不動産売却を決めたら読もう!最も効率的に正確な見積もりを取るコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の売却を決めたときに真っ先に知りたいことは、その不動産がいくらで売れるのかということでしょう。

不動産の価値を知るには、不動産会社に査定を依頼し、見積もりを出してもらいますが、自分の大切な財産ですから、「できるだけ高値がついてほしい」と誰もが思うものです。

そこで今回は、査定価格が不当に安くならないよう、正確で損をしない見積もりをとるためのコツや注意点をご案内します。
ぜひ参考にして、上手に見積もりを取ってくださいね。

1. 不動産売却にあたり正確な見積もりを取るための2つのコツ

不動産を売却する際は、不動産会社に見積もり(査定価格)を出してもらいます。この査定価格は不動産の売却価格を決める際ベースになるものなのでとても重要です。
金額に納得した上で不動産売却をするために、正確で損をしない見積もりを取りましょう。
そのためのの”2つのコツ”を紹介していきます。

コツ1 近隣の類似物件の相場を知る

正確で損をしない見積もりを取るための1つ目のコツは、近隣の類似物件の相場を知っておくことです。
国土交通省の「土地総合情報システム」を利用すれば、近隣の不動産取引価格を調べることができます。

国土交通省 土地総合情報システム

こちらのサイトで自分の物件と同じエリアにある類似物件を検索してみてください。近隣の相場を知っておけば、このあと不動産会社から見積もりを取った時に、その額が適正であるかどうかを判断することができます。

 

コツ2 「一括査定サービス」を使って見積もりを取る

正確で損をしない見積もりを取るための2つ目のコツは、一括査定サービス」を利用して見積もりを取ることです。「一括査定サービス」とは、一度に複数の不動産会社に見積もり(査定価格)を出してもらうことができるサービスのことで、サイトに物件の情報を入力するだけで、システムが自動的に最適な不動産会社を見つけてくれ、料金も無料です。

特に、一括査定サービス「HOME4U(ホームフォーユー)」を使えば、大手の不動産会社だけでなく、地域に密着して実績をあげ続けているような中小の不動産会社も網羅しているため、様々な会社から見積もりを取り寄せることが可能です。

一口に不動産会社といっても、その特徴は異なります。例えばA社はマンションの売却がメイン、B社は賃貸が専門、C社は投資物件が得意というように、各社で特色があり、同じ物件の見積もりを取っても、その金額にバラつきが生じます。

できるだけ高く売りたければ、色々な会社の金額の違いを比べたいですよね。ところが、普通の人には、どの会社が何を得意としているのか、見分けることは困難です。そのため、システムが瞬時に自動で最適な不動産会社を見つけてくれる「一括査定サービス」を使うことは、とても便利で効率的なのです。

なお、「一括査定サービス」を使う時、査定方法として「簡易査定」か「訪問査定」かを選択する流れになります。
そこで、次の章では「簡易査定」と「訪問査定」の違いについて、解説していきます。

2.「簡易査定」と「訪問査定」の違い

一括査定サービスには、2つの査定方法があります。1つは「簡易査定」、もう1つは「訪問査定」です

簡易査定」とは、「机上査定」とも呼ばれ、過去の近隣の取引実績などから、おおかまな査定価格を提示してくれるサービスのこと。しかし、実際に物件そのものを見て査定しているわけではないので、あくまでも目安にしかなりません。

一方、「訪問査定」とは、実際に不動産会社の営業マンが現地を訪問し、物件や設備の状態を確認したうえで査定価格を提示します。実際の物件を見て価格を出しているため、簡易査定より適正な価格が出てきます。

また、訪問査定の場合、入力するデータからだけではわからない、物件の良い点やおすすめポイントなどを営業マンにその場でアピールすることができます。物件の利便性や生活環境の良さなどを見てもらうことで、査定価格に良い影響があるかもしれません。

以上のことから、もっともオススメできる見積もりの取り方は、「一括査定サービスHOEM4U」を使い、複数の不動産会社に「訪問査定」を受けて見積もりを取り寄せる、ということになります。

3. 不動産の見積もりを出してもらう際の注意点

不動産の見積もりを出してもらう際、注意しておきたい2つのポイントがあります。

1不動産がもつ”プラス要因”と”マイナス要因”を伝える

2必ず確認しておきたい査定価格の根拠

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

3-1. 不動産がもつ”プラス要因”と”マイナス要因”を伝える

売りたい不動産がもつアピールポイント(プラス要因)とウィークポイント(マイナス要因)は、不動産会社の営業マンに正直に伝えておきましょう。プラス要因を担当者に伝えておく理由は、不動産を少しでも高く売るためです。

例えば、プラス要因は「駅に近い」といった誰にでもわかる事柄だけではありません。「風通し」「近隣住民の方々の様子」「特定の時間や時期だけに楽しめるとっておきの眺望(夕陽・桜・花火etc…)」など、生活している人でなければわからないおすすめポイントは、ぜひ伝えておきたいプラス要因です。

反対に、マイナス要因となる点も伝えておきましょう。価格が下がるかもしれないからと伝えずにいると、後からトラブルになりかねません。
伝えるべき点を営業マンにキチンと伝えておけば、プラス要因は上手くアピールし、マイナス要因については売るための販売戦略をしっかりと考えてくれるでしょう。

3-2. 必ず確認しておきたい査定価格の根拠

一括査定サービスを利用して複数の会社に見積もりを出してもらうと(特に訪問査定を受けて精緻な見積もりを出してもらうと)、査定価格にバラつきが出てきます。このとき、必ず各不動産会社に「査定価格の根拠」を聞くようにしてください。特に突出して他社より高い価格であったり、極端に安い価格の場合は要注意です。

なぜなら、「契約がほしい」という理由だけで、きちんとした裏付けもなく高い価格を提示してきたり、取引実績が乏しすぎて適正な価格を算出できていない可能性があるからです。ここで役立つのが、第2章の「コツ1 近隣の類似物件の相場を知る」で調べていただいた相場です。

相場を知っておけば、不動産会社に対して「相場の金額と違うようですが、なぜですか?」と質問がしやすいですし、「自分も少しはわかっていますよ(騙されませんよ)」という雰囲気を出すこともできます。なぜその査定価格になったのかを、誠実に詳しく説明してくれるか否かで、信頼のおける不動産会社かどうかを見極めてください。

4. まとめ

不動産はこれまで大切にしてきた自分の大切な財産です。売るからには、適正な見積もりを取り、信頼のおける不動産会社を見つけて売却したいものです。

あとから「損をした!」と後悔しないよう、一括査定サービス効率的に複数の会社に査定を依頼し、しっかり見積もりを取って比べてくださいね。

不動産を高く売るなら、まずは安心して任せられる不動産会社探しから

あなたは、不動産の売り方がわからない、いくらで売れるか不安、どこに相談していいか分からない、などのお悩みを抱えていませんか。

そんな時にはまず、信頼できる不動産会社を探すこと から始めましょう。不動産会社の選び方を間違えてしまうと、市場価格よりずっと安く売れてしまった!など、損をしてしまう可能性 があります。

HOME4U(ホームフォーユー)なら、物件を売る際に損をしないように、複数の不動産会社を比較し、物件の種類や特徴に応じて、あなたに一番合った不動産会社をご紹介します。

HOME4U安心の3つのポイント

  • 日本初の不動産一括査定サイトだから実績豊富
  • 厳選した900社の優良企業からあなたに合った不動産会社をご紹介
  • 査定依頼した会社以外からの連絡は一切ないから、安心

NTTデータグループ運営のHOME4Uで、信頼できる不動産会社を探しましょう。


まずは査定をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較