人気・おすすめログハウスメーカー!各メーカーの特徴や比較方法を解説

ログハウスメーカー 比較方法と各社の特徴

落ち着きのある木の香りや開放的な室内、個性的な見た目が人気のログハウスは、今や別荘だけではなく、一般住宅としても人気です。

どのような住宅にも言えることですが、家を建てるうえでもっとも重要なのは、自分に合ったハウスメーカーを見つけることです。
事実、ログハウスには、よく知られている「山小屋」のデザイン以外にもさまざまな種類があり、メーカーごとに得意な建築方法やデザインなどは異なります。
好みの建築方法やデザインでないハウスメーカーを選んでしまうと、思い描くログハウスが建てられない可能性もあるので、ハウスメーカー選びの際には必ず複数社比較し、検討しましょう。

この記事でわかること
  • ログハウスメーカーの比較方法
  • 人気・おすすめのログハウスメーカーの特徴
  • ログハウスの後悔事例・対策

ログハウスの建築でよくある質問とその答えについても解説するので、ぜひ最後までご覧いただき、ログハウスを検討する際の参考にしてください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
そんな方は「HOME4U 家づくりのとびら」がおすすめ。120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。以下からぜひご利用ください!

かんたん3分入力
自分にあった 家づくりプランを
まとめて依頼!
STEP1
STEP2

1.ログハウスメーカーの比較方法(3ステップ)

数あるログハウスメーカーの比較をする際には、以下のステップを踏むとスムーズです。

  1. 多くのログハウスを見て想像を膨らませ、自分の好みを理解する
  2. メーカーごとの特徴やプランの違い、得意分野を比較する
  3. ホームオーナーの話や口コミを確認する

このようなステップを踏むことで、満足のいくログハウスを見つけやすくなります。
以下より1つずつ解説します。

1-1.多くのログハウスを見て自分の好みを理解する

冒頭でお伝えしたとおり、一口にログハウスと言っても、さまざまなデザインのものがラインナップされています。

ログハウスの主なデザイン例
  • 北欧の洗練されたデザイン
  • ワイルドな丸太を生かしたハンドカットのデザイン
  • 柱や梁にティンバー・フレームを使用したデザイン
  • 古民家風ログハウスのデザイン

ハンドカットマシンカットなど、作り方にも違いがあり、メーカーや選ぶ商品によって、雰囲気が非常に異なる建物ができあがるのです。

そのため、ログハウスメーカーを選ぶ際は、まず多くのログハウスを見て想像を膨らませ、自分の好みのデザインを理解しましょう。ハウスメーカーの公式ホームページにある過去の建築実績やSNSなどからログハウスのイメージ画像を探し、好みのデザインを保存しておくのがおすすめです。

自分の好みの工法やデザインを決定できれば、それに対応できるログハウスメーカーがより見つけやすくなり、建築依頼先の絞り込みがスムーズになります。

1-2.メーカーごとの特徴やプランの違い、得意分野を比較する

ハウスメーカーによって、モデルプランのみの販売が基本のところや、自由設計プランが基本のところなど、プランの設け方もさまざまです。そのため、ログハウスメーカーを比較する際には、メーカーごとの特徴やプランの違い、得意分野などを知ることも重要です。

モデルハウスを見にいき、営業担当者に直接質問できると違いがわかりやすいでしょう。
また、モデルハウスは、メーカーの技術やセンスを確認することもできます。内装の豪華さに惑わされず、ログ材の質や塗装の仕上がりや、経年変化の様子などをチェックし、疑問点はその場で担当者に確認しましょう。

モデルハウスに行くために、まずはハウスメーカーをピックアップしたいという方は、2章をご覧ください。おすすめのログハウスメーカーの特徴を解説します。

1-3.ホームオーナーの話や口コミを確認する

気になるハウスメーカーが複数ピックアップできたら、実際にそのハウスメーカーが建てたログハウスに住んでいる方による評判もチェックするとよいでしょう。

実際に住んでいる方による評判を確認する際には、実際にホームオーナー家に伺って話を聞いたり、Web上にあるブログやSNSなどで口コミを確認したりするのがおすすめです。

周りにログハウスを建てた人がいなくても、ハウスメーカー側から紹介してもらえることもあります。
建物の完成度だけでなく、ログハウスにしたことによるトラブルやメンテナンス、アフターサービスなどについて聞くと、より鮮明にイメージできるでしょう。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.【比較一覧】人気・評判のログハウスメーカー

ここでは、ログハウスの建築が可能なハウスメーカーの中でも、特に人気・おすすめのログハウスメーカーの特徴を一覧でチェックしていきましょう。

ログハウスメーカー比較一覧表
メーカー 特徴
BESS ログ壁腐朽保証や最長60年間にわたる建物基本性能の保証など、充実したサポート体制が魅力
サエラホーム
  • 日本の環境に適したログハウスの建築ができる
  • 誤差0.5mm以内という世界トップレベルの精度で作るため、非常に頑丈
HONKA
  • 世界でもトップクラスのログハウスメーカー
  • 世界無形文化遺産にも登録された本場フィンランド式のサウナを、マイホームで楽しめる
TALO
  • モデルルームの数が多く、実感しやすい
  • 「カーテンウォール」の新工法など、独自の技術力を持ちさまざまな特許を取得している

以下より1社ずつ詳しく解説していきます。

2-1.BESS


BESS

BESSの家づくりは、「住む」より「楽しむ」をコンセプトにしています。
充実したサポート体制が魅力的で、例えば定期的なメンテナンスや、住宅業界で初となる引き渡し後5年間のログ壁腐朽保証、最長60年間にわたる建物の基本性能の保証、薪ストーブ賠償責任保険などが受けられます。

BESSの住宅商品・プランの特徴

BESSの商品には、「COUNTRY LOG」「G-LOG なつ」「栖ログ」などがあります。
COUNTRY LOGでは、質感のある無垢材を採用。吹き抜けでロフトとつながる開放的な空間や、斜め勾配の天井で天窓から青空や夜空を眺められる屋根裏部屋のような空間などが楽しめます。

出典:BESS 公式HP

2-2.サエラホーム


サエラホーム

サエラホームは、日本全国で多数の実績があるログハウスメーカーで、日本の環境に適しているログハウスの建築ができるハウスメーカーとして、高い評価を集めています。

誤差0.5mm以内にできる世界トップレベルの精度で、ログハウスを製造しており、耐震性能や耐火性能にも優れているため、頑丈なログハウスを作りたい方におすすめです。

サエラホームの住宅商品・プランの特徴

サエラホームで販売されているものには、「平屋プラン」「2階以上プラン」「商業施設プラン」「小型ログプラン」などがあります。さらにさまざまな種類のログキットが販売されており、総面積やデザイン、間取りの違いなどから、自分のニーズにあったログハウスを選択可能です。
また、施工込みの商品だけではなく、セルフビルドタイプの商品も取り揃えています。

出典:サエラホーム 公式HP

2-3.HONKA(ホンカ)


HONKA(ホンカ)

HONKA(ホンカ)は、全世界50か国以上で8万5,000棟以上のログハウスを建築した実績がある、世界でもトップクラスのログハウスメーカーです。
北欧フィンランド発の高品質なログハウスを販売しており、伝統的なログハウスや現代的でモダンなログハウスのほか、ゼロから設計できるフリープランも選択できます。

HONKAの住宅商品・プランの特徴

HONKA(ホンカ)には、サウナを日常に使える「サウナシリーズ」があります。フィンランド発祥で2020年に世界無形文化遺産にも登録された本場式のサウナを、マイホームで楽しめるのが魅力的です。
フィンランド式のサウナ「ロウリュ」は、サウナ内を自分の好きな温度にできるため、サウナを快適に楽しめます。

出典:HONKA 公式HP

2-4.TALO


TALO

TALOの特徴は、自分のこだわりを形にできる自由設計が基本であることです。
平屋建てやロフト付き、総2階建て、都市型など、さまざまなログハウスを選択できます。自分で建てるセルフビルドタイプのログハウスも選べるなど、ニーズにあわせた住宅建築が可能です。

モデルルームの数が多く、木の香りあふれるログハウスを体感しやすいため、実際にどのような住宅になるのかをじっくりと確認してから考えたい方におすすめです。また、独自の技術力によってさまざまな特許を取得している企業でもあります。たとえば、「カーテンウォール」の新工法で開口部を大きくしても風圧にも耐える構造を実現します。

TALOの住宅商品・プランの特徴

「TALO SELECT 35」は、TALOの定番モデルシリーズです。
豊富な施工実績があるため、定番のシリーズのなかから選ぶだけでも、さまざまな種類から選択できます。さらに「国産材ログハウス」シリーズもあり、良質な杉とヒノキを使用し、日本の技によって丁寧で精巧な加工がされた、メイドインジャパンの家づくりが可能です。

出典:TALO 公式HP

以上が、ログハウスを新築するうえでおすすめのハウスメーカーです。
もちろん、今回ご紹介したハウスメーカー以外にも、ログハウスのプランを提案してくれるハウスメーカーはたくさんあります。

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらうのが一番。
そこでおすすめなのが、家づくりのとびらの無料サポートサービスです。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

3.ログハウスの後悔事例と対策

ログハウスを検討する際には、注意しておきたいポイントがあります。
ここでは、実際の後悔事例を確認し、事前に対策を押さえておきましょう。

3-1.間取り・家事動線

家事動線が悪くて洗濯物が大変!

洗濯機から洗濯物を干す場所まで、そこから洗濯物を畳んでしまっておく場所までが遠くて、毎日バタバタしてしまう。

間取りを検討する際には、家事動線もあわせてチェックしておきましょう。
例えば、脱衣室を広めにすることで、洗濯物を乾燥機で乾かしてそのまま畳んで片付けるなど、洗濯に関する家事がまとめてできるようにする解決法もあります。

3-2.住宅性能

トイレや洗面所を使いたいのに…

トイレや洗面所を1つだけしか作らなかったため、使いたいときに使えないことがある。ほかの家族が使っていると、忙しいときでも待たなくてはいけなくなってしまった。

家族構成にあわせて、必要に応じた数の住宅設備を作りましょう。
例えば、1階と2階に1つずつトイレがあれば、ほかの家族がどちらかを使用中でも使えるうえに、来客中も気にせずに使えるようになります。

3-3.耐久性

早い段階でログハウスの木が朽ちてしまった

ログハウスの壁として使っている木を数本伸ばし、デッキの手すりにした。そこからどんどん腐ってしまい、ログハウス自体の耐久性にも問題が出てしまった。

デッキの手すりは雨にあたりやすいため、朽ちてしまいやすいです。
ログハウス自体の構造体とは別に、防腐処理済みの木材やレッドシダーなど、朽ちにくいものを使用しましょう。また、万が一上記の構造にしてしまった場合には、朽ちはじめたときにその部分だけを解体して切り離してしまうのがおすすめです。

以上が、ログハウスの後悔事例です。夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくないですよね。

こうした後悔を避けるためにも、ぜひ「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」で、実際にハウスメーカーからプランを提案してもらい、具体的なイメージを持ってプランニングを進めてみてください。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

4.【Q&A】ログハウスの新築でよくある質問

最後に、ログハウスの新築でよくある質問について、1つずつ回答していきます。

Q1.ログハウスの起源は?

ログハウスは、少なくとも3500年以上の歴史があるといわれています。
発祥地域ははっきりとしていませんが、森林資源が豊富な北欧で発達してきた建築物であることがわかっています。

そもそもログハウスとは、ログ(丸太)を組んで作った住まいのことです。丸太を積み上げていくことで住宅を作り上げていきます。

Q2.ログハウスの間取りや広さは?

ログハウスの家の形状や間取り、広さなどは、建築するハウスメーカーや商品などによって異なります。
ログハウスは太い丸太を積み上げて建物を支えているため、一般的な住宅づくりよりも頑丈な壁が形成されていて、最大60平米までの広々とした空間を演出可能です。
その分空間の使い方が自由になることにより、ログハウスは間取りの自由度が高いというメリットがあります。

Q3.ログハウスの価格相場はいくらぐらい?

ログハウスの価格相場は、広さや間取りのほか、建築に使用する木材の種類などによっても異なります。
基本的には、100平米で1,500万円ほど、150平米で2,000万円ほどの価格を目安として見ておくとよいでしょう。1坪の単価で計算する場合(坪単価)には、50万円ほどの価格帯を目安としておくとよいです。

なお、セルフビルドにすると相場よりも多少安くなります。ただし、それによるデメリットにも注意しましょう。

Q4.ログハウスと平屋だったらどちらが安い?

プランによって異なりますが、ログハウスの坪単価は50万円程度、木造平屋の坪単価は40万~60万円程度といわれています。
どちらも同じくらいの費用が掛かるため、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分に合った住宅を選びましょう。

Q5.ログハウスがおすすめなのはどのような人?

ログハウスのメリットには、以下のようなものが挙げられ、これらに魅力を感じる方には向いているといえます。

  • 森林浴効果がある
  • 耐震性と耐火性が高い
  • 耐用年数が長い
  • 夏涼しく、冬あたたかい
  • 吸音性に優れていて、静かな住まいが実現できる
  • ダニやハウスダストの発生を抑える効果が期待できる

ログハウスは、天然の木でできた住宅です。そのため、シックハウス症候群の心配がいりません。また、木材をふんだんに使っているため木の香りに包まれている状態になり、いつでも森林浴をしているようなリラックス効果が得られます。
実際、ログハウスで生活している方は、「居心地がいい」「住みやすい」「落ち着く」といった感想を持たれているようです。

Q6.ログハウスは何年もつ?

定期的なメンテナンスを怠らなければ、100年以上は住めるといわれています。
実際、アメリカやカナダには100年以上のログハウスも多く見られるそうです。

Q7.ログハウスのデメリットは?

ログハウスのデメリットは、以下のとおりです。

  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 水などによる浸食の被害の可能性があり、対策が必要
  • インテリアがログハウスの雰囲気に合わない可能性がある

これらを理解して、ログハウスを選択するのかどうかを決定しましょう。

以上が、ログハウスの新築でよくある質問です。
「難しそう…」「注文住宅は諦めたほうがいいかも…」と感じた方は、まずは家づくりのとびらの無料サポートサービスをご活用ください。
ご状況に合わせて2つのサービスから選ぶことができ、どちらも自宅から利用できるため、隙間時間で難しいプランニングが一気に進みます!

サービスの詳細は下記をご覧いただき、利用しやすいほうをご検討ください。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

ログハウスを新築するうえでおすすめのハウスメーカーや、比較方法、後悔事例、よくある質問をお伝えしました。
それではおさらいです。

この記事のポイント

ログハウスでおすすめのメーカーは?

本記事では、以下のハウスメーカーを人気・評判のあるログハウスメーカーとして、特徴を紹介しています。

  • BESS
  • サエラホーム
  • HONKA
  • TALO

詳しくは「2.【比較一覧】人気・評判のログハウスメーカー」をご覧ください。

ログハウスメーカーを比較する際のポイントは?

ログハウスメーカーの比較をする際には、以下のステップを踏むとよいでしょう。

  1. 多くのログハウスを見て想像を膨らませ、自分の好みを理解する
  2. メーカーごとの特徴やプランの違い、得意分野を比較する
  3. ホームオーナーの話や口コミを確認する

詳細は「1.ログハウスメーカーの比較方法(3ステップ)」で解説しています。

ログハウスは何年もつ?

定期的なメンテナンスを怠らなければ、100年以上は住めるといわれています。
その他よくある質問については「4.【Q&A】ログハウスの新築でよくある質問」で紹介しています。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。