ダイニングにこだわった間取り例と費用相場|失敗例に見る4つの注意点

ダイニングルーム 間取り例とメリット・デメリット

注文住宅を建てる際、ダイニングといえば、リビングとダイニングとキッチンが一緒になったLDKのみだと思っていませんか?ダイニングにはさまざまなタイプがあり、暮らし方によってどんなダイニングがよいかを考えるのがおすすめです。

ダイニングとは

ダイニングルーム(ダイニング)はキッチンやリビングからも独立した部屋を指し、いわゆる「食堂」や「食事室」を指しています。
家族との団らんや来客時の対応など生活と密着しているダイニングは重要視している方も多くいます。

間取りでは、以下の4タイプがあります。

  • D=独立したダイニング
  • DK=キッチンとダイニングが一体型にしたタイプ
  • LDK=キッチンとダイニング、リビングまでが一体型にしたタイプ
  • LD=キッチンを独立させ、ダイニングとリビングを一体型にしたタイプ

一般的に「LDK」として、ダイニングがキッチンやリビングと一緒に作られているケースが多くありますが、最近では「独立ダイニング」や「キッチン一体型ダイニング」など、使い勝手を工夫した間取りも人気になっています。

この記事ではダイニングのメリット・デメリットや工夫されたダイニングのある間取り例などを紹介していきます。

工夫されたダイニングのメリット
  • Dなら生活感が見えにくい
  • DKなら食事の臭いや煙がほかの部屋にもれにくい
  • DKまたはLDKなら効率の良く調理家事ができる
  • LDKなら家族とのコミュニケーションが増える
ダイニングのデメリット
  • LDKは冷暖房の効率が悪くなる場合がある
  • LDKは料理の臭いがリビングにも広がりやすい
  • DやDKはリビングにいる家族とのコミュニケーションを確保しづらくなる
  • Dは料理を運ぶ手間が増える

機能的なダイニングの間取りとは

・二世帯が上手に暮らせる間取り
二世帯で暮らす場合、リビングは親世帯もくつろぐスペース。ダイニングを独立させることで、「会社や学校など忙しい子世帯の食事はダイニングで」「のんびり家族の団らんはリビングで」と分けることができます。また、独立型のダイニングにすれば、キッチン周りの収納や家電の配置を自由に配置しやすくなるでしょう。

1-4.【40坪台】工夫したダイニングの間取り例

・生活動線の無駄をカットできる
ダイニングは食事の度に使用するので、生活のなかでの使用頻度が高い場所です。キッチンとダイニングをくっつけて設置することで、料理を運んだりお皿を片付けたりする作業の手間を少なくすることができます。また、キッチンとダイニングの距離を近づけておくことで、子供の存在を感じながらも、火や包丁から子供を遠ざけた状態で安心して調理が行えます。

1-2.【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

・掃除の頻度を減らせる
LDにすると掃除しやすくなります。食事をするダイニングやくつろぐリビングは、小さい子供がいると特に食べこぼしや飲みこぼしなどで汚れることが多い場所です。LDにすればまとめて掃除ができます。また、キッチンだけ独立しているので、LDに油跳ねがないのもメリットです。

1-1.【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社の間取りプラン作成依頼が可能!

1.タイプ別ダイニングの間取り例5選

ダイニングを工夫した代表的な間取り例を、建物の延床坪数やタイプ別に5つ紹介していきます。

どんな人に人気の間取りか、費用はいくらくらいかかるのかも記載していますので、ぜひ参考にしてください。

1-1.【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

狭小地でも開放感のあるデザイン

【30坪台】工夫したダイニングの間取り例
【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

こんな人に人気 狭小地でも部屋を広く見せたい人
世帯(想定) 夫婦+子供2人
延床面積 約30坪
間取り 2階建て3LDK(+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット+バルコニー)
本体価格 約1,800万円

キッチンを1階のコーナーに作り、リビングダイニングから窓の外のウッドデッキまで見渡せる視覚的広がりを工夫した間取りです。調理しながらでも家族を側で感じることができます。子供部屋はつながった空間ながらも中央に壁をつくることで、個室間隔で利用できます。狭小地の住宅でありながら、空間にゆとりを感じられる工夫が成功している例といえるでしょう。

▶【ウッドデッキ】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-2.【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

ミニマルで家の隅々まで目が届く安心のデザイン

【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

こんな人に人気 ミニマルでコンパクトに暮らしたい人
世帯(想定) 夫婦+子供1人
延床面積 30坪
間取り 平屋3LDK(+シューズクローク)
本体価格 約2,000万円

カウンターを設置したキッチンと一体型のダイニング。限られたスペースを有効的に使用しており、調理後や食事後のお皿の運ぶ距離がほとんどないので効率よく片付けることができます。有効活用して広くなったリビングでは、子供とゆったり過ごせます。

▶【キッチン一体型ダイニング】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-3.【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

回避できる動線設計で快適

【30坪台】工夫したダイニングの間取り例
【30坪台】工夫したダイニングの間取り例

こんな人に人気 家の中での生活効率を重視する人
世帯(想定) 夫婦+子供
延床面積 約35坪
間取り 2階建て5LDK(+シューズクローク+ウォークインクローゼット+バルコニー)
本体価格 約2,000万円

家事効率を考え、玄関から水回りを回遊できる間取りですキッチンの横には、子供が勉強できるスタディーコーナーも設け、料理をしながら見守ることができ安心です。リビングダイニングの横に一部屋設け、将来親の介護が始まっても面倒を見やすい間取りになっています。

▶【回遊動線】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-4.【40坪台】工夫したダイニングの間取り例

子世帯の独立したダイニングがある家

【独立型】工夫したダイニングの間取り例
【独立型】工夫したダイニングの間取り例

こんな人に人気 落ち着いて食事を楽しみたい人
世帯(想定) 夫婦+子供1人+母1人
延床面積 約44坪
間取り 2階建て4LDK(+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット+納戸+書斎コーナー+バルコニー)
本体価格 約3,300万円

こちらは2世帯住宅で、子世帯に独立型ダイニングを設けた間取りです。親世帯は専用のキッチンと和室で、気兼ねなく食事ができます。会社や学校へ行く子世帯は、カウンターキッチンと独立ダイニングを設け、落ち着いて食事をできるスペースを確保しています。中央のリビングは親世帯と子世帯の共有空間として、家族が好きなときにくつろげる空間になっています。

▶【2世帯住宅】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-5.【50坪台】工夫したダイニングの間取り例

太陽の光を浴びながら家族団らん

【50坪台】工夫したダイニングの間取り例
【50坪台】工夫したダイニングの間取り例

こんな人に人気 自然光で明るいイメージを大切にしたい人
世帯(想定) 夫婦
延床面積 約57坪
間取り 2階建て3LDK(+ガレージ+シューズクローク+パントリー+サンルーム+ウォークインクローゼット)
本体価格 約3,500万円

大きな窓を設置することで暖かい日の光が差し込んでくるLDKを実現した間取りです。アイランドキッチンを採用に、調理中も窓の外の景色を楽しめます。フローリングの床からの木のぬくもりも相まって全体的に優しい印象の住まいです。主寝室以外に夫婦それぞれの部屋があり、子供ができたときは子供部屋にすることが可能です。

▶【大きな窓】など、自分に合う他の間取りを比較する

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し 完全無料
プラン作成サービスを詳しく見る

2.ダイニングを工夫した注文住宅の費用相場とシミュレーション

2-1.ダイニングの費用相場

ダイニングの費用相場は、LD・LDK・DK・Dなどの間取りによっても変わります。また、どんな素材を使うかなどでも変わってくるでしょう。

すでにあるダイニングをリフォームする場合は、撤去費と新たな設備の設置費用などがかかり、50万円~100万円程度かかるのが一般的です。

新築の注文住宅の場合はいくらかかるのか、実際の事例で費用シミュレーションをご紹介します。

2-2.こだわりのダイニングのある注文住宅の費用シミュミレーション

【例】こだわりのダイニングを実現した注文住宅の費用

こちらは33坪、2階建て3LDK。LDKのコーナーにぴったりサイズの壁付のベンチチェアとこだわりの高さや素材のテーブルをオーダーした注文住宅の費用相場です。

建築費用合計:約2,200万円

<内訳>

建築本体工事費:約1,540万円
付帯工事費、別途工事費:約440万円
その他諸費用:約220万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

土地の購入が必要な場合は、上記の相場に加え、土地代も必要になります。
また、ハウスメーカーによって設備のグレードや坪単価は異なるため、家づくりの資金計画を練る際には、複数のハウスメーカーから見積もりを提出してもらい、比較しましょう。

家づくりのとびらの無料サポートサービスなら、検討の進め方に合わせてプランニングを進めることができますよ。
難しい費用計画も一気に進むので、ぜひ以下の詳細をご覧ください!

家づくりの費用計画を助ける!
「家づくりのとびら」無料サポートサービス

実際の見積もりを
複数比較・検討したい

簡単なスマホ入力だけで、複数のハウスメーカーの見積もりが無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

資金計画や補助金活用の
コツが知りたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに、自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

3.こだわりダイニングをつくる前に!失敗例からわかる注意点

3-1.【設備】インテリア代が高くついた

意外とインテリアが高い

憧れのおしゃれなダイニングを実現したかったのですが、ダイニングテーブルなど意外と費用がかかりました。

注意点:DIYで安く済ませる

新築の家、ダイニングにこだわりたい気持ちは分かりますが、費用の総額にはほかの費用とのバランスを考えることが必要です。特にオーダー家具は費用がかさむ可能性があります。

どうしても理想のサイズや色にこだわりたい方は、DIYで費用を抑えることも可能です。
新築時はどうしてもお金がかかるので、最低限のものをそろえて、あとからお気に入りのものを購入し、出費を分散するのも大切ですよ。

3-2.【計画段階】コミュニケーションが減った

時間差で食事すると一人でさみしく感じる

独立ダイニングにしたのですが、キッチンも独立になり調理中に少し寂しさを感じるようになりました。また、仕事後など時間差で食事するときも一人なので、家族との会話が減りさみしいです。

注意点:リビング側との窓を設ける

独立ダイニングにした場合、キッチンも独立し、ダイニングとも隔てられることになります。そのため、料理中や一人で食事するときは家族とコミュニケーションが取りづらいことがあるでしょう。

独立ダイニングにする場合でも、キッチン側やリビング側に小窓や開口部をつけることで、家族の会話も聞こえてきたり、会話に参加できたりと孤独感を感じづらくなります。

3-3.【計画段階】料理を運びづらかった

ダイニングまでの距離が遠く、料理を運びづらい

料理の臭いを生活空間に広げないためキッチンを独立させ、リビングダイニングとの間にパントリーを設置したところ、キッチンからの距離が遠く、料理を運ぶ手間がかかってしまいます。毎日のことなので面倒くさいです。

注意点:生活動線を考える

キッチンからダイニングの距離が遠くなると、料理や食べ終わったお皿を片付けるのに時間がかかってしまいます。
家族が協力して運ぶといっても、食事は毎日のことなので手間になります。

独立キッチンを検討しているのであれば、キッチンからリビングダイニングまでの生活動線は最適かを考えておきましょう。

3-4.【お金】建築費用がかかる

思った以上に建築費用がかかる

費用はある程度かかると思っていましたが、自分のこだわりを全て叶えたら、かなりの費用がかかりました。

注意点:ダイニングの用途を検討

ダイニングはこだわればこだわるほどお金がかかります。間取りの動線のこだわりやダイニングテーブルや椅子のこだわり、リビングダイニングで共有できる吊り下げ式のテレビなど、さまざまなことで費用が変わってきます。

全体の建築予算の配分を考えたえうで、リビングに使える費用を算出しておくとよいでしょう。

以上が、ダイニングに関する失敗例と注意点です。夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。

こうした失敗・後悔を避けるためにも、ぜひ「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」で、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらい、具体的なイメージを持ってプランニングを進めてみてください。

モデルハウスや営業所の訪問前に間取りプランを検討できるため、失敗のリスクを大きく軽減することができます!

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

4.こだわりのダイニングにおすすめのハウスメーカー3社

4-1.セキスイハイム

セキスイハイムは1971年から事業を営む老舗のハウスメーカーです。長年のノウハウがあるため、理想を叶える家づくりをサポートしてくれます。ダイニングの間取り例も豊富にあるため、参考にしながら考えることができます。

Smart Power Station-Urban

「スマートパワーステーションアーバン」は都市部での限られたスペースでも、ゆとりのある暮らしを実現してくれます。広々と明るいダイニンを実現したい人にはおすすめです。

出典:セキスイハイム ホームページ
▶セキスイハイムの坪単価・口コミはこちら

4-2.積水ハウス

積水ハウスをおすすめする理由は、オリジナルの強固な構造「シャーウッドハイブリッド構造」があるからです。

シャーウッドハイブリッド構造は、一定の建築基準に適しているかを認定する「型式適合認定」を木造軸組住宅で唯一受けています。長く安心して住める家が欲しい方におすすめです。

グラヴィスヴィラ

グラヴィスヴィラは、日常でありながら日常を忘れるゆるやかな時間を実現する商品です。リゾートラインは、自宅がリゾートにいるような解放感あふれる住まい。食事の時間を特別にする3方をガラスに囲まれた独立ダイニングを作ることもできますよ。

出典:積水ハウス ホームページ
▶積水ハウスの坪単価・口コミはこちら

4-3.三井ホーム

三井ホームをおすすめする理由は、「耐震性と断熱性」に優れた住まいづくりが得意だからです。三井ホームが使用している「ツーバイフォー工法」が強固な耐震性があり、実験では震度7に60回耐えた実績もあります。またダブルシールドパネルで屋根そのものを断熱する方法を採用。いつでも快適な住まいを実現します。

LANGLEY

LANGLEYは「暮らしの四季を、綴る家」がコンセプトの注文住宅です。3mの天井高と、ウッドフレームの大きな窓で解放感のある空間を実現します。ヌックを取り入れた住まいづくりも可能なので、ダイニング、リビングにプラス家族それぞれにくつろぐスペースを作ることも可能です。

出典:三井ホーム ホームページ
▶三井ホームの坪単価・口コミはこちら

以上が、こだわりのダイニングを実現するうえでおすすめのハウスメーカーです。
もちろん、今回ご紹介したハウスメーカー以外にも、こだわりのダイニングプランを提案してくれるハウスメーカーはたくさんあります。

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらうのが一番。
そこでおすすめなのが、家づくりのとびらの無料サポートサービスです。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

注文住宅を建てるならダイニングにも憧れのこだわりを実現したいですよね。理想の住まいを実現するには、多くの間取りを見て情報を集めておくことが大切です。

この記事でご紹介した間取り事例や費用の目安、注意点、おすすめのハウスメーカーをぜひ参考にして、こだわりのリビングのある家づくりを成功させてくださいね。

この記事のポイント まとめ

こだわりのダイニングがある間取りが知りたい
こだわりのあるダイニングの費用相場は?

すでにあるダイニングをリフォームする場合の費用相場は50万円~100万円程度です。

新築の注文住宅の場合はいくらかかるのか、「2. ダイニングを工夫した間取りの費用相場とシミュレーション」で実際の事例で費用シミュレーションをご紹介します。

注文住宅でダイニングの失敗事例は?
注文住宅でこだわりのあるダイニングにおすすめのハウスメーカーは?

4.こだわりのダイニングにおすすめのハウスメーカー3社」では、ダイニングのこだわりを実現できる3つのハウスメーカーと商品を紹介しています。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。