【注文住宅】5,000万円台・以上の家の特徴は?間取りや費用内訳、おすすめハウスメーカーも解説

予算5,000万円台・以上 注文住宅の間取り・費用内訳

予算5,000万台・5,000万円以上の注文住宅であれば、全国平均よりも予算が多いため、一般的な注文住宅よりも多くのこだわりを詰め込むことができます。

どちらも高級住宅に分類されることが多いですが、土地代込みで予算5,000万円台の場合、土地代によっては一般的な住宅に近いイメージになることもあります。

この記事では、予算5,000万円台・5,000万円以上の方に向け、それぞれ建てられる家のイメージを解説します。

この記事でわかること
  • パターン別 家の特徴
  • パターン別 間取り例・費用内訳
  • 予算5,000万円台・以上でおすすめのハウスメーカー

代表的な間取り例や費用内訳の目安を参考に、予算5,000万円台・以上で建てられる注文住宅のイメージを膨らませてみてくださいね。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

なお、注文住宅の費用相場や予算の決め方について知りたい方は「注文住宅の費用」の記事をご覧ください。

1.【パターン別】予算5,000万円台・以上の注文住宅の特徴

【パターン別】予算5,000万円台・以上の注文住宅の特徴 イメージ予算5,000万円台、5,000万円以上の各パターンでは、それぞれどのような注文住宅が建てられるのかを解説します。

1-1.予算5,000万円台の注文住宅の特徴

予算5,000万円台の場合、建てられる家のイメージは以下のとおりです。

  • 建築費のみで予算5,000万円台:全国平均以上
  • 土地代込みで予算5,000万円台:購入する土地の代金によって変動する

注文住宅の全国平均は、住宅金融支援機構の調査を参考にすることができます。

  • 注文住宅の所要資金:3,572万円
  • 土地付注文住宅の所要資金:4,455万円

参考: PDF住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

上記からもわかるように、予算5,000万円台は土地代込み、土地代別のいずれであっても全国平均より上回っています。

ただし、土地代込みで予算5,000万円程度を想定している場合、土地の代金によっては、建築費にかけられる費用が平均並み、あるいはそれ以下になってしまうかもしれません。
例えば、東京都の土地相場は1平米あたり38万9,100円。20坪(約66平米)の土地で、2,500万円程度の費用がかかります。

逆に、土地代の安い傾向にある郊外や田舎のほうに住むのであれば、一般的な注文住宅よりも多くのこだわりを実現できるでしょう。

なお、建築費のみで予算を5,000万円台に設定している場合、世帯年収は700万~1,000万円程度あると安心です。
ただし、現在の年齢や将来かかる出費、今すでに抱えているローンの返済などによって安全圏の年収相場は変動するため、上記は目安にとどめてください。

1-2.予算5,000万円以上の注文住宅の特徴

予算5,000万円以上であれば、豪邸や、他の家とは一線を画した高級住宅も夢ではありません。
例えば、以下のようなこだわりを実現できることもあるでしょう。

  • 個性的な外観デザイン・形状
  • 高い吹き抜け
  • 大理石の採用
  • ゆとりのある空間
  • 身体に優しい自然素材の採用
  • プール付きの庭
  • 駐車4台以上のビルトインガレージ
  • 大開口の窓
  • 防犯性の高いセキュリティ設備
  • 最高グレードの住宅設備
  • 完全分離型の二世帯・三世帯住宅

なお、建築費だけで予算が5,000万円台・以上の家を他予算の家と比べると、以下のようなイメージです。

【比較表】予算別・注文住宅の特徴
本体価格 特徴
1,000万円以下~1,000万円台
  • ローコスト住宅
  • 規格(企画)住宅を選択することもある
  • 形状やデザインはシンプルが基本
  • 木造
  • 必要最低限の設備
2,000万円台
  • 各ハウスメーカーの標準仕様を採用
  • 鉄骨造で建てられることもある
  • 平屋や二世帯住宅など選択肢が増える
3,000万円台
  • 平均的な注文住宅が建てられる
  • 鉄骨造が十分に検討できる
  • 標準仕様+αの設備が付けられる
4,000万円台
  • 複雑な形状で設計できる
  • デザインでこだわれる箇所が増える
  • 高性能な住宅性能が選択できる
  • 自然素材にこだわった家が建てられる
  • 3階建て、輸入住宅、ZEHなど選択肢が増える
5,000万円台・以上

高級住宅や豪邸が建てられる

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.【予算別】注文住宅5,000万円台・以上の新築間取り実例

予算5,000万円台・以上の代表的な間取り例を、予算別に4つご紹介します。
自分たちの予算の場合、どのような間取りが合うのか、実際に検討する際の参考にしてくださいね。

  • 【土地込み5,000万円台】セカンドリビングがある注文住宅間取り
  • 【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り
  • 【5,000万円以上】田舎で建てる純和風平屋の注文住宅間取り
  • 【1億円相当】高級住宅の間取り

以下より、間取り図を見ながら詳しく解説します。

2-1.【土地込み5,000万円台】セカンドリビングがある注文住宅間取り

【土地込み5,000万円台】セカンドリビングがある注文住宅間取り1F
【土地込み5,000万円台】セカンドリビングがある注文住宅間取り2F
【土地込み5,000万円台】セカンドリビングがある注文住宅間取り3F

想定世帯 5人程度
間取り 5LDK+シューズクローク+納戸+ウッドデッキ+セカンドリビング+バルコニー+ロフト
延床面積 約45坪

1階のメインリビングの他、2階にもセカンドリビングを配置した間取りです。
どちらのリビングも吹き抜けになっているため、日中、天気が良い日には電気を付けなくても明るい空間を作ることができるでしょう。

セカンドリビングでは、ホームパーティの際に開放したり、普段は家族が寝る前に集ったりする場所としても利用できます。

▶【セカンドリビング】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-2.【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り

【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り1F
【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り2F
【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り3F

想定世帯 3~4人程度
間取り 2LDK+トレーニングルーム+ドライエリア+防音室+ビルトインガレージ+サービスルーム+バルコニー+テラス
延床面積 約50坪

地下付きの2階建てで、2階にLDKを配置した間取りです。
地下の防音室では、映画鑑賞や楽器演奏を周囲に気を遣うことなく楽しむことができます。また、トレーニングルームでは、早朝からランニングマシンやベンチプレスマシンを思う存分使用することも可能です。

2階リビングにしておけば、地下をレッスン教室として利用しても、家族のプライバシーを確保することができるでしょう。

▶【地下付き】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-3.【5,000万円以上】田舎で建てる純和風平屋の注文住宅間取り

【5,000万円以上】田舎で建てる純和風平屋の注文住宅間取り

想定世帯 4人程度
間取り 3DK+居間+車寄
延床面積 約45坪

田舎で土地を探すのであれば、都心よりも広い土地が見つかりやすいので、積極的に平屋を検討してもよいかもしれません。
例えば、純和風の広々とした間取りなら、自然の多いエリアでも景観に寄り添った家づくりができます。

車寄から家までは雨に濡れることなく移動が可能。
玄関から各洋室へは、居間を通って行く動線になっているため、家族の気配を感じやすく、各洋室のプライバシーもしっかり確保できます。

▶【純和風平屋】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-4.【1億円相当】高級注文住宅の間取り

【1億円相当】高級注文住宅の間取り1F
【1億円相当】高級注文住宅の間取り2F
【1億円相当】高級注文住宅の間取り3F

想定世帯 2人程度
間取り 2LDK+プール+ジャグジー+ビルトインガレージ+ゲストルーム+シアタールーム+バルコニー+ウォークインクローゼット
延床面積 約120坪

自宅に居ながら、常に非日常を味わえる設備が整った間取りです。
1階スペースは主にプールやジャグジー、ゲストルームなど、来客やホームパーティ時に対応できる作りになっています。

2階にはLDKやシアタールームがあり、家族の憩いの場になっており、3階は主寝室と広いウォークインクローゼット、水回りのみの贅沢な空間になっています。

▶【高級注文住宅】など、自分に合う他の間取りを比較する

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し 完全無料
プラン作成サービスを詳しく見る

3.【予算別】5,000万円台・以上の家の費用内訳・住宅ローン

ここでは、予算5,000万円台・以上の予算別に、費用内訳と住宅ローンの返済シミュレーションについて解説します。
どのような項目にどのくらいの費用がかかるのかを把握し、実際の資金計画の際の参考にしましょう。

3-1.予算5,000万円台の注文住宅の場合

建築費5,000万円の費用内訳
本体工事費 4,250万円
付帯工事費 750万円
諸費用 440万円
土地代 2,000万円
総額 7,440万円
住宅ローンの返済シミュレーション
頭金 1,500万円
金利 1%
返済年数 35年
毎月の返済額 16万円

※いずれも家づくりのとびら「予算シミュレーション」で計算

注文住宅を建てる際には、大きく分けて本体工事費、付帯工事費、諸費用の3つの費用がかかり、それぞれの費用内訳や概要は以下のとおりです。

家づくりにかかる費用内訳と概要
費用項目 内訳 概要
本体工事費 70~80% 建物自体の工事費用
付帯工事費 15~20% 外構工事や車庫の取り付けなどの工事費用
諸費用 6~10% 諸費用は印紙税や手数料など事務的な費用

上記シミュレーションは建築費5,000万円の場合であり、建築費には本体工事費付帯工事費が含まれます。

3-2.予算5,000万円以上の注文住宅の場合

建築費7,000万円の費用内訳
本体工事費 5,950万円
付帯工事費 1,050万円
諸費用 570万円
土地代 2,000万円
総額 9,570万円
住宅ローンの返済シミュレーション
頭金 1,500万円
金利 1%
返済年数 35年
毎月の返済額 22万円

※いずれも家づくりのとびら「予算シミュレーション」で計算

いずれもあくまで目安なので、本格的に資金計画を立てる際にはもっと綿密に費用を計算していく必要があります。
注文住宅の資金計画を立てていくには知識やたくさんの計算が必要で、「やっぱり注文住宅は無理かも…」と思う方も少なくありません。
そんな方におすすめなのが「家づくりのとびら」の無料サポートサービスです。

サービスの詳細は下記をご覧いただき、検討の進め方に合わせてご利用ください。
難しい費用計画が一気に進みますよ!

家づくりの費用計画を助ける!
「家づくりのとびら」無料サポートサービス

実際の見積もりを
複数比較・検討したい

簡単なスマホ入力だけで、複数のハウスメーカーの見積もりが無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

資金計画や補助金活用の
コツが知りたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに、自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

4.予算5,000万円台・以上の家で後悔しないために押さえておきたいポイント

4-1.住宅ローンの返済は背伸びをしない

今は「大丈夫」と感じていても、将来的に収入が減少したり、支出が増えたりしてしまうこともあります。

収入減少や支出増加の例
  • 奥様が妊娠を機に退職を決めた
  • 育児のため夫婦どちらかが仕事を辞めた
  • 子供の教育費が思った以上にかかった
  • 親の介護に加担することになった
  • 主な収入源であった仕事を早期退職することになった

月々の住宅ローン返済が家計的に苦しくなってしまうと、せっかくこだわって作ったマイホームがあっても、理想の暮らしとはかけ離れてしまうでしょう。

資金計画は将来的なコストも考えて、余裕のあるプランを立てましょう。

4-2.家の維持費も考慮する

一戸建ては、建てたあとにもマンションやアパートでは不要だったさまざまな費用がかかるので要注意です。

完成後の一戸建てにかかる費用例
  • 固定資産税
  • メンテナンス・修繕費用
  • リフォーム費用

特に、5,000万円台・以上のような、一般的な住宅よりも部屋数や設備などが多い家の場合、壁紙の交換費や水道・光熱費などがかさみやすくなるでしょう。
家の維持費に関しては、月に1万~2万円程度を考慮しておくと安心です。

4-3.建築実績が豊富なハウスメーカーに依頼する

こだわりのマイホームを建てた方の中には、以下のような失敗をしてしまった方もいます。

注文住宅の失敗談例
  • 通勤・通学時間が長くなってしまった
  • 実際に住んでみると使いづらい広さや間取りだった
  • 閑静な場所だと思っていたが、時間帯によってはうるさい
  • 近くの飲食店からいやなニオイがする
  • 子供が生まれてから住みづらくなった
  • 親の介護が必要になったが、リフォームしづらい
  • 設備のメンテナンスが大変

このような失敗を極力避けるためには、家づくりは建築実績豊富で適切なアドバイスをくれるハウスメーカーに依頼するのが得策です。

次章では、実際に予算5,000万円台・以上でおすすめのハウスメーカーの特徴を紹介するので、ぜひハウスメーカー探しの際の参考にしてください。

5.予算5,000万円台・以上の注文住宅でおすすめのハウスメーカー

5-1.積水ハウス


積水ハウス

積水ハウスは、木造と鉄骨造の両方に対応しており、累計建築戸数はなんと250万棟以上と世界一の実績を誇っています。
2階建て住宅はもちろん、平屋や3階・4階建てにも対応しており、展示場は全国に展開しているため、どのエリアで新築を検討していても、土地にあった住宅プランを提案してくれるでしょう。

過去の多くの経験や培ってきたスキルから、オーナー1人ひとりに合った要望に応えながら、高級住宅にふさわしい高品質の家づくりを実現してくれます。

引用元:積水ハウス 公式HP
▶積水ハウスの坪単価・口コミはこちら

5-2.ヘーベルハウス


ヘーベルハウス

へーベルハウスで標準仕様として採用されているALC(軽量気泡コンクリート)は、国土交通大臣認定の耐火構造部材。熱を伝えにくく、耐久性にも優れています。

住宅商品には「プレミアムモデル」が用意されており、中でも注目したいのが、50周年記念の新邸宅モデル「RATIUS RD FINEST VILLA」です。頑丈な重量鉄骨造の躯体により、上空に伸びる広々とした空間や、スタイリッシュな外観デザインが特徴です。

引用元:へーベルハウス 公式HP
▶へーベルハウスの坪単価・口コミはこちら

5-3.三井ホーム


三井ホーム

三井ホームの大きな特徴は、シンプルテイストはもちろん、モダンやクラシック、エレガントまで豊富なデザインバリエーションが得意で、高級感ある外観デザインを実現しやすい点です。

洋館風の外観デザインが目を引く「VENCE」では、サロン専用の部屋やヌックがある「Proto Type」、1階がフォーマルスペース、2階がプライベートスペースになっている海外風の「Variation plan」が用意されています。

間取り設計の際には「m3設計」を採用しており、平面でなく立体でプランを考えてくれるため、使い勝手がよく、自由度の高いプランを提案してくれます。

引用元:三井ホーム 公式HP
▶三井ホームの坪単価・口コミはこちら

以上が、予算5,000万円台・以上でおすすめのハウスメーカー3社です。
他にも、全国には数万社のハウスメーカーがあるため、ご自身のこだわりを得意とするハウスメーカーを調べてみてください。

なお、ハウスメーカーから見積もりを取る際には、必ず複数社から入手し、比較してください。
同じような内容でプラン作成を依頼しても、ハウスメーカーによって見積もり内容や金額は大きく異なることが多いです。
「A社が第一候補だったけど、見積もりを見てみたらB社のほうが断然いい!」など、思いがけないハウスメーカーとの出会いもあるかもしれません。

「注文住宅の基礎知識を身に着けながらこのような情報を集めるのは大変…」と感じたら、家づくりのとびらの無料サポートサービスをご活用ください。

あなたの好みや予算に合ったハウスメーカーがスムーズに見つかるうえ、注文住宅の疑問や最新情報を自宅からプロに直接聞くことができますよ。
ご利用はいずれも無料なので、理想の家づくりのためにぜひご活用ください。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

予算5,000万円台・以上の注文住宅に関して、代表的な間取り例や、費用内訳、おすすめのハウスメーカーをお伝えしました。
それではおさらいです。

この記事のポイント

東京で5,000万円の注文住宅を建てる際の間取りは?

都内のような広い土地が手に入りづらいエリアで注文住宅を建てるのであれば、地下付きの間取りがおすすめです。
2-2.【5,000万円台】都内におすすめ地下付き注文住宅間取り」では、周囲に気を遣うことなく映画鑑賞や楽器演奏、自宅トレーニングが楽しめる間取り例を紹介しています。

なお、「2.【予算別】注文住宅5,000万円台・以上の新築間取り実例」では他にも5,000万円台・以上でおすすめの間取り例を紹介しています。

5,000万円の注文住宅を建てるのに必要な年収は?

建築費の予算5,000万円台の場合、世帯年収は700万~1,000万円程度あるとよいでしょう。
ただし、注意点もあるので、詳しくは「1-1.予算5,000万円台の注文住宅の特徴」でご確認ください。

積水ハウスの他5,000万円の家が叶うハウスメーカーは?

多くの大手ハウスメーカーで叶えられますが、この記事ではヘーベルハウスや三井ホームもおすすめしています。
5.予算5,000万円台・以上の注文住宅でおすすめのハウスメーカー」では、積水ハウスの他上記2社のハウスメーカーについても特徴を紹介しているので、ぜひハウスメーカー探しの際の参考にしてください。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。