どうやって選べば良いの?不動産会社を比較する3つのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
どうやって選べば良いの?不動産会社を比較する3つのポイントとは

不動産を売る時、誰もが「できるだけ早く高く売りたい」と思いますよね。
その願いをかなえるには、頼れる不動産会社と契約を結ぶのが一番の近道です。

でも、初めての売却だと、そもそもどうやって不動産会社を見つけたら良いのかさえ、見当がつかない方も多いのではないかと思います。

home4u
▶ HOME4U(ホームフォーユー)

不動産会社を自力で一軒ずつあたっても、「当社では一戸建ては扱いません」とか「その地域の物件はお取引していないんですよね」などと断られてしまうケースもありますので、まずは一括査定サービスを使って複数の不動産会社に査定をしてもらってください。
一括査定サービスなら、売りたい物件や所在エリアを入力すれば、対応してくれる不動産会社が自動的に画面に表示され、一度の入力で同時に何社にも査定を依頼することができ、余計な手間がかかりません。

複数の不動産会社から査定額を取り寄せたら、あとはこの記事でご紹介するポイントをもとに、最適な不動産会社を選ぶだけです。

不動産会社を比較するポイントは3つ。
わかりやすくまとめましたので、ぜひ最後までおつきあいください。

1. そもそも大手と中小はどちらが良いのか?

不動産会社には、全国展開している大手と、地元の物件を主に扱う地域密着型の会社があります。
「大手の方が知名度もあるし安心感がありそうだけど、地域密着の方が地域固有のネットワークを活用して早く買い手を見つけてくれそうだし、どうしよう…」と迷っている人が多いのですが、実は、企業の規模は気にする必要がありません。
というのも、大手であっても地域密着であっても、「レインズ」という不動産業界で共有している物件データベースを利用しており、持っている情報は同じだからです。
不動産会社の規模よりも、もっと大切なポイントがありますので、そちらを次章でご紹介します!

2. 不動産会社を比較するポイントはズバリこの3つだけ!

不動産会社を比較するために重要なポイントは、次の3つだけです。

(1)不動産会社の得意な物件を見極める
(2)営業年数をチェック
(3)対応力・販売力をチェック

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

(1)不動産会社の得意な物件を見極める

もしアナタが今からマンションを売ろうとしているのであれば、査定額を出してくれた不動産会社すべてに「同じような間取りの近隣のマンションの売買実績がどのくらいあるか」と聞いてみてください。
「過去3年間まったく実績がない」といった回答だとちょっと不安になりますが、もし直近一年間で毎月のように実績を出している会社があれば心強いですよね。
アナタの物件が一戸建てなら一戸建てについて、土地なら土地について、同じように聞いてみて、できるだけ実績の多い会社に目星をつけましょう。

(2)営業年数をチェック

不動産の売買を行うには、宅地建物取引業免許が必要です。
この「宅地建物取引業の免許番号」を、査定額を提示してくれた不動産会社すべてに聞いてみましょう。

免許は2種類あり、複数の都道府県に事務所を設けるなら「国土交通大臣免許」、1つの都道府県なら「都道府県知事免許」となります。営業はどちらも全国で行うことが可能です。

表記としては「国土交通大臣(02)第000000号」となりますが、カッコ内の数字に注目してください。
というのも、この数字で営業している年数が分かるのです。
この数字は「免許を更新した回数」を表しています。
免許は5年ごと(1996年3月以前は3年ごと)に更新されます。
たとえば(02)となっていれば、2回の更新を経ていますので10年以上営業している会社となります。
もちろん、長ければ何でも良いというものではありませんので、他のポイントとあわせて勘案してください。

(3)対応力・販売力をチェック

「対応力」とか「販売力」と言われても、不動産取引になじみのない皆さんにとっては、どう比較したら良いのかわかりませんよね?
でも、これから具体的に説明しますので、ご安心ください。
次の(a)~(d)を、ひとつずつ実行してください。

(a)査定額の根拠を聞いてみる

複数の不動産会社に査定を依頼すると、会社によって査定額が異なります。
物件にもよりますが、数百万円の差が出るケースも散見されます。
そこで、その金額を提示した根拠をしっかりと説明してくれるかどうか確認します。
なんとなく相場から割り出してきた会社ではなく、査定した物件の長所や短所を絡めて細かく説明できる会社の方が信頼できる、ということになります。

(b)見込み客がいるかどうか

アナタが買い手になった場合を想像するとわかりやすいと思いますが、買い手というのはネットやチラシで情報を集めるのと並行して、不動産会社に「このエリアでこんな物件が売り出されたら教えてね」と頼んでいる人もいます。
良い物件を、誰かに先に買われたくないですもんね。
査定額を提示してくれた不動産会社に、「すぐにこの物件を買ってくれそうな見込み客がいるかどうか」、聞いてみてしまいましょう。
見込み客がいれば、予想よりも早期の売却が実現できるかもしれません。

(c)販売方法の提案力があるか

アナタが売却を考えていても、立地上、賃貸に出したほうがお得な場合があったりします。
また、そのまま売るか、リフォームしてから売ったほうがいいかなど、プロならではのアドバイスをしてくれる会社を選びたいものです。
また、広告活動はどのようなものや頻度を予定しているか、聞いてみましょう。
提案数やその内容、広告活動の手厚さが比較のポイントになります。

(d)営業マンの対応力はどうか

最後はやはり担当営業マンの人柄が重要になります。
こちらの希望を把握し、きちんとフィードバックしてくれるか、対応のスピードは早いか、心配なことを何でも相談できそうか、比較してみましょう。
また、宅地建物取引士に加えてファイナンシャルプランナーなどの有資格者であれば、資金計画なども安心して相談できる目安となります。

3. まとめ

いかがでしたか?
家を早く、高く売るためには、売りたい物件に合った良い不動産会社選びが重要です。

そのために比較するのはこの3つ。

(1)得意な物件
(2)営業年数
(3)対応力・販売力

ぜひこのポイントを比較して、数ある不動産会社の中からアナタにベストな不動産会社を見極めてくださいね。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国550社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが16年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較