マンション売却の注意点|相場・費用や流れに沿った売却のコツを解説

このページをシェアする

マンションの売却を検討している方に向けて、マンション売却で注意すべきポイントやコツを流れに沿って解説します。

マンションの売却では、何千万円もの大きな金額が動きます。しかし、このような大きな金額が動く取引は、多くの人にとってめったにない経験ですよね。この記事では、以下の点を解説します。

  • マンション売却における注意点や高く売るコツ
  • マンション売却の流れや適切な方法
  • 相場の調べ方やマンション売却にかかる費用の内訳

これさえ読んでいただければ、マンション売却の方法に迷うことはなくなるはずです。ぜひ参考にして、損のないマンション売却を計画しましょう。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,800社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. マンション売却の一連の流れ

ローンが残っているマンションを売却する流れ

マンション売却の流れは、上記のような6つのステップに分けることができます。各ステップの大まかな詳細は以下の通りです。

(1) マンションの相場を調べる
インターネットを使って、直近のマンションの相場を確認します。エリア、間取り、築年数などから類似した物件の販売価格を見て、現在の市場価格を把握することで、今後の基準となります。

マンションの相場を調べる方法と注意点は「2. マンションの売却相場を調べる方法と注意点」にて解説します。

(2) 複数の不動産会社に査定を依頼
売却したいマンションの査定を依頼します。査定額や営業担当者の対応を比較するためにも、複数の不動産会社に依頼をする必要があります。

まずは簡易(机上)査定で2~3社程度にふるい落し、本格的な訪問査定を依頼することで、適正な価格を提示する優良な不動産会社を選ぶことができます。ただし、時間がない場合は、訪問査定から開始しましょう。

(3) 不動産会社を選んで契約を結ぶ
査定結果から不動産会社を比較して、仲介をお願いする不動産会社と媒介契約を結びます。仲介の媒介契約は通常3か月で、買い主と売り主の間に立ち、以下のような活動を行います。

  • 買い主を見つけるための販売活動(マンションの広告・指定流通機構への登録・内覧など)
  • 買い主との売買契約にかかわる調整
  • 契約書類や重要事項説明書の作成・説明
  • 契約から引き渡しまでの事務手続き

不動産会社を選ぶ際の具体的なコツと注意点は「4. マンション売却における不動産会社の選び方と注意点」、媒介契約の選択方法については「5. 不動産会社との媒介契約で注意すべきこと」をご参照ください。

(4) 売り出し価格を決めて売り出す
売り主は媒介契約を結んだ不動産会社に相談しながら、売り出し価格を決定します。高すぎる価格設定は、かえって最終的な売却価格を下げてしまうリスクもあるため、注意が必要です。

売り出す前に気を付けるべき注意点は「6. マンションの売り出し前に注意すべきこと」、購入希望者の内覧の注意点については、「7. マンション売却時の内覧の準備方法と注意点」にてそれぞれ解説します。

(5) 買い手が見つかったら売買契約を結ぶ
買い手がついたら、場合によっては売買価格や契約条件の交渉などを経て、売買契約を締結します。

契約書には、入金のタイミングや金額、建物の現状などの重要項目が含まれるため、事前に不動産会社とよく確認する必要があります。

(6) 売却代金の受け取り&引き渡し
買い主から売却代金の全額が支払われた段階で、物件の引き渡しを行います。また、売却をして譲渡利益を得た場合、確定申告が必要となります。

具体的な注意点は「8. マンションの買い主が決まった後の注意点」をご参照ください。

お家のいろは コラム
「買い先行」と「売り先行」の選択

自宅マンションを売却して引っ越しをする場合、新居探しと現在住んでいるマンションの売り出しが並行して進むことがあります。

この際に新居探しを先に行うケースを「買い先行」、現在住んでいるマンションの処分を先に行うケースを「売り先行」と呼んで区別します。どちらの場合にもメリットとデメリットがあります。

買い先行の場合、旧居の売却にタイムリミットがないため、新居の決定をゆっくりと検討することができるというのがメリットの一つといえます。また、旧居の売却から新居への入居までの間にタイムラグがないため、移行期間の仮住まいを確保する必要がないのも買い先行の利点です。

しかし、売却したお金を新居の購入費用に充てる場合、新居の予算を確定させづらいというデメリットがあります。また、マンションの売却を急ぐ場合、やむなく値下げに応じなければならないという事態も起こりえます。

売り先行の場合にはそれと反対のことが起こります。マンションの売却が先になるため、新居の購入予算を前もって確定でき、売却の価格交渉も余裕を持って進めることができます。

ただし、新居の準備に十分な時間が確保できないリスクもあり、さらに、売却するマンションを買い手に引き渡して一時的な仮の住まいを必要となる可能性があります。

これらの特徴を踏まえ、さらにマンション価格の相場の動向にも注意を向けながら、「新居の購入を先行させるか」「現在住んでいるマンションの売却を先行させるか」を的確に選択する必要があります。選択に迷った場合は、下記の関連記事をご参考ください。

マンション買い替えは「買う」より「売る」を先にした方が断然いい理由

2. マンションの売却相場を調べる方法と注意点

ここからは、マンション売却の手順に沿って、知っておきたい注意点やコツを解説していきます。

まず、マンション売却を決めたら、中古マンションの相場を調べ、自分のマンションならいくらくらいで売れそうなのかを把握しましょう。

不動産会社と対等に交渉し、マンションを少しでも高く売却するためには、相場を知っておくことが必要不可欠です。相場を知らなければ、この後の売却活動を進めて行く中で不動産会社がつける値段が適切かどうか、あなた自身で判断することができません。

そこで、マンションの相場を調べる2つの方法をご紹介します。

ひとつは、不動産会社のポータルサイトを見て販売価格を知る方法。もうひとつは、不動産売買に関する情報提供サイト「不動産取引情報提供サイト(REINS)」や「土地総合情報システム」を利用して取引価格を知る方法です。

それぞれの方法について、詳しくみていきましょう。

2-1. 中古マンションの販売価格を調べる方法と注意点

立地、広さ、間取り、築年数など自分のマンションと近い条件のものを探し、中古マンションの販売価格を見てみましょう。

不動産ポータルサイトを見るときには、ひとつ気をつけなければいけないことがあります。それは、必ずしもサイトに表示されている金額で物件が売買されたとは限らないということです。

例えば、ある物件に3,500万円の価格がついていたとしましょう。しかし、この価格で買い手が見つからなかった場合は、物件の価格はどんどん下がっていきます。結果、いくらで売買が成立したのかは、不動産ポータルサイトではわかりません。

そこでより正確な相場を知るために有効なのが、次の「不動産売買に関する情報提供サイトで実際に売買された価格を調べる方法」です。

2-2. マンションの成約価格を調べる方法と注意点

REINS Market Information

実際に売買された価格(取引価格)は、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が管理・運営する「REINS Market Information(レインズ・マーケット・インフォメーション)」で調べることができます。

このサイトでは、住所、築年数、間取り、広さなどの条件から類似したマンションの成約事例を検索し、実際に売却された金額を知ることができます。実例に基づいた相場価格を理解することができるでしょう。

相場を知ることは、できるだけ高く売るための最初の大切な一歩になります。相場の重要性は以下の記事でもご紹介しているため、合わせてご参照ください。

不動産売却の「相場」とは?高く確実に売るために知っておくべきこと

3. マンション売却の査定は必ず「複数の会社」に依頼する!

マンションの相場がわかったら、次に不動産会社に実際に査定をしてもらいます。

この時、マンションをできるだけ高く売るために絶対にはずせないコツがあります。それは「必ず複数の会社で査定をしてもらうこと」です。

マンションの査定額は、同じような物件の過去の売買実績や現在販売中の競合物件の価格などをもとにして、各不動産会社が「この価格なら売れる」と判断して算出するものですが、査定した会社によって数百万円の差が出ることは珍しくありません。

少しでも高くマンションを売りたいのであれば、その差を知るために複数の会社で査定をしてもらい、比較検討することが必要です。とはいえ、自分で不動産会社を探し、一社ずつメールや電話をして査定を依頼するのはかなりの手間がかかります。
そこでおすすめなのが一括査定サイトの「HOME4Uです。

不動産一括査定サイト HOME4U

不動産一括査定サイトHOME4U(ホームフォーユー)

HOME4U」では、マンションに関する情報を1回入力するだけで、類似したマンション売却に実績がある複数の不動産会社が表示されます。条件にあった不動産会社が自動的にピックアップされるため、非常に便利です。

査定を依頼した後は、後日それぞれの不動産会社の担当者から連絡があり、現地の状況を確認した上で査定金額を算出します。

複数の不動産会社から査定額を受け取り、金額の違いを把握できたら、次の段階、つまり不動産会社の選定へとステップを進めます。まずは、信頼できる一括査定サイトで複数の不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

4. マンション売却における不動産会社の選び方と注意点

不動産会社を選ぶときには、会社の規模にとらわれてはいけません。

確かに、大きな会社は全国的な販売・情報ネットワークを持っています。しかし中小規模の会社でも、大手にはない地元密着型の販売・情報ネットワークがあります。それぞれメリットがあるため、どちらがより優れているかは一概には言えません。

また、マンションを高値で売却したいからといって、査定額が高かった会社とすぐに契約を結ぶのは性急すぎます。

不動産会社を選びで最も重視しなければいけないことは、会社の規模や査定額ではなく「自分のマンションを実際に高く売ってくれそうかどうか、本当に安心して任せられるかどうか」です。

具体的には、これからご紹介する3つの注意点に気を付けて進めるとよいでしょう。

4-1. 近隣地域の中古マンション売買実績を調べる

不動産会社により、得意とする地域や得意とする分野(マンションか一戸建てか、新築か中古か)は違います。そこでまずは、各不動産会社の得意な地域や分野をチェックしましょう。

不動産会社のサイトなどを見て、どの地域のどんな物件の取り扱いが多いかを確認します。

さらに営業担当者に以下の質問をしてみましょう。

  • 近隣地域の成約件数や成約までにかかる日数
  • 隣地域でマンションを探している見込み客の有無 など

近隣地域の中古マンション売買に強く、また見込み客もいるような不動産会社であれば、スムーズにマンションを売却できる可能性が高まります。

4-2. 査定金額の具体的な根拠を確認する

不動産一括査定サービスを利用する 査定結果

マンションの査定価格が市場における適正価格の範囲内であるかどうかは、不動産会社を比較する大きなポイントとなります。

不動産会社の中には査定で高い金額を提示して媒介契約をとっておき、あとから「やはりこの額では売れませんからもう少し安くしましょう」と値下げをすすめてくるような会社もあるからです。

そういうことにならないために、査定のタイミングで「なぜこのような査定額になったのか」を確認しましょう。

特に、比較的高い査定金額を出してきた不動産会社には「他社や相場と比べて高い査定金額になっているのですが、その根拠は何ですか?」「この金額での販売実績はありますか?」など金額の根拠について具体的な説明を求めてください。

いくら高い査定額を提示してきても、あやふやな回答しかできないようでは信憑性がありません。しっかりした根拠に基づき納得のいく説明をしてくれる会社を選ぶことが、高く売るためにとても重要なポイントです。

4-3. 不動産会社の営業担当者との相性をみる

マンション売却は専門的な知識が必要となる場面が多くあるため、「不動産会社の担当者との相性」も大切です。

不動産会社の営業担当者の方と頻繁に連絡を取ることを想定した場合、あなた自身がストレスを感じない相手であることも重要となります。

「親身に相談に乗ってくれるかどうか」「専門知識が豊富かどうか」を見極めるために、担当者にはささいなことでも積極的に質問しましょう。

媒介契約の締結後に後悔しないためにも、査定の段階で「この方なら安心して任せられる」と思える営業担当者かをチェックしてください。

5. 不動産会社との媒介契約で注意すべきこと

マンションを売却するときには、不動産会社と売い主との間で「媒介契約」を結びます。
媒介契約とは、売い主と不動産会社の間で、どのような業務を行うか、仲介手数料はどうするかなどを明確にするための契約のことです。

不動産会社が不動産売買を仲介する際は必ず契約を結ぶよう、宅地建物取引業法という法律で義務付けられています。

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類がありますが、どれを選ぶかによって、のちの販売活動に大きく影響するため、注意が必要です

まずは、3つの契約方法の違いを表にまとめてみました。

3つの媒介契約の違い比較表
  専属専任媒介 専任媒介 一般媒介
2社以上の不動産会社と契約できるか ×
できない
×
できない

できる
自分で買主を探して直接取引できるか ×
できない

できる

できる
不動産会社から受ける活動報告の頻度 1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の定めなし
不動産会社のレインズ※への登録義務 媒介契約から5日以内 媒介契約から7日以内 法令上の定めなし
契約期間 3ヶ月以内 3ヶ月以内 法令上の定めはないが、行政指導では3ヶ月以内

この3つのうち、もっともおすすめなのは「専任媒介契約 」です。

契約できる不動産会社は一社に限られますが、その代わりに一般媒介のように「自分で買い主を探してくる」ことも可能ですし、専属専任媒介のように「不動産会社がどのような売却(宣伝)活動をしたのか報告を受ける」こともできます。

また、売却の窓口を1つに絞ることで売い主にとっては対応が楽になり、自社の利益に直結することから媒介する不動産会社も熱心に売却活動を行ってくれます。

逆に一般媒介は競争が発生するため、売却活動に力が入らなくなるリスクがあります。都心部など需要が極めて大きく、積極的な販売活動が不要な場合を除いて、一般媒介を選択するのは避けたほうがよいでしょう。

媒介契約については以下の記事にて詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

「専任媒介契約」が「一般媒介」よりもあなたに有利な3つの理由。

6. マンションの売り出し前に注意すべきこと

ここからは、マンションの売り出し前に注意すべき点とマンションを高く売るためのコツをいくつかご紹介します。

6-1. リフォームや修繕が必要か考える

マンションをできるだけ高く売りたいと考え、リフォームを検討される方もいらっしゃるでしょう。確かに修繕の行き届いたきれいなマンションは相応に価値は上がります。しかし、売却を前提とした修繕やリフォームには以下のデメリットがあります。

  • マンションの「きれいさ」より「安さ」を重視した顧客から敬遠される
  • 自分たちの思うようにリフォームしたい買い主にとって無駄になる
  • リフォーム費用を回収できないリスクがある

中古マンションを購入する買い手の像を思い描いてみましょう。中古マンションを購入する場合、多くの動機は「新築同様のきれいさは求めず、その代わりに安くてお手頃価格のマンションを購入したい」「むしろ自由度の高いリフォームの余地が中古物件の魅力の一つだ」といったものなのではないでしょうか。

売却を前提として行うリフォームに掛かった費用は、当然売り出し価格に上乗せされることになります。しかし、それは買い手の需要をかえって目減りさせてしまうことにもなりかねません。

修繕が必要な場合も、クリーニングなど最低限度にとどめる、あるいは不動産会社に相談する、といった選択が無難といえます。

6-2. 最後に「売り出し価格」を見直す

相場未満の価格でマンションを売却してしまうことはもちろん回避したいことであり、価格交渉での下がり幅を見込んだ高めの価格設定をすることが売り手にとっては一般的です。なかなか買い手がつかない場合には、値下げを行うことも検討すべき有効な選択肢です。

実際に売り出す前に、改めて「売り出し価格」を確認しましょう。

売り出した後で、闇雲に値下げを繰り返すと「まだ下がりそうだ」という買い手の心理を誘い、かえって買い控えを招いてしまいます。再度、以下の点を確認しましょう。

  • 直近の類似物件の成約事例と大きな差がないか
  • 買い主から値下げ交渉を受けた場合も対応できる価格か
  • 検索に引っかかりやすくするため、端数を処理した価格になっているか(例:3050万円を3000万にする など)

売り出した後にどうしても値下げが必要だと判断された場合は、慎重さと大胆さを兼ねた戦略的な動きが大切です。不動産会社と相談してタイミングを見計らい、百万円規模の思い切った値下げを行いましょう。

7. マンション売却時の内覧の準備方法と注意点

売り出し前から同時進行で行っておきたいのが「内覧の準備」です。内覧とは、購入希望者が実際にマンションの見学にくることをいいます。

マンション売却を経験した方々の中には「不動産会社が決まって広告を出した後、すぐに内覧の申し込みがきて、慌てて準備を行った」というケースも多々あります。

特に時間がかかるような掃除などは早くから始めておくのに越したことはありません。

スムーズな売却のためにも、注意すべきポイントをおさえて準備を進め、内覧者を迎えましょう。

7-1. 内覧準備:掃除して「清潔感」をアピール

まずは、部屋をすみずみまで掃除しましょう。特にしっかり掃除しておくべき場所をいくつかあげておきます。

玄関

物件の第一印象を左右するのは「玄関」です。玄関まわりは特にきれいにしておきましょう。玄関ポーチがあるタイプのマンションの場合は、ポーチもきれいに掃いておきます。

キッチンの油汚れや水回りのカビ・水あか

キッチンや浴室、洗面所、トイレなどの水回りは、特に主婦の目が厳しく向けられる場所です。カビや水あかは清潔感を損なうため、きれいに掃除しておくことが、好印象を与えるポイントです。排水口もきれいにして、生ゴミなどの臭いがしないようにしておきましょう。

クローゼットや押し入れの内部

クローゼットや押し入れなどの収納場所は、大きさや収納力を確認するために内覧者が見たがる場所のひとつです。必ずチェックされると考えて掃除をし、きれいに整理をします。

クローゼットや押し入れに入りきらない荷物は、実家やトランクルームに預けたり、思い切って処分したりすることをおすすめします。

窓やカーテン

窓はきれいに拭いて、カーテンは洗っておきましょう。網戸の掃除も忘れずに行います。大きく見た目を損なう損傷がある場合は、補修する必要があるでしょう。

バルコニーや専用庭

余計なものを置いていたら片付けもしくは処分して、きれいに掃いておきます。専用庭がある物件の場合は、庭に雑草が生えていないかもチェックします。必要に応じて草むしりをしておきましょう。

照明

照明が汚れていると、内覧時に電気をつけたときに暗い印象を持たれがちです。きれいに掃除をし、古くなった電球は早めに取り替えておくとよいでしょう。

臭い

住人は気づきにくいのですが、マンションには生活臭がこもっていることがあります。嫌な臭いの原因となる排水口などはしっかり掃除し、カビもとっておきましょう。

エアコンも掃除しておきます。当日、エアコンをつけたときに変な臭いが生じないよう気をつけてください。

7-2. 内覧当日:マンションの快適さをアピール

内覧当日を迎えたら、内覧者が来る前に窓を開けて風を通しておきましょう。
スリッパを用意し、カーテンは開け、照明は全部つけて部屋の中を明るく、見やすくしておきます。

お風呂の水は抜き、しっかり水気をふき取りましょう。洗面所などには、きれいなタオルをかけておくと印象が良くなります。「ここでいかに快適な生活を送ることができるか」というイメージを伝えることが、内覧を成功させる最大のコツです。

内覧者対応のテクニックは以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご参照ください。

自宅を高く早く売却する【内覧】のテクニックすべて教えます

8. マンションの買い主が決まった後の注意点

マンションの買い主が決まった後、売買契約の締結や引き渡しの際に気を付けるべき注意点を解説します。

8-1. 買付証明書や値下げ交渉についての注意点

中古マンション売却の流れ 契約条件の交渉

内覧の結果、マンションの購入希望者が現れたら、不動産会社を通じて、「買付証明書」が届きます。

買付証明書の主な内容は、購入希望価格、支払い条件、引き渡し希望日などです。これを元にし、売い主と買い主が不動産会社を通じて売買交渉を行います。

なお、ここで購入希望者から値下げの打診が来るかもしれません。その場合には、門前払いにするのではなく、「どこまでなら対応できるか」「値引きしない代わりの提案(リフォームなど)があるかどうか」を不動産会社の営業担当者と作戦を練ってください。

「他にも購入希望者が出るだろう」と断った結果、何か月も売れない挙句に、売り出し価格をもっと安くせざるを得なくなり、「あの時に売っておけば良かった」と後悔しても後の祭りです。

後悔しないためにも、ひとまず良策を検討し、購入希望者と交渉を重ねてみてください。買い主が決まったら、いよいよ物件の売買契約および引き渡しです。

8-2. 重要事項説明ならびに売買契約の注意点

売買交渉がまとまったら、不動産会社を介して、重要事項説明を行います。

重要事項説明は、宅地建物取引業法で定められている手続きです。説明される主な内容は以下の通りです。

  • マンションの登記などに関する基本的な事項の確認
  • マンション利用に関する法令上の制限
  • 水道・ガス・電気などのインフラ整備についての確認
  • 契約内容についての確認 など

宅地建物取引士が上記の内容について重要事項説明書にまとめ、買い主、売り主に口頭で内容を説明します。実際に書類を作って説明等を行うのは不動産会社の宅地建物取引士です。

売り主であるあなたがすべきことは、重要事項説明書を作るために必要な書類を提出することです。不動産会社から「いつまでにこんな書類を提出してほしい」という連絡がきますので、指定された書類を期限内に提出しましょう。

重要事項説明が終わり、買い主がその条件に同意すれば、売買代金や支払い条件、引き渡し、瑕疵担保責任などを取り決め、売買契約を結びます。契約書の内容は必ずチェックし、わからないところは不動産会社に確認してください。

必要な書類については、以下の記事を参考にしてください。

これを読めばバッチリ!不動産売却の必要書類と取り寄せ方

8-3. マンションの引き渡しの際の注意点

売買契約が成立し、引渡日が決定したら、その日までに引越をすませましょう。公共料金の精算なども忘れずに行います。

また、もし住宅ローンが残っていてマンションに抵当権が設定されている場合は、その抵当権の抹消も行ってください。

引渡日になったら、買い主・売り主・不動産会社の3者で再度現地を確認し、物件の状況が契約書通りかを確認します。その後「鍵の引き渡し」となります。

鍵の引き渡しが終わったら、当日中に法務局に所有権移転登記等の申請をしてください。これでマンションの名義は買い主に移り、マンション売却の一連の手続きは終了です。

8-4. 確定申告も忘れずに

マンションの売却によって得られた利益(譲渡所得)には、所得税住民税が課せられます。そのため、納税に伴う確定申告が必要です。譲渡所得への課税率はマンションの所有期間に応じて、以下のように定められています。

物件の所有期間 譲渡所得への課税率
5年を超える場合 <長期譲渡所得> 20.315%
5年以下の場合 <短期譲渡所得> 39.63%

※課税率には復興特別所得税を含みます。

ただし、この譲渡所得課税には譲渡所得から3,000万円を控除する「3,000万円特別控除」などの特例が認められています。また、売却によってマイナス(譲渡損失)が生じた際は、いくつかの条件を満たすことで減税効果を得ることも可能です。

マンションの売却後にかかる税金については、以下の関連記事をご参照ください。

不動産売却の税金はくらいかかる?計算方法と節税に役立つ11の対策

9. マンションの売却に必要な費用

マンションの売却時には、所得税と住民税以外にもさまざまな諸費用が発生します。不動産会社に支払う仲介手数料を始めとして、どのような費用が生じ、どのような手続きが必要となるのでしょうか。費用発生の理由やそれぞれの金額の目安とともに説明します。

9-1. 仲介手数料

無事売却の契約が成立した場合、仲介した不動産会社に支払う手数料が発生します。これはマンションの売却に関わる諸費用の中で最も高額な項目です。

仲介手数料の上限額は宅地建物取引業法で定められており、特に売却価格が400万円を超える場合には以下の数式で算出されます。

手数料=(売価の3%+6万円)×1.1(※)

※「×1.1」は10%の消費税を算入する部分であり、税率によって変動します。

9-2. マンションの売買契約にかかる印紙税

マンションの売買契約書は印紙税法に定められる「課税文書」に該当し、作成時に売り手と買い手の双方が印紙(切手状の納税証票)を契約書に貼付する形で税を納めることになります。

印紙税の額は実際に売買された価格によって段階的に設定されています。また、2022年3月末までの契約には軽減税額が適用されます。

印紙税の一覧
契約金額 通常時の印紙税 軽減適用後の印紙税
500万円超~1,000万円以下 1万円 5,000円
1,000万円超~5,000万円以下 2万円 1万円
5,000万円超~1億円以下 6万円 3万円
1億円超5億円以下 10万円 6万円

参照:国税庁「不動産売買契約書の印紙税の軽減措置

9-3. リフォームやハウスクリーニングをする場合

内覧の際に買い手から好印象を持ってもらうために、売却前にリフォームを検討する方も多いことでしょう。しかし、前述した通り、中古マンション購入希望者にとって多額のリフォーム費が売価に上乗せされることは必ずしも魅力的ではありません。

そこで考えられるのが、より安価なハウスクリーニングです。金額は企業や清掃内容によってさまざまですが、概して5万円~10万円程度であり、リフォームよりもはるかに低価格で内覧時の印象を良くすることができます。

買い手が特に注意を向けがちな水回りなどを局所的にクリーニングするサービスも提供されています。

また、ハウスクリーニングとリフォームとの中間にあたる価格帯のサービスとしてホームステージングというものがあります。インテリアのコーディネートによって魅力的な室内を演出するというもので、こちらの金額も参画企業によってまちまちながら、おおむね10万円~30万円程度です。

早く高く家が売れる秘策!? 「ホームステージング」5つのQ&A

9-4. 住宅ローンが残っている場合

売約の成立したマンションに住宅ローンが残っている場合には、引き渡しまでにローンの返済を繰り上げ、一括で完済する必要があります。

繰り上げ返済をする場合、ローン会社によって金額にばらつきはあるものの、5,000円~3万円程度の手数料が発生することがあります。(インターネット手続きの場合は繰り上げ返済の手数料が不要というケースも見られます。)

また、ローンの完済時には金融機関が持っていた抵当権を抹消させる必要があります。この場合、借り主自身が司法書士を通じて抵当権の抹消登記を行わなければならず、登録免許税と司法書士への手数料が発生します。

いずれもそれほど高額になることはありませんが、抵当権抹消登記に必要な書類をローン会社から交付してもらう必要があるため、忘れずにできる限り早い段階で手続きを始めるのが得策でしょう。

まとめ

マンション売却には大きく6つのステップと注意点をまとめると、以下の通りです。

(1) マンションの相場を調べる
売り出し価格だけでなく成約した価格も調べる

(2) 不動産会社に査定を依頼
必ず複数の不動産会社に査定を依頼する

(3) 不動産会社を選んで契約を結ぶ
不動産会社の比較は「得意分野と実績」「査定の根拠」「営業担当者との相性」をみる

(4) 売り出し価格を決めて売り出す
売り出し前に不動産会社にリフォームや売り出し価格の相談をする

(5) 買い手が見つかったら売買契約を結ぶ
値下げ交渉や売買契約の条件は慎重に交渉を重ねる

(6) 売却代金の受け取り&引き渡し
引き渡し後に節税ができる場合は確定申告を行う

マンションを高く売るためにまず重要なステップは、「一括査定サイトを利用し、複数の不動産会社を比較すること」です。

一括査定には、2つのメリットがあります。それは、「より高い査定額を知ることができること」と「信頼できる不動産会社に出会えること」です。

この2つのメリットは、「マンションを少しでも高く安心して売却するための絶対条件」といっても過言ではありません。「HOME4U」は業界最大手のNTTデータグループが運営する信頼できる一括査定サイトです。上手に活用して、損のないマンション売却を成功させてください。

あなたのマンション、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これからマンションを売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる