マンションの査定に便利なおすすめ査定サービスと不動産会社の選び方

これからマンションを売却しようとしている人の中には、「マンションを査定するなら、どのサービスを選ぶべき?」と迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンション売却では不動産会社選びが重要というイメージを持っている方は多いですが、査定サービス選びの重要性を認識している方は少ないかもしれません。査定サービス選びは不動産会社選びに直結しますので、査定の時点で適切なサービスを選ぶことが重要です。

本記事では、失敗しないマンション査定サービスの選び方について解説します。また査定を依頼した後の、おすすめの不動産会社の選び方についても説明します。この記事を読むことで、あなたにぴったりのマンション査定サービスと不動産会社を見つけるヒントとなるでしょう。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,800社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります
ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1. マンション売却の流れ

まずは査定を含め、マンション売却の流れを確認しておきましょう。マンション売却の流れは以下の図の通りです。

1-1.価格査定は最初の段階で行う

価格査定は、売却の最初の段階で行います。不動産会社は、価格査定を依頼した会社の中から選びますので、どの査定サービスを利用するかは非常に重要です。良い不動産会社を選べれば、その後の売却活動はスムーズに進みます。

マンション査定は、その後のマンション売却の成否を決める肝の部分といっても過言ではありません。第一歩の査定サービスを踏み間違えないことが、マンション売却を成功させるコツになります。

なお、自分である程度の相場価格を調べておくと、査定額が高すぎたり低すぎたりするときに「相場はこれくらいだが、何故自分のマンションは高い(低い)査定額なのか」を尋ねる根拠にできます。

1-2.マンションの売却期間

上の図にあるとおり、一般的に売却活動を開始してから購入者が見つかるのに掛かる期間は、条件にもよりますが3ヶ月程度です(図の4~6の期間)。また、1年のうちマンションが最も売れやすい時期は、入学や入社のタイミング、異動や転勤が起こる2~3月です。この時期に購入者が見つかることを想定して、逆算で査定を依頼する時期を決める必要があります。

2. マンション査定の2つの方法「机上査定」「訪問査定」

マンションの査定方法には「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。それぞれの査定方法には次のような特徴とメリット・デメリットがあります。

2-1.情報入力だけの簡易な「机上査定」

「机上査定」は、類似する物件の相場や市場状況などの情報を基に、不動産価値を算出する査定方法です。

【メリット】
現場を訪問せずデータによって査定を行うため、短い期間で査定額を算出できます。
【デメリット】
算出した価格の正確性が「訪問査定」に比べて低くなる点には注意が必要です。

2-2.実際に物件を見てプロが判断する「訪問査定」

「訪問査定」は、「机上査定」で調べたデータに加えて、不動産会社が実際に現地を訪問して調査した物件の状況を基に、物件の査定額を算出する査定方法です。

【メリット】
実際に物件を見た上で査定額を算出するため、その価格には正確性があります。
【デメリット】
査定に手間がかかるため、査定額が出るまで数日程度かかります。
お家のいろは コラム
“訪問査定とシミュレーターの違い”

近年は、インターネットでマンション価格を知ることができるシミュレーターの無料サービスも登場しています。年々データも充実しており、首都圏ではマンション名を入れるだけで価格が出てくるサービスもあります。

ただし、利用するシミュレーターによって「高く出る」「低く出る」など、価格にクセがあります。また、ほとんどのシミュレーターは価格の算出根拠を開示しておらず、おすすめできるほど算定根拠のしっかりしたものは、まだ存在しないといえます。何より、シミュレーターはデータだけで算出するため、物件ごとの固有の情報が加味されていません。

一方で、訪問査定は不動産会社の営業担当者が、実際に物件を見に来て行う査定です。訪問査定の場合でも、営業担当者は過去の成約価格や現在の近隣の売出価格を確認します。さらに、訪問査定では、日照、リフォーム実施の有無、管理の状況、物件の損傷の程度など「現地の生の情報」をふまえた上で価格を出します。

そして何より、訪問査定は不動産会社に相談できるという点がメリットです。
「この床の傷は治した方が良いのか?」「ハウスクリーニングはしなくても良いのか?」「今月中に売却したいが可能か?」などの疑問点を、実際に物件を見てもらった上で相談することができます。

訪問査定は価格の精度が高いことに加え、無料で相談もできるので、シミュレーターにはない価値があります。シミュレーターを利用する際は、あくまでも参考程度に留めるようにしましょう。

3. マンション査定サイトを選ぶ4つのポイント

マンション査定サイトを選ぶ際には、次の4点を参考にして、信頼できるサイトを選んでください。

(1)マンション売却を得意分野とする不動産会社に査定を依頼できるか

査定サイトによって、得意としている取り扱い物件の種類はさまざまです。都心部の不動産を中心に扱っているところ、投資物件に強いところなど、それぞれの特徴を見極め、自分が求めるマンション売却に強いサイトを選びましょう。

(2)初心者にも分かりやすく、中身が充実した役立つ情報やコラムを掲載しているか

サイトによってはマンション売却時に役立つ最新情報や、初心者の不安や疑問を払拭してくれるコラムなどを掲載しているサイトもあります。そういったサイトは単に目先の利益を求めるだけでなく、利用者の利益を尊重したサービス提供をしていると言えるでしょう。

(3)査定を同時に依頼できる不動産会社の数や種類が豊富であるか

同時に依頼できる不動産会社数はサイトによってまちまちです。不動産会社によっても得意・不得意分野が異なるため、できるだけさまざまな種類の不動産会社に査定を依頼することで、その方が売却したい物件を得意分野とする不動産会社に出会える可能性が高まるでしょう。

(4)情報の管理に信頼がおけるかどうか

不動産査定では、ある程度の個人情報を入力します。情報漏洩の心配はほとんどのサービスでは低いといえますが、中には脆弱なシステムもあるかもしれません。大切な個人情報ですので、実績があり信頼性の高い査定サービスサイトを選ぶことをおすすめします。
不動産売却 HOME4U」はNTTデータグループが運営するサイトのため、個人情報の管理も万全となっています。

4. おすすめの査定サービス

査定は、不動産会社選びに直結します。「信頼できる不動産会社を見つけてマンション査定を行いたい」と考えるのであれば、一括査定サービス「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」の利用がおすすめです。

一括査定サービスには、全国すべての不動産会社が登録されているわけではなく、それぞれの運営会社が審査して力のある不動産会社と提携しています。「不動産売却 HOME4U」は、NTTデータグループが運営する日本で最も古くからある一括査定サービスです。運営会社がNTTデータグループであることから、不動産会社からの信頼も厚く、大手の不動産会社も多く登録されています。

また、大手に限らず、全国の地元の中小の不動産会社も登録されていますが、厳正な審査が行われており、地元の有力不動産会社が多く登録されています。そのため、「不動産売却 HOME4U」は、査定依頼ができる不動産会社の質が高いという点が最大のメリットとなっています。

査定サービスは、どのサービスも無料ですので、かかる費用自体には差はありません。しかしながら登録されている企業に大きな差がありますので、実績のある多くの不動産会社が参画している査定サービスを利用することが重要です。

利用する査定サービスが変われば、査定依頼できる不動産会社も異なるのが通常です。査定サービスは、不動産会社選びに直結しますので、査定サービス選びを間違えてしまえば、その後の軌道修正は難しくなります。不動産売却の依頼先はどこがいいか迷った場合は、「不動産売却 HOME4U」を利用すれば、マンション売却の実績が豊富な良い不動産会社を選ぶことができます。

なお、HOME4Uでは特徴的なサービスとして電話でも査定依頼をすることが可能です。

HOME4U電話相談窓口

フリーダイヤルで査定依頼でき、パソコン入力が面倒な方でも査定依頼ができます。とても使いやすいサービスとなっていますので、ぜひご利用ください。

5. マンションの査定を依頼する前に知っておきたい6つのポイント

実際にマンションの査定を依頼する際は、査定前にやっておくことや、持っておいたほうがよい知識など、以下の7つのポイントに気をつける必要があります。よりスムーズにマンション売却を成功させるためにも、ぜひ知っておきましょう。

5-1.リフォームをする必要性はない

査定額を少しでも高くしようと、慌ててリフォームを行う必要はありません。何故ならリフォームに掛かった費用が、そのまま査定価格に上乗せされるとは限らないからです。無理にリフォームを行うよりは、キッチンや洗面所、お風呂といった水回りをクリーニングしておくのが良いでしょう。

家を高く売る3つの簡単テクニック

5-2. 査定結果だけで選ばない

有利な査定結果が出たという理由で不動産会社を選ぶことは避けましょう。土地の価格には「正解」がないため、不動産会社によって少しずつ査定結果が異なることが一般的です。それでも、ある程度は近い金額が出るため、複数の会社に査定を依頼することで「相場はこれくらい」とわかります。

以下の図のように、4社に査定を依頼した中で1社だけ高い価格を提示することがあります。しかし他の3社が似た価格で査定価格を出していることから、3社の提示する価格が「適正価格」ということになります。

このような結果になった場合、高く査定額を見積もった会社は、ほかの会社にない独自の査定根拠があるかもしれません。あるいは、不動産会社が顧客を確保するために、あえて高額の査定を出している可能性もあります。

実際に担当者と話をしてみて、査定額の根拠を丁寧に話してくれるなら、問題ないといえるでしょう。訪問査定や査定額の提示の際には、信頼できる不動産会社と担当者かどうか、査定の根拠がしっかり説明されているか、を必ず確認してください。

5-3.複数の不動産会社への一括査定を使う

マンションの査定を検討している時は、無料で複数の不動産会社に査定依頼を出せる「一括査定サービス」に申し込むことで、不動産会社探しの手間を軽くすることができます。また、5-2のとおり、査定額の適正価格を知ることもできます。

5-4.できるだけ修繕は行っておく

傷や不具合を査定前に修繕しておくと、査定や売却がスムーズに進みます。傷の修復は急がなくても大丈夫ですが、傷が残っていると買主の方との値引き交渉につながる可能性があるため、遅くとも売却前までに修繕しておくとよいでしょう。

5-5.書類を用意しておく

正確な「訪問査定」を行うためには、「登記簿謄本」や「売買契約書」といった書類を用意しておく必要があります。当日までに必要な書類を揃えておいてください。特に紛失していると再発行に数日程度時間が必要な書類もありますので、早めに準備しておくと安心です。

5-6.早めに査定をしておく

条件にもよりますが、マンションは買主が決定するまでに3ヶ月程度かかります。早めに査定を行っておけばスケジュールに余裕を持たせることができるため、販売を開始する時期を調整することができます。

不動産査定の方法と手順を解説!事前準備・査定後のポイントは?

6. おすすめの不動産会社の選び方

不動産売却 HOME4U」は、複数の大手と地元の中小の不動産会社の両方にバランスよく査定を依頼することが可能です。大手にも、地元の中小の不動産会社にも、それぞれの良さがあります。

この章では、不動産会社選びの参考になるように、大手と地元の中小の不動産会社のそれぞれのメリットをご紹介します。

6-1.「大手不動産会社」の良さに注目

大手不動産会社の良さは、仲介以外のサービスが充実しているという点にあります。

ここ数年、大手不動産会社を中心に無料サービスの充実化が見られるようになってきました。例えば、ハウスクリーニング瑕疵(かし)担保保険の付保を無料で行ってくれるサービスが代表的です。

ハウスクリーニングとは、プロの清掃業者による掃除です。購入希望者に家の中を見せる内覧の前に、キッチンやバス等の水回りをハウスクリーニングしておくと、購入希望者の心象が良くなります。

瑕疵担保保険とは、売却後、物件に瑕疵が発見された場合、その補修費用の一部を保険料によってカバーすることができる保険です。瑕疵とは、雨水の浸入等、売買の目的物が通常の品質を欠くことを指します。
瑕疵担保保険を付保すれば、保証付きの物件を売却するようなものですので、物件を売りやすくなります。

大手の不動産会社では、このような物件を売りやすくするためのサービスを無料で行ってくれるところが多いです。査定価格だけでなく、自分が求めている無料サービスを提供してくれている不動産会社を選択するのも良い選び方といえます。

6-2.「地元の中小の不動産会社」の良さに注目

地元の中小の不動産会社の良さは、条件の悪い物件でも頑張って売却してくれるという点です。

首都圏でも、少し郊外に行くと1,000万円を下回るようなマンションが続出するようなエリアがあります。このようなエリアの物件を眺めてみると、取り扱っている不動産会社がほとんど地元の中小の不動産会社ばかりです。

大手は営業店が都市部に集中しているため、都市部の物件と比べて郊外の条件の悪い物件をあまり得意としていません。それに対して地元の中小の不動産会社は、その地域に根付いているため、多少条件が悪くてもその地域のマンションならきちんと売却してくれます。

地元の中小の不動産会社の中には、そのマンションがいつどのような大規模修繕を実施してきたのか把握している不動産会社も多いです。所有者以上に、そのマンションのアピールポイントを知っていることもありますので、地元の不動産会社はとても心強いといえます。

大手は広告費をかけて、中小は広告費をかけないといった意見を耳にすることがありますが、現在ではそのような差はほとんどありません。現在の主力の不動産広告は、ポータルサイトへの物件掲載です。不動産会社はポータルサイトの広告を月何件という「枠」で購入していますので、枠を超えない限り掲載を惜しむようなことはないのです。

また、ポータルサイトの中には、成功報酬型の反響課金制となっているサイトもありますので、そのようなポータルサイトでは、どの会社も広告は載せ放題となっています。そのため、広告に関しては、大手と中小の不動産会社との間に、実質的な差はありません。

ただし、写真の載せ方や物件のアピールポイントなどの紹介文には不動産会社の経験や技量が現れることがあるので、迷った時には同じ物件情報ページを「買い手への訴求力」といった観点で比較してみると良いでしょう。

地元の中小の不動産会社だと売却しにくくなるということはありませんので、会社の規模に関わらず、気に入った不動産会社を選ぶようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、マンションの査定についてと、おすすめの査定サービスについて解説しました。

  • マンション査定は、信頼性の高い不動産一括査定サービス「不動産売却 HOME4U」がおすすめです。
  • 最近は査定シミュレーターも登場していますが、シミュレーターの価格はあくまでも参考程度に留めておいてください。
  • 査定の前にある程度相場を調べておくと、査定価格に対して高いのか安いのかの判断ができます。
  • 不動産売却 HOME4U」は、大手にも中小にも査定依頼ができるサービスです。大手・中小、それぞれに良い部分がありますので、自分に適した不動産会社を選ぶようにしましょう。

あなたのマンション査定に、この記事がお役に立てれば幸いです。

あなたのマンション、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これからマンションを売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる