【新築住宅の間取り事例】35坪に平屋を建てるメリット&デメリットとおすすめ間取り

平屋35坪の間取りは家族4人で快適に過ごすのに十分な広さです。かつて平屋には「古臭い」というイメージがありましたが、現在では平屋には「お洒落」「過ごしやすい」といったイメージが広がり、住まいの選択肢に平屋を選ぶ人は増加しています。

平屋35坪はおよそ115㎡、3LDK、4LDKを十分に確保できる広さのため、4人家族であれば、子供部屋、夫婦を分けた寝室を作ることが可能になります。このようにメリットのある35坪の平屋ですが、広くなるほど風通しに工夫が必要です。

そこでこの記事では、平屋35坪を建てる際に知っておきたい間取り例、注意点を解説していきます。

平屋35坪のメリット
  • 二階建てよりも構造が安定している
  • 収納に困らない広さがある
  • 中庭も採用できる
  • 吹き抜けとロフトが併用できる
平屋35坪のデメリット
  • 家事動線に注意が必要
  • 採光と風通しに注意
  • 35坪に見合う土地が必要
  • 防犯面に注意

35坪の平屋の機能的な間取りは?

・開放感を最大限引き出す
せっかく平屋に住むのであれば、開放的な空間に住みたい方も多いでしょう。その際は、LDKにテラスを隣接させるのがおすすめです。窓を大きくすることで、LDKに暖かな光が差し込む空間を創り出せます。

1-2.【ゆとりのある暮らしが実現する家】平屋35坪のおすすめ間取り例

・外からの目線はシャットダウンする
建物が低い平屋は、周囲の目線と生活空間が重なるため、プライバシーを覗き見されている気分になることがあります。この際は、窓の位置を高くしたり、道路側の窓のみを小さくしたりすることで、採光は保ちつつもプライバシーを守れる平屋が実現します。

1-3.【外からの目線も気にならない】平屋35坪のおすすめ間取り例

・収納は随所に用意する
平屋の場合は収納スペースに困ることがありますが、35坪の広さがあれば収納スペースを用意することができます。このため、平屋を建てる際には事前にウォークインクローゼット、押入れなどを必要に応じて間取りに入れておくのがおすすめです。

1-5.【収納スペースに困らない】平屋35坪のおすすめ間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

1.平屋35坪のおすすめ間取り例5選

平屋35坪に適した間取り例を、工夫したポイントと共に解説します。動線についても併わせて解説するので、平屋選びの参考にしてください。

1-1.【ペットのエリアも室内に併設】平屋35坪のおすすめ間取り例

家事も収納も楽々

【ペットのエリアも室内に併設】平屋35坪のおすすめ間取り例
【ペットのエリアも室内に併設】平屋35坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 ペットを室内で飼いたい人
世帯(想定) 夫婦2人 + 子供1人 + ペット
坪数(延べ床面積) 35坪
間取り 平屋 3LDK(+ペットエリア+小屋裏収納+シューズインクローゼット)
費用(住宅の建築費) 約2,300万円

平屋でペットと一緒に過ごしたい方におすすめなのが、ペットエリアを併設した間取りです。しつけをしっかりとしたい方にとって、人とペットの寝場所を分けられる空間を作ることは大切です。水周り動線も整っているので、料理をしながら家事も効率的にできる間取りが実現しています。

1-2.【ゆとりのある暮らしが実現する家】平屋35坪のおすすめ間取り例

LDKに隣接するテラスで開放感たっぷり

【ゆとりのある暮らしが実現する家】平屋35坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 開放感を重視する人
世帯(想定) 夫婦
坪数(延べ床面積) 36坪
間取り 平屋 3LDK(+インナーテラス)
費用(住宅の建築費) 約3,400万円

平屋を開放的に見せるためには、LDKとウッドデッキやテラスを隣接させるとよいでしょう。視線がぬける場所が生まれるため、開放感を演出することができます。小さな和室を用意することで、和モダンを感じることもできます。

1-3.【外からの目線も気にならない】平屋35坪のおすすめ間取り例

吹き抜けの勾配天井で日当たりがいい

【外からの目線も気にならない】平屋35坪のおすすめ間取り例
【外からの目線も気にならない】平屋35坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 プライバシーを守りたい人
世帯(想定) 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 35坪
間取り 平屋 3LDK(+土間収納+ウォークインクローゼット+ロフト)
費用(住宅の建築費) 約2,000万円

※WIC ウォークインクローゼット

建物が低い平屋は、生活空間が外部の目線と重なるため、プライバシーを守るのが難しくなります。その点、この間取りは道路側の窓を小さく、高い場所に配置しているため安心です。吹き抜けの勾配天井に窓を設置することで、採光にも困ることもありません。

1-4.【ローコストなのに広い】平屋35坪のおすすめ間取り例

価格を安く抑えたい人におすすめ

【ローコストなのに広い】平屋35坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 ローコストで35坪の平屋を建てたい人
世帯(想定) 夫婦2人 + 子供2人
坪数(延べ床面積) 35坪
間取り 平屋 4LDK(+ウッドデッキ+土間収納)
費用(住宅の建築費) 約1,500万円

平屋でよくある長方形の間取りです。長方形の平屋は、広くなるほど採光が難しくなります。そこでLDKに大きな窓、ウッドデッキを備えつけることで光あれる空間が実現します。洋室はLDKと切り離すことで、家族間のプライバシーも守られます。

1-5.【収納スペースに困らない】平屋35坪のおすすめ間取り例

洋服好きにも大助かり

【収納スペースに困らない】平屋35坪のおすすめ間取り例
【収納スペースに困らない】平屋35坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 収納場所に困りたくない人
世帯(想定) 夫婦 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 36坪
間取り 平屋 3LDK(+ウォークインクローゼット+ロフト+土間収納)
費用(住宅の建築費) 約3,000万円

洋服が大好きという方でも余裕を持って過ごせるのがこの間取りです。寝室の側にウォークインクローゼットが用意されているため、朝起きてから着替えるのも楽になります。ロフトも用意されているので、いざとなれば収納場所を増やせるのもメリットです。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.平屋35坪の費用相場

2-1.平屋35坪の費用相場はどのくらい?

平屋35坪の費用相場は、3LDKの間取りを仮定した場合1,000万円〜3,000万円ほどです。どのハウスメーカー、資材を選ぶかで価格が上下することはありますが、おおよその相場として上記の価格帯を頭の中に入れておくとよいでしょう。

ただし、中身を考えずに安い物件を選んでしまうと、後になって部屋の中が寒いといったことも起こります。このため、なぜ安いのかを必ず確認し、費用に含まれるものは何かを洗い出すことが大切です。

2-2.平屋35坪を建てる際の費用シミュレーション

平屋35坪の広さとなると、東京周辺では土地の価格上、平屋を建てるのが難しいという方も多いでしょう。そこで今回は、東京近郊に平屋35坪を建てたとして、シミュレーションをしてみましょう。

【例】平屋35坪の3LDKを建てた場合

建築費用合計:約3,160万円

<内訳>

  • 建築本体工事費:約2,212万円
  • 付帯工事費、別途工事費:約632万円
  • その他諸費用:約316万円

以上、35坪の平屋の費用目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

家を建てる費用はいくら必要?建てられる家のイメージは?予算金額の目安を解説!
【予算別・間取り例あり】新築平屋の費用、価格相場はいくら?

3. 平屋35坪を建てる前に!失敗例からわかる注意点

3-1.【計画段階】広い敷地が必要

土地の広さが足りませんでした

二階建ての建物にするか、平屋にするかを迷っていましたが、まずは土地を買うのが先決と考え、それほど広くない土地を購入してしまいました。その後、土地の広さが平屋には手狭だったと気づき、平屋を建てるのをあきらめることになってしまいました。後悔しています。

注意点:土地を購入する前に建物をどうするか考える

平屋は延床面積がそのまま土地の広さになるため、2階建てなどと比較して広い敷地が必要となります。そのため、土地を購入してから平屋の間取りを考えると、スペースが足りないと後悔する恐れがあります。このため、まずは二階建てにするか、平屋にするかを決めてから土地を探すのがよいでしょう。

3-2.【計画段階】部屋が寒い

安く済ませようとしてしまいました

予算を重視して、断熱材や複層ガラスは使用せず平屋を建てました。その結果、冷暖房効率が悪くなり、冬は足元が寒くて仕方ありません。断熱材がないのにもかかわらず、開放感を出すために天井を高くしてしまったことを後悔しています。

注意点:天井が高いと冷暖房効率は悪くなる

平屋は広くなるほど、天井が高くなるほど全体の空間が広くなるため、冷暖房効率が悪くなります。特に、断熱材や二重窓を検討しなかった場合は、外からの熱や寒さを受けやすくなってしまいます。このため、予算内で妥協できる点、できない点をあらかじめ決めて、ハウスメーカー・工務店にアドバイスをもらいましょう。

3-3.【計画段階】プライバシーの確保が難しい

声がリビングからダダ漏れです

リビングと寝室の距離が近いせいでリビングの話声が丸聞こえです。子供が大きくなり、友人を連れてきたらプライベートがダダ漏れで可哀想だと感じるようになりました。リビングと子供の部屋は離すべきだったかもしれません。

注意点:部屋を独立させることも検討する

リビングに各部屋を隣接させ、仕切りを簡単なものにすることで開放感を演出することができます。こうした間取りは、親が子供の位置をすぐ確認できるため安心ですが、子供が大きくなるとプライバシーに困る可能性は十分にあります。

このため、一部屋は独立させてプライバシーが守られる部屋としておき、子供が大きくなったら部屋の交換をするなどの対応を取るのがよいでしょう。

3-4.【生活面】防犯性が心配です

外からの目が気になります

平屋にしてから毎日の暮らしが楽しくなりました。開放感にあふれていて、趣味をゆったりと楽しむこともできています。その反面、外からの目が気になります。窓も高い位置に設置しているわけではないので、歩行者と目があうことも。窓ガラスを破って泥棒が入らないか心配です。

注意点:窓は防犯性が高いものを使用する

平屋は窓の位置が低くなるため、そのまま窓を設置すると、外を歩いている人と目線が合うこともあります。視線のシャットダウンはカーテンなどでもできますが、防犯性を心配する方も多いようです。

このため、平屋を建てる際には、人目が気にならない間取りや窓の位置を考える必要があります。
また、防犯性を高めるためには、窓に面格子を設置する。各窓に防犯ブザーを設置するなどの対策方法があります。

35坪の平屋の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

注文住宅新築でよくある失敗とは?後悔しないための注意点

4. 35坪の平屋を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.ミサワホーム株式会社

ミサワホーム株式会社は、32年連続でグッドデザイン賞を受賞している会社です。性能、コスト、社会、環境への貢献姿勢を評価される同賞を連続受賞しています。この実績は、住宅業界で他に例を見ない成績です。長年の実績を積み重ねてきたミサワホーム株式会社は、生涯住み続けられる家に住みたいという方におすすめです。

CENTURY Stylepro HIRAYA

「CENTURY Stylepro HIRAYA」は、「すみずみまで新しい魅力をデザインした平屋」がコンセプトの家です。
インテリアと程よく調和する「シームレスキッチン」を採用した「CENTURY Stylepro HIRAYA」では、子供と一緒に料理を楽しむことができます。玄関とつながる「蔵」は土間床を使用しているため、土のついたアウトドア用品の収納にも困ることがなくなります。

ミサワホーム ホームページ

4-2.三井ホーム株式会社

高気密・高断熱住宅に適した「Smart Breeze One」を採用しているのが、三井ホーム株式会社です。1階建の広い平屋の場合、寒暖差で引き起こされるヒートショックを心配される方もいるでしょう。「Smart Breeze One」を使用することで、建物全体の温度のムラがなくなるため、安心して毎日を過ごすことができます。

More Story

三井ホーム株式会社の独自の断熱材「ダブルシールドパネル」が実装された「More Story」は、開放的な屋根が印象的な平屋です。ヒートショックが起こりづらく、ルーフウィンドウで光も取り込める空間で、明るい平屋生活を楽しむことができます。

三井ホーム株式会社 ホームページ

4-3.トヨタホーム株式会社

日本の住宅の平均期間が30年ほどのなか、60年長期保証にこだわるトヨタホーム株式会社が大切にするのは、安心して暮らせる家です。モノづくりに決して妥協しない「トヨタグループ」ならではの精神は、平屋の中にも随所に張り巡らされています。

HIRAYA Smart Stage plus

吹き抜けとロフトが共存する平屋に住みたいと思っても、なかなかそんな平屋を見つけられない方も多いでしょう。その夢が叶うのが「HIRAYA Smart Stage plus」です。「ワイズジョイントS工法」を使用したことで実現した平屋は、開放感もさることながら、収納スペースにも困らない暮らしを実現してくれます。

トヨタホーム株式会社 ホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

35坪で平屋を建てるならどんな間取りにすればよいのか、実際の事例とともにご紹介しました。35坪に平屋を建てる場合の費用や失敗例からわかる注意点など、ぜひ参考にしていただき、理想の住まいを手に入れてください。おすすめのハウスメーカー・工務店もチェックしてくださいね。

この記事のポイント まとめ

35坪の平屋でおすすめ間取りは?
平屋35坪の費用相場は?

平屋35坪の費用相場は、3LDKの間取りを仮定した場合1,000万円〜3,000万円ほどです。詳しい内容や具体的なシミュレーションは「2.平屋35坪の費用相場」をご覧ください。

35坪の平屋の失敗例は?
35坪に平屋を建てる際におすすめのハウスメーカーは?

「4. 35坪の平屋を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ」で以下の3つのハウスメーカーの特徴やおすすめポイントをご紹介しています。

35坪に理想の平屋の住まいを建てるなら、この記事をぜひお役立てください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。