オープンハウスはなぜ人気があるの?特徴やメリット・デメリットを解説

オープンハウス 特徴や評判を解説

ローコストで住宅が建てられる「オープンハウス」が気になっているものの、本当に安心して利用できるのか決断ができかねている方も多いでしょう。

納得して注文住宅を契約するためには、ハウスメーカーについて十分に調査しておくことが大切です。

この記事では、オープンハウスに関して、以下の内容を解説します。

この記事でわかること
  • オープンハウスの特徴
  • オープンハウスが人気の3つの理由
  • オープンハウスを利用するメリット・デメリット

ぜひ最後までご覧いただき、要望に沿ったハウスメーカー・工務店が選べるよう準備してみてくださいね。

HOME4U(ホームフォーユー)」なら、「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。
<ご利用はカンタン3ステップ>
  1. 土地、予算などのフォーム入力
  2. アドバイザーがご希望ヒアリング
  3. 最適なハウスメーカーと、家づくりプラン・見積もりのご提案

ハウスメーカーの坪単価について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

1.オープンハウスはどんなハウスメーカー?

まずは、オープンハウスの特徴と取扱い商品を見てみましょう。

1-1.オープンハウスの特徴

オープンハウスは土地の調達から任せられるハウスメーカーとして、比較的安価に注文住宅が建てられるのが特徴です。
ちなみに、オープンハウスの坪単価は60万円程度といわれています。

大手ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は、坪単価が90万円近いことが一般的であるため、オープンハウスは比較的ローコストで家を建てられることがわかります。

間取りや設計に関しては、土地の形状や周辺環境を考慮した既存のプランをもとに、ライフプランに合わせてカスタマイズが可能です。

1-2.オープンハウスの取扱い商品

オープンハウスの公式サイトには、他のハウスメーカーのように大々的な商品ラインナップが見当たりません。

土地を活かす家づくりを重視しており、その場所ごとに建物の特徴が異なるのが理由として挙げられるでしょう。

オープンハウスの注文住宅では、まず「参考プラン」が提案されます。
土地に合わせたおすすめのプランを設計士が提案する方式です。
もちろん、そのまま採用するのも問題ありません。
さらにオリジナリティを加えたい場合は、プランを基にカスタマイズが可能です。

ただし、オプションをつける際には別途追加料金がかかります。
このように、住宅プランを考える際にはどうしても予算が気になりますよね。

「予算に収まるようプランを考えるにはどうしたらいい?」
「そもそも自分はどれくらいの予算に設定したらいい?」

と、資金計画についてお悩みの方は、ぜひ無料のHOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスをご利用ください。

あなたの予算・要望に合ったハウスメーカー・工務店の実際の住宅プラン(資金計画含む)を比較できるので、具体的な費用イメージを持ちながら資金計画が立てられます。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U(ホームフォーユー)経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

2.オープンハウスが人気の3つの理由

オープンハウスが人気な理由は、主に次の3つです。

オープンハウスが人気の理由
  1. リーズナブルな価格で注文住宅を建てられる
  2. 中古や建売にも対応している
  3. オプションが豊富

オープンハウスが多くのユーザーを獲得しているのは、いくつかの理由があります。
それぞれを詳しく解説します。

2-1.リーズナブルな価格で注文住宅を建てられる

オープンハウスが人気な理由の1つ目は、他のハウスメーカーなどと比べるとリーズナブルに注文住宅を建てられる点です。

首都圏や都市部の好立地であっても、変形地や狭小地の活用や土地の分割販売などの手段を用いて、価格を抑える努力をしています。

一見活用が難しそうな土地であっても、オープンハウスは工夫を凝らして注文住宅を建てられるようにサポートしてくれるでしょう。

そのため、オープンハウスは限られた土地条件・予算の中で、こだわりの注文住宅を実現したいというユーザーに選ばれています。

2-2.中古や建売にも対応している

オープンハウスは、新築の注文住宅のみならず、中古や建売にも対応しています。

価格などの理由から注文住宅の購入が難しい場合でも、オープンハウスであれば中古住宅や建売住宅を紹介してくれるのが強みです。

注文住宅のみを取り扱っているハウスメーカーの場合は、どうしても選択肢が限られてしまいます。

その点オープンハウスであれば、多くの選択肢の中から理想に合う住宅を選ぶことができます。

2-3.オプションが豊富

家づくりを進める際に、選べるオプションが多いのも、オープンハウスが選ばれる理由の1つです。

オープンハウスでは、基本のプランにカスタマイズをしながら自分だけの家に仕上げることができます。

家のデザイン性を高めたい場合には、鉄骨階段やアクセントクロスをオプションとして追加するのもよいでしょう。
性能を高めたい場合には、制振装置やピン工法などのオプションが選ばれる傾向にあります。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U(ホームフォーユー)経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

3.オープンハウスを利用するメリットとデメリット

オープンハウスの利用を具体的に検討するためには、メリットとデメリットの両方を熟知しておくことが重要です。

オープンハウスのメリット・デメリット比較表
メリット
  • 20年の地盤保証がある
  • 耐久性のある家づくりができる
  • 低価格で家を建てられる
デメリット
  • ZEH住宅は実績が少ない
  • オプションが高くつく可能性がある

以下より詳細を解説します。

3-1.メリット

オープンハウスの主なメリットは、次の3つです。

オープンハウスのメリット
  • 20年の地盤保証がある
  • 耐久性のある家づくりができる
  • 低価格で家を建てられる

以下より1つずつ見てみましょう。

メリット1:20年の地盤保証がある

オープンハウスを選ぶ1つ目のメリットは、地盤保証の期間が20年間であることです。

自宅に安心して住み続けるためには、建築の前に地盤をしっかりと調査・解析しておく必要があります。

オープンハウスでは、地盤保証期間が20年と長めであるため、長期にわたってサポートをしてもらえるのがメリットです。
また、建築工事価格に地盤調査・地盤改良工事の費用が含まれているため、オプションで追加する必要がありません。

▶あなたに合った住宅プランを比較する(無料)

メリット2:耐久性のある家づくりができる

耐久性の高い家づくりができるのも、オープンハウスで注文住宅を購入するメリットです。

オープンハウスでは住宅建築に際して厳しい検査項目を設定しており、各段階において施工担当者が責任をもって対応してくれます。

構造材や建築方法の選定段階から、災害に強い家に仕上げる工夫がされているのが特徴です。

耐久性は長く快適に住むために欠かせない要素であるため、注文住宅を購入する際には必ず細かい部分まで確認するようにしましょう。

▶あなたに合った住宅プランを比較する(無料)

メリット3:低価格で家を建てられる

比較的予算を抑えて注文住宅を建てられるのも、オープンハウスならではのメリットです。
土地や建築方法を工夫してくれるため、限られた予算の中でもこだわりの家づくりが実現しやすいです。

特に、土地の購入に強みをもっているオープンハウスでは、都心に家を建てたいという要望にもしっかり応えてくれる傾向にあります。

ただし、ほかハウスメーカー・工務店で「より要望に沿った提案をしてくれるところはないか」と常に目を凝らしておくのは、家づくりにおいてとても重要なポイントです。

ハウスメーカー・工務店にはそれぞれ強みがあるため、複数社に同じような要望を伝えても、全く異なるプランを提案してくれるケースも多々あります。

まずは、無料のHOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスで、スマートフォンやパソコンからあなたに合ったハウスメーカー・工務店をピックアップすることから始めましょう。

気になるハウスメーカー・工務店があれば、最大5社までの実際の住宅プランを簡単に手に入れることができます。

一般的なカタログ請求と異なり、コーディネーターが情報整理をサポートしてくれるため、はじめてのハウスメーカー・工務店選びでも安心ですよ。

営業トークは一切なく、完全無料のサービスですので、ぜひお気軽にご利用ください!

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U(ホームフォーユー)経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

3-2.デメリット

オープンハウスを利用する際に気をつけたい点は、次の2つです。

オープンハウスのデメリット
  • ZEH住宅は実績が少ない
  • オプションが高くつく可能性がある

こだわりの住宅を完成させるためには、ハウスメーカーのメリットだけではなく、デメリットにも目を向ける必要があります。
以下より詳細を確認しておきましょう。

デメリット1:ZEH住宅は実績が少ない

オープンハウスでは、残念ながらほか大手ハウスメーカーと比べてZEH住宅の実績が豊富ではありません。

オープンハウス・アーキテクトの発表によると、2022年の普及率は0.02%で2023年は0%です。(参考:2023年 ZEH普及目標と実績の報告 – オープンハウス・アーキテクト

ZEH住宅のみを検討している場合、普及率の高い他のハウスメーカーともよく比較してみることをおすすめします。

▶あなたに合ったハウスメーカー・工務店を比較する(無料)

デメリット2:オプションが高くつく可能性がある

オープンハウスは、比較的安価に注文住宅を建てられるハウスメーカーの1つですが、オプションの値段には注意する必要があります。

オープンハウスをはじめとするいわゆるローコストハウスメーカーでは、基本仕様の値段が抑えられているものの、追加オプションは割高に設定されているケースがあるようです。

そのため、理想の家に仕上げるためにオプションを選択する中で、思った以上に追加金額が大きくトータル的にお得感が得られないこともあるでしょう。

▶あなたに合ったハウスメーカー・工務店を比較する(無料)

4.ローコストで家を建てるコツ

ローコストで家を建てるコツ イメージ

ローコストで家を建てるためには、次の4つのポイントを意識するようにしましょう。

ローコストを実現するコツ
  • 間取りや外観はシンプルにする
  • こだわりたいポイントを絞る
  • 水回りの設備をまとめる
  • 複数のローコストハウスメーカーに見積もりを取る

それぞれのポイントを詳しく解説します。

4-1.間取りや外観はシンプルにする

ローコストで家を建てるためには、間取りや外観はシンプルにまとめるのが基本です。

こだわった間取りや外観にしてしまうと、追加で設計費用が必要になったり施工費用がかかったりする可能性があります。

施工費用を抑えるためには、できるだけ住宅の外観を凹凸のない正方形や長方形でシンプルにまとめるように心がけましょう。

また、間取りに関しては、部屋数や仕切りを減らすことで、必要な建具が減りローコストにつながります。

▶あなたの予算に合った住宅プランを比較する(無料)

4-2.こだわりたいポイントを絞る

せっかく注文住宅を建てるのだから、さまざまな理想やこだわりがあるのが一般的です。
しかし、ローコストを意識するうえでは、すべての理想やこだわりを実現するのが難しいかもしれません。

そのため、こだわりたい項目のなかで優先順位をつけ、譲れないポイントを整理しておくことが大切です。
コストを確認しながら、予算内で実現できそうな設計やデザインを模索するようにしましょう。

▶あなたの予算に合った住宅プランを比較する(無料)

4-3.水回りの設備をまとめる

水回り設備を配置する位置を1箇所にまとめることも、注文住宅のコストを抑える1つの方法です。

バスやトイレ、キッチンなどを近く配置することで、配管にかかる費用を節約することができます。

日々の生活においても、水回り設備がまとまっていることで効率的な家事導線が確保できる可能性があります。

ローコスト住宅を実現するための有効な方法として、水回り設備の集約を覚えておきましょう。

▶あなたの予算に合った住宅プランを比較する(無料)

4-4.複数のハウスメーカーに見積もりを取る

ある程度の間取りや予算が確定したら、1社ではなく複数のハウスメーカーに見積もりを取るようにしましょう。

はじめから1社に絞ってしまうと、「見積もりの内容が適正であるのか」「価格帯は問題ないのか」が判断できなくなってしまいます。

ハウスメーカーを選ぶ際には、一気に複数のハウスメーカー・工務店に住宅プラン作成を頼めるサービスを利用するのがおすすめです。

【自分にとってベストなハウスメーカー・工務店を知りたい方へ】
全国には数万社のハウスメーカーがあるといわれています。
手当たり次第に調べだすと、無駄な時間や労力をかけてしまうので注意してください。

おすすめは、まず無料HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスのをご利用いただくこと。

HOME4U(ホームフォーユー)複数ハウスメーカーに「間取り図」「資金計画」「土地探し」をまとめて依頼!

【本サービスのメリット】
  1. スマホやパソコンからあなたに合ったハウスメーカー・工務店がわかる!
  2. 家づくりの要望・情報を専任コーディネーターが電話で整理!
  3. 実際の住宅プランを最大5社分比較できる!

資金計画でよくあるのが「実際に見積もりを出してもらったら予算と合わず、はじめからプランを立て直した」という失敗です。

HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービスなら、専任コーディネーターによる複数ハウスメーカーへの資金計画作成依頼のほか、注文住宅のプロであるアドバイザーに「予算の立て方」や「補助金制度の活用方法」などをオンライン上から相談することもできます。

完全無料、営業トークは一切ないので、ぜひお気軽にご活用ください。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U(ホームフォーユー)経由で
注文住宅を契約・着工された方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

まとめ

オープンハウスは、土地探しからサポートしてくれるハウスメーカーで、比較的リーズナブルに注文住宅を建てられるのが特徴です。

地盤保証は長めの20年に設定されているほか、耐久性のある家づくりができるのもメリットだといえるでしょう。

一方で、ZEH住宅の実績は少なく、オプションを多く追加してしまうと割高になってしまう点には注意が必要です。

ローコストで注文住宅を建てるためには、こだわるポイントを絞り、間取りや外観をシンプルにまとめるように心がけましょう。

複数のハウスメーカーに見積もりを取り、自分たちに合ったハウスメーカーを見つけられるようにしましょう。

この記事のまとめ

オープンハウスが安い理由は何ですか?

首都圏や都市部の好立地であっても、変形地や狭小地の活用や土地の分割販売などの手段を用いて、価格を抑える努力をしているからです。

オープンハウスが人気の理由は何ですか?
  • リーズナブルな価格で注文住宅を建てられる
  • 中古や建売にも対応している
  • オプションが豊富

詳しくは「2.オープンハウスが人気の3つの理由」で解説しています。

注文住宅の予算を抑えるコツは?
  • 間取りや外観はシンプルにする
  • こだわりたいポイントを絞る
  • 水回りの設備をまとめる
  • 複数のローコストハウスメーカーに見積もりを取る

4.ローコストで家を建てるコツ」で詳細を確認し、満足度の高い家づくりを実現しましょう。

参考:オープンハウス公式HP

【厳選特集】平均坪単価から
ハウスメーカーを探す

▶ほかのハウスメーカーの記事をもっと見る

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U(ホームフォーユー)プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。