リフォーム費用を安く抑えるコツとベストな業者の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家の各所をリフォームするには、ベストなタイミングがあります。

水を使う設備のリフォーム時期の目安は、キッチンやトイレ、洗面所などが10~20年、浴室が10~15年です。また、屋根なら10~20年、外壁なら15~20年、玄関や窓は20~30年がリフォーム時期の目安になります。

設備が壊れる、使い勝手が悪い、デザインが古いなど、気になるところが出てきたときも、あなたにとってのリフォームタイミングになるでしょう。

そこで、リフォームをするならどれくらいの費用がかかるのかを、事前に知っておきたいですよね?

今回は、「そろそろリフォームをしようかな?」と思っているあなたのために、家の各所をリフォームする場合の相場とベストな業者の選び方、費用を安くするコツを解説します。

ぜひ最後までおつきあいください。

1. 家の場所別リフォーム費用の相場と事例ビフォーアフター

「そろそろ設備のリフォーム時期が来たけれど、いくらかかるのか心配…。」

そんな想いを抱えている方も多いと思います。

満足のいくリフォームをするには、設備などのデザインも大切ですが、どれくらい費用がかかるのかをチェックして、しっかりと資金計画を立てることも重要です。

そこで、リフォームにかかる費用を事前にチェックしていただくために、家の場所別の相場をリフォーム事例のビフォーアフターとともにご紹介しましょう。

1-1. キッチンのリフォーム

キッチン:リフォーム費用の相場は、50万円~200万円
※機器代、工事費用、諸経費などを含む。


キッチンのリフォームは、コンロの取り替えなど機器の一部を取り替える場合は、50万円以下で済むこともあります。反対に、これまでキッチンのあった場所を移動する場合は、給排水設備工事や排気ダクト工事が必要になるため、費用が200万円を超す場合もあります。

キッチンをリフォームする際のポイントは、シンクやコンロなどの位置を考える際、いつも利用する人の動線を考えた配置にすることです。そのうえで、デザインや素材など予算に合うものを選ぶとよいでしょう。

今は、シンクやコンロ、収納棚などがセットになったシステムキッチンが主流。シンクやコンロの配置や高さを好みのものにすることができます。

システムキッチンには、I型、L型、対面型、アイランド型など、いくつかの型がありますが、リフォーム費用を抑えたい場合は、これまでのキッチンと同じ型を選ぶとよいでしょう。また、最新のものではなく、1つ前の型式を選ぶなど、少し古いものを選ぶのも費用を抑えるコツです。

今、主婦の間ではアイランド型のキッチンに人気があります。ただ、アイランド型にする場合は、給排水や換気ダクトの場所を変える必要があるため、費用が高くなります。

キッチンのリフォーム ビフォーアフター
キッチンのリフォーム ビフォーアフター
出典:ナカヤマのリフォーム

1-2. トイレのリフォーム

トイレ:リフォーム費用の相場は、10万円~20万円
※機器代、工事費用、諸経費などを含む。


トイレは、一般的な暖房温水洗浄便座への入れ替えであれば、10万円~20万円程度でリフォームできます。

今は、節水型が人気です。さらに最新式のトイレはタンクレスになっていたり、泡洗浄ができたりと高機能のものが増えてきました。ただ、最新機能のトイレは費用が高くなります。タンクレスにする場合は、別途手洗いカウンターの設置が必要です。

リフォーム費用を抑えたいのであれば、最新のものよりも前の型式のものを選ぶとよいでしょう。

和式トイレを洋式トイレに変更する場合は、基礎工事が必要になるため、費用が高くなります。この場合、家族に65歳以上の要支援や要介護認定を受けた人がいると、バリアフリーリフォームの対象となるため、費用が介護保険から助成されることがあります。

トイレのリフォーム ビフォーアフター
トイレのリフォーム ビフォーアフター
出典:INTEX

1-3. 浴室のリフォーム

浴室:リフォーム費用の相場は、50万円~150万円
※機器代、工事費用、諸経費などを含む。


浴室のリフォームには2つの工法があります。1つは在来工法で、いわゆるオーダーメイドの浴室です。もう1つはユニットバスで、浴槽や水栓、鏡、床などが一体化されたものです。システムバスとも呼ばれます。

浴槽のみの交換は50万円以下で済みますし、ユニットバスを交換する場合は100万円以内でリフォームできるでしょう。ユニットバスを利用すると全体的に費用を抑えられます。特にリフォーム費用を抑えるには、最新ではなく前の型式のものを利用するとよいでしょう。

ただし、もとの浴室が在来工法で造られている場合、浴室のサイズに合うユニットバスがあるかどうか、確認する必要があります。

浴室のリフォームのコツは、断熱仕様の設備に交換することです。浴槽が断熱仕様の場合、追い炊きを減らすことができるので、ガス代あるいは電気代を節約できます。

浴室のリフォーム ビフォーアフター
浴室のリフォーム ビフォーアフター
出典:ナカヤマのリフォーム

1-4. 洗面所のリフォーム

洗面所:リフォーム費用の相場は、20万円以内
※機器代、工事費用、諸経費などを含む。


洗面所は、鏡や洗面ボウル、蛇口、収納棚などがセットになったユニット型のものが増えています。必要な設備が一体型になっているのでリフォーム費用を抑えられ、古い型式のものを利用すれば、さらに安い費用でリフォームできます。

少々費用はかかりますが、床や内装を新しいものに替えて、洗面ボウルや蛇口を自分好みのものにすれば、オリジナルの洗面所にすることもでき、楽しいですよ。

洗面所のリフォーム ビフォーアフター
洗面所のリフォーム ビフォーアフター
出典:輿石建築

1-5. 床のリフォーム

リフォーム費用の相場は、12畳で20万円~40万円
※素材代、工事費用、諸経費などを含む。


床をフローリングにするリフォームは人気があります。今ではフローリングの素材が増えているので、好みのものに替える人も増えてきました。床の素材が傷んできた、床がブカブカしてきた、床がきしむなどの症状が出てきたら、リフォームを考えてもよいでしょう。

フローリングのリフォームには、以下の3つの方法があります。

1)これまでの床をはがして、下地の上に新しいフローリングを張る
2)フローリングだけでなく、下地や土台も新しく替える
3)今の床の上に新しいフローリングを張る

これら3つのうち、もっともリフォーム費用を抑えられるのは、3)の方法です。

フローリング素材は大きく分けて、合板フローリングと無垢フローリングがあります。合板フローリングは種類が多く、費用も安く仕上がります。無垢フローリングは、今人気の素材。合板に比べて費用は高くなりますが、調湿効果があるのが特長です。夏はサラッとして、冬はフローリングの冷たさが抑えられるので、1年を通して快適に過ごすことができるでしょう。

床のリフォーム ビフォーアフター
床のリフォーム ビフォーアフター
出典:アーバンプロジェクト

1-6. 外壁のリフォーム

外壁:リフォーム費用の相場は、50万円~150万円
※材料費、塗料代、工事費用、足場設置費用、養生代、諸経費などを含む。


外壁のリフォームでは、下地材の補修、ひび割れの補修、塗膜の塗り替えなどを行います。

一戸建ての場合、冬場は家の中が冷え込みがちです。また、夏は熱がこもり、室内が暑くなりがちです。そのため、暖房や冷房にかかるコストが増えてしまいます。そこで、冷暖房コストを減らすため、リフォームをする際は、遮熱効果、断熱効果のある材料や塗料を使用することをおすすめします。

また、外壁は15年~20年でメンテナンスする必要がありますが、耐久性のある材料を使うことで、メンテナンスのサイクルを伸ばすことも可能です。

使用する材料や塗料によって、冷暖房コストやメンテナンスコストを抑えられる点は、ぜひ覚えておきたいポイントですね。

そしてもう1点、費用を抑えるポイントがあります。それは、外壁のリフォームと同時に、屋根のリフォームも実施することです。外壁と屋根のリフォームでは足場を組む必要があります。そこで2つのリフォームを同時期に行うことで、足場設置費用を抑えられるのでおすすめです。

外壁のリフォーム ビフォーアフター
外壁のリフォーム ビフォーアフター
出典:クオリティサービス

1-7. 屋根のリフォーム

屋根:リフォーム費用の相場は、50万円~100万円
※材料費、塗料代、工事費用、足場設置費用、養生代、諸経費などを含む。


屋根のリフォームには、3つの方法があります。
1)塗り替え 2)重ねぶき 3)ふき替え

1)の塗り替えはもっとも費用が安く、50万円~60万円でリフォームできます。
2)重ねぶきは、既存の屋根の上から新しい屋根材をかぶせる方法です。
3)ふき替えは、既存の屋根を取り除き、新しい屋根材に替えるもので、瓦のリフォームはこの方法で行います。

屋根のリフォームをする際のポイントは、外壁の場合と同じく、遮熱効果や断熱効果のある材料や塗料を使うことで、冷暖房費を節約できます。

また、屋根と同時に外壁のリフォームを行うと、足場設置費用のコストを抑えられるでしょう。

屋根のリフォーム ビフォーアフター
屋根のリフォーム ビフォーアフター
出典:ナカヤマのリフォーム

1-8. 窓のリフォーム

窓:リフォーム費用の相場は、10万円~50万円
※設備代、工事費用、諸経費などを含む。


窓の結露や冬場の寒さでお悩みの方も多いのではないでしょうか。窓は外気と室内温度の差が生まれやすいので結露しやすく、冬は隙間風が入って寒くなりがちです。

そこで、結露対策、寒さ対策のために窓のリフォームをする人が増えています。断熱効果のある窓にすると結露が発生しにくくなり、室温を快適に保つことができるようになります。

また、窓には防音効果や防犯効果、耐震効果のあるものもあります。すべての効果を取り入れると費用がかさむので、欲しい効果をよく考えて選択するとよいでしょう。

窓のリフォーム ビフォーアフター
窓のリフォーム ビフォーアフター
出典:リ・ライフ

1-9. 玄関のリフォーム

玄関ドア:リフォーム費用の相場は、50万円以内
※設備代、工事費用、諸経費などを含む。


玄関は家の顔。扉を変えるだけで家の雰囲気が変わるので、センスの良い、こだわりのある玄関にしたいものです。
また、断熱効果や防犯効果のある玄関ドアを選ぶことで、過ごしやすく安心感のある家にすることも可能になります。

玄関ドアのリフォーム費用を抑えたい場合は、現行のドアに金属製などの素材をかぶせるカバー工法がおすすめです。この場合は30万円以内の予算でリフォームできます。

玄関ドアのみの交換であれば、50万円以内で済ますこともできますが、玄関の内装や下駄箱、床なども併せてリフォームすると、プラス50万円程度の費用がかかる場合があります。

玄関ドアのリフォーム ビフォーアフター
玄関のリフォーム ビフォーアフター
出典:横田満康建築研究所

2. 押さえておきたい、 ベストなリフォーム業者を選ぶ2つのポイント

数あるリフォーム業者の中から最適な1社を選ぶには、次にあげる2つのポイントに基づいて検討することをおすすめします。

  ポイント1
市区町村が実施するリフォーム関連の補助金・助成金制度の指定業者を選ぶこと

省エネ・耐震・バリアフリー関連のリフォームをすると、市区町村から補助金や助成金がもらえる制度があります。制度が実施されている場合は、費用の一部が助成されるので、利用しない手はありません。

ただ、市区町村によっては、指定業者でないと補助金や助成金がもらえない場合がありますので、指定業者の有無を確認する必要があります。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(平成28年度版)
地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(平成28年度版)

そこで、自宅のある市区町村でリフォームの補助金や助成金の制度があるかどうか確認できるサイトがありますので、ぜひチェックしてみましょう。指定業者の有無は、下記サイトで検索して出てきた制度の詳細が書かれた表の「工事施工者」の欄で確認できます。

この他、市区町村のホームページで確認するか、直接役所に問い合わせてみてもよいでしょう。

  ポイント2
複数の会社から見積もりをとって比較すること

先にご紹介した補助金・助成金制度で、特に指定業者がない場合や、制度の対象とならないリフォームをする場合は、業者を探す際、見積もりの取り方が重要になります。相見積もりは基本中の基本です。

複数の業者から見積もりをとったら比較して、作業の内容と金額を細かく出してくれる業者を候補に選びましょう。なぜなら、詳細な見積もりを出してもらえる業者は工事範囲がはっきりしているので、後々トラブルを防ぐことができるからです。

反対に、「一式 ○○万円」と、大まかな見積もりしか出してくれない業者の場合、記載されている内容がどんな範囲の作業なのか把握ができません。そのため、途中でリフォーム工事に変更が出た場合、思った以上に高い追加料金を請求されることもあるので、注意が必要です。

詳細な見積もりを出してくれて、こちらからの質問にもていねいに説明してくれる業者なら、安心して依頼できるのではないでしょうか。

3.「最大限に安くしたい!」絶対お得なリフォーム費用を安くするコツ

リフォーム費用を安くするコツは、市区町村が実施する補助金・助成金制度を利用すること、そして、国が実施するリフォーム減税を利用することです。

前のコーナーで市区町村が実施する補助金・助成金制度の見つけ方をご紹介しましたので、ここでは最新の補助金制度と、所得税などの税金が安くなるリフォーム減税について解説します。

3-1. これからリフォームする人は必見!最新の補助金制度

2016年10月11日から始まった、最新のリフォーム関連の補助金制度があります。

それは、エコリフォーム補助金です。

エコリフォーム補助金が利用できるのは、以下のリフォームです。

  • 窓や玄関ドアなどの断熱リフォーム
  • 外壁・屋根・天井・床の断熱リフォーム
  • 設備のエコ改修工事
    (太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、節湯水栓、高効率給湯機の導入など)
  • 上記3つのリフォームと同時に実施する耐震リフォーム

上記のようなリフォームを検討している方は、この後もしっかり読んでくださいね。

「エコリフォーム補助金」とは国が「住宅ストック循環支援事業」として、中古住宅の購入やエコリフォームなどを支援するため新たに始めた制度で、2016年10月11日から2017年12月31日までに行うリフォーム工事が対象になります。
期間中にエコ関連のリフォームをする場合は、ぜひ利用されることをおすすめします。
(お住まいのある市区町村の役所に申し出てくださいね。)

icn_caution「エコリフォーム補助金」は自治体により対応が異なります。

補助金の対象となる工事が「2017年12月31日までに行うリフォーム工事」とはなっていますが、自治体によってはすでに予算枠が決まっていて「予算がなくなり次第終了」と告知されているところもあります。
詳細はお住まいがある市区町村の役所までお問い合わせください。

3-2. リフォーム減税を利用すれば税金が安くなる!

国は、対象のリフォームをしたり、親や祖父母からリフォーム資金の贈与を受けたりした場合、税金が安くなるリフォーム減税制度を実施中です。安くなる税金は、所得税、固定資産税、贈与税の3つ。

では、どのような場合に税金が安くなるのか、3つの税金別に解説しましょう。

3-2-1. 所得税が安くなる場合

省エネ、耐震、バリアフリーのリフォームをする場合、一定の要件を満たしていれば、確定申告をすることで所得税が安くなるのです。

これに該当する所得税の減税には2つのパターンがあります。

1)投資型減税

自己資金を利用して、一定の要件を満たした省エネリフォーム、耐震リフォーム、バリアフリーリフォームをした後、必要書類を添えて確定申告をすると、控除対象限度額を上限として工事費用の10%分の所得税額が安くなるというもの。

2)ローン型減税

リフォームローンなどを利用して省エネリフォーム、バリアフリーリフォームを行った場合、年末のローン残高を上限として5年間にわたり、工事費用の2%または1%の所得税が安くなる というもの。

1)、2)のいずれの場合も、適用期間は、2019年6月30日までです。

上記について、詳細は国税庁ホームページで確認してください。

所得税が減税になる制度にはもう1つ、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)という制度があります。

これは、住宅ローンを利用してリフォーム費用を借り入れた場合、一定の要件を満たせば、所得税が10年間にわたって、年末の住宅ローン残高の1%分安くなるというものです。

ローン型減税とよく似ていますが、住宅ローン減税は所得税が安くなる期間が最大10年と長く、ローンの限度額も大きいことが特徴です。ただ、どちらも場合も要件を満たす必要がありますので、単に期間が長いというだけで決めるのではなく、詳細を確認したうえで利用する減税方法を決めてくださいね。

この適用期間は、2019年6月30日まで。

要件など詳細については、国税庁ホームページで確認してください。

icn_caution最後に、ここだけはご注意ください!

省エネリフォームとバリアフリーリフォームの投資型減税とローン型減税は、住宅ローン減税とは併用できません。
ただし、耐震リフォームであれば、どれとも併用することができます。

下記に、リフォーム減税制度の併用について表にまとめました。
○がついているもの同士は併用できますので、参考にしてくださいね。

money-10-5587_11

3-2-2. 固定資産税が安くなる場合

省エネ、耐震、バリアフリーのリフォームをする場合、一定の要件を満たしていれば、リフォームする住宅のある市区町村に申告することで、翌年分(1年間)の固定資産税が減額になります。

減額になる割合は、以下のとおりです。

    • 省エネリフォームの場合は、家屋面積の120平方メートル相当分までの固定資産税が3分の1に減額
    • 耐震リフォームの場合、家屋面積の120平方メートル相当分までが1年の間、2分の1に減額
    • バリアフリーリフォームの場合、家屋面積の100平方メートル相当分までの固定資産税が3分の1に減額

この制度が適用期間は、2018年3月31日までです。

要件や申告に必要書類など詳細については、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会の手引きで確認してください。

3-2-3. 贈与税が非課税になる場合

家のあちこちを同時にリフォームする場合、あるいは、外壁や屋根など大規模なリフォームをする場合は、ある程度まとまった資金が必要になりますね。

そんなとき、満20歳以上の人が父母や祖父母からリフォーム資金を援助してもらうと、贈与税が非課税になる制度があるのです。

これを、贈与税の非課税措置といいます。

非課税となる額の上限は、下記のとおりです。

平成28年10月~29年9月 : 700万円(1,200万円)
平成29年10月~30年9月 : 500万円(1,000万円)
平成30年10月~31年6月 : 300万円(800万円)
※( )内は質の高い住宅の場合
※消費税8%の場合

この制度を受ける場合は、必要書類を添えて確定申告する必要があります。

非課税措置の適用期間は、2019年6月30日までに受けた贈与分まで。

要件や必要書類など詳細については、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会の手引きで確認してください。

3-3. 交渉しだいでリフォーム費用は安くなる

リフォーム費用は、交渉しだいで安くなる場合があります。

その際のコツは、まず業者に考えている予算を伝えること。そして、提示された見積価格をチェックして、疑問に思う点がある場合は、「どうしてこの金額になるのですか?」と質問し、根拠を教えてもらいましょう。また、諸経費の内訳を教えてもらうことも大切です。

さらに、追加工事の可能性も聞いておいてください。

そのうえで、全体的な費用が高めだったら、「どこか費用を抑えられる部分はありませんか?」と聞いてみましょう。

その際、無理な値下げ交渉はしないこと。材料やリフォームを手掛ける職人の質を下げることになりかねません。

安く値切るのではなく、疑問点があれば教えてもらい、価格を下げる方法を教えてもらうことで、お互いにコミュニケーションが取れるようになります。

その結果、リフォーム業者と良好な関係を築くことができ、値下げに応じてくれる可能性が出てくるのです。

リフォーム業者との信頼関係を築くことで価格交渉が可能になることを、頭に入れておいてくださいね。

4. まとめ

今回はリフォーム費用の相場の他、リフォーム費用が安くなる補助金や助成金制度があること、また、価格交渉にはコツがあることをご紹介しました。

賢くリフォームするなら、リフォーム費用と税金が安くなる制度があることを知って、もれなく利用すること。そして、リフォーム費用が少しでも安くなるよう、最適な業者を選んで信頼関係を築いておいてくださいね。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国550社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが16年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較