和モダンの家の間取り、演出ポイントを徹底解説!おすすめのハウスメーカーも紹介

和モダンの家 間取りや成功のコツを解説

今、さまざまなシーンで、和風のテイストと現代的なデザインとをミックスさせた和モダンやレトロ風のものが人気です。建築やインテリアの方面でも、和モダンな家やインテリアを目にすることが多く、人気のある家のデザインの一つになっています。

注文住宅での家の建築を検討している方の中にも、和モダンを取り入れた雰囲気のある家にしたいと考えている方もいることでしょう。または、どのようなポイントを押さえれば、センス良く和モダンの家が建てられるかと悩んでいる方もいるかもしれません。

この記事では、以下の内容をくわしく説明します。

この記事を読んだらわかること
  • 和モダンで家を建てる際に参考となる間取りの実例
  • 和モダンの家を演出するポイント
  • 和モダンの家を建てたい方におすすめのハウスメーカー

和モダンの家の建築を検討している方だけでなく、和モダンの家に興味のある方も、ぜひ一読してみてください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

1.和モダンの家とは

和モダンの家

「和モダン」とは、単なる和風や和洋折衷ではなく、和風のテイストをシンプルで現代的なデザインに取り入れ、融合させたデザインを示しています。

たとえば、次のようなデザインは「和モダンの家」であるといえます。

  • 現代的でモダンな室内に障子や畳を取り入れる
  • モダンな住宅に和室や広縁(縁側)を取り入れる
  • 格子状の柵や引き戸を設ける
  • 日本家屋に使われていた自然素材(漆喰や木材)を取り入れる
  • 和風の家にモダンな家具や建具を置く
  • 古民家風に木材の柱や梁を見せる設計にする

ここでは、和モダンの家とはどのようなものなのか、なぜ人気があるのか、どのような人におすすめなのかなどを説明します。まず、和モダンの家について理解を深めましょう。

1-1.和モダンの家が人気の理由!ローコストでも実現できる

現在人気があるのは、素材の質感を大切にして色味や装飾性を抑えた、シンプルかつモダンで飽きにくいデザインやインテリアです。このシンプルモダンと和のテイストは相性が良く、「和モダン」は次のような理由で人気があると考えられます。

  • シンプルだけでなく和の落ち着いた雰囲気がある
  • 機能的でスタイリッシュな中にも温かみがある
  • アレンジがしやすくセンスを活かすことができる
  • 海外でも和のテイストを取り入れたインテリアやオフィスが人気になっている

また、和モダンをはじめとしたシンプルモダンなデザインは、装飾性が多いデザインよりも作る際にコストを抑えやすいというメリットもあります。シンプルで装飾性が少ないデザインの和モダンの家も、建て方や建材を工夫すれば通常のデザインよりもローコストで建てることが可能です。

シンプルでセンスが活かせるだけでなく、ローコストでもスタイリッシュかつ落ち着いた雰囲気の家を実現できる点が、和モダンの家が人気となっている理由だと考えられます。

1-2.和モダンの家はこのような人におすすめ!

しっとりとした和風のテイストとモダンなデザインとが絶妙のバランスで融合している和モダンの家は、シンプルなデザインを好み、落ち着きやくつろぎを求めるだけでなく、スタイリッシュなデザインを活かしたいといった次のような人にもおすすめです。

  • 落ち着いた空間や大人の印象のインテリアが好きな人
  • シンプルでかっこいいイメージの家に住みたい人
  • モダンと和の温かみの両方が備わった家に住みたい人
  • センスを活かした一味違うデザインの家を建てたい人

さらに、ローコストでおしゃれな落ち着いた雰囲気の家を建てたい人にも向いていると言えるでしょう。

自分が考えている予算内でスタイリッシュな和モダンデザインの家を実現したい場合、大切なのが「ハウスメーカー選び」です。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.和モダンの家のおすすめ間取り実例

ここでは、実際に和モダンの家を建てる際に参考にできる、おすすめの代表的な間取り実例をご紹介します。外観だけでなく間取りも工夫すれば、より快適な和モダンの家を作り上げることができるでしょう。

和モダンだけでなく和風に寄せた間取りもご紹介します。和モダンの家や和風の家が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.【2階建て】広縁のある和モダンな家の間取り

【2階建て】広縁のある和モダンな家【2階建て】広縁のある和モダンな家

こちらの和モダンな2階建ての間取りは、延床面積が35坪です。中央に階段を配置し、左右で部屋を分けています。1階にある和室には、建物の内側に配した広縁(縁側)があるのが特徴です。特に2階にあるインナバルコニーはランドリースペース・収納部屋、廊下と繋がっているため、自由に行き来することができます。

広縁(縁側)は光が入りやすい環境を作ることで、空間自体に和の要素が加わりやすくなります。さらに庭とのつながりも含めて広がりを考えるとよいでしょう。

▶【広縁(縁側)】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-2.【2階建て】ビルトインガレージのある和モダンな家の間取り

xevoΣ
xevoΣ
引用:ダイワハウス「xevoΣ

延床面積約67坪で、2台分のビルトインガレージが取り入れられている和モダンの家の間取りです。1階の屋根とビルトインガレージの屋根とが続いているため、昔の日本の民家を彷彿させるような、大きな瓦の屋根が特徴的な家になっています。

間取りのポイントは、中央部に設けられた中庭と、中庭を囲むように配置された内縁と外縁の縁側です。中庭を和風にしつらえれば、玄関やリビング、ダイニングから眺めて和を感じることができます。室内を落ち着いたトーンでまとめれば、それだけで十分に和モダンの家を演出することができるでしょう。

▶【ビルトインガレージ】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-3.【平屋】小さな和風の家の間取り

【平屋】小さな和風の家

下の間取り図の平屋は約28坪程度の広さですが、廊下と居室とで回遊できるようになっている間取りと収納スペースの工夫から、居住スペースが広く取れている点が特徴です。畳コーナーのように設けられた和室は、必要に応じて引き戸を閉めて部屋として使うことができるようになっています

また、リビングと和室が縁側でつながっていることで、自然光が部屋をつなぎ、開放感が高まります。庭やガーデニング、自家菜園などを楽しみたい方にもおすすめの間取りです。

▶【回遊動線】など、自分に合う他の間取りを比較する

2-4.【平屋】続き間のある純和風屋敷の間取り

【平屋】続き間のある純和風屋敷の間取り
引用:ダイワハウス「xevoΣ

こちらでご紹介するのは、和モダンよりも純和風に近い平屋の間取りです。延床面積は約62坪あります。純和風の屋敷にふさわしい6畳と8畳の和室の続き間を設け、広縁とテラスになっている外縁を通して庭を眺められる間取りです。

モダンなイメージのリビングとダイニングの外は、和室から望む和風の庭と趣が異なる石のタイルテラスと芝生になっています。純和風に近い平屋ですが、所々に和モダンの要素を取り入れている点が特徴です。

▶【続き間】など、自分に合う他の間取りを比較する

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し 完全無料
プラン作成サービスを詳しく見る

3.和モダンな家の演出ポイントと実例

和モダンをうまく取り入れた家づくりをするには、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。ポイントの一つひとつと具体的なコツについて見てみましょう。

3-1.和モダンな家の内装

まず、和モダンな室内の演出をするために押さえておきたいポイントをご紹介します。これらのポイントは、家を建てる時だけでなく、部屋のリフォームや模様替えをして和モダンを演出する際にも役立つのでおすすめです。

それぞれのポイントをうまく組み合わせて、思い描いているような和モダンの室内をセンス良く作り上げましょう。

リビングのトーンを抑える

リビングリームを和モダンにするには、まず全体を抑えたトーンにすることが大切です。具体的には、部屋の家具やカーテン、クッション、ラグなどを彩度の低いグレーやブラウンなどでまとめましょう。

また、リビングルームのトーンを抑えるには、光の使い方も大切です。部屋全体を明るく照らすのではなく、間接照明スタンドなどを使って陰影をつけると全体の光のトーンを抑えることができます。

家を建てる際に、光源が直接見えない間接照明やダウンライトを建築照明として天井や壁に組み込んでおいても良いでしょう。

天井や壁、床は素材と色がポイント

格子系建具天井・壁・床は、全体的に抑えた色目やテイストでまとめると落ち着いた雰囲気になります。床の一部分を畳敷きにしたり、壁を漆喰や塗り壁にしたりするのも、和風のテイストと取り入れるのに役立ちます。

しかし、すべてを木目や和風に仕上げるのではなく、モダンな印象をポイントとして取り入れると和モダンの演出に効果的です。鉄やガラスなどの素材を伝統的な素材を組み合わせてみても良いでしょう。

格子状のデザインや引き戸を出入口に使う

格子系建具和モダンの部屋の出入口や仕切りには、障子のような格子状のデザインを取り入れると効果的です。また、内外に開くドアではなく、引き戸を用いるのも和モダンの演出ポイントの一つだと言えるでしょう。

また、和を感じる室内にするには、自然光を上手に活用するのが効果的です。適度な光が入るように工夫しましょう。カーテンではなく、やわらかく光を通す障子のようなロールカーテンや自然素材のブラインドなどを取り入れるのも効果的です。

3-2.和モダンな家のサイディング(外観)

和モダンの家の外観は、必ずしも和風にしなければならないわけではありません。外観が都会的なキューブ型住宅で、室内が和モダンというギャップを楽しむということも可能です。

しかし、外観にも和風のテイストを取り入れたい場合は、いくつかポイントがあります。特に家の外観に影響を与えるポイントを見てみましょう。

シンプルで大きな屋根のデザインにする

格子を使ったモダンな家・外観家の外観に和モダンを取り入れる際は、屋根の形や造りは大胆でシンプルなものがおすすめです。陸屋根や切妻屋根など、さまざまな形状の屋根がありますが、複雑に組み合わせるデザインではなく、大きな屋根が家を覆っているようなスタイルにすると和風のイメージが演出できます。

落ち着いた色味と素材のバランスを活かす

家の外観の色味と素材のバランスも、和モダンの演出の重要なポイントです。彩度の強い色は避け、白やグレー、黒、木目(ブラウン)といった落ち着いた色を数色組み合わせて、バランスよく配置しましょう。

そして、玄関や門からのアプローチ、テラスといった場所に、アイアンやタイル、テラコッタなどの素材を組み合わせることで、和風の外観にモダンな印象をプラスできます。

和風の庭と和を演出する縁側と取り入れる

和風の庭と和を演出する縁側縁側和風の庭も、和モダンの家の演出に効果的です。家と家の外を繋ぎ、廊下の役目もする縁側には、家の内側にあるくれ縁と外側にある濡れ縁があります。ウッドデッキやサンルームとは違った和風の趣を取り入れたい場合におすすめです。

また、庭に和風のテイストを取り入れるのも和モダンの演出になります。石や砂利を上手に配置し、竹や石材といった自然の素材の垣根や柵を部分的に取り入れてみても良いでしょう。庭が作れない場合は、小さな坪庭を作るのもおすすめです。

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

4.和モダンの家を成功させるコツ

和モダンを演出するポイントを押さえることは大切ですが、それだけで思い通りの和モダンの家が建てられるわけではありません。
ここでは、演出ポイント以外に、和モダンの家づくりを成功させるために何が欠かせないかを説明します。

4-1.イメージをしっかりと伝える

和モダンと一口に言っても、さまざまなデザインやイメージがあります。そのため、建てたい和モダンの家のイメージがあるならば、そのイメージを明確にしたうえで、建築を依頼するハウスメーカーにしっかりと伝えることが大切です。

どのような和モダンの家にしたいのか、具体的な画像や間取りを準備しておくとハウスメーカーに建てたい家のイメージを伝えやすくなります。気になるデザインの家やインテリアの写真などを見つけたら、集めておくと良いでしょう。

4-2.設計とデザインが重要ポイント

イメージ通りの和モダンの家を建てるには、家の設計とデザインが何よりも重要になってきます。いくらイメージが豊富にあっても、そのイメージを具体化できなければ意味がありません。

希望する和モダンの家を実現するには、希望を叶える設計やデザインができるハウスメーカーを選ぶことが大切です。イメージをしっかりと伝えたうえで、そのイメージをどれだけ実現してくれるかが、和モダンを建てる際のハウスメーカー選びのポイントになると言えるでしょう。

4-3.メンテナンスや管理、住みやすさのことも考える

和モダンの家を建てる際は、どうしてもデザインや間取り、外観などに注視しがちです。しかし、メンテナンスや管理、住みやすさといった点にも注意する必要があります。

どのような家であっても定期的なメンテナンスは必要ですが、特に木材や漆喰、和紙といった自然素材を多く使っている和モダンの家の場合、通常の家とは違った手入れが必要になることがあるからです。

さらに、引き戸や障子を取り入れている場合、設置方法によっては隙間風が入ってきたり隣室の音が気になったりすることがあります。和モダンを取り入れたことによって住みやすさが損なわれることのないよう、イメージを重視するだけでなく、プロに相談して、しっかりと設計や間取りの計画を立てることが大切です。

4-4.家の性能とデザインの費用バランスを考える

和モダンの家を建てたいという希望だけで家づくりを進めてしまうと、イメージばかりが先行してしまい、気がつくと予算を大幅に超えていたということになりかねません。家づくりを成功させるためには、イメージだけでなく、家の性能とデザインの費用のバランスを考えることが不可欠です。

しかし、希望のデザインやイメージを作り上げるのはいくらぐらいかかるのか、どの程度のデザインまでなら予算内で収まるのかといったことをどのように調べれば良いのかわからない方も多いことでしょう。

夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。

和モダンの家を成功させるためにも、ぜひ「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」で、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらい、具体的なイメージを持ってプランニングを進めてみてください。

モデルハウスや営業所の訪問前に間取りプランを検討できるため、失敗のリスクを大きく軽減することができます!

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

5.和モダンの家を建てるおすすめハウスメーカー3選

和モダンな家を建てたいという方におすすめのハウスメーカーをご紹介します。

5-1.ミサワホーム

MJ Wood
引用:ミサワホーム「MJ Wood

ミサワホームの木造住宅商品「MJ Wood」シリーズには、和のテイストをおしゃれに取り入れたプランがたくさんあります。外観だけでなく、玄関などの細部にも和モダンのデザイン性が活かされています。また、性能もしっかりと備わっている家づくりをしたい方にもおすすめです。

出典:ミサワホーム 公式HP
▶ミサワホームの坪単価・口コミはこちら

5-2.ヤマダホームズ

Felidia 平屋
引用:ヤマダホームズ「Felidia 平屋

ヤマダホームズはヤマダ電機のグループ会社で、家の中の快適さや最先端のスマートハウスなどの取り組みに熱心なハウスメーカーです。日本らしいデザインを組み入れた住宅のデザインにも定評があります。
デザイン性だけでなく、住みやすさや居心地の良さも一緒に考えてくれるため、おすすめのハウスメーカーです。

出典:ヤマダホームズ 公式HP
▶ヤマダホームズの坪単価・口コミはこちら

5-3.一条工務店

一条工務店
引用:一条工務店「百年

より和の要素が強い和モダンな家を建てたい方には、一条工務店の「百年」の家がおすすめです。和室や縁側など、伝統の和のデザインを押し出すことができます。もちろん、和が強いデザインだけでなく、要望によってモダンの要素を上手に取り入れたデザインも応じてくれるため、ご安心ください。

出典:一条工務店 公式HP
▶一条工務店の坪単価・口コミはこちら

以上が、和モダンの家を新築するうえでおすすめのハウスメーカーです。
もちろん、今回ご紹介したハウスメーカー以外にも、和モダンの住宅プランを提案してくれるハウスメーカーはたくさんあります。

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらうのが一番。
そこでおすすめなのが、家づくりのとびらの無料サポートサービスです。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

シンプルモダンなデザインが好まれる現在、和風とモダンをミックスさせた和モダンの家の人気が高まっています。現代的な家づくりに和風のテイストをセンス良く取り入れるためには、いくつかの演出ポイントを押さえておくことが大切です。希望する和モダンの家のイメージがある場合は、意識して写真などを集めておくとよいでしょう。

この記事のポイント まとめ

和モダンを取り入れた家の間取りのポイントは?
  • 縁側や中庭を活用して和モダンな空間を演出する
  • ビルトインガレージ部分は屋根をつなげることで長屋のような雰囲気になる
  • 平屋は和モダンの雰囲気を作りやすい
  • 和室とウッドデッキをつなげることで縁側のような雰囲気が出る
  • 和室を2部屋つなげることで「続き間」ができ、開放的な空間となる

具体的な間取り図を見たい方は「2.和モダンの家のおすすめ間取り実例」の各項目をご参照ください。

和モダンの家を演出するポイントは?
内装のポイント
  • リビングのトーンを抑える
  • 天井や壁・床は素材と色がポイント
  • 格子状のデザインや引き戸を出入口に使う
サイディング(外観)
  • シンプルで大きな屋根のデザインにする
  • 落ち着いた色味と素材のバランスを活かす
  • 和風の庭と和を演出する縁側と取り入れる

もっと詳しく知りたい方は「3.和モダンな家の演出ポイントと実例」をご一読ください。

和モダンの家を成功させるコツは?
  • イメージをしっかりと伝える
  • 設計とデザインが重要ポイント
  • メンテナンスや管理、住みやすさのことも考える
  • 家の性能とデザインの費用バランスを考える

詳細は「4.和モダンの家を成功させるコツ」をご参照ください。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。