2023年冬│不動産売却を依頼する会社はどこがいい?おすすめの売買仲介会社10社

2023年最新│不動産売却を依頼する会社はどこがいい?おすすめの売買仲介会社10社

不動産売却時に仲介会社を選ぶコツは、販売実績や各社の強み、得意分野などを比較し、売りたい物件の条件に合う会社を選ぶことです。

本記事では、不動産会社各社の取扱高をもとに、おすすめの不動産売却の依頼先を10社選りすぐってご紹介します。ご紹介する不動産会社選びのポイントをおさえることで、安心して仲介を依頼できる会社がみつかるでしょう。

この記事を読めばわかること
  • 売却実績ランキング トップ10
  • エリアの知識
  • 不動産会社の担当者の対応
「不動産を売りたい」と悩んでいる方へ
  • 「不動産を売りたいけど、どうしたらいいか分からない方」は、まず不動産会社に相談を
  • 「不動産一括査定」なら複数社に査定依頼でき”最高価格(※)”が見つかります
  • ※依頼する6社の中での最高価格
  • 「NTTデータグループ運営」のHOME4Uなら、売却に強い不動産会社に出会えます

1.【2023年冬 最新】不動産売却はどこがいい?仲介会社ランキング10社

1.【2023年最新】不動産売却はどこがいい?仲介会社ランキング10社

公益財団法人不動産流通推進センター「2023不動産業統計集」の取扱高を基準に、不動産売却を依頼する際のおすすめの不動産会社10社を以下の表にまとめています。

  会社名 設立日 取扱高 仲介件数 店舗数
三井不動産リアルティグループ 三井不動産リアルティ株式会社 1969年7月15日 1兆8,926億円 41,183件 291店舗
東急リバブル 東急リバブル株式会社 1972年3月10日 1兆5,779億 28,750件 199店舗
住友不動産販売 住友不動産販売株式会社 1975年3月1日 1兆4,533億円 38,144件 256店舗
野村不動産ソリューションズ 野村不動産ソリューションズ株式会社 2000年11月6日 9,648億円 10,081件 94店舗
センチュリー21 株式会社センチュリー21・ジャパン 1983年10月21日 6,399億円 26,629件 991店舗
三井住友トラスト不動産 三井住友トラスト不動産株式会社 1986年1月24日 5,503億円 8,226件 71店舗
三菱UFJ不動産販売 三菱UFJ不動産販売株式会社 1988年6月14日 4,501億円 4,652件 35店舗
みずほ不動産販売 みずほ不動産販売株式会社 1986年7月 4,286億円 3,978件 49店舗
オープンハウス 株式会社オープンハウス・ディベロップメント 2000年9月19日 3,624億円 8,268件 62店舗
積水ハウス不動産グループ 積水ハウス不動産東京株式会社 1976年3月1日 2,878億円 7,973件 115店舗

参照元:公益財団法人不動産流通推進センター「2023不動産業統計集」

不動産売却を無事に成功へと繋げるためには、不動産会社のスキルや経験が大きく影響しますので、解説する特徴を理解した上で、売りたい物件に合った不動産会社を選びましょう。

1位.三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス)

三井のリハウスを運営する三井不動産リアルティグループは、地域に根差した拠点展開が特徴的な不動産会社です。

全国291店舗を展開しており、依頼者一人ひとりの希望に合わせたサービスを提供しています。顧客満足度は97%、3ヶ月以内の成約率は75%ですので、不動産売却が初めての方にとっても安心して依頼できる不動産会社です。

会社名 三井不動産リアルティ株式会社
設立日 1969年7月15日
取扱高 1兆8,926億円
仲介件数 41,183件
店舗数 291店舗

2位.東急リバブル

東急リバブルは不動産仲介を中心とした、199店舗を展開する不動産会社です。

全国に広がるリバブルネットワークを活用し、地域密着型の営業活動を行っています。年間仲介件数41,183件の実績を強みに、条件に応じた最適な販売計画を提案してくれます。

3ヶ月以内の売却を目指し、レインズから買い手を探す他、チラシのポスティングや新聞折り込みなど、営業活動にも力をいれています。

会社名 東急リバブル株式会社
設立日 1972年3月10日
取扱高 1兆5,779億円
仲介件数 28,750件
店舗数 199店舗

3位.住友不動産販売

住友不動産販売の特徴は、広告戦略からアフターフォローまでを一貫して一人の営業スタッフが担当する営業体制です。

相談時から物件の引き渡しまで担当者が変わらないため、依頼主としては安心して依頼できるポイントと言えます。

会社名 住友不動産販売株式会社
設立日 1975年3月1日
取扱高 1兆4,533億円
仲介件数 38,144件
店舗数 256店舗

4位.野村不動産ソリューションズ

野村不動産ソリューションズは、個人を対象とした不動産仲介サービス「野村の仲介+」を運営する不動産会社です。

野村不動産グループの総合力をフルに活用し、物件の特性やエリアに合わせた販売戦略を行っています。

また、単なる住まいの売却だけでなく、住みかえや相続時の権利関係などの問題も、状況に応じて専門家を紹介するなど充実したサポートが魅力です。

会社名 野村不動産ソリューションズ株式会社
設立日 2000年11月6日
取扱高 9,648億円
仲介件数 10,081件
店舗数 94店舗

5位.センチュリー21

センチュリー21の特徴は、なんといっても991店舗という規模の大きさ、そして本部が直営店を持たないことでしょう。

エリアごとに地域連絡会を結成しており、様々な行事などを通して加盟店同士で積極的に情報交換を行っているようです。

また、フランチャイズの強みを活かして、地域密着型の営業活動にも力をいれています。加盟店同士でノウハウ共有し、得た情報を営業活動に積極的に活用している点もセンチュリー21の強さでしょう。

会社名 株式会社センチュリー21・ジャパン
設立日 1983年10月21日
取扱高 6,399億円
仲介件数 26,629件
店舗数 991店舗

6位.三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループだからこその、高品質なコンサルティング力と幅広い情報ネットワークを活かした不動産売買サービスを提供しています。

年間8,000件以上の成約実績や、グループの総合力を活かしたワンストップ型のサポート体制が魅力です。

不動産の売却だけでなく、住宅ローンや相続、資産運用など幅広いサービスについて専門的なアドバイスを受けられます。

会社名 三井住友トラスト不動産株式会社
設立日 1986年1月24日
取扱高 5,503億円
仲介件数 8,226件
店舗数 71店舗

7位.三菱UFJ不動産販売

三菱UFJ不動産販売は、信託銀行を母体として1987年に創業した不動産仲介会社です。三菱UFJフィナンシャルグループが持つ顧客基盤とネットワークを活かして、不動産売却をサポートしています。

宅地建物取引士の資格保有率は99.8%となっており、不動産のプロからニーズに合わせた最適な売却プランを提案してくれます。また、住宅ローン提案や相続の相談など、総合金融グループの強みを活用したサービスも得意とするところです。

会社名 三菱UFJ不動産販売株式会社
設立日 1988年6月14日
取扱高 4,501億円
仲介件数 4,652件
店舗数 35店舗

8位.みずほ不動産販売

みずほ不動産販売は、みずほ信託銀行グループの住宅仲介専門の会社として、1986年7月に設立されました。

不動産の売却だけでなく、買い替えや不動産相続など不動産売買をトータルでサポートしています。

また、みずほ銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行など各社と提携しているので、不動産投資や資産の組み換えなどの相談にも柔軟に対応しています。営業担当者の不動産仲介営業経験年数は平均約12年となっており、高いコンサルティング力が強みです。

会社名 みずほ不動産販売株式会社
設立日 1986年7月
取扱高 4,286億円
仲介件数 3,978件
店舗数 49店舗

9位.オープンハウス

オープンハウスは、都内住宅供給数No.1の不動産会社です。

供給数増加に仕入れに力を入れていることから、迅速対応、即現金化を強みとした不動産買取サービスを提供しています。

買取頭数約8,000棟、不動産買取から現金化までの時間は最短で48時間と豊富な実績があるので、不動産買取を検討されている方におすすめの会社です。

会社名 株式会社オープンハウス・ディベロップメント
設立日 2000年9月19日
取扱高 3,624億円
仲介件数 8,268件
店舗数 62店舗

10位.積水ハウス不動産グループ

全国100拠点以上のネットワークを持つ積水ハウス不動産グループは、住宅業界のトップメーカーである積水ハウスグループの不動産部門を担当している会社です。

売却の相談はもちろん、買取や資産活用などの提案も行っています。

その他、積水ハウス施工の賃貸住宅の一括借り上げや、分譲物件の販売など、不動産購入のニーズにも対応していることから、良い条件で買い手とのマッチングが期待できます。

会社名 積水ハウス不動産東京株式会社
設立日 1976年3月1日
取扱高 2,878億円
仲介件数 7,973件
店舗数 115店舗

2.「不動産会社はどこがいい?」見極めるポイント

2.「不動産会社はどこがいい?」見極めるポイント

不動産はどこがいいかを見極める際は、次の3つのポイントをおさえて判断しましょう。

  • 売却実績が豊富か
  • 売りたい物件があるエリアに精通しているか
  • 丁寧で親身に対応してくれるか

自分に合った不動産会社が選べれば、不動産売却の成功もより期待できます。

2-1.売却実績が豊富か

まずおさえておくべきは、不動産売却の実績が豊富かです。

売却実績が豊富な不動産会社は多くの知見と売買の経験を持っていますので、「高く売るためにはどうすればいいか」、「少しでも条件の良い買い手を見つける方法はあるか」など、売り手の不安にも柔軟に対応してくれるはずです。

状況に応じて最適な提案をしてくれるので、売却実績が豊富な不動産会社の方が売却成功につながる可能性は高くなるでしょう。

売却実績を見る際の注意点は、「売りたい物件の種別の売却実績が豊富か」です。
マンションを売りたい方は、マンション売却の実績が豊富な不動産会社を選ぶ必要があります。物件種別によって売却に必要なスキルや知見は差がありますので、期待した成果が得られない可能性があります。

不動産会社の売却実績については、各社のホームページ内に記載されているケースが多いので、依頼する前に必ず確認するようにしてください。

2-2.売りたい物件があるエリアに精通しているか

不動産会社を選ぶ際は、必ずご自身が売却したい物件があるエリアに精通している不動産会社に依頼しましょう。

不動産の販売状況や買い手の特徴、重要視される条件などはエリアによって大きく異なります。
地元の情報を豊富に持っている不動産会社に依頼する方が、買い手に対して適切なアプローチができ、売却が上手くいく可能性も高くなります。

エリアに精通している不動産会社かどうかは、不動産会社のホームページから強みや「何を売りにしているのか」を調べること、また担当者と直接話をし、質問や提案内容から見極めましょう。

2-3.丁寧で親身に対応してくれるか

会社だけでなく、営業担当者の対応もチェックしましょう。

不動産売却は最低でも3ヶ月〜6ヶ月程度の期間がかかるとされていますので、長期にわたって担当者とコミュニケーションを取りながら売却活動を進めていくことになります。

「問い合わせに対する返信が遅い」、「不安な点を相談しても親身になってくれない」など担当者とのコミュニケーションが上手く取れないと、売却活動がスムーズに進まず、売却のチャンスを逃してしまい、高値での売却も難しくなります。

担当者とのメールのやり取りや、問い合わせに対する回答、返信のスピードから売却を任せられる人なのかを判断してください。

2-4.大手か中小かより物件にあった不動産会社を

不動産会社を探す際は、「大手か中小か」で判断するのでなく、物件にあった不動産会社を探しましょう。

大手であれば規模が大きく知名度が高いことから買い手が見つけやすく、中小であれば地域密着型で独自の顧客を抱えているなど、それぞれ異なるメリットがあります。

しかし、大手だからと言って必ず売却できる訳ではないですし、地元に根差した中小の不動産会社であっても、やはり実績がなければ売却活動の成功は期待できません。

重要なのは、前述した売却実績の豊富さやエリアに精通しているか、営業担当者の対応なので、大手と中小で区別せずに、不動産会社それぞれの特徴を比較した上で選びましょう。

3.失敗しないために査定依頼は複数の不動産会社に

不動産売却で失敗しないためには、複数社に査定を依頼しましょう。

不動産会社ごとに独自の査定基準を設けているので、必ずしも同じ査定結果になるとは限りません。査定結果を比較して納得のいく条件で依頼できる不動産会社を選びましょう。

また、査定結果だけでなく不動産会社の対応や担当者との相性を見極めることもできますので、信頼できる会社かを見極めることにも繋がります。

不動産査定を複数社に依頼するなら、一括査定サイト「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」をぜひ活用してみてください。

あなたの不動産いくらで売れる?

不動産売却 HOME4U」は、全国にある不動産会社の評判や口コミを見て複数社に査定依頼できる一括査定サイトです。

全国の優良企業2,100社の中から条件にあった会社を「不動産売却 HOME4U」がピックアップし、お客様ご自身で最大6社まで選択することができます。

査定を依頼する会社を探すなら、「不動産売却 HOME4U」をぜひご活用ください。

まとめ

不動産売却を依頼する方におすすめの不動産会社は以下の通りでした。

  • 三井不動産リアルティグループ
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産ソリューションズ
  • センチュリー21
  • 三井住友トラスト不動産
  • 三菱UFJ不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • オープンハウス
  • 積水ハウス不動産グループ

今回は、不動産の取扱高を目安ご紹介しましたが、不動産会社の規模にかかわらず良しあしを見極めるポイントは、「売却実績が豊富か」「売りたい物件があるエリアに精通しているか」「丁寧で親身に対応してくれるか」の3つです。

不動産会社の一括査定「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」なら、信頼できる不動産会社がきっと見つかります。不動産売却時にはぜひご活用ください。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる