不動産会社を比較する3つのポイントと売却依頼先の具体的な選び方

このページをシェアする
どうやって選べば良いの?不動産会社を比較する3つのポイントとは

不動産を売る時、誰もが「できるだけ早く高く売りたい」と思うのではないでしょうか。そのためには、頼れる不動産会社と契約を結ぶのが一番の近道です。しかし、初めての売却だと、そもそもどうやって不動産会社を見つけたらよいのかさえ見当がつかない方も多いでしょう。

売却する不動産物件に得意な不動産会社であることはもちろんのこと、会社の信用を裏付ける営業年数、売却不動産の価値を正当に評価でき見込みのあるお客さまへアピールできる対応力や提案力、販売力を持った営業担当者がいることが望ましいですね。この記事では、このような不動産会社を見つけるために押さえておきたいポイントを詳しく解説していきます。

1. そもそも大手と中小はどちらが良いのか?

不動産会社には、全国展開している大手と、地元の物件を主に扱う地域密着型の会社があります。「大手の方が知名度もあるし安心感がありそうだけど、地域密着の方が地域固有のネットワークを活用して早く買い手を見つけてくれそうだし、どうしよう…」と迷っている方が多いのですが、実は、企業の規模は気にする必要がありません。

なぜなら、大手であっても地域密着であっても、「レインズ」という不動産業界で共有している物件データベースを利用しており、持っている情報は同じだからです。不動産会社の規模よりも、もっと大切なポイントがあります。次章で説明します。

2. 不動産会社を比較する3つのポイント

不動産会社を比較するために重要なポイントは、次の3つです。

  1. 不動産会社の得意な物件を見極める
  2. 営業年数をチェック
  3. 対応力・販売力をチェック

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

2-1.不動産会社の得意な物件を見極める

今からマンションを売ろうとしているのであれば、査定額を出してくれた不動産会社すべてに「同じような間取りの近隣のマンションの売買実績がどのくらいあるか」と聞いてみましょう。

「過去3年間まったく実績がない」といった回答だとちょっと不安になりますが、もし直近一年間で毎月のように実績を出している会社があれば心強いですよね。アナタの物件が一戸建てなら一戸建てについて、土地なら土地について、同じように聞いてみて、できるだけ実績の多い会社に目星をつけましょう。

2-2.不動産会社の営業年数をチェックする

不動産の売買を行うには、宅地建物取引業免許が必要です。この「宅地建物取引業の免許番号」を、査定額を提示してくれた不動産会社すべてに聞いてみましょう。

免許は2種類あり、複数の都道府県に事務所を設けるなら「国土交通大臣免許」、1つの都道府県なら「都道府県知事免許」となります。営業はどちらも全国で行うことが可能です。

表記としては「国土交通大臣(02)第000000号」となりますが、カッコ内の数字に注目してください。この数字は「免許を更新した回数」を表しているため、営業年数がわかります。免許は5年ごと(1996年3月以前は3年ごと)に更新されます。
たとえば(02)となっていれば、2回の更新を経ていますので10年以上営業している会社となります。

もちろん、営業年数が長ければ何でも良いというものではありません。他のポイントとあわせて検討してください。

2-3.不動産会社の対応力・販売力を確認する

「対応力」「販売力」を確認する方法は以下の3つです。

(a)査定額の根拠を聞いてみる

複数の不動産会社に査定を依頼すると、会社によって査定額が異なります。物件にもよりますが、数百万円の差が出るケースも散見されます。そこで、その金額を提示した根拠をしっかりと説明してくれるかどうか確認します。

なんとなく相場から割り出してきた会社ではなく、査定した物件の長所や短所を絡めて細かく説明できる会社の方が信頼できる、ということになります。

(b)見込み客がいるかどうか

あなたが買い手になった場合を想像するとわかりやすいと思いますが、買い手というのはネットやチラシで情報を集めるのと並行して、不動産会社に「このエリアでこんな物件が売り出されたら教えてね」と頼んでいる方もいます。良い物件を、誰かに先に買われたくないのは誰しも同じです。


査定額を提示してくれた不動産会社に、「すぐにこの物件を買ってくれそうな見込み客がいるかどうか」、聞いてみましょう。見込み客がいれば、予想よりも早期の売却が実現できるかもしれません。

(c)販売方法の提案力があるか

あなたが売却を考えていても、立地上、賃貸に出したほうがお得な場合があります。また、そのまま売るよりも、リフォームしてから売ったほうがいいケースもあります。プロならではの、物件に合ったアドバイスをしてくれる会社を選びましょう。


また、広告活動はどのようなものや頻度を予定しているか、聞いてみましょう。提案数やその内容、広告活動の手厚さが比較のポイントになります。

(d)営業担当者の対応力はよいか

最後はやはり営業担当者の人柄が重要になります。こちらの希望を把握し、きちんとフィードバックしてくれるか、対応のスピードは早いか、心配なことを何でも相談できそうか、比較してみましょう。

また、宅地建物取引士に加えてファイナンシャルプランナーなどの有資格者であれば、資金計画なども安心して相談できる目安となります。

3.不動産会社で売る際の具体的な比較方法

ここまでに示した上記3つの比較するポイントを押さえた上で、ここでは実際にどのようにして不動産会社を比較していけばよいのか、見ていきましょう。

3-1.実際に足を運んでみる

実際に不動産会社に足を運ぶのは誰でも思いつく方法ですが、不動産売却の経験が浅い方にとって具体的な話を聞けるのはメリットです。不動産会社に足を運ぶ前に、検討している不動産会社が自分の売却に最も適しているか視野を広く持って考えておくようにしてください。査定をしてもらう際の営業担当者との対話を通じて、その人柄やスタンスが分かります。

なお、売出価格と査定額は異なる点に注意しましょう。営業担当者と相談しながら、査定額を参考に売出価格を決めます。売出価格は、売り急ぐ場合は低めに、売り急がない場合は高めに設定するのが一般的です。

また、不動産の売却を考えている方の中には、「現在住んでいる家を売却したいが、近所に知られずに売却を進める方法がないか」と考える方もいます。まだ住んでいるのに、折込広告やインターネットに掲載されて売却することを不必要に近所に知られてしまうのも好ましくないですよね。

このような場合、「折込広告などには出さずに店頭で来客に紹介する」「引っ越しが完了するまで折込広告などに載せない」など、お客さまのご希望に合わせて柔軟に対応してくれる不動産会社もあります。この点も、比較内容に盛り込むようにしてください。

3-2.複数の不動産会社に問い合わせる

自分の不動産売却に最も適した不動産会社をどのようにして探したらよいでしょうか。複数の不動産会社に問い合わせれば、「査定結果の比較を通して相場が理解できる」、「信頼できる営業担当者に出会う機会が増える」メリットが生まれます。

不動産会社によって査定の基準や得意なエリアは異なります。1社だけに査定を依頼すると、査定価格の妥当性が判断できません。複数の不動産会社に査定して貰えば相場が見えてくるでしょう。

ただし、自分で複数の不動産会社にひとつひとつコンタクトを取るのは大変に手間がかかります。そのため、次の「一括査定を利用する」をおすすめします。

3-3.一括査定サービスを利用する

個別の不動産会社のサイトに当たったり、電話をかけたりしなくても、一度に複数の不動産会社に査定依頼できる「不動産一括査定サービス」があります。インターネットを利用すれば複数の不動産会社に短時間で照会でき、同時に多くを比較することで基準となるものが見えてきます。

一括査定は無料で利用できます。このサービスを利用するには、物件情報や個人情報を入力し、不動産会社を選択してから、「机上査定」と「訪問査定」を選択します。

机上査定は立地条件や築年数などの条件で市場データを参考に簡易的に査定するもので、翌日~5日程度で査定結果が出ます。訪問査定は実際に物件を見て、間取りや日当たり、瑕疵などを細かくチェックします。
実際に不動産を売却する際は、売出価格を設定するために訪問査定は必須です。不動産売却を決めている場合は訪問査定を選びましょう。不動産会社を選ぶ際の参考になります。

不動産一括査定サービスは、選択候補の不動産会社が厳選されおり、リスクが低く効率が良いのが特長です。査定結果と対応について、前章3つのポイントにより比較検討しましよう。

この際、気を付ける点は「一番高いところ」ではなく「一番信頼できるところ」を探すことです。そこでおすすめなのが「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」の一括査定サービスです。

不動産売却 HOME4U」の一括査定サービスは、1分程度の簡単な操作で最大6社の不動産会社に査定を依頼することができます。査定会社は、売却対象となる物件のエリアで、どの物件種類の売買実績が豊富な不動産会社が選定される仕組みになっています。簡単に手間なく、信頼できる不動産会社をピックアップすることができ、最大6社に見積もり査定の依頼ができます。

運営しているのはNTTデータグループのため、情報管理や安全性も万全です。もちろん一切費用はかからず、無料です。不動産会社の比較と信頼できる不動産会社を見つけるために、「不動産売却 HOME4U」を是非ご利用ください。

まとめ

いかがでしたか。家を高く、早く売るためには、売りたい物件に合った良い不動産会社選びが重要です。そのために比較するのは以下の3つです。

  1. 得意な物件
  2. 営業年数
  3. 対応力・販売力

また、この3つを比較して、数ある不動産会社の中からあなたにベストな不動産会社を見極めるためには、不動産一括査定サービス「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」を活用して、不動産会社を比較してみることをおすすめします。

一括査定サービス「不動産売却 HOME4U」で不動産会社を比較して、あなたの売却プランに最適な会社を選んでください。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる