ZEH住宅メーカーおすすめ10社を紹介!補助金についても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ZEH住宅メーカーおすすめ10社を紹介!補助金についても解説

家づくりを検討されていて、「ZEH(ゼッチ)住宅(ゼロ・エネルギー・ハウス)」に興味がおありでしょうか?
最近は災害に強い家、省エネルギーを実現した家など、「住宅の性能」に関心のある方も多くなっており、多くの住宅メーカーでZEH住宅の新築に対応しています。しかし、
「そもそもZEH住宅って、どんな住宅なの?」
「具体的にどの住宅メーカーに頼めばよいのかわからない」
「補助金制度が使えると聞いたけれど、詳しく知りたい」
という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ZEH住宅の建築を検討されている方に向けて、ZEH住宅の基礎知識について、またZEH住宅を新築している住宅メーカー10社をそれぞれの特徴などと併せて紹介していきます。
この記事を参考にすることで、ご自身の求める性能をもった住宅を建築できる、最適なハウスメーカーを見つけられるでしょう。

1.ZEH住宅とは?基準と仕様

ZEHは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の頭文字を取った言葉です。
エアコンや照明など、あらかじめ住宅に設置されている電気設備が消費するエネルギーである「一時消費エネルギー量」がゼロとなる住宅
を指します。

具体的には、性能の良い家電製品を使ったり、住宅の断熱性や気密性を高めたりすることで、従来の住宅よりも一時消費エネルギー量を20%以上削減し、その一方で、太陽光発電などで消費エネルギーを賄うことを指します。

政府は住宅のエネルギー性能を高める目的でZEHの基準を示し、これに適合した住宅については補助金を出すなどして普及率を高める努力をしています。
2020年(令和2年)までに標準的な住宅の仕様をZEH住宅に、2030年(令和12年)までに全住宅の半数以上をZEH住宅にすることを目標として掲げています。

ZEH住宅として認められるには、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ性能」の3つの基準を満たす必要があります。

さらに、補助金を受け取るためには、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されたビルダーやプランナーによる住宅を購入しなくてはいけません。
なお、一定の期間中に登録した住宅の中から、補助金の対象となる住宅が決定されるため、必ず補助金を受け取れるというわけではありません。
補助金制度については、4章で詳しく説明します。

2.ZEH住宅対応のおすすめ住宅メーカー10社を紹介!

上述の通り、ZEHとして認められて補助金を受けるためには、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されたビルダーやプランナーによる住宅を購入する必要があります。
ここでは、そうしたビルダーなどの中から、特にZEH住宅に力を入れている住宅メーカーを10社紹介します。
(※50音順。掲載情報およびスクリーンショットは全て2020年10月現在のもの)

2-1.一条工務店

一条工務店

一条工務店は静岡県浜松市の地方工務店として創業した住宅メーカーで、住宅展示場への出展棟数No.1、2019年(平成31年)の戸建新築着工棟数No.1を誇ります。
また「家は、性能。」というキャッチコピーに表れているとおり、業界トップクラスの性能を追求した「質の高い住宅」を提供しており、その一環としてZEHにも積極的に取り組んでいます。

特に、オリジナル太陽光発電「夢発電システム」が高い人気を誇り、年間搭載棟数は9,000棟。これは太陽光発電ではNo.1です。

◆2019年(平成31年)のZEH普及実績:北海道以外の都府県で77%
引用元:一条工務店公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-2.住友林業

住友林業

住友林業は日本の国土の約800分の1にあたる広大な社有林を保有し(2019年3月時点)、山林事業を展開している住宅メーカーです。木造注文住宅事業では国内1位の売上高を誇ります。

その企業文化からも、「木を楽しむ」「木の魅力」などを積極的に打ち出し、「木」のもつ良さと先進の技術を組み合わせた耐震性、耐久性、断熱性の高い住宅を提供しています。
またZEHについては「NEW ZEH STYLE」と銘打ち、「経済性・健康・防災」を柱とした高い省エネ性能を持つ家を実現。木の持つ自然のぬくもり最先端の技術の融合で家づくりの提案をしてくれます。

◆2019年(平成31年)度のZEH普及実績:51%
引用元:住友林業公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-3.セキスイハイム

セキスイハイム

セキスイハイムは積水化学グループに属する住宅メーカー、「積水化学工業株式会社 住宅カンパニー」によるブランドです。「工場で建てた住宅を現地に運んで施工する」という特徴があります。
「ZEH住宅のさらに先を行く住宅づくり」を掲げており、気密性・断熱性など高い数値を実現しているのに加え、いち早く太陽光発電装置搭載住宅に取り組んでいます。

同社のヒートポンプ式冷暖房を活用した換気システム「快適エアリー」は、ルームエアコンを設置することなく、家のどこにいても快適に過ごすことができるのに加え、エネルギーの節約にも効果的です。

◆2019年(平成31年)度(新築戸建住宅)におけるZEH住宅の比率:北海道を除く都府県にて80%(積水化学工業株式会社 住宅カンパニーによる)
引用元:セキスイハイム公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-4.積水ハウス

積水ハウス

積水化学工業株式会社のハウス事業部として始まり、その後独立した住宅メーカーです。セキスイハイムとは別会社となります。

積水ハウスは2019年(平成31年)7月時点の累計建築戸数が2,448,050戸で世界一という実績があります。自由設計対応、デザイン力の高さはもちろん、進化した独自技術によって実現できる高い耐震性、断熱性、気密性、防犯性能などを兼ね備えています。
ZEHにも積極的に取り組んでおり、「環境と共生する住まいづくり」というコンセプトの元、「快適性」「経済性(省エネと創エネ)」「環境性」を先進技術で支える家づくりを展開しています。

◆2019年(平成31年)度(新築戸建住宅)におけるZEH住宅の比率:87% ※4年連続No.1
引用元:積水ハウス公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-5.大和ハウス

大和ハウス

正式名称「大和ハウス工業」は、大和ハウスグループの中核となる住宅メーカーです。
「強い家をつくろう。」をテーマにした家づくりに取り組んでおり、災害に強い家づくりのほか、豊富な建築実績を元にさまざまな住宅への要望に対応しています。

省エネ性能においては「電気を自給自足する家」として、「全天候型3電池連携システム」を採用。太陽光パネルとエネファームで発電し、蓄電池に貯めることで、雨天下で約10日分の電力確保が可能としています。「自給自足」の名の通り、光熱費も大幅に削減できます。
また断熱性能の高さも特徴です。外壁の外側にも断熱材を施工した「外張り断熱通気外壁」をZEH住宅に導入しています。

◆2019年(平成31年)度におけるZEH普及実績:北海道を除く都府県において41%
引用元:大和ハウス公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-6.パナソニックホームズ

パナソニックホームズ

パナソニックホームズは大阪に本社を置く住宅メーカーで、1963年(昭和38年)に松下電器産業(現在のパナソニック)と松下電工の共同出資で設立されました。

省エネ性能に関しては、パナソニックと共同開発した省エネ空調システム「エアロハス」が人気です。標準的な全館空調よりも大きく電気代を抑えることができるとしています。この「エアロハス」は、省エネ性能を評価され、住宅用全館空調システムでは初めてとなる、2019年度省エネ大賞を受賞しています。
また、「ZEHを上回る住まい=ゼロエコ」を掲げ、エネルギーを「活かす」「創る」「かしこく使う」という3つの柱で、未来を見据えた新しい快適な暮らしの実現を提唱しています。

◆2019年(平成31年)度におけるZEH住宅の普及実績:52%
引用元:パナソニックホームズ公式ホームページ

 
※2020年9月25日現在の情報です

2-7.桧家住宅

桧家住宅

桧家住宅は、ヒノキヤグループの中核をなす住宅メーカーです。同グループには、高い性能を誇る吹き付け断熱材「アクアフォーム」を提供する株式会社 日本アクアも含まれています。

アクアフォームによる吹き付け断熱材とアルミで遮熱する「Wバリア工法」で高い断熱性能を誇り、比較的低価格で導入できる全館空調「Z空調」により、高性能ながら価格を抑えたZEH住宅を建てることが可能です。

◆2019年(平成31年)度のZEH普及実績:43%
引用元:桧家住宅公式ホームページ

 
※2020年9月25日現在の情報です

2-8.三井ホーム

三井ホーム

三井ホームは三井不動産を母体とし、全国にモデルハウスを展開している住宅メーカーです。「オーダーメイドの家づくり」を主軸としています。

三井ホームの住宅は床と壁、屋根の6面を1単位として空間を作る「枠組壁工法」を基本とした「プレミアム・モノコック構法」により、高い省エネ性能を誇ります。

◆2019年(平成31年)度のZEH普及実績:北海道以外の都府県で34%
引用元:三井ホーム公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-9.ヤマダホームズ

ヤマダホームズ

ヤマダホームズは家電量販店最大手のヤマダ電機が100%出資する住宅メーカーです。

ヤマダホームズでは、「ZEHを、自社の提供するスタンダードな新築住宅とする」ことを目標としています。災害に強く、快適性・耐久性などを追求した「Felidia」シリーズなどがあります。
また、冷暖房の設定温度を自動でコントロールしてエネルギーの消費を抑えるなど、家電をインターネットでつなぐIoTを活用した「スマートハウス」づくりに力を入れて取り組んでいます。

◆2019年(平成31年)度のZEH実績:13%
引用元:ヤマダホームズ公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

2-10.ヤマダレオハウス

ヤマダレオハウス

2020年(令和2年)5月にヤマダ電機グループの一員となった住宅メーカーです。2020年2月末の時点で、全国での引渡棟数は28,000を超えています。

ヤマダレオハウスは、環境への負荷などエコロジーについて真剣に考えた、夢や理想だけの家ではない「本当に手が届く進化した家」を提供しています。
また、ヤマダレオハウスはローコスト住宅の提供に定評があり、標準的な住宅より高価格になることの多いZEH住宅においても、他社より安い価格で建てることができるという特徴があります。

◆2019年(平成31年)度のZEH普及実績:10%
引用元:ヤマダレオハウス公式ホームページ 
※2020年9月25日現在の情報です

3.ZEH住宅の普及率や実績【2019年版】

2019年(平成31年)に経済産業省が発表した「ZEHの普及促進に向けた政策動向と平成31年度の関連予算案」によると、2016年(平成29年)度の新築住宅の内、ZEHとして認められた住宅は約4.4万戸、全体の約10.5%という結果でした。

なお上記はZEH住宅Nearly ZEH住宅の数を合わせた数字です。
ZEH住宅が「正味で100%以上省エネを達成したもの」を指すのに対し、Nearly ZEH住宅とは「正味で75%以上省エネを達成したもの」となります。
具体的には、ZEH住宅が7.5%、Nearly ZEHが3%という内訳となっています。

国が定めたZEHに関する目標については、すでにお伝えしたように2018年(平成30年)7月に閣議決定された第5次エネルギー基本計画で「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」となっています。
この目標数値と比べると、全体の実績はまだまだ低いといえるでしょう。

それだけに、ご紹介した10社の普及実績が秀逸であることが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

4.ZEH住宅は補助金を利用できる

ZEH住宅は高い性能を持つ住宅というだけでなく、ZEH住宅の基準を満たしたうえで、補助金申請期間内に申請すれば、補助金を受け取ることができます。

4-1.ZEH住宅の補助金の内容

2020年(令和2年)の戸建住宅にかかるZEH補助金には以下のようなものがあります。

  • ZEH支援事業:60万円/戸
  • ZEHより省エネ基準を25%以上削減し、かつ、さらなる外皮性能の強化などを実現した場合には、ZEH+として認められます。

  • ZEH+実証事業:105万円/戸
  • ZEH+に加えて、蓄電システムもしくは燃料電池、V2H充電電池のいずれかを導入すると、次世代ZEH+として「105万円+α/戸」の補助金を受け取ることができます。

  • ZEH+R強化事業:115万円/戸+蓄電池システムの購入費用2万円/キロワット時(補助対象費の1/3または20万円のいずれか)など
  • ZEH+に加えて、停電時に指定の方法で電源を確保でき、かつ蓄電システムや停電自立燃料電池などを導入した住宅については、ZEH+Rとして認められます。

4-2.補助金申請期間

ZEHに関する補助金の申請期間については、それぞれ年間スケジュールが立てられています。例えば、ZEH支援事業の四次公募は、2020年(令和2年)11月30日から2021年(令和3年)1月8日までとなっています。詳しくは、以下のURLから確認することができます。

参照:2020年の経済産業省と環境省のZEH補助金について

まとめ

いかがでしたか。
この記事では、ZEHの内容や普及実績、ZEHに取り組む住宅会社、ZEH補助金の募集期間などについてお伝えしました。

ZEHにはさまざまな手続きが必要になります。補助金を受けようとするのであれば、普及実績が豊富な会社を選び、申請期間を念頭においた計画を立てることが大切です。
ご紹介した住宅メーカーは、いずれもZEHについての豊富な実績を持っています。興味をもった住宅メーカーから資料を取り寄せる、住宅性能について相談するなどしてZEHの知識を高めるとともに、省エネルギーに貢献できる未来の家づくりに役立ててくださいね。

SNSでもご購読できます