【新築住宅の間取り事例】二世帯住宅のメリット&デメリットとおすすめ間取り

親子の世帯が隣同士つながった家で暮らす、あるいは同じ家のなかにそれぞれの生活スペースを作る形で暮らす二世帯住宅。新築の家を建てる際に、検討されている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、二世帯住宅を建てる際のメリットやデメリット、注意するポイントなどを解説していきます。

二世帯住宅とは?

親世帯と子世帯が共に暮らす住居を指し、下記3つのタイプに分かれています。

  • 完全同居型:通常の一戸建て住宅に二世帯が同居する
  • 部分共用型:玄関や水回りなど、一部の設備を二世帯で共有する
  • 完全分離型:階層や棟で、設備を完全に二世帯分設置する
二世帯住宅のメリット
  • 親世帯との距離が近く安心感があり、お互いの生活をフォローできる
  • 相続の際、相続税を減らせる可能性がある
  • 生活のスペースや時間を共有することで、コミュニケーションが取りやすい
二世帯住宅のデメリット
  • 間取りによってはお互いの世帯に気を遣い合ってしまい、窮屈感のある生活になる
  • 広い土地が必要になり、費用がかさむ
  • 需要が少なく、賃貸に出す場合や売却の際に不利になる可能性がある
・完全分離型の二世帯住宅を建てたい方はこの間取り!
二世帯住宅を希望する人のなかでは、「お互いが不用意にプライベートを侵害しないよう、完全分離型の住宅を建てたい」と考える方が多い傾向にあります。しかし、共用部が全くないと、せっかく一緒に暮らしているのにコミュニケーションが取りづらく、かえって気をつかうことも。
そこで、あえて玄関のみを共用にし、程よい距離感での二世帯生活を送りたい方にはおすすめの間取りです。

1-3.【完全分離型】二世帯住宅の間取り例

・三世代それぞれの遊び場が欲しい方はこの間取り!
日頃は三世代の家族が一緒に生活している二世帯住宅だからこそ、ほかの世代の目を気にせず、伸び伸びとできる空間は必要です。
1階の庭、2階のバルコニー、小屋裏部屋と「それぞれの世代の空間」を設けることで、常に一緒にいるがゆえに起こる摩擦などを軽減できます。

1-4.【40坪代】二世帯住宅の間取り例

・狭い土地に二世帯住宅を建てたい方はこの間取り!
狭小地でもでも、二世帯住宅を建てることは可能です。3階建てにして、各世帯がよく話し合った上で共用空間をうまく配置することで、土地の狭さとは裏腹に生活する上での狭さは全く感じない二世帯住宅が完成します。

1-5.【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

1.二世帯住宅おすすめの間取り例5選

二世帯住宅を建てる際の間取りで特に重要なポイントは、各世帯がどの程度の距離感で生活するのがベストか、という点です。タイプ別などに分け、二世帯住宅の間取りを5つご紹介します。

1-1.【完全同居型】二世帯住宅の間取り例

1つ屋根の下ながら、最低限のプライベートが確保されている

1-1.【完全同居型】二世帯住宅の間取り例1-1.【完全同居型】二世帯住宅の間取り例

こんな人に人気 同居型の二世帯住宅でも、世帯で階層は分けたい人
世帯 親夫婦2人+夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 35坪
間取り 2階建て3LDK(+シューズインクローゼット+ウォークインクローゼット+バルコニー)
費用 約2,000万円

完全同居型の二世帯住宅にする場合、注意すべきなのは「お互いの生活に干渉しすぎないこと」です。この間取りでは、1階に親夫婦、2階に子夫婦と子供の部屋を設けることで、各世帯でのプライベート空間を確保しています。LDKは共有ですが、玄関から左右にLDKと親の個室を廊下で分けているのもポイントです。

1-2.【部分共用型】二世帯住宅の間取り例

必ず通り1階リビングで、世帯間の交流も十分

【部分共用型】二世帯住宅の間取り例【部分共用型】二世帯住宅の間取り例

こんな人に人気 プライベートを確保しつつ、きちんと世帯間の交流もしたい人
世帯 親夫婦2人+夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 86坪
間取り 2階建て
1階親世帯:2LDK(+シューズインクローゼット)
2階子世帯:4LDK(+バルコニー)
費用 約3,700万円

二世帯住宅において、親夫婦とのコミュニケーションとプライベートの確保のバランスは最も難しく、重要な要素です。

子世帯の主な生活スペースを2階に作り、親世帯のLDKを玄関から階段への導線上に配置することで、程よいバランスを実現しています。

1-3.【完全分離型】二世帯住宅の間取り例

玄関のみ共用ながら、世帯ごとに独立した暮らしを実現

【完全分離型】二世帯住宅の間取り例
【完全分離型】二世帯住宅の間取り例

こんな人に人気 お互いの存在を感じられる完全分離型の二世帯住宅を建てたい方
世帯 親夫婦2人+夫婦2人+子供1人
坪数(延べ床面積) 53坪
間取り 2階建て
1階親世帯:2LDK(+納戸)
2階子世帯:1LDK(+ウォークインクローゼット+バルコニー)
費用 約3,500万円

基本的にはお互いの生活に干渉したくない世帯同士であれば、完全分離型の二世帯住宅がおすすめです。しかし、共用部分が全くないと、同じ住宅に住んでいるにもかかわらず、一切関係性を持たなくなってしまうことも珍しくありません。

玄関のみでも共用にすることで、お互いの存在を感じられ、コミュニケーションも取りやすく、非常に心地よい距離での生活が叶います。

1-4.【40坪代】二世帯住宅の間取り例

庭、バルコニー、小屋裏部屋と、3世代がそれぞれ楽しめる

【40坪代】二世帯住宅の間取り例
【40坪代】二世帯住宅の間取り例
【40坪代】二世帯住宅の間取り例

こんな人に人気 三世代それぞれの空間が欲しい人
世帯 親夫婦2人+夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 63坪
間取り 2階建て
1階親世帯:3LDK
2階子世帯:2LDK(+バルコニー+ロフト)
費用 約3,300万円

一緒に暮らす三世代それぞれが、一緒にも別でも楽しめる空間をふんだんに盛り込んだ、贅沢設計の二世帯住宅です。親夫婦は庭で趣味の家庭菜園に勤しみ、夫婦はバルコニーでアウトドア気分を味わい、子供は小屋裏でおもちゃを広げて遊ぶ。一緒に暮らしているからこそ、あえて各世代の時間を尊重できる間取りにしています。

広めのバルコニーではBBQなど、三世代が一同に集まることも可能です。

1-5.【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例

広い土地がなくても、間取りの工夫次第で狭さは感じられない

【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例
【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例
【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例

こんな人に人気 狭小地に二世帯住宅を建てたい人
世帯 親1人+夫婦2人+子供1人
坪数(延べ床面積) 29.5坪
間取り 1階 親世代:広めのLDK
2・3階 子世代 2LDK(+バルコニー)
費用 約1,860万円

完全分離型の二世帯住宅は、構造上比較的広い土地が必要になります。しかし、わずか15坪程度の土地でも、間取りを工夫することで分離型の二世帯住宅は実現します。

1階部分を独立させた親世帯用の家として、2,3階部分を夫婦と子供用の住居として活用することで、距離感が程よい二世帯生活が送れます。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.二世帯住宅の費用相場

2-1.二世帯住宅の費用相場は?

完全同居型ではない場合、本来は1つでよいお風呂や玄関などを2つ設置する必要があるため、通常の一軒家を建てるより割高になる傾向があります。

完全同居型の場合は1,800万円~2,500万円、完全分離型の場合は、2,600万円~4,000万円程度が相場とされています。

2-2.二世帯住宅の費用シミュレーション

【例】完全分離型の二世帯住宅を土地から購入した場合

30坪 完全分離型二世帯住宅、東京郊外に土地を購入した場合の建築費用

合計:約5,580万円

土地代 約2,730万円(坪単価 約65万円 )
建築費用合計:2,850万円(坪単価 95万円)

<内訳>
建築本体工事費:約1,998万円
付帯工事費 約570万円
そのほか諸費用 約282万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

以上、二世帯住宅の費用の目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

家を建てる費用はいくら必要?建てられる家のイメージは?予算金額の目安を解説! 

3.二世帯住宅を建てる前に!失敗例からわかる注意点

3-1.【お金】両親と光熱費の支払いでもめてしまった

水光熱費についてあまり話し合っておらず、支払いの段階で認識のズレが生じた

二世帯で住むから光熱費は折半だろうと勝手に考えていたのですが、いざ住み始めてから支払い、となったタイミングで、親世帯で半分も使ってないだろうと言われてしまいました。

注意点:二世帯で生活を始める前に、支払いについてはよく話し合っておく

部分共用型などの二世帯住宅では、基本的に光熱費などは合算して支払うことになります。大きな額ではなくても、片方の世帯が多く使っているのであれば、少なく使っている世帯は不満を感じてしまう場合も少なくありません。

光熱費などのランニングコストだけではなく、建築費用などについても事前にしっかりと話し合い、双方が納得できる割合での支払いができるようにしておきましょう。

3-2.【生活面】子供の足音が響いて寝られないと親からクレームが

夜でも平気で走り回る子供の足音が親世帯のフロアにも響き、寝られないと言われてしまった

完全分離型の二世帯住宅を建て、1階を親夫婦、2階を夫婦と子供が住むようにしました。

共用部分がないので問題ないだろうと思っていたんですが、親世帯が寝る時間になっても元気な子供の足音がうるさく、眠れないといわれて困っています。

注意点:子供や親の年齢に合わせて使いやすい住宅設計をする

1階と2階で世帯を分ける上下分離型の二世帯住宅の場合、よほどしっかりと防音対策をしておかなければ、上の階の足音はどうしても下の階に響いてしまいます。

子供が小さく、親世帯が階段の昇り降りに問題がない間は、上下階で世帯を分けるのではなく、建物を左右に分けるのもひとつ。親世帯を1階にする場合は、防音対策だけでなく2階の寝室の真下を親世帯の寝室にするなど、暮らしを考えた間取にすることも大切です。

3-3.【計画段階】思っていたよりも狭い間取りしか作れない

事前に土地を準備したものの、二世帯だとどちらも狭い家しか建てられない

マイホームを建てようと、土地を事前に準備していました。状況が変わって親夫婦との二世帯住宅を建てることになったのですが、それには十分な土地の広さがなかったため、完全同居型でないと狭い家になってしまうと言われ、悩んでいます。

注意点:二世帯住宅に十分な広さの土地を確保しておく

部分共用型や完全分離型の家を建てる場合、玄関や水回りなどを2つずつ設置しなければならないため、通常の間取りに比べるとLKDや部屋に使えるスペースがどうしても狭くなってしまいます。完全同居型でない場合、二世帯住宅を建てる場合は一般的に60坪以上の敷地面積が必要になると言われています。

既に土地を確保しており、60坪以下の場合であれば、世帯間でよく話し合った上で不満のない間取りでの共用型二世帯住宅の建築を検討しましょう。可能であれば、3階建ても検討するとよいでしょう。

二世帯住宅の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

注文住宅新築でよくある失敗とは?後悔しないための注意点

4.二世帯住宅におすすめのハウスメーカー3つ

4-1.トヨタホーム

トヨタホームをおすすめする理由は、高品質な住まいづくりに重きを置いているためです。24時間、365日、快適な空気環境を実現するスマート・エアーズは、家全体の空気環境をコントロールできるトヨタホームの技術。快適で健康な暮らしをサポートします。

SINCE feelas Nicorism(シンセ・フィーラス・ニコリズム)

トヨタホームが提供する二世帯住宅のおすすめ商品は「Since feelas Nicorism」です。

身体に優しい住宅を実現すべく、親世帯に嬉しい「全館空調スマート・エアーズ」を完備。さらに「鉄骨ラーメン構造」により、より広く、より丈夫な住宅を提供してくれます。外観、内装とも満足できる理想の邸宅を実現します。

トヨタホームホームページ

4-2.セキスイハイム

セキスイハイムをおすすめする理由は「ミリ単位の施工」とまでいわれている正確で、高品質な二世帯住宅の建築に定評があるためです。変化する世帯の状況などを見据え、将来住む人も快適に暮らせる家づくりを叶えてくれます。

隣居Style

セキスイハイムが提供する二世帯住宅のおすすめ商品は「隣居Style」です。完全分離型の作りをしていながら、お互いの世帯から行ける「シェア空間」を設けることで、世帯ごとのプライバシーはしっかりと守りつつもコミュニケーションが取れる、程よい距離感を実現しています。

セキスイハイム ホームページ

セキスイハイムの平均坪単価は87.6万円!実際の費用内訳とやばい口コミ・評判、選んだ理由を大公開!

4-3.パナソニック ホームズ

パナソニック ホームズをおすすめする理由は、各世帯に合わせた「4つのかたち」をベースにした住宅を提案してくれているからです。世帯間のコミュニケーションを重視するご家庭には「融合タイプ」「半融合タイプ」。それぞれの世帯のプライバシーをほどよく守りたいなら「半独立タイプ」や「独立タイプ」など、各家庭の理想の関わり方や予算、土地の広さなど、さまざまな条件を元に選べます。

つどいえ

「つどいえ」は、長年のノウハウを踏まえた二世帯住宅の4つの価値を提案するブランドです。建築やランニングコストを抑え、適度なコミュニケーションを取りつつ、各世帯が気兼ねせず暮らすなら、半融合タイプがおすすめ。玄関、LDK、浴室など一部を共有にするものの、子世帯にはサブリビングやサブキッチンを用意。一緒に過ごす時間を大事にしながらも、子世帯の生活ペースに合わせて気兼ねせず使えるサブの水回りで互いのストレスを軽減できます。

パナソニック ホームズホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

二世帯住宅は、親世帯と子世帯が互いを感じあい、支えあいながら暮らせますが、それぞれの生活ペースやこだわりを守る間取りにすることが重要です。

この記事では、二世帯住宅の5つの間取事例のほか、二世帯住宅の費用相場、注意点、二世帯住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店をご紹介しました。

この記事を参考に、ぜひ親世帯も子世帯も仲良くのびのび暮らせる住まいづくりを実現してくださいね。

二世帯住宅でおすすめの間取りは?

1-1.【完全同居型】二世帯住宅の間取り例

1-2.【部分共用型】二世帯住宅の間取り例

1-3.【完全分離型】二世帯住宅の間取り例

1-4.【40坪代】二世帯住宅の間取り例

1-5.【20坪代】狭い土地に建てる二世帯住宅の間取り例

二世帯住宅の費用相場は?

完全同居型の場合は1,800万円~2,500万円、完全分離型の場合は、2,600万円~4,000万円程度が相場とされています。

2.二世帯住宅の費用相場」では、土地から購入した場合の具体的な二世帯住宅の費用シミュレーションもご紹介しています。

二世帯住宅の失敗例が知りたい

3.二世帯住宅を建てる前に!失敗例からわかる注意点」では、これらの失敗事例から分かる注意点と対策をご紹介しています。

二世帯住宅でおすすめのハウスメーカー・工務店は?

二世帯住宅を建てるなら、二世帯住宅向けの商品や、家全体を快適にしてくれる技術を持つハウスメーカー・工務店がおすすめです。

4.二世帯住宅におすすめのハウスメーカー3つ」では、二世帯住宅におすすめのハウスメーカー・工務店と商品を紹介しています。

二世帯住宅を建てる方は、後悔のない住まいづくりにこの記事をお役立てください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。