手間なく高く!土地の売却を成功させるための「一括査定」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「所有している土地の売却方法がわからない」という方は多いと思います。不動産は高額な取引になるので、なかなか売却に踏み切れずに所有したまま…という方も多いでしょう。

しかし、所有したままでは税金などのコストがかかるだけです。放っておくのは、とてももったいないですよね。では、どうしたらそんな無駄なコストを払わず、少しでも高くできるだけ手間をかけずに売却できるのでしょうか?

今回は活用していない土地をお持ちの方のために、少しでも高く手間なく売却するために絶対に使った方が良い「一括査定」と、土地を所有していることでかかるコストについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

1. 活用していない土地をお持ちなら、まずは査定をしてもらう

1-1.「いくらで売れる?」「売り方がわからない…」そんな方には一括査定が便利!

無駄な出費を払い続けているのに売却に踏み切れない方がよくおっしゃる理由として、「いくらで売れるのかわからない」「売り方がわからない…」といったことが挙げられます。でも、インターネットの一括査定サービスを使えば、そのような疑問や不安はすぐに解消することができます。

一括査定サービスとは、皆さんの土地の所在地やおおまかな面積を入力して頂くだけで、複数の不動産会社から査定額を出してもらえるサービスです。「いくらで売れそうなのか」を知るには、複数の不動産会社から査定額を取り寄せた方が、より明確にわかります。

なぜなら、不動産会社には「売買仲介が得意」「賃貸が専門」「不動産投資に強い」など個性があるため、査定額も会社によって異なるからです。一社だけの査定では、土地の売却にあまり実績がない場合、周辺相場からの目安しか出せず、本来ならもっと高く売れそうな土地に対して安い査定額の提示になってしまう可能性もあります。

とはいえ、複数の会社をひとつずつ探して問い合わせるのは、とても面倒です。「売り方がよくわからない」という方も、このあたりが面倒で行動を起こせていないというケースがよくあります。そんな時に便利なのが、無料で使える一括査定サービスHOME4U(ホームフォーユー)」です。

お持ちの土地の所在地やおおまかな面積などを入力すれば、その土地に適した複数の不動産会社をシステムが自動的に検出し、まとめて査定依頼を行うことができます。また、売却活動についても、査定依頼をした各社から説明を受けることができるので、「売り方がわからない」という不安も払しょくされます。

ちなみに、査定してもらったからといって、その不動産会社と絶対に契約しないといけないわけではありません。まずは一括査定で複数の不動産会社から出される査定額を比較し、所有する土地がいくらで売れそうかを把握することから始めてください。

不動産一括査定サイト HOME4U

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

1-2.「簡易査定」と「訪問査定」どっちが良いの?

一括査定サービスで査定依頼をする際、「簡易査定(机上査定)」か「訪問査定」かの選択肢があります。精緻な査定額を知るには、「訪問査定」を選んでください

「雑草が生えているので訪問されるのはちょっと…」とおっしゃる方もいますが、立地や周辺状況を確認することがメインなので、雑草が生えていても差し支えありません。むしろ不動産会社に雑草を処分する際の費用等をあわせて質問できるチャンスです。

反対に「簡易査定(机上査定)」の場合は、実際の周辺状況や日当たり、風通しといった条件が考慮されにくいので、「訪問査定」に比べおおまかな査定額となり、実際に売れそうな価格と乖離するケースもあります

1-3. 査定後について

実際に査定してもらい、納得のいく査定額で、売却活動などについてもきちんと説明をしてくれる良い不動産会社があれば、媒介契約を結んで実際に売却へ進みます。もし査定額に納得がいかなかったり、不動産会社の対応に不満がある場合には、契約をお断りしても大丈夫です。

ただし、査定額については地価のアップダウンに連動しますので、「納得がいかなかった」という理由で今回は売却を見送ることが最良とはいえません。見送る場合は、次の売却のタイミングがいつなのか、それまで様々な維持費を払い続けていてメリットがあるのか、きちんと踏まえて判断しましょう。

2. 土地を所有する事でかかるコストは主に2つ

2-1. 固定資産税

固定資産税とは、1月1日時点に所有している土地や建物といった不動産に課されます。具体的には、市町村の役場にある固定資産課税台帳に登録された額を「課税標準額」と呼び、固定資産税を計算するときの基礎にしています。

課税標準額は、土地がある地域の役所(東京都は都税事務所)で固定資産課税台帳を閲覧したり、 固定資産評価証明書を取り寄せたりして調べることも可能です。

固定資産税の計算式
固定資産税=課税標準×1.4パーセント ※税率は市町村により異なることがあります。

恐らくほとんどの方が数万円~数十万円の出費になっていて、長期に払い続けると、意外と高額になるのではないでしょうか?払い続けるのがもったいないかどうか、検討してみて下さい。

固定資産税については、「土地と建物の固定資産税を調べるなら、固定資産税評価額をチェック」の記事でも解説していますので、あわせて参考にしてください。

土地と建物の固定資産税を調べるなら、固定資産税評価額をチェック

2-2. 都市計画税

都市計画税とは、市街化区域(優先的に市街化を進めていこうという区域)にある不動産に対して課され、固定資産税と同時に支払います。都市計画税の計算の基礎となる課税標準などについては、固定資産税と同じ考え方になります。

都市計画税の計算式
都市計画税=課税標準×0.3パーセント

都市計画税の場合も居住用の土地や住宅であれば、面積に応じて土地の課税標準が3分の1になったり、3分の2になったりする優遇措置があります。こちらも多くの方が数万円~数十万円を払っているのではないでしょうか。何年も払うとなると、かなりの出費になると思われます。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか? 
無駄な出費を払い続けるより、手軽な「一括査定サービス」を利用して、売却への一歩を踏み出した方が得策かな…とお感じになった方もいらっしゃると思います。

もし活用していない土地をお持ちなら、「このまま税金を払い続けて本当にメリットがあるのかどうか」を見直して、早めに売却を検討されることをおススメします

一括査定サービスHOME4Uで、少しでも高く手間なく売却活動をスタートして下さいね。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国900社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが16年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較