外構工事の費用相場を項目別に解説!予算超えを見直すポイントも紹介

外構工事の費用相場 項目別に詳しく解説

外構工事の費用相場は建物本体代の約1割とされています。敷地の広さや設備にもよりますが、100万~300万円程度かかることが多いようです。

この記事では、外構工事の費用について以下の内容を解説します。

この記事でわかること
  • 外構工事の費用相場
  • 工事項目別の費用相場
  • 予算を抑えるポイント

ぜひ最後までご覧いただき、理想のマイホームを実現してくださいね。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
そんな方は「HOME4U(ホームフォーユー)」がおすすめ。190社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。以下からぜひご利用ください!

かんたん3分入力
自分にあった 家づくりプランを
まとめて依頼!
STEP1
STEP2

家を買うのに必要な費用が知りたい方は「一軒家の値段の平均」もご覧ください。

1.外構工事の費用は平均100万~300万円程度

外構工事の費用は平均100万~300万円程度 イメージ

外構工事の費用は、建物本体の1割が目安とされています。敷地の広さや資材・設備のグレードにもよりますが、100万~300万円程度を見積もっておきましょう。

建物は壁や床、柱などがなくては完成しないため、予算を抑えるにも限度があります。しかし、外構は決して必要な設備というものはなく、予算がない場合は外構工事をしないという選択肢も検討できます。

とはいえ、インターフォンや表札、郵便受けがないのは不便です。ほかの工事はせずに、これら3つの機能が搭載された門柱のみ設置するとすれば、外構工事は10万円程度で抑えられるでしょう。

反対に、費用をかけようと思えば青天井にかけることも可能です。採掘地や大きさにこだわった岩石で塀を立てたり、専門のガーデナーに依頼してイングリッシュガーデンを作ったりすれば、建物本体価格の1割を軽く超える費用がかかります。

予算を抑えつつ、希望通りの外構を完成させるためにも、工事内容別の費用目安を理解しておきましょう。

2.【項目別】外構工事の費用目安

工事内容別に費用の目安を把握しておくと、外構工事の予算を立てやすくなります。おおよその費用は以下をご覧ください。

  • 植栽:5万円~
  • 照明:10万円~
  • 門まわり:10万円~
  • 庭(芝、舗装):10万円~
  • 玄関アプローチ:20万円~
  • フェンス・塀:30万円~
  • デッキ・テラス:30万円~
  • 駐車場:コンクリート塗装10万円~、ガレージ100万円~

それぞれの費用を詳しく見ていきましょう。

2-1.植栽:5万円~

植栽:5万円~ イメージ

樹種や本数によっても変わりますが、道路に面した部分の目隠しとシンボルツリー1本程度で5万~10万円ほどかかります。

コンクリートや金属だけで外構を仕上げることも可能ですが、木が1本あるだけで、家全体の雰囲気が明るくなり、人が暮らす温かみが感じられるようになります。予算に余裕があるときは、ぜひ植栽も検討してみましょう。

2-2.照明:10万円~

照明:10万円~ イメージ

玄関まわりに照明器具を取り付ける場合は、電源が近いことが多いため、配線工事費用が比較的安く、10万円程度で完成します。ただし、照明器具が高額なときはその分、費用が高くなります。

一方、庭木のライトアップや防犯目的で敷地の周囲に照明器具を取り付けるときは、地面を掘り起こして配線を埋める必要があるため、20万円以上かかることが一般的です。

明るさや人に反応して自動点灯するタイプの照明なら、朝晩にスイッチを入れる必要がなく使い勝手がよいでしょう。また、配線工事なしで照明器具を取り付けたいときは、ソーラーライトを検討してみてはいかがでしょうか。

2-3.門まわり:10万円~

門まわり:10万円~ イメージ

門まわりとは、門扉や門扉を支える壁、門柱などのことです。門扉なしで門柱だけ取り付ける場合は、10万円程度で抑えられます。インターフォン・表札・郵便受けの3つの機能を備えた門柱なら、それぞれ別個に設置するよりも費用を抑えられるでしょう。

門扉を取り付ける場合は、門や錠のタイプ・大きさによっても費用が変わります。たとえば、駐車場のゲートに使う伸縮性の門扉は10万~20万円程度で設置できます。

2-4.庭(芝、舗装):10万円~

庭(芝、舗装):10万円~ イメージ

庭は土のままでも問題ありませんが、雨が降ると水たまりができて歩きにくくなるため、芝生やコンクリート、砂利などで整備しておくほうがよいでしょう。

芝生を敷く場合は1平米あたり1万円程度のため、10平米で10万円程度です。全面を芝生にせずに、玄関アプローチの周辺だけのように一部に限定すれば、予算を抑えられます。

注文住宅に庭はいらない?メリット・デメリットやアイデアを解説

2-5.玄関アプローチ:20万円~

玄関アプローチ:20万円~ イメージ

玄関アプローチとは、門や敷地の入口から玄関までを結ぶ通路スペースのことです。長さや幅、塗装の種類によっても費用は変わりますが、20万~30万円程度で仕上げる方が多いようです。

予算を抑えたい場合は、コンクリートで塗装したり、敷石やレンガを使ってDIYで仕上げたりしてみてはいかがでしょうか。ただし、毎日何度も歩く場所のため、デザインだけでなく安全面にもこだわって作りましょう。

2-6.フェンス・塀:30万円~

フェンス・塀:30万円~ イメージ

フェンスや塀の設置工事費用は、30万円~が平均とされています。隣家との境界線のみにフェンス・塀を立てるときは20万円~、敷地全体を囲むときは40万円~が相場です。ただし、資材のグレードや敷地の広さによっても変わります。

アルミや樹脂などのフェンスと比べると、コンクリートや石材で作る塀は高額です。塀で全体を囲む場合は、50万円以上かかることもあります。

2-7.デッキ・テラス:30万円~

デッキ・テラス:30万円~ イメージ

デッキやテラスを設置する場合は、30万~50万円ほど予算を見積もっておきましょう。屋根を取り付ける場合は、追加で10万~30万円ほどかかります。

床材によっても費用は異なります。タイルは比較的安価ですが、木材を使ったウッドデッキは少々割高です。通常の木材は腐食する可能性があるため、腐敗防止加工をしているものや人工木材も検討してみましょう。

2-8.駐車場:コンクリート塗装10万円~、ガレージ100万円~

駐車場:コンクリート塗装10万円~、ガレージ100万円~ イメージ

駐車場・駐車スペースをコンクリート塗装する場合は、1台分あたり10万円程度かかります。また、カーポートを取り付ける場合は、1台分あたり20万~30万円程度追加でかかります。

ガレージを設置する場合は、1台分で100万円程度必要です。野ざらしやカーポートと比べると費用はかさみますが、雨風や紫外線の影響を受けにくくなるため、車を良好な状態で保てます。

ここまで、外構工事の費用目安を項目別にご紹介しました。希望する物件には、どの項目に力を入れて、どんな外構にするのか、どんな設計で導入することが適切か、迷われる方も多いのではないでしょうか。

HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービス(無料)を活用して、実際のプラン資料を複数入手、あるいは注文住宅のプロに相談してみることもおすすめです。本サービスの運営はプライバシーマーク取得済のNTTデータグループです。

HOME4U(ホームフォーユー)の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

3.外構工事の費用を抑えるポイント

外構工事の費用を抑えるポイント イメージ

次のポイントに注目することで、外構工事の費用を抑えられます。

  • 時間をかけて外構を完成させる
  • コンクリート敷設部分を減らす
  • シンプルなデザインを選ぶ
  • 部分的にDIYで対応する
  • 予算を先に伝える

建物本体費用が予想よりも高くなったときや、引っ越し代や家具代などがかさむときは、ぜひ紹介するポイントを実施して外構工事費用を節約してくださいね。

3-1.時間をかけて外構を完成させる

生活の場である建物本体とは異なり、外構は完全に仕上がっていなくても生活にあまり支障は出ません。費用が足りないときは、まずは必要な部分のみ工事をしてみてはいかがでしょうか

たとえば、門柱のみ、玄関アプローチのみ完成させて、ガーデニングやDIYの趣味として徐々に仕上げていく方法も検討できます。

3-2.コンクリート敷設部分を減らす

コンクリートを塗装する面積が増えると、その分、費用が高額になります。住宅の周囲全体をコンクリートで塗装せず、砂利や天然芝も敷いてみてはいかがでしょうか。

砂利は人が通ると音がするため、防犯にもなります。

3-3.シンプルなデザインを選ぶ

外構の設備は、シンプルであればあるほど価格が低い傾向にあります。費用を抑えたい方は、デコラティブなデザインではなく、極力シンプルなものを選びましょう。

ただし、シンプルなデザインでも、資材の使用量が多いときは高額になります。たとえば、シンプルなフェンスを選んでも、予算オーバーするかもしれません。

そのような場合は敷地全体を囲むのではなく、玄関付近のみ、あるいは隣家との境界線のみというように部分的にフェンスを使い、資材の使用量を減らしてください。

3-4.部分的にDIYで対応する

外構工事費用には、設備や資材の費用だけでなく、施工費も含まれます。割高に感じるときは、部分的にDIYで対応するのはいかがでしょうか。施工費がかからず、材料費だけで抑えられます。

ただし、個人で設備や資材を仕入れる場合、卸売価格で仕入れられないため、材料費が割高になることも少なくありません。また、工具も自分で準備しなくてはいけないため、かえって費用がかかるケースもあります。

3-5.予算を先に伝える

外構工事についてハウスメーカーや外構工事業者と相談する前に、予算を決めておきましょう。予算を伝えてから相談すれば、予算内に収まるような提案をしてもらえます

また、工事内容ごとに優先順位を決めておくこともおすすめです。予算をオーバーしそうなときは、優先順位の低い工事を取りやめたり、ローグレードの資材に切り替えたりしましょう。

ここでは、外構工事の費用を抑えるポイントを解説しました。

希望する住宅の場合、どのぐらいの予算を外構工事にかけ、どこまでの設備を導入することが適切か、プロへ相談してみたいと考えられた方も多いのではないでしょうか。

HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービス(無料)なら、ハウスメーカー出身のアドバイザーに相談してみることもできますよ。

検討されている住宅の知識や提案経験が豊富な営業担当者へのご案内も可能ですし、ハウスメーカーの方へ直接言いづらい金額に関することなどの伝達を、アドバイザーにお願いすることもできますよ。

自分に合った営業担当者を見つけるには?

ハウスメーカー探しの際に、HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスをご利用ください!

ハウスメーカーとコンタクトを取る際、一般的にはオーナー側が営業担当者を指名することはできません。
しかし、本サービスなら平屋や二世帯住宅、こだわりのインテリア・外観など建てたい住宅の知識・提案経験が豊富な営業担当者へご案内できます。

要望に沿ったハウスメーカーのピックアップからサポートいたしますので、家づくりを着実に進められますよ!

(1)フォーム入力 あなたにあったハウスメーカーをピックアップ (2)家づくりのとびらがご希望をヒアリング 希望の住宅を熟知した営業担当者をメーカーに依頼 (3)家づくりプランをご提案 あなたにあった営業担当者にプランを相談できる (1)フォーム入力 あなたにあったハウスメーカーをピックアップ (2)家づくりのとびらがご希望をヒアリング 希望の住宅を熟知した営業担当者をメーカーに依頼 (3)家づくりプランをご提案 あなたにあった営業担当者にプランを相談できる

4.敷地30坪でシミュレーション!予算別プラン

敷地30坪でシミュレーション!予算別プラン イメージ

敷地30坪の外構工事を、予算別にシミュレーションしてみました。30万円・50万円・100万円・300万円の予算で可能な工事内容を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

4-1.外構工事費用30万円プラン

外構工事の予算が30万円なら、次の設備を取り付けられます。

  • 表札・インターフォン・郵便受け
  • 玄関アプローチ
  • 駐車場1台分(コンクリート。カーポートなし)

表札・インターフォン・郵便受けの3つの機能がついた門柱と玄関アプローチ、駐車場だけであれば、30万円程度で完成します。

駐車場は全面的にコンクリートで塗装しますが、予算を超えそうなときは、タイヤが乗る部分のみをコンクリートにして、周囲に砂利を敷いてはいかがでしょうか。コンクリートと砂利や芝生を組み合わせることで、よりおしゃれに演出できるのもメリットです。

4-2.外構工事費用50万円プラン

外構工事の予算が50万円のときは、以下の設備を設置できます。

  • 表札・インターフォン・郵便受け
  • 玄関アプローチ
  • 駐車場1台分(コンクリート。カーポートあり)もしくはフェンス

表札・インターフォン・郵便受けの3つの機能がついた門柱と玄関アプローチに加え、カーポート付きの駐車場かフェンスも設置できます。カーポートを取り付けると、車の劣化を防ぎやすくなるでしょう。

車を持っていない場合や月極駐車場を借りる場合は、駐車場ではなくフェンスを取り付けられます。シンプルで安価なフェンスなら、敷地全体を囲むことも可能です。

4-3.外構工事費用100万円プラン

外構工事の予算が100万円のときは、以下の設備を設置できます。

  • 表札・インターフォン・郵便受け
  • 玄関アプローチ
  • 駐車場1台分(コンクリート。カーポートあり)
  • フェンス

予算が100万円程度あるときは、表札・インターフォン・郵便受けの3つの機能が搭載された門柱ではなく、それぞれ別個に設置することも可能です。また、玄関アプローチに加え、カーポート付きの駐車場とフェンスも設置できます

ただし、2台分以上の駐車スペースを確保するときや、フェンスや玄関アプローチに費用がかさむときは、100万円を超えるかもしれません。優先したい設備をあらかじめ決めておき、予算オーバーしないようにしてください。

4-4.外構工事費用300万円プラン

外構工事の予算が300万円あるときは、特別にハイグレードの設備・資材を選ばない限り、以下の工事をすべて実施できます。

  • 表札・インターフォン・郵便受け
  • 玄関アプローチ
  • 駐車場2~3台分(コンクリート。カーポートあり)
  • 屋根付き駐輪場
  • 門扉
  • 門柱

表札とインターフォン、郵便受けはすべて別個に設置可能です。また、カーポート付きの駐車スペースも2~3台分なら確保できます。さらに屋根付きの駐輪場や門扉、門柱も、すべて予算内で収められます

ただし、独立型のガレージは、外構工事の予算が300万円のときには難しいでしょう。1台分で100万円~、2台分で200万円~が目安となるため、ほかの設備の予算を圧迫してしまいます。

ガレージにこだわりたい方は、門扉や門柱をシンプルなものにしたり、表札・インターフォン・郵便受けが一体となった門柱を選んだりしてみてはいかがでしょうか。

あなたの実現したい「イメージ」に合わせて
最適なプランを提案します!

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスをご利用ください!
あなたの「実現したい生活のイメージ」「間取りのイメージ」「家族構成」「欲しい便利機能」等々をお聞きして、あなたに合った間取りを具体的にご提案します!

無料プラン作成でこんなプランがもらえます!|純和風、吹き抜け、家事優先

漫画でわかる!

まとめ

外構工事の費用は住宅本体価格の1割程度とされていますが、工事内容や設備のグレード、敷地の広さなどによっても変わります。

多機能型門柱だけなら10万円~、玄関アプローチと駐車スペースを加えても30万円~に抑えることは可能なため、ハウスメーカーや外構工事業者と話し合ってみてはいかがでしょうか。

建物の建築を依頼する業者に外構工事も依頼すれば、より統一感のあるおしゃれな外構に仕上がります。

本記事を参考に、理想の外構が叶う素敵なマイホームを実現してくださいね。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。