【間取り例あり】新築平屋の費用、価格相場はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
平屋

「建築費用を抑えたい」「夫婦二人になったので住まいを小規模にしたい」「将来高齢になったときのライフスタイルの変化に備えたい」など、様々な理由で平屋の新築を検討している方が増えています。
とはいえ、新築平屋の建築費用がどのくらいかかるのか、2階建てよりも目安がわかりにくいと感じるかもしれません。平屋をできるだけコストを抑えて建てるには、間取りなどの工夫も必要となります。
この記事では平屋の新築を検討している方に向けて、間取り事例とともに

  • 平屋の価格・相場
  • 平屋を新築するのにかかる費用
  • コストを抑えるコツ
  • 平屋のメリット・デメリット

などについて詳しく解説します。平屋の特徴を理解して理想の家づくりに生かしてくださいね。

1.新築で平屋戸建てを建てる際の価格相場・二階建てとの比較

平屋を新築で建てる場合、二階建てと比べてどのくらいの価格の違いがあるのでしょうか。それぞれを比較してみましょう。

1-1.平屋の坪単価の相場

平屋の建築にかかる総費用は、手がける建築会社によってさまざまです。同じ間取りや坪数でも1,000~3,000万円と幅広くなっています。

例えば、地域密着型のローコスト住宅を専門とする会社なら1,000万円から手がけているところもあります。一方、全国展開する大手メーカーではグレードの高さや耐震性を売りに平屋でも3,000万円以上になるものもあります。

1-2.二階建ての坪単価との違い

平屋と二階建ての坪単価を比べるとき、同じような家族数と間取りであれば、2階建ての方が坪単価は安くなる傾向があります。

坪単価の計算は、一般的に建築費用を延床面積で割って算出します。
例えば2~3人で平屋に暮らす場合、想定される間取りは2LDK~3LDK、坪数ではおおよそ25坪~30坪です。
一方、同じ敷地でも二階建てなら延床面積は増えます。
仮に予算2,000万円の例で、平屋と二階建て住宅の坪単価を計算すると、

  • 延床面積25坪の平屋を2,000万円で新築した場合:2,000万円÷25坪=80万円(坪単価)
  • 延床面積40坪の二階建て住宅を2,000万円で新築した場合:2,000万円÷40坪=50万円(坪単価)

坪単価は建築する延床面積によって大きく変わるため、延床面積が同じ広さの敷地に建つ二階建て住宅より小さくなる平屋では、坪単価が高くなりやすい傾向があります。

ただし坪単価は、間取りや広さだけでなく、住宅仕様などによっても変わります。ローコスト住宅であれば坪単価は30万円になる場合もありますし、ハイグレードな設備にすれば価格は際限なく上がります。1,000万円~3,000万円という数字は、あくまでもひとつの目安としてください。

ほかに、同じ2LDKの間取りで各部屋の広さも似たように建てても、二階建てには階段が必要です。階段そのもののスペースや行き来するホール、廊下などのスペースも加わるため、平屋よりも多少坪数が増えます。坪数が増えると、同じ建築費用でも計算式では有利に働きますので、二階建ての方が安くなるのです。

とはいえ、二階建ての方が安くなるのは、あくまで同じような間取りで建てる前提で比較する場合です。坪単価は参考程度に捉え、最終的には、建築費用で比較するのがおすすめです。

2.新築平屋で予算を抑えローコストで建てるコツ

平屋を新築するとき、どのような方法で予算を抑えればよいでしょうか。建てるときに気を付けるコツをご紹介します。

2-1.外観はシンプルにする

平屋を建てるときには、できるだけシンプルな外観にすることでコストを抑えられます。

平屋は二階建てや三階建てと違って、1階部分に全ての部屋を配置する必要があるため、凸凹の少ない箱型の外観を意識しなければ無駄が多くなります。さらに、凸凹の多い形状となった場合は外壁の面積が増えるだけでなく、屋根の形も複雑となるため、材料費や施工費が割高になってしまいます。

2-2.間取りを工夫する

外観の形と間取りは互いに影響し合うため、外観をシンプルな箱型にすると、間取りもシンプルになりやすい傾向があります。

間取りでは、壁の仕切りを最小限にすることがコスト削減につながります。寝室などの個室は壁で仕切るのが一般的ですが、LDKをそれぞれ個室にすることなくオープンな空間にしたり、廊下をできる限り作らないようにしたりと工夫してみてください。

2-3.住宅設備・仕上げ素材のコストダウンを意識する

システムキッチンやユニットバス、洗面台など、住宅設備のグレードを見直すことはコストダウンに効果的です。

住宅設備メーカーのショールームに行くと、ついついグレードの高いものを採用してしまいがちです。家づくりには他にもさまざまな部分に費用がかかることを考慮し、予算との兼ね合いは慎重に。

また、住宅内部設備とともに見直したいのが外装や内装の仕上げ素材です。1平米あたりの単価としての差額はそれほど多いと感じないかもしれませんが、使う面積が大きくなるほど差は大きくなります。

2-4.建具を減らす

室内で使う建具を減らすことで、コスト削減が可能です。建具を減らすことで、建具本体やハンドルなどの金物、取り付けの施工費などがなくなります。

例えば、

  • 洗面所と脱衣所の間仕切りにカーテンを利用
  • キッチンとパントリーの間仕切りをロールスクリーンにする
  • 子供部屋のクローゼット収納を、扉をつけないオープンタイプにする

など、建具がなくても快適に暮らせる工夫はたくさんあります。
住宅展示場の見学やハウスメーカーの資料を取り寄せる際には、豪華な設備に目がいきがちですが、ちょっとしたハウスメーカーならではの工夫を意識して見つけるようにしてみましょう。

3.平屋の間取り例

「自分の予算内でどのような平屋を建てることができるのか?」
知りたい方のために、ここからは、それぞれの予算額でどのような平屋が建てられるのかをご紹介していきます。

3-1.「500万円」の平屋

500万円で平屋をたてる場合、間取りとしては1LDKで1~2人暮らしが想定されます。坪数は12~15坪程度になるでしょう。
LDKが約10帖、寝室は約6帖が目安です。15坪なら坪単価は30万円になりますので、このくらいの予算であればローコスト住宅で平屋を建てることも検討します。

500万円の平屋の画像と間取り
出典:「平屋本舗」タウンライフ家づくり

3-2.「800万円」の平屋

800万円で平屋を建てる場合、間取りは2LDKで2~3人暮らしが想定されます。坪数は18~20坪程度になるでしょう。
LDKは約16帖、個室が2カ所で約6帖が目安、坪単価は40万円前後となります。
これよりもう少し建物を大きさにゆとりを持ちつつ30万円台のローコストで建てる場合は、住宅設備のグレードや外装、内装のグレードはコストバランスを考える必要があります。

800万円の平屋の画像と間取り
出典:「平屋住宅 19坪 2LDK 新築プラン 間取り図」i-passo アイパッソの家-建売住宅・新築一戸建て住宅のことならサンタ不動産-

3-3.「1,000万円」の平屋

1,000万円で平屋を建てる場合、間取りは2LDK~3LDKで3~4人暮らしが想定されます。坪数は25~30坪程度になり、LDKは約16帖、個室は3カ所で約6帖が目安です。坪単価は40万円前後が想定され、30万円台のローコスト住宅も検討できます。
1,000万円で3LDKの場合、坪数が大きくなるため予算としてゆとりはそれほどありませんが、家族数が少なく同じ1,000万円でも2LDKの坪数で可能な場合は、住宅設備や仕上げ素材のグレード選びに余裕が生まれます。

1000万円の平屋の画像
1000万円の平屋の間取り
出典:「【小さい平屋】500万円からのローコストな平屋の間取り」ローコスト住宅の窓口

3-4.「1,500万円」の平屋

1,500万円で平屋を建てる場合、間取りは4LDKで4~5人暮らしまで想定できます。坪数は30~35坪程度になり、LDKの他に客間としての和室、夫婦の寝室とふたつの子供部屋が配置可能です。30坪になると、総二階の建物とそれほど坪数が変わりません。坪単価は40~50万円が目安になるでしょう。
居住空間を充実させるために、廊下をできるだけなくしたり、収納を充実させたりとさまざまな間取りのパターンを検討できます。

1500万円の平屋の画像と間取り
出典:「35坪4LDK家族で暮らすアイランドキッチンの平屋の間取り図」平屋間取り平屋の家、平屋の住宅、平屋の間取りを紹介

4.平屋のメリットとデメリット

二階建てでは難しい低予算から新築できる可能性がある平屋ですが、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

4-1.平屋のメリット

平屋には、次のようなメリットが考えられます。

4-1-1.開放感があり動線のスムーズなワンフロアの空間

家族がくつろぐLDKも個室も全て同じ階に位置しているため、ワンフロアで暮らせることが平屋の大きなメリットのひとつです。
全てが同じ階に位置しているということから、動線に無駄が少なくなり、部屋から部屋への移動もスムーズで暮らしやすく便利です。

4-1-2.階段を使わないため負担や危険が少ない

平屋には階段がありません。そのため、小さな子供に目が届きやすくなります。また、高齢者がいる家庭では階段を使わないことで、転倒などの危険が少なく安心できます。
階段がないことにより、家事の負担も軽減します。例えば二階建て住宅でよくある光景として、1階に洗濯機があり2階に洗濯物を干すベランダがある場合は上下階を行き来しなければなりませんが、平屋の場合はその負担はありません。

4-1-3.家族とのコミュニケーションが増える

平屋は家族全員が同じ階で暮らしています。そのため、自然と顔を合わせる機会が増え、家族のコミュニケーションが取りやすくなります。
年頃の子供がいる二階建て住まいの家庭では、子供が帰宅後すぐに2階に上がってしまい、顔を合わせる機会があまりないという話も耳にするのではないでしょうか。その点、平屋では家族の気配が近くに感じられ、自然な形で家族が集まりやすい環境になるでしょう。

4-1-4.建物が安定しており地震の被害が軽減できる可能性が高い

平屋は建物の重心が低いため、二階建てや三階建てと比べて地震では揺れが軽減される傾向があります。建物への負担も少ないため、地震による外壁のクラック(ひび割れ)が起こる可能性も低くなります。

4-1-5.メンテナンスがしやすい

平屋は屋根が二階建てより低いため、メンテナンスが必要な場合に足場を組まずに対応できる可能性もあり、費用負担が少なくなることが期待できます。屋根が低く平地からも見えやすいため、何か不具合があったとき早期に発見できることもメリットです。

4-2.平屋のデメリット

さまざまなメリットがある平屋ですが、デメリットもあります。

4-2-1.防犯対策が必要

平屋でどうしても気になってしまうのが、防犯対策が手薄になりやすいことです。二階建てと比べると1階部分に窓が多いことで、侵入経路が増えてしまいます。
外部から死角になりやすい位置の窓には格子を取り付けたり、鍵が開けにくい窓にしたりと防犯面での対策を検討することが必要です。

4-2-2.プライバシーを確保しにくい

家族のコミュニケーションが増えることが平屋のメリットのひとつですが、その一方、プライバシーが確保しにくいという点もあります。
例えば、受験勉強中の子供がいる家庭では、LDKで集まっている家族の声が聞こえて集中を妨げられる可能性も考えられます。
暮らし方は家族それぞれに違いがありますので、メリットと感じるかデメリットと感じるかは判断が異なるところです。

4-2-3.日当たりの確保が難しい

平屋は、周囲の建物の高さや密集度の条件によっては、日当たりが悪くなることもあります。全ての部屋を1階に配置することで、建物の面積は大きくなりますので、中央部には光が届かない可能性もでてきます。
中庭があるプランにすることで中央部にも光を取り込むことができますが、建物の形が複雑になりますので、建築コストが高くなる可能性もあります。
平屋は、できるだけ光を取り込む工夫とコスト面とのバランスを考える必要があります。

5.平屋で新築する際の注意点と失敗を回避する方法

平屋を新築する場合、失敗しないためにはどのような点に注意すべきなのか、そのポイントをご紹介します。

5-1.土地の広さだけでなく建ぺい率を考慮

平屋の新築で二階建て以上に注意すべき点は、「土地の広さだけでなく建ぺい率も確認すること」です。
ひとつひとつの土地には、建物が建てられる坪数の上限が決められている「建ぺい率」があります。その上限を超えて建築することはできません。
例えば、50坪の土地があり、建ぺい率が60%であれば、30坪までしか建築できないことになります。平屋の場合は2階が無いため、土地の広さと建ぺい率がそのまま延床面積に直結します。所有する土地にどのくらいの平屋が建てられるのか、事前に確認しておくことが大切です。

5-2.防犯対策を考える

平屋のデメリットである防犯面の脆弱性に、対策が必要です。

例えば一つの案として、塀を高くする場合もあります。これには、道路を通行する人などの視線を遮り、プライバシーを確保する効果もあります。
しかし、塀を高くしすぎると圧迫感が出るほか、それによって死角ができ、かえって防犯対策にならないといったケースもあります。家が「周囲から見える」ことも抑止力となるため、防犯対策と外からの視線の遮断のバランスをよく考える必要があるでしょう。
防犯と目隠しを両立する案としては、「植栽をうまく配置する」「完全な死角にならないよう、いくつかの窓を開けたデザイン塀にする」などがあります。

防犯対策については、大手メーカーから地域の工務店まで、さまざまなアイデアを持っています。施工会社に相談しながら進めてください。

5-3.日当たりと風通しを工夫する

平屋は周囲の環境によっては日当たりと換気を考える必要があります。防犯対策をしながら風通しもよくするためには、換気に効果的な窓を配置したり、格子付き窓を採用したりするなどの工夫が必要です。

光を確保するため、また、風通しをよくするために効果的なのは屋根に取り付ける天窓です。例えば雨センサーが付いた自動開閉タイプであれば、雨を自動で感知して閉めてくれます。
そのほか、中庭をつくる間取りも光の取り込みや風通しには効果的です。こちらも施工会社からもアイデアを出してもらいながら、コスト面と合わせて検討してください。

5-4.平屋の施工経験が豊富な会社を選ぶ

できるだけ費用を抑えて平屋を建てたいと考えているなら、平屋の建築の経験が豊富な会社に依頼することがおすすめです。
平屋の間取りは、無駄な廊下が発生しやすいものです。普段から平屋の効率的な間取りプランを提案している会社であれば、要望に沿った最適なアドバイスが期待できます。
また、光の取りこみ方や風通し、防犯対策など平屋ならではの心配事も、しっかりと対応してくれるでしょう。

まとめ

将来的な家族構成の変化にも対応できる平屋。子育てが終わった夫婦ふたりの世帯でも、子育て中の世帯でも、どちらもフレキシブルにその良さを取り入れ、検討できる家づくりが可能です。
どの程度の予算でどのくらいの平屋が建てられるのか、目安をおさえて、間取りのイメージやメリット・デメリットなどもしっかりと把握できたでしょうか。
この記事があなたの家づくりに役立てば幸いです。

SNSでもご購読できます