マンション査定の注意点!5つの鉄則と流れ・準備まで解説

マンション査定の注意点!絶対に知っておいてほしい鉄則5選

マンション売却の第一ステップは、不動産会社の査定を受けることです。少しでも高く売るために、なるべく高い査定額を引き出したいと考えるのは当然のことでしょう。査定前に、よく聞かれる質問があります。

  • 不動産会社はどこを見ているのでしょうか?
  • 掃除したら査定額がアップしますか?
  • 査定前にリフォームしたほうがいいですか?

実は、査定前に特別な掃除やリフォームをする必要はありません。家が散らかっているからと査定をためらっていたら、同じマンションの別の部屋が先に売りに出てしまい、売却のチャンスを逃してしまうこともあります。

この記事では、マンションの査定をする際に注意すべきポイントについて詳しく見ていきます。

また、以下のマンションの査定を受けるときに絶対に知っておくべき5つの鉄則についても詳しく解説していきます。

  1. 複数の不動産会社の査定を受ける
  2. 最短期間で売却したい場合は、早めに訪問査定を受けて売却ステップを進める
  3. 査定に向けてすべき準備=情報の書き出し、資料の準備、修繕
  4. 査定に向けて不要な準備=リフォーム、ハウスクリーニング
  5. 査定額だけで不動産会社を選ばない

マンション査定の基本知識やポイントを理解し、高額の査定額を引き出しましょう。

不動産会社選びで、査定は数百万円「売値」が変わります。
査定価格は不動産会社によって違うので、高く・早く売るなら、複数の不動産会社の査定価格を比較することが大切です。
かんたん一括査定で複数の査定価格を取り寄せましょう。

かんたん1分入力
あなたの 不動産 いくらで売れる?
STEP1
STEP2

1.マンション査定を受ける際の5つの注意点

マンションを高くスムーズに売るためには、まず査定を成功させる必要があります。査定の受け方によって、査定額も変わってきます。

マンション査定時の注意点を5つ解説しますので、しっかり押さえて査定を成功させましょう。

1-1. 複数の不動産会社の査定を受ける

マンションを売却する時には、必ず複数の不動産会社の査定を受けるのが鉄則です。なぜなら、不動産会社によって、査定価格は数百万も違うことがあるからです。

差が出る理由は2つあります。

  • 不動産会社によって、得意エリアがあるから
  • 不動産会社によって、得意分野があるから(マンションが得意、一戸建てが得意、賃貸が得意)

あなたのマンションの販売を最も得意とする、しかも良心的な不動産会社を探せるかどうかが、売却成功のカギを握ります。でも、良さそうな不動産会社をピックアップし、一つ一つ連絡するのは、とても手間がかかります。

そこで、無駄な時間と労力をかけずに、不動産会社を見つける方法をご紹介します。

それは、一括査定サービスの「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」を利用することです。

不動産一括査定サイト HOME4U

一括査定は、ちょっとした空き時間に、スマホやパソコンから簡単に入力するだけで、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できる便利で無料のサービスです。

しかも、HOME4Uでは、最適な不動産会社をシステム側で自動的にピックアップしてくれるので、簡単に不動産会社を見つけることができます。

大切な個人情報を入力することになるので、信頼できる一括査定サービスを利用することが大切です。

HOME4Uは一括査定サービスの老舗で、以下のように安心して利用できる理由があります。

  • 大手から地域密着型まで、全国1,800社もの不動産会社が参画している。
  • NTTデータグループが運営しているので安心して利用できる。個人情報のセキュリティも万全。
  • 日本最長の運営実績20年。豊富な実績がある(査定累計45万件以上)
  • 優良な不動産会社が厳選され、悪質な不動産会社がいないかどうかを常にパトロールしている。
不動産の簡易査定を賢く利用する、とっておきの2つの裏ワザ

1-2. 最短期間で売却したい場合は、早めに訪問査定を受けて売却ステップを進める

査定方法には「机上査定」と「訪問査定」があります。

  • 机上査定:物件を実際に見ないで査定します。周辺の相場などを参考に、概算額を提示します
  • 訪問査定:実際に現地を見た上で、正確な査定額を提示します

マンションの売却をできるだけ早くしたい場合は、訪問査定を早めに依頼しましょう。机上査定では立地や階数、築年数などの一定の情報のみでの判断となります。

実際の売り出し価格は実際の物件を調査して決めますので、早くに訪問査定を行うことが、最短期間で売却するためには不可欠です。

もし、そこまで急ぎではなく、机上査定と訪問査定、どちらを選ぶか迷ったら、売却希望時期に応じて選びましょう。

3~6ヶ月で売却したい場合
売却する際には、最終的に訪問査定を受ける必要があります。最短期間で売却するには、初めから訪問査定を受けて売却ステップをどんどん進めましょう。
特に中古マンションは、築年数が少しでも浅いほうが圧倒的に有利ですので、早めのアクションを心掛けてください。
売却希望時期まで1年くらい余裕がある場合
いくつかの不動産会社の机上査定を受け、査定結果や説明内容を気に入った会社だけ厳選して訪問査定を受けるのも一つの方法です。

少しでも早く物件を売却したいかたは「買取」も視野に入れましょう。詳しくは下記記事をご参照ください。

不動産の「買取」とは?「仲介」との違いやメリット・デメリットを比較

1-3. 査定に向けてすべき準備=情報の書き出し、資料の準備、修繕

査定を成功させるためには、事前の準備が重要です。

立地や築年数など変えられませんし、共用部分に手を加えるわけにいきませんね。

つまり、変えられないものがほとんどなので、査定に向けて準備できることは限られています。

これから、査定に向けて必要な準備について、具体的に見ていきましょう。

1-3-1. 住んでみないとわからない情報を書き出しておこう

査定を受ける前に、不動産会社に伝えることをメモしておきましょう。

プラス面
リフォーム履歴、通学路の見守り体制、利便施設など
マイナス面
壁や床の大きな傷、設備の故障、漏水など

マンションを売却するとき、売主には「契約不適合責任」があります。

“契約不適合責任”とは

売却後に、通常では気づかない欠陥が見つかった場合、売主が補修費用等を負担する義務があります。売買契約書には、契約不適合責任(かつては瑕疵担保責任)の期間を明記します。

不動産会社によって、隠れた損傷などに対する瑕疵保証サービスを扱っているところもあります。

契約不適合責任を免責する契約も可能ですが、売主が知っている欠陥を隠した場合、責任を負わなければなりません

マイナスポイントも隠さずに伝え、買主にも問題点を知ってもらった状態で売買したほうが、結果的に得策です。

参照:法務省 民法の一部を改正する法律(債権法改正)について「PDF売買,消費貸借,定型約款などの契約に関するルールの見直し

瑕疵担保責任より契約不適合責任の方が売主に不利?対策法を伝授

1-3-2. マンションの査定の時に用意するといい資料

査定のために必須ではありませんが、スムーズに査定を進めることができたり、有利な情報が書かれていたりする場合もあります。

売却時には必要になりますので、早めに用意しておきましょう。

  • 分譲時のパンフレット、間取り図などの図面──マンションのアピールポイントや、構造、間取りなどを把握できます。
  • 重要事項説明書──壁芯面積などを確認します。
  • 管理規約、使用細則
マンション売却の注意点|相場・費用や流れに沿った売却のコツを解説

1-4. 査定に向けて不要な準備=リフォーム、ハウスクリーニング

1-4-1. リフォーム不要、修繕は必要

査定前にリフォームする必要はありません。500万円かけてリフォームしても、500万円高く売れることは滅多にありません。

また、セルフリノベーションも大ブームになっており、中古マンションを購入して、自分好みの家にリノベーションしたいと思っている需要者はたくさんいます。

ですから、あらかじめリフォームしてしまうと、逆に売りにくい場合もあります。リフォームして売り出したほうが効果的かどうか、不動産会社に相談してから判断しましょう。

ただし、売却までに、壊れたものを修復する「修繕」は基本的に必要です。給排水トラブルなどの大きなダメージは修繕する必要がありますが、細かい傷は直す必要がありません。

訪問査定の際に、どこを修繕すべきか、不動産会社に相談してから修繕を行うのがおすすめです

マンション売却でリフォームは必要?判断基準と費用相場を解説

1-4-2. プロのハウスクリーニングは不要

「家の整理整頓をして掃除をしてからでないと、訪問査定は頼みにくいな」と思ってしまう人は多いです。

でも、不動産会社の担当者は査定のプロですから、建物それ自体の傷み具体などを見抜くのが仕事です。散らかっているから部屋が狭く見えるなど、家財に惑わされるようではプロを名乗ることはできません。

多少散らかっていても査定額には影響ありませんので、安心して査定を受けてくださいね。

ただし、マンションを売り出して、購入希望者が内覧に来るまでには、掃除と整理整頓を終わらせておく必要があります。

購入希望者はプロではないので、家財を含めた全体の印象に左右されます。今日から不要なものの処分を始めてくださいね。

購入希望者が来る前に、プロのハウスクリーニングを頼むのもオススメです。

自宅を高く早く売却する【内覧】のテクニックすべて教えます

1-5. 査定額だけで不動産会社を選ばない

中古車であれば、査定額で買い取ってもらえるので、査定額が一番高い会社を選べばいいものです。

しかし、マンションの場合、通常は、査定額で不動産会社が買い取るわけではありません。査定額は、「うちの会社で仲介すれば、これくらいの値段で買う人が見つかりそうですよ」という値段です。

そのため、査定額が一番高い不動産会社を選べばいいとは限りません。知名度だけで選ぶのもおすすめしません。

信頼できる最適な不動産会社を選ぶポイントを4つお伝えします。

査定額の根拠が答えられる
見込み客の動向、近くのマンションの成約価格、売り出し価格など

中古マンションの仲介実績件数が豊富
過去2年くらいの実績を聞いてみましょう

販売活動の提案が明確
売り出し価格の決め方、折込チラシの枚数など、具体的な販売活動を提案できるか

この会社は信頼できると感じる
営業マンとの相性、知識、連絡のスムーズさ

査定額が出たら満足してしまう人も多いのですが、重要なのは、どの不動産会社を選ぶかです。

査定額は不動産会社により異なるので、HOME4Uを利用して必ず複数の会社の査定を受けて比較し、最適な不動産会社を選んでくださいね。

マンションの査定に便利なおすすめ査定サービスと不動産会社の選び方

2.マンションの査定額に影響する10個のポイント

実際に、不動産会社がどこを見て査定しているのか、10個のポイントを解説します。

2-1. 立地(駅距離、買い物、学校、環境)

マンションの査定額に最も影響を与えるのが立地です。

一番重要なのは、駅からの距離です。特に、駅徒歩7分以内の中古マンションは根強い人気があるので、高評価になります。

駅からの距離が離れていたとしても、ファミリー向けマンションの場合、子育て環境が重視されます。学校、保育園、公園が近く、買い物の利便性も高いなど、周辺環境が良好であれば高評価になります。

2-2. 階数、方角、位置

階数は3階以上が有利で、上に行くほど値段が高くなります

南向きの部屋は売れやすいので、高評価です。角部屋、専用庭や、ルーフバルコニーもプラスポイントです。

2-3. 広さ、間取り、設備

需要が多い広さ、間取りであれば査定額が上がります。

例えば、駅から遠くファミリー層に人気のエリアなのに40~50平米程度の広さであれば売れにくくなります。間取りや広さが周辺エリアの需要と一致しているかが重要です。

専有部分の設備では、風呂やキッチンなどの広さとグレード、浴室換気乾燥などの装備がチェックされます。

2-4. 築年数、構造、規模、品等

築年数は、「新耐震基準」なのかどうかが重要です。

1981年(昭和56年)6月1日以降に建築許可が下りた物件は、「新耐震基準」が適用されています。

それ以前の「旧耐震基準」の物件は、大地震への不安や、住宅ローンを組みにくいため、評価が下がります。

ただし、耐震補強工事をしていれば考慮されます

建物の構造の種類からみると、最も高評価の構造は「鉄骨鉄筋コンクリート造」、次に「鉄筋コンクリート造」、続いて「鉄骨造」です。

「鉄骨鉄筋コンクリート造」や「鉄筋コンクリート造」は、建築費が高く、強固で遮音性に優れた構造のため高評価になります。

また、マンション全体の規模が比較的大きく、エントランスや廊下の材質に高級感があり、外壁がタイル張りであるなど、建物の品等が高い場合には高評価になります。

参照:国土交通省「住宅・建築物の耐震化について

マンション売却と築年数の関係は?売却のタイミングと高く売るコツ

2-5. 管理状況

管理が良好であれば、マンション全体の価値が上がります。

管理状況のチェックポイントは、

  • 管理人が常駐かどうか
  • エントランスや廊下の清掃・メンテナンスは十分か
  • 不要なものが放置されていないか
  • ゴミ置き場の使用状況
  • 築年数が古くても、外壁塗装などのメンテナンスが計画的に行われているか

共用部分に補修されていない場所があるなど、管理状況に不備がある場合は、あらかじめ管理組合に連絡して対処してもらいましょう。

2-6. 施工・販売会社

大手デベロッパーが販売したマンション大手の施工会社が建てた戸建ての場合は、安心感があり売れやすいので、査定額もアップします。

2-7. 専有部分の設備や内装の傷み

水回りや床材、壁紙の傷み具合が経年相当なのか、チェックされます。

ある程度、築年数の古いマンションでは、水回りや壁紙はリノベーションを前提に売買されますので、傷みがあっても大きな減額はありません。

ただし、ペットの飼育状況や、あまりにもゴミが放置されているなど、リフォームしても臭い・汚れが取れないような特殊な場合には減額されます。

2-8. 共有施設の充実度

共有部分のセキュリティ対策として、オートロック、監視カメラの有無がチェックされます。

宅配ロッカー、ペットの足洗い場、洗車スペースなどがあるとプラスポイントです。

比較的大規模なマンションでは、エントランスに歓談・休憩スペースが設けられていたり、管理組合に申請して使えるゲストルームやコミュニティルームが設けられていたりすると、さらに高評価となります。

2-9. 管理費・修繕積立金

売却される専有部分について、管理費や修繕積立金の延滞はないかを確認されます。

滞納があっても値引きをすれば売却は可能ですが、買い手が見つかりにくくなりますので、滞納分は解消しておきましょう。

2-10. 駐車場

駐車場の台数は十分にあり、希望者が利用できるか、また平面か機械式かもポイントです。

分譲マンションの駐車場には賃貸方式分譲方式があります。

賃貸方式は、専有部分が売却されるといったん利用権が消滅し、次の入居者が改めて管理組合に利用を申し込みます。

分譲方式は、専有部分の所有権と駐車場利用権がセットで販売されますので、次の入居者に駐車場の権利が引き継がれます。

分譲方式では、駐車場利用権が付いている住戸は査定額がアップします

住宅査定で見られているポイント|査定価格の仕組みや注意点を解説

3.マンションの査定額を上げるコツ

マンションを売るなら、できるだけ高く売りたいですよね。ここでは査定額を上げるための3つのコツをご紹介しましょう。

3-1.現状を把握する

マンションの査定額を上げるには、売却したい物件の状態や売主の状況といった情報を整理しておくのがおすすめです。

3-1-1 .物件の状態確認

物件の状態を確認しておくことで、適正な価格が出せるだけでなく、アピールポイントなども不動産会社に伝えることができます。

確認すべきポイントは、先述した「査定額に影響する10個のポイント」のほかに、管理費や修繕費の支払いが滞っていないかも査定額に響く可能性がありますので、チェックしてくださいね。

3-1-2.売主の状況の確認する

売主の状況を正確に把握しておくことは、よい査定額をつけてもらうためにも重要です。売主の状況が明確になっていれば、その後の販売活動や売買契約がスムーズに進みます。そのため不動産会社としては、問題のない売主の物件を自社で販売できるよう、なるべくよい価格を設定してくれるのです。

売主の状況で確認しておくとよいことは、以下の3つです。

  • 住宅ローンの残債はないか。ある場合はどのくらいか。
  • 引っ越しに期限はあるのか。ある場合はいつまでか。
  • 家の所有権は誰にあるのか。共有持分(複数人で所有権を共有している場合)の場合は誰と共有しているのか。また、所有権のある全員が売却に同意しているか。

もし、今の家の住宅ローンが終わっていない場合、一般的な方法では売却ができません。
残債がある住宅の売却については、下記の記事も参考にしてください。

マンション売却時に住宅ローンが残っている場合の対処法

3-2.査定額の出し方を知っておく

査定額を上げるためには、そもそも査定額の出し方を知っておくことも大切です。

マンションの査定額を出すには3つの方法があります。それぞれ見ていきましょう。

3-2-1.取引事例比較法

マンションの査定では一般的な査定方法で、売りたいマンションと類似条件のマンションを比較して、取引事例を参考に査定額を出します。

過去に同じマンションで取引したケースや、現在売りに出されている部屋がある場合は、部屋の条件(方角や階数など)を比較した査定額が出されます。

3-2-2.原価法

マンションを立て直す場合にどのくらいコストがかかるかを算出して、それをもとに査定する方法です。

マンションを立て直す場合にかかるコスト「再調達価格」といいますが、この再調達価格に築年数の経過による原価修正を加えて、査定額を決めていきます。

3-2-3.収益還元法

仮に、売りたいマンションの部屋を賃貸として貸し出す場合、年間どれくらいの利回りを見込めるかを算出して、査定額を決めていく方法です。

3-3.一括査定サービスを活用する

マンションの査定価格を上げるなら、一括査定サービスの利用がおすすめです。先ほどお伝えしたように、マンションの査定価格は不動産会社によって変わるため、複数社に査定を依頼することが、査定価格を上げるためには不可欠です。

しかし、個人で自分の家の売却をしてもらえる複数の不動産会社を探して、それぞれ連絡を取って査定をしてもらうのは大変です。

一括査定サービスなら自宅にいながらネットを通じて、あなたのマンション売却に適した不動産会社を選び、査定額を一括で出してもらうことが可能です。

マンションの査定でおすすめなのが、24時間いつでもネットから申し込める一括査定サイト「不動産売却 HOME4U(ホームフォーユー)」です。

複数の不動産会社に申し込むことで、価格や企業を比較し、最適な不動産会社を手間なく探すことができます。

不動産売却 HOME4U」を利用して賢く不動産売却しましょう。

まとめ

それではおさらいです。

マンションの査定を受けるときに、絶対に知っておいてほしい5つの鉄則は、次の通りでした。

  • 一括査定を活用して、複数の不動産会社の査定を受ける
  • 最短期間で売却したい場合は、早めに訪問査定を受けて売却ステップを進める
  • 査定に向けてすべき準備──情報の書き出し、資料の準備、修繕
  • 査定に向けて不要な準備──リフォーム、ハウスクリーニング
  • 査定額だけで不動産会社を選ばない

マンション査定を成功させて、あなたのマンションを親身になって売却してくれるベストな不動産会社を見つけましょう。

9割以上が実践してよかったと回答した、家を高く売るコツを読む

この記事のポイント まとめ

マンションの査定を受ける際の注意点は?

マンションの査定を受けるなら、以下の5つに注意してください。

  1. 複数の不動産会社の査定を受ける
  2. 最短期間で売却したい場合は、早めに訪問査定を受けて売却ステップを進める
  3. 査定に向けてすべき準備=情報の書き出し、資料の準備、修繕
  4. 査定に向けて不要な準備=リフォーム、ハウスクリーニング
  5. 査定額だけで不動産会社を選ばない

詳しくは「1.マンション査定を受ける際の5つの注意点」をご覧ください。

マンションの査定額に影響する要素は?

マンションの査定額に影響する要素は?

  1. 立地(駅距離、買い物、学校、環境)
  2. 階数、方角、位置
  3. 広さ、間取り、設備
  4. 築年数、構造、規模、品等
  5. 管理状況
  6. 施工・販売会社
  7. 専有部分の設備や内装の傷み
  8. 共有施設の充実度
  9. 管理費・修繕積立金
  10. 駐車場

それぞれ内容については「2.マンションの査定額に影響する10個のポイント」で詳しく説明しています。参考にしてください。

マンションの査定額を上げるコツは?

マンションの査定額を上げるには、大きく3つのコツがあります。

  1. 現状を把握する
  2. 査定額の出し方を知っておく
  3. 一括査定サービスを活用する

詳しくは「3.マンションの査定額を上げるコツ」をご参照ください。
マンション査定の注意点に気を付けて、マンション売却を成功させてくださいね!

あなたのマンション、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これからマンションを売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが20年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる