不動産の簡易査定を賢く利用する、とっておきの2つの裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不動産簡易査定の裏ワザ

家や土地がいくらで売れるのか?
無料で不動産会社に概算価格を出してもらうのが“簡易査定”です。

  • まずはいくらで売れるのか知りたい
  • 持っている不動産の資産価値が知りたい
  • 今すぐ売る気はないけれど、もし高く売れるんだったら売るのもアリかも
  • 不動産会社に足を運ばずに査定を依頼したい

と思っている方に、インターネットの簡易査定はとても便利なサービスです。

ただ、そんな便利な簡易査定を、より賢く使う裏ワザがあります。
今回は、より効率的に簡易査定を利用するコツを紹介します。

1.そもそも簡易査定ってどういうもの?

1-1.簡易査定の算出方法

簡易査定は、不動産会社が実際の物件を見ずに価格を算出します。

その方法は、

  • その物件と似た物件が、今いくらで売り出されているか?(周辺の売り出し事例)
  • その物件と似た物件が、過去に実際にいくらで取引されたか?(過去の取引実績)
  • 市場の動向

などを元に計算されます。
「机上査定」ともいわれる簡易的な査定方法です。

簡易査定は通常1日あれば算出できるため、査定を依頼してから数日かからずに結果を教えてくれるでしょう。

1-2.簡易査定は“正確な査定価格ではない”ことに注意!

簡易査定を利用する前に注意してほしいのが、簡易査定は“正確な査定価格ではない”という点です。

前述した通り、簡易査定は実際の物件を見て査定をするわけではありません。

  • 住所
  • 面積
  • 間取り
  • 築年数

などだけで価格が算出されます。

そのため、

  • 家や外壁の痛み具体
  • 内装の状態
  • リフォームの有無
  • 物件の構造
  • 近隣の生活環境

などの情報が考慮されません。
「マイナス面」も「プラス面」も価格に反映されないのです。

そして、その価格は物件の種類によって大きくブレてきます。
大きくブレるのが、一戸建てです。

まず、土地の場合は、建物がないため、その広さと需要の関係だけで価格が算出できます。

マンションの場合、竣工した時の売り出し価格や間取りなどの情報がデータベースとして世の中に存在しています。
また、定期的に修繕工事が行われているため、ある程度の保存状態の予測がつきます。
そのため、データだけで現在の査定価格を算出するのが難しいことではないのです。

一方、一戸建ては、マンションとは違いそれぞれの家に個性があります。
簡易査定を依頼するとき、木造やRC造などの建物の構造情報は入力しません。
また、保存状態もそれぞれの家庭によってさまざまでしょう。
これらの情報なしに査定をするのは容易ではないことが想像つきますよね。

では、簡易査定が難しい一戸建ても含めて、より正確な査定価格を簡易査定で手に入れるにはどうすればよいのでしょうか。

次の章では、そのコツをご紹介します。

2.賢く不動産の簡易査定を利用する2つの裏ワザ

【裏ワザ1】複数の会社に依頼して相場をつかむべし!

簡易査定は、必ず複数の会社に依頼をしてください。

なぜなら、会社によって査定価格に差があるからです。
数百万円違うことは大いにありえます。

例えば、A社にだけ査定を依頼した結果、 4,000万円という査定価格が提示されたとします。

ところが、B社、C社にも依頼したところ、
B社:3,600万円
C社:3,720万円
という価格が提示されました。

A社の4,000万円がどうも高すぎる気がしませんか?

複数の会社に依頼することで、なんとなくの相場感を掴むことができるのです。

不動産一括査定サイト HOME4U複数の会社にまとめて簡易査定を依頼するには、「HOME4U(ホームフォーユー)」などの一括査定サービスを利用すると便利でしょう。

HOME4Uは、NTTデータグループが16年以上運営している老舗の不動産一括査定サイトです。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定を依頼することができるでしょう。

そして、どの価格が正しいのか?自分でも相場を調べて比較をしてみましょう。

国土交通省が提供する「土地総合情報システム」では、実際に過去に取引された物件の価格を自分で調べることができます。

  • 複数の会社の査定価格
  • 自分で調べた過去の取引価格

を知ることで、現実的な査定価格を知ることができます。

【裏ワザ2】必要な情報を用意して、より正確な価格を提示させるべし!

あなたが伝える物件の情報を元に不動産会社は査定します。
その情報が間違っていたり曖昧だと、正確な査定は算出できません。
査定を依頼する際は物件の情報をなるべく正確に入力しましょう。

  • 住所
  • 面積(一戸建ての場合は、土地面積と建物面積の両方が必要)
  • 間取り
  • 築年数

は、基本情報です。

分からない場合は、購入した時にもらったパンフレットや「重要事項説明書」を探してみてください。捨ててなければきっと家の中にあるはずです。

基本情報のほかに、次の項目を「ご要望」欄などの自由記入欄に入力しましょう。

物件の状態

  • リフォームの有無(どの場所を何年前にリフォームしたか)
  • 雨漏りなどの不具合
  • 一戸建ての場合、建物構造(木造、鉄筋、RC造など)

など

周辺環境など

  • 最近スーパーが近くにできて便利になった、などの周辺情報
  • 「目の前が公園で春は桜が満開」など、実際に住まないとわからない情報
  • 騒音などの近隣情報

など

ポイントは、良いことも悪いことも書くことです。

みなさんは、査定価格が高くて嬉しい!という結果がほしいわけではなく、より正確な査定価格を知りたいはずです。 正確な情報を伝えることで、より精度の高い査定結果を提示させましょう。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

3. こんな時どうすればいいの!?簡易査定の後に起こる悩み

3-1.査定依頼した会社と契約しないといけないの?

必ずしも査定を依頼した会社と契約を結ぶ必要はありません。

何社かに査定を依頼して、契約する不動産会社を比較してから選ぶことは一般的に行われていることです。
例えば、引っ越しなどでも各社の価格やサービス内容を比較しますよね?
それと一緒です。

何社かの営業マンと話をして、この人なら任せてもいいかな?売ってもいいかな?と思った方と契約をすればよいのです。

査定は無料です。
複数の会社に依頼して、価格や営業マンを比較してみましょう。

ただし、あまりにも多くの会社に依頼すると対応が大変です。
3~6社位が程よいでしょう。

3-2.うちの家、思ってたより安かった…

査定価格を見て、思ったより安かった…と思う方が多くいます。 売らない、という選択肢もアリです。

ただし、毎年払う固定資産税はいくらでしょうか?
数万円〜数十万円、不動産を所有しているだけで税金を払っていますよね。

安くても売ってしまえば、現金が手に入り、固定資産税を払わなくてもよくなります。
もし、その不動産の使い道がないのなら、売ってしまうことをおすすめします。

また、人に貸すという選択肢もあります。 賃貸経営をして大家さんになるということです。

この場合、毎月数万円でも家賃収入が得られるようになりますので、将来にわたって継続的な収入を得たい場合有効です。
ただし、空室のリスクもありますので、リスクを把握した上で検討しましょう。
人に貸した場合家賃収入がどのくらいになるのか、相談する場合は、賃貸経営の一括相談サイトなどを利用すると良いでしょう。

3-3.もっと正確な査定価格を知りたい

概算価格ではなく正確な査定価格を知りたいなら、「訪問査定」を依頼しましょう。

簡易査定とは違い、実際の物件を見て査定価格を算出する方法です。
物件の状態や周辺環境などが加味されます。

また、不動産会社は登記簿などで、権利関係や法令上の制限なども調べます。 その上で算出するため、数日時間がかかりますが、精度が高く正確な査定方法です。

4.「査定価格」=「売却価格」ではありません

査定サービスを利用するみなさんに知っておいて欲しいのが、査定価格=売却価格ではない、という点です。

不動産会社が提示する査定価格は、「概ね3ヶ月以内に売れるであろう金額」です。

最終的な「売却価格」は、下記のようなプロセスで決定されます。

一般的な仲介の売買価格決定のプロセス

査定価格を参考に、あなたの希望価格も踏まえて、売り出し価格を決めます。
 ↓
購入希望者が「買いたい」と思う希望価格を提案してきます
 ↓
購入希望者の希望価格とあなたの売り出し価格の価格交渉が行われます
 ↓
折り合いがついた金額が「売却価格」となるのです

査定価格は、売り出し価格を設定する際の根拠となるものなので、とても大切なものではありますが、「この価格で必ず売れる」という保証額ではないことを知っておいてくださいね。

5.簡易査定の後の流れ

簡易査定で概算価格を把握した後、「売ろうかな」と思ったら売却するまでは次のような流れで進みます。

訪問査定で正確な査定価格を算出してもらう
 ↓
契約する不動産会社を決める
 ↓
売り出し価格を決める
 ↓
不動産会社があなたの物件を広告などを使って売り出す
 ↓
購入希望者があなたの物件を見学にくる
 ↓
購入希望者と価格や条件交渉をおこなう
 ↓
条件がおりあったら売買契約をして引き渡す

不動産が売れるまで、通常3〜6ヶ月かかります。
けっこう時間がかかるな、と驚かれる方も多いかと思います。

もし、少しでも早く現金を手に入れたい事情があるなら、なるべく早く行動を起こすことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
簡易査定サービスを使って、なるべく正確な査定価格を手に入れる2つの裏ワザをご紹介しました。

もし、この記事をお読みの方の中に「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、以下の記事をご参照下さい。

利用した人だけ得をする!不動産を売るなら一括査定すべき2つの理由

ぜひ、参考にしてくださいね。

不動産を高く売るなら、まずは安心して任せられる不動産会社探しから

あなたは、不動産の売り方がわからない、いくらで売れるか不安、どこに相談していいか分からない、などのお悩みを抱えていませんか。

そんな時にはまず、信頼できる不動産会社を探すこと から始めましょう。不動産会社の選び方を間違えてしまうと、市場価格よりずっと安く売れてしまった!など、損をしてしまう可能性 があります。

HOME4U(ホームフォーユー)なら、物件を売る際に損をしないように、複数の不動産会社を比較し、物件の種類や特徴に応じて、あなたに一番合った不動産会社をご紹介します。

HOME4U安心の3つのポイント

  • 日本初の不動産一括査定サイトだから実績豊富
  • 厳選した550社の優良企業からあなたに合った不動産会社をご紹介
  • 査定依頼した会社以外からの連絡は一切ないから、安心

NTTデータグループ運営のHOME4Uで、信頼できる不動産会社を探しましょう。


まずは査定をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較