【新築住宅の間取り事例】40坪のメリット&デメリットとおすすめ間取り

40坪は畳にすると「80畳」。㎡に換算すると「約132㎡」の広さです。国土交通省によると、40坪あれば6人が都市で多様なライフスタイルを送るための広さと報告されており、余裕を持った暮らしが可能です。

40坪なら趣味の部屋や書斎など、自分だけの空間を作ることができるでしょう。しかし、何も考えずに間取りを決めてしまうと、後で後悔することもあります。この記事では延床面積40坪を建てる際に知っておきたい間取り例、失敗例を紹介します。

40坪の家のメリット
  • アイランドキッチンなどが導入できる
  • 家族4〜5人が自分の部屋が持てる
  • 吹き抜けで開放的な空間を作れる
  • ビルドインガレージやデッキも実現できる
  • 平屋でも十分な広さ
40坪の家のデメリット
  • 家族構成の変化を見越した間取りを考える必要がある
  • 家が大きいと掃除が大変
  • 効率的に空間を使わないと無駄なスペースが増える
  • 庭やデッキなどへのアプローチを考えることが必要

40坪の家の特徴とおすすめの間取り

・アイランドキッチンで家族の会話が絶えない家に
アイランドキッチンでは両サイドに通路が必要になるため、必要な広さは最低6〜6畳半と言われています。40坪の家なら、ある程度の広さがあるため、アイランドキッチンも余裕で設置できます。家族の顔を見たい、コミュニケーションをもっと取りたいという方には、アイランドキッチンのある間取りがおすすめです。

1-1.【アイランドキッチンあり】40坪のおすすめ間取り例

・吹き抜けで開放感を演出する
40坪の家なら、吹き抜けを利用した開放的な空間を作ることも可能です。吹き抜けがある分2階の面積が減ってしまうというデメリットがありますが、40坪の間取りなら問題ないでしょう。吹き抜け部分に大きな窓を作れば、自然光が入って家全体が明るい印象になります。

1-3.【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例

・ビルドインガレージで雨に濡れずに車に乗る
建物の中に内蔵されているビルドインガレージ。車の整備をしたい方や趣味の道具を置くスペースが欲しい方に人気です。愛車を悪天候から守れたり、荷物や車の乗り降りがスムーズにできたりするというメリットもあります。延床面積の5分の1以下のビルドインガレージなら延床面積に含まれないという緩和措置もあります。40坪なら8坪以下のビルドインガレージが良いでしょう。

1-4.【ビルドインガレージ】40坪のおすすめ間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

1. 40坪のおすすめ間取り例5選

40坪に適した間取り例を、世帯人数やこだわりと共にご紹介します。
家事動線と収納のポイントもわかりやすく解説しているので、参考にしてください。

1-1.【アイランドキッチンあり】40坪のおすすめ間取り例

子供とも愛犬とも楽しく暮らせる間取り

【アイランドキッチンあり】40坪のおすすめ間取り例
【アイランドキッチンあり】40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 洗濯の家事効率を上げたい人
世帯 夫婦2人+子ども2人+犬
坪数(延べ床面積) 40坪
間取り 2階建2LDK(+シューズクローク+フリースペース+ウォークインクローゼット+バルコニー)
費用 約2,300万円

子育てだけでなく、愛犬との暮らしも楽しめるように設計されています。キッチンはアイランドキッチンを採用。料理しながら周りを見渡せるので、子供や愛犬たちの様子を常に見ることができて安心です。家事導線を意識して、キッチンから洗面所、お風呂までを一直線に配置しています。

1-2.【中庭を楽しむ】40坪のおすすめ間取り例

夏はウッドデッキでBBQが楽しめる家

【中庭を楽しむ】40坪のおすすめ間取り例
【中庭を楽しむ】40坪のおすすめ間取り例
【中庭を楽しむ】40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 庭で家族や友人とパーティーをしたい人
世帯 夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 41坪
間取り 2階建て2LDK(+シューズクローク+ウォークインクローゼット+パントリー+ウッドデッキ+バルコニー+小屋裏収納)
費用 約2,650万円

広々したウッドデッキが特徴の間取りです。夏はビニールプールで水遊びやBBQなどを楽しめます。ウッドデッキと洗面室がつながっているので、外で遊んで汚れてしまっても安心。リビングからもウッドデッキにつながっており、庭からの自然光が家の中を明るくしてくれます。

1-3.【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例

ダイナミックな吹き抜けが魅力の40坪の間取り

【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例
【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例
【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 吹き抜けで開放感を作りたい人
世帯 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 42坪
間取り 3階建て3LDK(+シューズクローク+ウォークインクローゼット+バルコニー)
費用 約2,600万円

明るい空間で家族団らんやくつろげるよう、2階をLDKにしてダイナミックな吹き抜けを設置した総3階建ての間取りです。2階のリビングは、昼間、太陽の光のみでも明るいため電気をつける必要がありません。敷地を無駄なく活用し、のびのび快適な生活を送りたい方におすすめの間取り例です。

1-4.【ビルドインガレージ】40坪のおすすめ間取り例

こだわりの趣味が楽しめるガレージのある間取り

【ビルドインガレージ】40坪のおすすめ間取り例
【ビルドインガレージ】40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 趣味を詰め込んだガレージが欲しい人
世帯 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 41坪
間取り 2階建3LDK(+ ガレージ+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット+小屋裏収納)
費用 約2,250万円

ビルドインガレージがあれば、いつでも趣味や愛車のメンテナンスができます。悪天候からも愛車を守ることができるので、車やバイクが好きな方にぴったりの間取りです。2階へ続く螺旋階段からもガレージが見え、好きなものに囲まれた空間を作ることができました。暮らしやすさだけではなく、趣味を楽しむ場所にもこだわった間取りになっています。

1-5.【ゆとりのある平屋】40坪のおすすめ間取り例

趣味室がある平屋

【ゆとりのある平屋】40坪のおすすめ間取り例
【ゆとりのある平屋】40坪のおすすめ間取り例

こんな人に人気 自分だけの趣味の部屋を持ちたい人
世帯 夫婦2人+子供1人
坪数(延べ床面積) 40坪
間取り 3LDK(+土間+ランドリールーム+ウォークインクローゼット+納戸+小上がり+小屋裏収納)
費用 約2,780万円

土間を2つ作り、一つは趣味室にしています。このような間取りを作れるのも40坪ならでは。LDKには畳の小上がりを作ることで、リビングとは違うリラックス空間を設けています。家の中央にあるウォークインクローゼットはランドリールームと並んでおり、キッチンからも廊下からも出入り可能。家事同線も便利なつくりになっています。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2. 40坪の家の費用相場

2-1. 40坪の家の費用相場は?

40坪の家といっても、坪単位により費用は大きく変わってきます。例えば坪単価40万円なら費用は1,760万円ですし、坪単価70万円なら3,080万円です。まずは大まかな予算を考えてから、どのハウスメーカー・工務店お願いするか考えましょう。

2-2. 40坪の家を建てる際の費用シミュレーション

全国平均の坪単価68万円で40坪の家を建てる時の費用をシミュレーションしてみましょう。

【例】40坪の注文住宅を建てた場合

40坪、木造2階建て3LDKの注文住宅の費用シミュレーションです。

建築費用合計:約2,720万円
<内訳>

建築本体工事費:約1,904万円
付帯工事費、別途工事費:約544万円
その他諸費用:約272万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

以上、40坪の注文住宅の費用の目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

家を建てる費用はいくら必要?建てられる家のイメージは?予算金額の目安を解説!

3. 40坪の家を建てる前に!失敗例からわかる注意点

3-1.【計画段階】家事動線を考えて間取りを設計しなかった

朝の時間は洗面所が大渋滞……

40坪の広さを生かし、ランドリールーム、洗面所、脱衣所を同じ場所に作りました。ところが実際生活し始めると、朝の時間は洗面所と脱衣所に家族が集中します。使い勝手を考え、水回りを同じ場所に作ったのですが、人数が多いと後ろが通りにくい。家事同線だけでなく、家族の生活導線もしっかり考えてから間取りを決めればよかったです。

注意点:家族全員の生活パターンを考えて検討する

家族の行動パターンをイメージしながら間取りを考えましょう。特に家族が同じ生活サイクルで活動している場合、洗面台や脱衣所は混雑します。その場合は洗面所・脱衣所を分けた間取りが良いでしょう。
逆に生活サイクルがバラバラなら、洗面所や脱衣所は同じ場所にする方がスペースをうまく使えます。

家に住む人全員の生活サイクルを洗い出し、どのような間取りならスムーズなのかをハウスメーカー・工務店や設計士と入念に打ち合わせすることが大切です。

3-2.【設備】視線が気になる

オープンキッチンにしたら物を出しっぱなしにできなくなった

40坪と余裕があるため、憧れのアイランドキッチンを導入しました。しかしキッチンが常に見える状態になってしまったので、来客時には片付けが大変。スボラな私にはオープンキッチンは向いていない気がします……。

注意点:パーテーションなどで目隠しも可能

オープンなアイランドキッチンは開放感があるものの、その分いろいろなものが見えてしまいます。そのため、散らかっているところを見られたくないという方はきれいな状態を保っておく必要があるでしょう。

しかし、どうしても外部からの視線が気になるという場合は、パーテーションを作ったり棚を設置したりすることで目隠しできます。左右に壁がある場合は、突っ張り棒などでカーテンを設置することも可能です。

3-3.【設備】冷暖房効率が悪くなった

吹き抜けにしたら温まるのに時間がかかるように……

家全体を明るくしたくて吹き抜けを作りました。明るさや開放感は出せたのですが、暖房効率の悪さに後々気付きました。最近はテレワークで家にいることが多くなったこともあり、光熱費が割高に。暖房効率を考えるべきでした。

注意点:断熱性・機密性が高い家を選ぶ

冷暖房効率が悪いと、光熱費が高くなるだけでなく空調の効きも悪くなります。開放感だけを求めてしまうと、夏や冬に過ごしにくくなるので注意しましょう。

冷暖房は間仕切りを作ったり、吹き抜けにシーリングファンを設置したりすることで解決できます。年間を通して快適に過ごせる空調換気システムのあるハウスメーカー・工務店も多いので、相談するとよいしょう。

3-4.【予算】予算がオーバーしてしまった

こだわりを詰め込みすぎたので、当初の予算を大幅にオーバーしました

坪単価だけを見ていたら、予算オーバーしました。住宅ローンの諸費用や解体工事費なども必要です。本体価格だけでなく、その他にかかる費用も入念に調べる必要がありました。

注意点:詳細な見積もりを複数のハウスメーカー・工務店 から出してもらう

ハウスメーカー・工務店によって本体価格以外にかかる費用は異なります。複数のハウスメーカー・工務店から詳細な見積もりを出してもらい、入念な比較検討を行いましょう。

こだわりを持つことは良いですが、予算を大幅にオーバーしてしまいローン返済に苦労しては意味がありません。抑えたい予算を明確に決め、ハウスメーカー・工務店の担当者にもしっかり伝えましょう。

40坪の注文住宅の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

注文住宅新築でよくある失敗とは?後悔しないための注意点

4. 40坪の家を建てるのにおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.セキスイハイム

セキスイハイムは耐震耐熱構造の家づくりを行うハウスメーカー・工務店です。いつ起こるか分からない地震や火災から家族を守るために、高い耐久性は欠かせません。また「あったかハイムが待っている」は秋冬の暮らしは暖かく快適。四季の変化にも対応し、気持ちよく暮らせる住まいを提供してくれます。

グランツーユー平屋

40坪あれば、人気の平屋でもゆったりした暮らしを実現できます。「グランツーユー平屋」は、絵画のような窓から庭の緑とつながれるゆとりの住まいづくりに最適な商品です。和風、洋風、和モダンンなど外観デザインもいろいろ選べます。

セキスイハイム ホームページ

セキスイハイムの平均坪単価は87.6万円!実際の費用内訳とやばい口コミ・評判、選んだ理由を大公開!

4-2. 三菱地所ホーム

三菱地所ホームは、人の一生を思う住まいづくりに向き合うハウスメーカー・工務店です。自由設計で、住まう人の暮らしや見えないニーズまで考えた家を、最新技術と多くの実績から得たノウハウでかなえてくれます。高品質なサービスで、ずっと安心して暮らせる家を提供しています。

EXTRA(エクストラ)

三菱地所ホームの「エクストラ」は、世界一つの特別な住宅づくりを行ってくれる三菱地所のこだわりの商品です。工法にこだわらず、お客様の要望によって最適な工法を提案。強さと美しいデザイン性を兼ね備えた上質なオンリーワンを提供してくれます。工法からフルオーダーができるので、最上のこだわりを住まいに求める方におすすめです。

三菱地所ホーム ホームページ

4-3.三井ホーム

三井ホームはおしゃれな外観が人気のハウスメーカー・工務店です。欧米のクラシカルなデザインと現代の技術を混ぜ合わせた洋風デザインは女性からの人気があります。また耐震性・断熱性・耐久性にも優れており、デザイン性と耐久性を重視したい人におすすめです。

chouchou(シュシュ)

「シュシュ」は、「あったらいいな」をかなえる家がコンセプト。家族の暮らし方や思いを考え、時間の使い方も含めた空間づくりを提案してくれます。毎日にゆとりを生むヌックや、広々快適なアイランドキッチンを設置したい方にもおすすめです。

三井ホーム ホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

40坪の注文住宅には、さまざまなこだわりを詰め込める可能性がたくさん。いろいろな間取りを見て、自分の理想や家族の暮らしをイメージした設計をしていくことが大切ですよ。

この記事では、40坪の間取り例を5つ紹介しました。さらに、費用相場や失敗からわかる注意点、おすすめのハウスメーカーもお伝えしていますので、ぜひ参考に、理想の住まいづくりを実現してくださいね。

40坪の注文住宅おすすめ間取りは?

40坪におすすめの間取り例5つをご紹介します。

1-1.【アイランドキッチンあり】40坪のおすすめ間取り例
1-2.【中庭を楽しむ】40坪のおすすめ間取り例
1-3.【吹き抜けあり】40坪のおすすめ間取り例
1-4.【ビルドインガレージ】40坪のおすすめ間取り例
1-5.【ゆとりのある平屋】40坪のおすすめ間取り例

40坪の注文住宅の費用相場は?

40坪の家といっても、依頼先の坪単位により費用は大きく変わってきます。例えば坪単価40万円なら費用は1,760万円、坪単価70万円なら3,080万円です。

この記事では、実際の40坪の注文住宅の費用シミュレーションをご紹介しています。

40坪の注文住宅づくりの失敗例は?

これらの失敗例と、その注意点と対策は「3. 40坪の家を建てる前に!失敗例からわかる注意点」で解説しています。

40坪の注文住宅ならおすすめのハウスメーカーは?

おすすめの理由と、そのなかでもおすすめの商品は「4. 40坪の家を建てるのにおすすめのハウスメーカー3つ」で解説しています。

40坪に注文住宅を建てる方は、ぜひこの記事をお役立てください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。