建築を依頼するハウスメーカーは、平屋が得意なメーカーを選ぶことが大切です。平屋と2階建て住宅の家づくりは、全く同じではありません。平屋ならではの特長を生かして暮らしやすい機能的な家にするためには、土地に合ったプランを提案してくれるメーカーを選ぶことが理想的です。

平屋の建築実績が豊富なメーカーであれば、自分たちでは気付かない細部にまでアドバイスをくれるはずです。

ただし、平屋の建築経験が豊富なハウスメーカーを自分だけの力で探すのは、大変な時間と労力がかかります。また、限られた時間の中で、信頼できる営業担当者だと判断することは簡単ではありません。

HOME4U 家づくりのとびら」では、ご要望に応じて、注文住宅の知識豊富な専門アドバイザーがご希望条件をお聞きし、お客様にとって、理想の平屋住宅を実現してくれるハウスメーカーを複数ご案内いたします。

あなたに合った条件を満たすハウスメーカーの中から、建築商品や費用をじっくり比較することができるので、効率的に理想の平屋住宅を建てることが可能です。また家づくりに関する様々な疑問・質問にもしっかりとお答えいたします。

HOME4U 家づくりのとびら

【家づくりのとびら・3つのメリット】
  • 元ハウスメーカー勤務の「住宅建築のプロ」がご相談にお応えします。
  • オンラインだから、コロナ禍でも店舗などに出向くことなく、ご自宅で相談できるから安心!
  • オンライン相談は、スマホがあればご利用可能。難しい設定などは不要です。

HOME4U 家づくりのとびら」のご利用はもちろん無料。しかもオンラインなので、ご都合のよい時間帯に合わせてご相談の予定を組むことができます。ぜひ活用して、理想の平屋づくりをスムーズに叶えてくれるハウスメーカーを見つけてください。

まとめ

平屋はワンフロアという間取り上、マンションのような使い勝手が機能的であり、高齢者だけでなく子育て世代にも人気が高まっています。

今回ご紹介したおしゃれで暮らしやすい平屋の間取りには、日当たりや風通し、防犯など、平屋ならではの注意点を解決するヒントが含まれています。こうした工夫がなされた家づくりをするためには、平屋を得意とするハウスメーカーを見つけることが何より大切です。

ハウスメーカー探しにお困りの方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスを活用し、プロのアドバイザーにご相談ください。

そして、家族みんながのびのびと暮らせる理想の家づくりを実現してくださいね。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方の方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。