新築平屋の「坪単価」を間取りで比較!二階建てより高い理由と費用節約のコツ

このページをシェアする
新築平屋の「坪単価」を間取りで比較!二階建てより高い理由と費用節約のコツ

平屋は、開放的でコンパクトな暮らしができ、高齢になっても階段を利用することがなく、足腰の負担が軽減できるというメリットがあります。

しかし、平屋を新築する際の坪単価の相場はいくらなのかを示す目安になるような情報は少なく、平屋の予算について具体的なイメージを持てずにいる方も少なくないことでしょう。

この記事では、「平屋を新築で建てたい」と検討している方にむけて、以下のような内容を解説します。

この記事を読むとわかること!
  • 平屋の坪価格、また必要な坪数の目安
  • 広さ別・暮らしやすい平屋の間取り例と価格相場
  • 平屋が二階建てより高いといわれる理由と費用節約のコツ

以上の内容を把握することで、平屋のより具体的なイメージをつかむことができるはずです。

ぜひあなたの理想とする平屋のプランづくりにお役立てください。

はじめての注文住宅で不安」「ハウスメーカー選びが大変そう」という方は、本記事をご覧になった上で、「HOME4U 家づくりのとびら」で、「自分にあったハウスメーカー」について相談してみることをおすすめします。
HOME4U 家づくりのとびら」は、ハウスメーカー出身で経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポートしています!
さらにご要望に応じて、あなたにあったハウスメーカーをご案内。ご予算や土地に関するご質問も受け付けています。
HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。

1.新築の平屋を建てる「坪単価」と「相場価格」

平屋を新築する際にかかる費用について、「坪単価」「建築工事費用の相場価格」という二つの観点から解説していきます。

なお、平屋を新築する際にかかる費用相場や内訳について詳しく知りたい方は以下の関連記事も合わせてご参照ください。

【間取り例あり】新築平屋の費用、価格相場はいくら?

1-1.新築平屋の坪単価の相場

平屋を新築する際にかかる建築費用の坪単価は、木造の場合、40万~60万円程度が一般的です。坪単価は「ご自身がどんな広さの家がほしいか」という点がすでに分かっている方にとっては、大きな指標となります。

ただし、平屋の場合は「広さ」「設備のグレード」「屋根の素材のこだわり」などによって価格が変動しやすいという特徴があり、坪単価が70万、80万円と増えてしまうことも少なくありません。

プランの内容を追加したり、グレードを上げたりする際には、しっかりと予算と全体のコストを突き合わせて考える必要があります。

また、注文住宅はどんなハウスメーカーを選ぶかによっても、坪単価は大きく異なります。あくまで目安としてとらえながら、資金計画の参考にしましょう。

1-2.新築で平屋を建てる相場価格は1,000万円~2,400万円

新築で平屋住宅を建てる場合の相場価格は、1,000万円前後~2,400万円です。

坪単価と同様、費用の相場は、建築面積や使用する建材、設備のグレード、建築工法、間取り、ハウスメーカー、その他の要因で上下します。

ご自身が思い描く平屋の費用相場について「すぐに具体的な金額を知りたい‥!」という方は、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスをご活用ください。

元ハウスメーカー勤務の専門アドバイザーがご希望条件を伺いながら、大まかな費用相場の算出や具体的なイメージづくりをお手伝いします。

さらに、ご希望に応じて、実際の資金計画のシミュレーション、条件にぴったりのハウスメーカーのご提案までサポートいたします。ぜひお気軽にご活用ください。

今なら、家を建てる基礎知識がわかる「家づくりパーフェクトガイド」や「ご予算シミュレーションシート」も無料でプレゼントしています!

【初心者必見】
家づくりは、基礎知識と
予算・資金計画が成功のカギ!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン相談(無料)すると
もらえる!

  • 家づくりパーフェクトガイド
    予算の立て方や、土地の探し方・選び方など、失敗しない家づくりの秘訣をまとめた「家づくりパーフェクトガイド」をプレゼント!
  • ご予算シミュレーションシート
    ご相談時に、借入希望額から毎月返済額、もしくは毎月の返済額から借入額をシミュレーションしたシートをプレゼント!建物本体金額や付帯工事費+諸費用の総予算もシミュレーションいたします。

2.【広さ別】平屋の間取りプラン4例と価格相場

1LDK~4LDKまで、広さ別に具体的な平屋の間取り例を見ながら、価格相場を確認しておきましょう。坪単価50万円の新築平屋を建てることを想定し、間取りプラン別のおおよその建築面積と費用相場をご紹介します。

おしゃれで暮らしやすい平屋を実現する間取りのコツについて、もっと詳しく知りたい方は以下の関連記事を合わせてご参照ください。

おしゃれで暮らしやすい平屋の間取り8選!費用を予算内に抑えるコツは?

2-1.「1LDK」の場合(1人暮らし、2人暮らし)

1LDKの場合(1人暮らし、2人暮らし)
小屋裏・ロフト
引用元:茨城セキスイハイム 公式HP「間取り実例 1LDKでミニマムな暮らし」

家族構成
  • 1人
  • 夫婦のみの2人
建築面積 約20坪
建築費用 約1,000万円(坪単価50万円)

1LDKの平屋では、主に1人または2人暮らしが想定されます。建築面積は約20坪、建築費用は約1,000万円が目安です。

1LDKは、コンパクトな暮らしを求める方の住まいとして選ばれるスタイル。玄関ホールに水回り、リビング・ダイニング・キッチンと寝室、小屋裏ロフト付きで、キッチンとつながるパントリー収納も魅力的です。

独身の方、子供が独立して夫婦だけで暮らす方や、またお子様がいないご夫婦の方などにおすすめの間取りです。

2-2.「2LDK」の場合(2~3人暮らし)

2LDKの場合(2~3人暮らし)
引用元:セキスイハイム 公式HP「平屋の間取りプラン セカンドライフにオススメのプラン」

家族構成
  • 夫婦2人
  • 夫婦と子供1人の3人
建築面積 約26坪
建築費用 約1,300万円(坪単価50万円)

2LDKの平屋では、新婚家庭、夫婦と子供1人の3人家族、子供が独立した後の夫婦など、主に2~3人の家族構成が想定されます。建築面積は約26坪、建築費用は約1,300万円が目安です。

玄関ホールに水回り、リビング・ダイニング・キッチンと、寝室や和室などの個室が複数配置できます。

玄関先にテラスを設けることで、靴を履いたり、座って作業したりすることができます。リビングからも出ることができる「ウッドデッキ」は、ガーデニングを楽しんだり、BBQをしたり、家族の憩いの場所となるでしょう。

2-3.「3LDK」の場合(4人暮らしまで)

3LDKの場合(4人暮らしまで)
引用元:セキスイハイム 公式HP「平屋の間取りプラン 子育てにオススメのプラン」

家族構成
  • 夫婦2人
  • 夫婦と子供1人の3人
  • 夫婦と子供2人の4人
建築面積 約29坪
建築費用 約1,450万円(坪単価50万円)

3LDKの平屋では、主に4人家族までが想定されます。ファミリー世帯が暮らす一般的な間取り構成になります。建築面積は約29坪、建築費用は約1,450万円が目安です。

「3LDKだと建築面積が広くなりそう…」と不安に思う方もいるかもしれませんが、居室間の廊下を省いたり、ロフト収納を取り入れたりして間取りを工夫すれば、3LDKでも建築面積を抑えることができます。開放的なウッドテラスなど、平屋ならではのスペースも上手に取り入れた間取りです。

2-4.「4LDK」の場合(5人暮らしまで)

4LDKの場合(5人暮らしまで)
出典:トヨタホーム 公式HP「住まいの実例 平屋建て:シンセ・ピアーナ 福岡県/K様邸」

家族構成
  • 夫婦2人
  • 夫婦と子供1人の3人
  • 夫婦と子供2人の4人
  • 夫婦2人と親世帯2人の4人
  • 夫婦と子供3人の5人
建築面積 約32坪
建築費用 約1,600万円(坪単価50万円)

4LDKの平屋では、主に5人家族までが想定されます。夫婦と子供複数人の家族、親世帯との同居も考えられます。ゆとりがあるファミリーマンションのイメージが近いかもしれません。家族人数分の個室を設ける場合、建築面積は約32坪、建築費用は約1,600万円が目安です。

4LDKの平屋の場合、建築面積もそれなりの広さになるので、将来的に家族数が減って夫婦だけになったときには、リフォームをして高齢者用バリアフリー住宅として「廊下を広くする」「個室を大きな一つの居室にする」など将来的に間取りを変更できるようにしておくとよいでしょう。

バリアフリー住宅のポイントについて詳しく知りたい方は、関連記事「バリアフリー住宅に建て替える!間取り実例と注意点、ローンの選び方は?」をご参照ください(※リフォームでも活用できるポイントをご紹介しています)。

「理想の間取りが見つからなかった‥」「どれが自分の希望に当てはまる間取りなのかがわからない‥」とお悩みの方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料相談サービスをご活用ください。

HOME4U 家づくりのとびら」では、ハウスメーカーで10年以上の勤務経験を持つ、注文住宅のプロに直接相談することが可能です。平屋についてご希望の条件を直接伺い、理想の間取りを具体的なプランに落とし込めていくハウスメーカー探しのお手伝いをいたします。また、それによって、より正確な費用相場をご案内することが可能です。

平屋住宅の費用相場はもちろん、建築をする上での不明点を聞いたり、あなたに合ったハウスメーカーを案内してもらえたりします。

ご利用はもちろん無料。サービスのご利用方法や詳細は、以下のボタンからご覧ください。

3.平屋は割高?土地代がかかる?2階建てとの違いと注意点

一般的な2階建て住宅と比べ、低コストでコンパクトな暮らしがかなう平屋ですが、「2階建ての住宅を新築するよりも高い」と言われることが多くあります。

家づくりへの不安を少しでも軽減するために、平屋と2階建ての違いとそれに関わる注意点について、以下の2点を詳しく確認しておきましょう。

  • 平屋は2階建てより坪単価が高くなる傾向がある
  • 広い平屋は土地代や工事費用がかさむ可能性がある

3-1.平屋は2階建てより坪単価が高くなる理由と注意点

「平屋は2階建てと比べて坪単価が割高」と聞いたことがあり、不安に感じているという方は多いようです。まずは、その理由について解説します。

同じ敷地面積の場合、平屋の坪単価が高くなる可能性が高い

同じ面積の敷地に、同じ設備グレードの平屋と2階建てを立てる場合、平屋の坪単価が高くなります。その要因には、以下のような要因が考えられます。

理由:二階建ての「延べ床面積」が平屋よりも大きい

外壁や屋根、水回りやキッチンなど住宅に必要な設備費用は、費用の多くを占めており、両者どちらにも変わらずかかる費用です。しかし、二階建ての場合、延べ床面積が大きくなる分、一坪当たりの費用にすると小さく分散され、坪単価が安くなる傾向にあります

以下、具体的な例を見ていきましょう。

例:40坪の敷地に家を建てるケース

平屋を建てる場合
平屋の工事費用 1,800万円
建物(家)の坪数 28坪
坪単価 約64万円
二階建てを建てる場合
二階建て住宅の工事費用 2,000万円
建物(家)の坪数 35坪
坪単価 約57万円

このように、坪単価にすると二階建てのほうが安くなります。一方で、平屋のほうが坪単価は高いものの、全体的な工事費用は少なく済みます。

坪単価で比較したときに、平屋は、数字上では坪単価が高くなる傾向があるため、印象として「割高」といわれがちです。
しかし、全体の費用を見ると、平屋のほうが安く抑えられることが多いため、坪単価だけで判断しないように注意しましょう。

もちろん、建物の坪単価は延べ床面積だけで決まるものではなく、工夫次第で坪単価は下げることができます。平屋の費用を抑えるコツの詳細は「4.平屋の価格を抑えるアイデア5選」で解説しますが、まずは単純な坪単価だけに注目するのではなく、「全体的に見て、予算内で建てられるか」といった観点で検討することを前提におくことをおすすめします。

3-2.土地代・工事費用がかさむ可能性がある理由と注意点

広い平屋を建てるなら、ある程度の土地の広さが必要です。

リビング・ダイニングルーム、キッチン、風呂や洗面所、トイレなどの水回り、寝室や個室などプライベートな居室。平屋は、それらすべての生活空間が一つのフロアに配置されるため、同じ延べ床面積の2階建て住宅と比べて、どうしても大きな敷地面積が必要になります。

そのため、まったく同じ広さの家を作ることを前提とするなら、土地購入費用は2階建て住宅より平屋のほうが多くかかります

また、敷地面積が広くなることで、以下のような工事費用が膨れ、建築費用が多くかかる可能性があります。

ワンフロアの平屋はどうしても1階部分の面積が増える
→ 建物の基礎工事部分が大きくなる
→ 屋根の面積が大きくなる

どのような広さの家を建てたいのかによって、平屋の新築にかかる費用は大きく変動します。のちに資金計画が崩れないように、リビングの広さや必要な部屋数などを検討したうえで、具体的な平屋のプランを建てるようにしましょう。

お家のいろは コラム
“平屋と建ぺい率の関係”

平屋を建てる際に土地の購入をする際には、その土地の「建ぺい率」も確認する必要があります。

建ぺい率とは、敷地面積とその場所に建つ建物の建築面積の割合を指します。

人が住める土地には用途地域ごとに「建築物の用途制限」があります。建築物の用途制限とは、用途地域のうち、住宅専用の指定がある8種類の「住居系地域」では、地域ごとに30~80%までの「建ぺい率」が決まっているというものです。
建ぺい率の計算式は次の通りです。

建ぺい率=建物の建築面積÷敷地面積

例えば、建ぺい率が50%の地域で60坪の土地を所有している場合、住宅を建てる際には、60坪の50%となる30坪までの建築面積であれば建築が可能となります。
候補の土地の建ぺい率は事前に調べ、自分の要望としっかりすり合わせられるようにしておくことがおすすめです。

建てたい平屋をイメージした後に「土地探し」をしよう!

先述した通り、平屋の広さは敷地面積によって決まります。そのため、建てたい平屋を具体的にイメージできていない状態で土地探しを始めるのは間違いです。理想の平屋を具体化し、そこから実現できる土地を探しましょう。

土地代と新築にかかる工事費用のバランスも、この時点でしっかりと定めておく必要があります。

理想の平屋を実現するための「土地探し」がなかなかうまくいかない方、土地にどれぐらいの費用を使ってよいのかがわからないという方は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスをご活用ください。

HOME4U 家づくりのとびら」を使う3つのメリット
  • ハウスメーカーでの経験豊富な専門アドバイザーがご相談を承ります!
  • 「土地選び」「土地と建物のバランスを考えた資金計画」「平屋の実績豊富なハウスメーカー探し」まで、マンツーマンでお手伝いいたします。
  • オンライン会議形式で、簡単にご自宅からのご相談が可能です。

無料で何度でもご利用いただけますので、ぜひお気軽にご活用ください。

4.平屋の価格を抑えるアイデア5選

前述したとおり、ケースによって、平屋は建築費用が割高になってしまうこともあります。しかし、開放的な空間で暮らせる平屋住宅は、魅力も多く、すぐにあきらめるのはもったいないと思いませんか。

工夫をすることで、平屋の価格を抑え、なおかつ暮らしやすい家にすることは可能です。ここでは、平屋の価格を抑えるアイデアをまとめてご紹介します。

もっと平屋の価格を抑えるテクニックについて、もっと詳しく知りたい方は以下の関連記事も合わせてご覧ください。

平屋の坪単価の相場や建てるときの費用を抑える5つのコツをご紹介

4-1.廊下をなくす

平屋のプランを検討する際、無駄なスペースとなりがちな「廊下」をなくすことで、床面積を抑え、室内の広さを確保しながら価格を抑える効果が期待できます。また、意識的に廊下を作らない間取りを心がけることで、動線をシンプルにすることもできます。

4-2.窓を減らす

窓は必要最低限の数に抑えることで、予算を削減できます。新築の工事費は、窓や出入口などの開口部を増やすごとに上乗せされてしまいます。窓ごとに建材費がかかることはもちろんですが、窓をつけることで壁の強度が下がり、耐震補強としての費用も必要になるからです。

窓が多くないと、空気の入れ替えや日当たりが心配な方もいるかもしれません。しかし、空気の入れ替えに関しては、2003年の建築基準法改正により、24時間換気システムをつけることが義務化されたため、最低限の窓があれば問題なさそうです。

また、日当たりに関しては、次の項目をご参照ください。

4-3.上部からの採光で日当たりを確保する

窓を減らす代わりに、上部からの採光を検討すると日当たりがしっかり確保でき、コスト削減と暮らしやすさの両方がかないやすいです。

そもそも平屋は建物自体が低いため、多くの窓を取り付けたとしても、思うように採光することが難しいです。なぜなら、間取りによっては近隣の建物の影響で日当たりが遮られてしまう可能性が高いからです。土地の形にもよりますが、側面ではなく、上部から日当たりを確保する間取りの工夫が必要になります。

一案として、天窓の活用が挙げられます。日当たりはもちろんですが、天窓は開けると一気に風の通りもよくなり、より気持ちのよい換気の効果も期待できます。

4-4.室内を区切る壁を減らす

耐震性能を保てる範囲で、室内を区切る壁を減らせば予算を削減できます。
間取りはシンプルに、あまり細かく区切らないほうがワンフロアを広々と使えるため、平屋の良さを活かせます。

4-5.建物の形をシンプルにする

屋根や建物の形状を、凹凸のあるものにするとその分予算が上乗せされます。できるだけシンプルに箱型に近い形にすると予算を抑えられます。
このほか、建材や設備のグレードを低廉なものにするといった、家づくりにおける一般的なコストカットアイデアは平屋でも有効です。また、平屋建築が得意なメーカーを選ぶことも、予算を低く抑えるコツです。

5.平屋の正確な価格を知る方法

新築平屋の正確な建築費用を、ハウスメーカーの公式HPをはじめとしたインターネット上の情報だけで見つけるのは困難です。なぜなら、平屋の建築費用は、間取りや土地の広さの他にも、さまざまな要素で変わるため、ハウスメーカーの担当者に希望の条件を詳しく伝える必要があるからです。

しかし、数多くあるハウスメーカーにひとつひとつ話をしていくのは、大変な手間と時間がかかります。

そこでおすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

元ハウスメーカー勤務の専門アドバイザーが間取りや広さ、木造などの構造などご希望の条件をヒアリングし、建てたい平屋の相場価格についてお伝えします。またご希望があれば条件に合致する建築商品やハウスメーカーを複数ご案内いたします。

HOME4U 家づくりのとびら

専任アドバイザーが選ぶ、お客様にあった建築商品やハウスメーカーの中から、費用やデザインなどじっくり比較することができます。また、ハウスメーカーを比較するコツや後悔のない平屋を建てるポイントも一緒にお伝えし、初心者の方でも失敗せずに理想の住まいを建てるお手伝いをいたします。

ご相談はオンライン形式で実施するため、コロナ禍の昨今でも、店舗などに出向くことなくご自宅にいながらご都合のつく時間にご相談いただけます。

安全で効率よく住まいづくりの計画を進めるためにも、「HOME4U 家づくりのとびら」を活用して、開放的で楽しい平屋生活を実現させましょう。

まとめ

ワンフロアで階段を使わない暮らしができる平屋は、ファミリー世帯でも高齢者世帯でも、家族の距離感が近く、安心した生活スタイルが期待できます。

特に高齢者にとっては、階段の昇り降りがないことで身体的な負担が軽減されます。ただし、できるだけ建築費用を抑えるには、限られた建築面積で室内を有効に使えるよう間取りを工夫することが大切です。

本記事では、以下のような内容について解説しました。

新築平屋の坪単価はいくらか?

木造であれば40万~60万円が相場です。木造以外の構造や素材、設備、オプション、グレードの選択によって70万円を超える坪単価となることも少なくありません。

平屋と二階建ての選択に迷ったときはどう判断すればいいの?

必要とする家の坪数が少ない平屋は、二階建てに比べて、坪単価が高くなる傾向にあります。また、土地代だけでなく、工事費用の高い「基礎工事」や「屋根部分」の面積も大きくなるため、平屋のほうが高く割高になりがちです。
ただし、全体の費用として、二階建てよりも安くなることが多いため、坪単価だけで判断しないように注意しましょう。

平屋の新築費用を抑えるポイントは?
  • 廊下をなくす
  • 窓を減らす
  • 上部からの採光で日当たりを確保する
  • 室内を区切る壁を減らす
  • 建物の形をシンプルにする

「ご自身が思い浮かべる理想の『平屋』を建てるには、どの程度の費用が必要なのか?」「費用が予算と見合わない場合は、どうすれば費用を節約できるのか?」「そもそも資金計画に自信がない‥」などのお悩みをおもちの方は、なるべく早めに注文住宅の専門家に相談してみましょう。

とはいっても、ハウスメーカーや工務店の営業担当者の方には、なかなか相談しづらいという方も少なくないでしょう。そんな方は、第三者の立場のプロに無料でご相談いただける「HOME4U 家づくりのとびら」のオンライン相談サービスをご活用ください予約が空いていれば、最短で当日のご相談も可能です。

暮らしやすい平屋住宅になるように、しっかりとした予算感をもちながら、予算や立地条件なども含めて最適な提案が期待できるハウスメーカーを選びましょう。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方の方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。