不動産の簡易査定とは?メリット・デメリットと賢く利用する2つの裏技

このページをシェアする
不動産簡易査定の裏ワザ

「家や土地がいくらで売れるのか?」

無料で不動産会社に概算価格を出してもらう「簡易査定」。中でも、インターネットの簡易査定は、以下のような方にとって、とても便利なサービスです。

  • まずは家や土地がいくらで売れるのかが知りたい
  • 持っている不動産の資産価値が知りたい
  • 今すぐ売る気はないけれど、もし高く売れるなら売却を検討したい
  • 不動産会社に足を運ばずに査定を依頼したい

ただ、そんな便利な簡易査定をより賢く使う裏ワザがあります。今回は、不動産の売却を検討している方に向けて、簡易査定をする方法からメリット・デメリットの比較、さらにより効率的に簡易査定を利用するコツまでご紹介します。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,800社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. 不動産の簡易査定とは?

まずは、「簡易査定とは何なのか」「簡易査定ではどのように査定額を算出するのか」など、基本的な知識を解説していきましょう。

1-1.簡易査定(机上査定)とは

簡易査定は、不動産会社が実際の物件を見ずに査定価格を算出します。「机上査定」ともいわれる簡易的な査定方法です。

不動産の簡単な情報から売却価格を予想するため、不動産の市場相場を手軽に知ることができます。不動産の売却を検討する際に、一番最初に手を付けるとよいでしょう。

簡易査定は通常1日あれば算出できるため、査定を依頼してから数日もかからずに結果を教えてくれます。

住宅査定で見られているポイント|査定価格の仕組みや注意点を解説

1-2.簡易査定の算出方法

簡易査定(机上査定)は、以下の項目をもとに算出されます。

  • 住所
  • 面積
  • 間取り
  • 築年数

上記の情報から下記のポイントをもとに査定金額を予想していきます。

  1. 時価公示によって更新される「公示価格」(毎年3月に発表)※
  2. その物件と似た物件が、今いくらで売り出されているか?【周辺の売り出し事例
  3. その物件と似た物件が、過去に実際にいくらで取引されたか?【過去の取引実績
  4. 市場の動向

インターネットを活用した一括査定サービス「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」を利用することで、一度に複数の不動産査定を依頼でき、簡単に比較することができます。

1-3.簡易査定は“正確な査定価格ではない”ことに注意!

簡易査定を利用する前に注意してほしいのが、簡易査定は“正確な査定価格ではない”という点です。
前述した通り、簡易査定は実際の物件を見て査定をするわけではありません。

そのため、

  • 家や外壁の痛み具体
  • 内装の状態
  • リフォームの有無
  • 物件の構造
  • 近隣の生活環境

などの情報が考慮されません。上記の項目に関する「マイナス面」も「プラス面」も価格に反映されないのです。そして、その影響は物件の種類によって大きな差があります。

上記の項目で一番大きな影響を受けるのは「一戸建て」です。一戸建ては、マンションとは違ってそれぞれの家に個性があり、構造や保存状態も各家庭によってさまざまです。

マンションの場合、竣工した時の売り出し価格や間取りなどの情報がデータベースとして世の中に存在しています。また、定期的に修繕工事が行われているため、ある程度の保存状態の予測がつき、データだけで現在の査定価格を算出することは難しいことではありません。

また、「土地のみ」の場合は建物がないため、その広さと需要の関係だけで価格が算出することができます。

2.【簡易査定・訪問査定】それぞれのメリットとデメリットを比較

不動産の査定には、「簡易査定(机上査定)」のほかに、「訪問査定」という形式があります。

訪問査定は、実際に物件を見て、さらに詳しい書類やデータを使って査定を行います。より正確な査定金額を算出するため、1週間程度の時間がかかります。

ここからは「簡易査定」と「訪問査定」のメリットとデメリットを比較していきます。二つの査定方法の特徴を知り、まずは簡易査定からスタートすべきか、訪問査定から始めるのかを判断しましょう。

簡易査定(机上査定) 訪問査定
かかる日数 数時間~1日程度 1週間程度
立ち合い 不要 必要
正確性
目的
  • 大まかな査定金額の目安を知る
  • 訪問査定を依頼する不動産会社を選ぶ
  • 正確な査定金額を知る
  • 仲介する不動産会社を選ぶ
査定に必要な書類 特になし
  • 登記簿謄本
  • 測量図
  • 購入時の売買
  • 重要事項説明書
  • 図面など

2-1.簡易査定(机上査定)のメリット・デメリット

簡易査定のメリットは、何の準備もしない状態で動き出せることです。プロの不動産会社に、簡単な情報を伝えるだけで、大体の査定金額を知ることができます。立ち合いの必要もなく、インターネットのサービスやメールを活用して、いつでも始めることができます。

ただし、実際に見ていないため、物件の状況によっては、訪問査定時に大きく査定価格が変動する可能性もあります。また、相場を知るだけでなく、不動産会社の選別にも役立ちます。

不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」などの一括査定サービスでは、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼することができます。簡易査定の段階で、しっかりと現実的な査定金額を返答してくれる不動産会社を精査することが大切です。
詳しくは、「【裏ワザ1】複数の会社に依頼して相場をつかむべし!」にて解説しています。

2-2.訪問査定のメリット・デメリット

訪問査定のメリットは、正確な査定金額を知ることができる点にあります。ただし、基本的に立ち合いの必要があり、必要書類も多いため、査定が終わるまでに1週間程度の時間がかかります。

多くの不動産会社に訪問査定を依頼するのは非常に多くの時間がかかるため、限られた数社に依頼することをおすすめします。先に簡易査定を行ったうえで訪問査定にステップアップしていくのがよいでしょう

売却希望日まで時間がない場合、また少しでも早く売却を行いたい場合は、訪問査定から始めるようにしましょう。

3. 賢く不動産の簡易査定を利用する2つの裏ワザ

大まかな査定価格を知ることができる「簡易査定」ですが、「訪問査定」をした際に一気に査定額が下がってしまうと、思い描いていた計画が崩れてしまいます。

それでは、簡易査定の段階でより正確な査定価格を手に入れるにはどうすればよいのでしょうか。ここからは、賢く簡易査定を活用するコツをご紹介します。

3-1.【裏ワザ1】複数の会社に依頼して相場をつかむべし!

まず、簡易査定は必ず複数の会社に依頼をしてください。なぜなら、会社によって査定価格に差があり、数百万円もの違いがあることは大いにありえるからです。

例えば、A社、B社、C社にも査定を依頼したところ、以下のような返答がきました。

A社:4000万円
B社:3,600万円
C社:3,720万円

A社の4,000万円が高すぎて、どうも不自然な気がします。このような場合、A社に査定額の根拠を聞いてみましょう。あまり納得ができない理由だったら、大体の相場はB社・C社の価格帯といえるでしょう。

このように複数の会社に依頼することで、大体の相場感をしっかりと掴むことができるのです。A社だけで進めていたら、相場とは異なる金額のままで売却に出すこととなり、売り先が見つからないなど困難な状況が待っていたでしょう。

複数の会社にまとめて簡易査定を依頼するには、不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)などの一括査定サービスを利用すると便利です。

HOME4Uは、NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイトです。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定を依頼することができるでしょう。

3-2.【裏ワザ2】必要な情報を用意して、より正確な価格を提示させるべし!

あなたが伝える物件の情報を元に不動産会社は査定します。その情報が間違っている、もしくは曖昧だと、正確な査定は算出できません。査定を依頼する際は、以下の基本情報をなるべく正確に入力しましょう。

  • 住所
  • 面積(一戸建ての場合は、土地面積と建物面積の両方が必要)
  • 間取り
  • 築年数

分からない場合は、マンションなら購入した時にもらったパンフレットや「重要事項説明書」を探してみてください。捨ててなければきっと家の中にあるはずです。

基本情報のほかに、次の項目を「ご要望」欄などの自由記入欄に入力しましょう。

物件の状態

  • リフォームの有無(どの場所を何年前にリフォームしたか)
  • 雨漏りなどの不具合
  • 一戸建ての場合、建物構造(木造、鉄筋、RC造など)など
周辺環境など

  • 最近スーパーが近くにできて便利になった、などの周辺情報
  • 「目の前が公園で春は桜が満開」など、実際に住まないとわからない情報
  • 騒音などの近隣情報 など

ポイントは、良いことも悪いことも書くことです。

みなさんは、査定価格が高くて嬉しい!という結果がほしいわけではなく、より正確な査定価格を知りたいはずです。 正確な情報を伝えることで、より精度の高い査定結果を提示させましょう。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

4.こんな時どうすればいい?簡易査定の後に起こる悩みと疑問

ここからは、簡易査定をする際によくあるお悩みや疑問点をQ&A形式でご紹介していきます。

4-1.査定依頼した会社と契約しないといけないの?

必ずしも査定を依頼した会社と契約を結ぶ必要はありません

何社かに査定を依頼して、契約する不動産会社を比較してから選ぶことは一般的に行われていることです。例えば、引っ越しなどで見積価格やサービス内容を比較してお願いする会社を選ぶのと同じです。

複数の会社に査定を依頼して、価格や営業マンを比較してみましょう。価格が同じ程度のときは、何社かの営業マンと話をして、「この人なら任せてもいいかな?」「この人なら売ってくれるだろう」と思った方と契約をしましょう。

査定は無料です。ただし、あまりにも多くの会社に依頼すると対応が大変です。3~6社位がほどよいでしょう。

4-2.うちの家、思ってたより安かった…

査定価格を見て、「思ったより安かった…」と思う方が多くいます。 その場合、「売らない」という選択肢もあります。

ただし、毎年払う固定資産税はいくらでしょうか?不動産を所有しているだけで数万円〜数十万円の税金を払っているはずです。

安くても売ってしまえば、現金が手に入り、固定資産税を払う必要はなくなります。もし、その不動産の使い道がないのなら、売ってしまうことをおすすめします。

また、人に貸すという選択肢もあります。つまり、賃貸経営をして大家さんになるということです。この場合、毎月数万円でも家賃収入が得られるようになりますので、将来にわたって継続的な収入を得たい場合有効です。

ただし、賃貸経営には空室のリスクもあります。まずはさまざまなリスクを把握することが大切です。

「人に貸した場合、家賃収入がどのくらいになるのか」など賃貸経営の相談をしたいなら、70社以上の優良な管理会社と提携している賃貸経営HOME4U」がおすすめです。一度の入力で複数の不動産会社に相談でき、プランを比較することができます。

どうにかしたい空き家を「得する空き家」に変える活用方法

4-3.もっと正確な査定価格を知りたい

最初から概算価格ではなく正確な査定価格を知りたいなら、すぐに「訪問査定」を依頼しましょう。

簡易査定とは違い、実際の物件を見て査定価格を算出することができます。物件の状態や周辺環境などが加味されるため、より正確な価格がわかります。

また、訪問査定を行う際は、不動産会社が登記簿などで、権利関係や法令上の制限なども調べます。 その上で算出するため、数日~1週間程度の時間がかかることを理解しておきましょう。

不動産売却の査定は何が決め手?査定が必要な理由と5つのコツ

4-4.「査定価格」=「売却価格」ではありません

査定サービスを利用するみなさんに知っておいて欲しいのが、「査定価格=売却価格ではない」という点です。

不動産会社が提示する査定価格は、「概ね3ヶ月以内に売れるであろう金額」です。

最終的な「売却価格」は、下記のようなプロセスで決定されます。

一般的な仲介の売買価格決定のプロセス

  1. 査定価格を参考に、あなたの希望価格も踏まえて、売り出し価格を決めます。
  2. 購入希望者が「買いたい」と思う希望価格を提案してきます
  3. 購入希望者の希望価格とあなたの売り出し価格の価格交渉が行われます
  4. 折り合いがついた金額が「売却価格」となるのです

査定価格は、売り出し価格を設定する際の根拠となるものなので、とても大切なものです。しかし、「この価格で必ず売れる」という保証額ではないことは忘れないようにしましょう。

5.簡易査定後の流れ

簡易査定で概算価格を把握した後、不動産の売却は下記のような流れで進みます。

訪問査定で正確な査定価格を算出してもらう
 ↓
契約する不動産会社を決める
 ↓
売り出し価格を決める
 ↓
不動産会社があなたの物件を広告などを使って売り出す
 ↓
購入希望者があなたの物件を見学にくる
 ↓
購入希望者と価格や条件交渉をおこなう
 ↓
条件がおりあったら売買契約をして引き渡す

不動産が売れるまで、通常3〜6ヶ月程度かかります。もし、少しでも早く現金を手に入れたい事情があるなら、なるべく早く行動を起こすことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?簡易査定サービスを使って、なるべく正確な査定価格を手に入れる2つの裏ワザをご紹介しました。

複数の会社に簡易査定を依頼し、少しでも提供する情報を増やすことで、損のしない不動産売却につなげることができます。

また、最近はインターネットを通じた一括査定サービスを活用することで、より便利に査定を依頼することができるようになっています。

特にNTTデータグループが運営する一括査定サイト「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」はセキュリティ面でも安心です。大手企業から、地域密着型の中小企業まで全国1,800社の不動産会社を網羅しています。

一度の入力で複数の会社に査定依頼ができ、さらに簡単に比較することができるため、初めて不動産売却をする方にもおすすめです。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる