リスク回避のために50代なら知っておくべき住み替えのタイミング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

50代に入ると、“家のローンの完済”や“お子さんの就職による独立”などで、ひとつの節目を感じる方も多いのではないでしょうか?

子ども部屋も使わなくなり、「老後はバリアフリー住宅に住み替えた方が良いのかな?」と思い始める方もいることでしょう。

こちらのアンケート調査によると、シニアライフに向けて住み替えを行った人の9割強の方が「満足」と回答していますが、「いつごろから住み替えを検討していたのか?」という質問に34.2%もの人が「50~54歳」と答えています。

また、さらに興味深いのは「住み替えにかかった費用 」です。

出典:不動産ジャパン シニアライフに向けての住み替え、9割強が「満足」
出典:不動産ジャパン シニアライフに向けての住み替え、9割強が「満足」

中古マンションへの住み替えであれば、「持ち出し金0円」が16.7%もいます

「500万円未満」とあわせると、実に3割近い人たちが持ち出し金を安価に抑えた住み替えに成功しているのです。

成功の秘訣は何だったのでしょう?

実はアンケートのページ内にも記載されていますが、6割を超える(61.6%)人が定年前(60歳未満)に実際に住み替えを行っており 、それが勝因となっています。

「定年前(60歳未満)の住み替え」なんて少し早いような気もしますが、“勝ち組”の方々は「定年したら…」とか「そのうち…」といって先延ばしにせず、なんと定年前に住み替えを済ませてしまっているのです。

そこでこのページでは、皆さんが“勝ち組”になるために、知っておいて頂きたい「住み替えを先延ばしにすることで生じるリスク」と「リスクを回避するために今やっておきたいこと」をご紹介してみます。

ぜひ、好機を逸することなく、住み替えの“勝ち組”になって頂ければと思います。

1.住み替えは早い方が良い!住み替えを先延ばしにすると生じる経済的なリスクとは

60歳未満で持ち出し金額を安く抑えて住み替えに成功した方は、一つの大きなリスクをうまく回避したと考えられます。

それは、「現在の自宅が老朽化する前に売ってしまう 」ということです。

老朽化すれば、当然買い手は見つかりにくくなりますし、最終的には価格をかなり下げないと売却に至りません。

成功した方々は、できるだけ築年数がかさまないうちに、軽いフットワークで売却活動をした結果、新しい住まいの購入額を上回る価格もしくは同等の価格で自宅を売却でき、持ち出しの費用を抑えることができたのです。

ローンも完済して、子供も独立し、住み慣れた我が家で夫婦水入らず…という生活にひたることも、人生の楽しみのひとつですが、ひたりつづけてしまっていると、後になって「家が売れない」「新居を買うために預貯金を切り崩す」といったリスクが待ち構えています。

預貯金の切り崩しは、老後の生活にとって、経済的にも精神的にも負担となります。

特に築年数15年以下の一戸建てをお持ちの方については、15年を経過する前に売却活動を始めることをおススメします。

なぜなら、あなたが30代の買い手で小学校にあがるお子さんがいるとして、

  • 子ども部屋がほしいので家を購入しようとしている
  • 教育費にお金をまわしたいので、できるだけ家の購入費用は抑えたい
  • ひとまず子どもの大学卒業まで家族で住めれば良いので、中古物件でもOK

こんなことを考えていたなら、お子さんが22歳になるまでのあと15年間住めれば良いわけです。

もし現在あなたのご自宅が築15年であれば、買い手のお子さんが22歳の時に築30年となり、一般的に「そろそろ建て替え(住み替え)かな」という時期まで、ひとまずもちそうですよね?

買って頂けるギリギリ許容範囲の築年数ではないでしょうか?

築20年を越えてくると、買い手もかなりシビアになります。

昨今では地震・台風・竜巻・ゲリラ豪雨などの自然災害が猛威をふるっており、そのたびに家はダメージを受けることになりますので、年月が過ぎれば過ぎるほど買い手の見つかりにくさに拍車がかかります。

この機会に、住み替えを先送りすることの経済的リスクをしっかり念頭に入れてください。

2.住み替えは早い方が良い!住み替えを先延ばしにすると生じる安全面でのリスクとは

また、健康面・安全面でも、定年後の住み替えはリスクを伴います。

単純なことですが、若い時より気力・体力とも衰えるのが普通だからです。

定年後より50代で住み替えた方が、気力・体力ともに順応することができますし、周囲の手助けも最小限で済みますよね?

定年後の住み替えで「バリアフリー物件に引っ越そうとしたら、引っ越し作業中に怪我をした」なんていうことになったら、目も当てられません。

そういった側面からも、「50代での住み替え」はリスク回避 になるのです。

3.コレだけはやっておきたい!リスクを早めに回避するためにやっておく事はただひとつ!

「住み替え」を先延ばしにすることによる“経済的なリスク”と“安全面でのリスク”が、おわかりいただけたところで、「それらを回避するために、今やっておきたいこと」を今からご紹介します。

それは、「今の家の価値を知ること」です!

今の家がどのくらいで売れるのかがわからなければ、住み替える場合、持ち出し金が不要なのか必要なのかさえわかりませんよね?

家の価値を知るためにやることは、「不動産会社に訪問査定をしてもらう」。

このひとつだけです。

「訪問査定」というと一大事のように聞こえますが、訪問査定の際、不動産会社は「建物の構造」や「間取り」といった基本的なところしか見ません。

つまり、お金がかかるハウスクリーニングやリフォームをする必要はありません。

人に見られて困らないレベルに掃除ができていれば大丈夫です。

ただ、訪問査定は一社だけでは相場をつかむことができません。(その一社が契約を取り付けようとして相場よりも高い査定額を出してきてしまったら、相場の判断材料にならないからです。)

ですので、ここでは複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

不動産売却HOME4U 例えば、「HOME4U(ホームフォーユー)」のような一括査定サイトなら、一度の入力で複数の不動産会社にカンタンに査定を依頼することができます。

まず、今の住まいがいくらで売れそうなのか、きちんと複数の不動産会社の「訪問査定」を受けて、査定額を比較しながら適正価格の目安をつけましょう

おおまかに売れそうな金額がわかれば、預貯金などと「資産」として合算し、「これから住もうかな」と思っているエリアの物件の販売価格と照らし合わせて、持ち出し金が0円で済むのかどうか、おおよその見当がつきますよね?

もし今売れば、新しい住まいを購入しても利益が残るようなら、なるべく早く行動を起こすことをおススメします。

50代ですとまだ現役で働いている方も多く、「急に住み替えと言われても…」と面喰ってしまうかとは思いますが、不動産はタイミングを逃すと期待どおりの価格で売れないことが多々あります。

最初にもお伝えしましたが、成功されている方の多くが50代前半でアクションを起こしています

利益が残るタイミングを逃さないよう、早めにご家族と十分に話し合ってみてください。

これが、リスクを回避するために「今やっておくべき唯一のこと」になります。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

4.まとめ

いかがでしたか?

今までは漠然と「住み替え」を想像していた方も多いと思いますが、何も考えずに今の家に住み続けていると、

  • 売ろうとした時に、老朽化により買い手がつきにくくなる
  • 老朽化してしまうと、売却できる価格も安くなってしまう
  • 住み替えを先延ばししていると、年齢もかさんでくるので、精神的・体力的に負担が大きくなる

このようなリスクを抱えることになります。

特に金銭面については、老後の生活費を圧迫しかねませんので、早めの判断をおススメします。

ぜひ「売り時」を逃さず、「住み替え」の成功者になって頂ければ幸いです。

不動産を高く売るなら、まずは安心して任せられる不動産会社探しから

あなたは、不動産の売り方がわからない、いくらで売れるか不安、どこに相談していいか分からない、などのお悩みを抱えていませんか。

そんな時にはまず、信頼できる不動産会社を探すこと から始めましょう。不動産会社の選び方を間違えてしまうと、市場価格よりずっと安く売れてしまった!など、損をしてしまう可能性 があります。

HOME4U(ホームフォーユー)なら、物件を売る際に損をしないように、複数の不動産会社を比較し、物件の種類や特徴に応じて、あなたに一番合った不動産会社をご紹介します。

HOME4U安心の3つのポイント

  • 日本初の不動産一括査定サイトだから実績豊富
  • 厳選した550社の優良企業からあなたに合った不動産会社をご紹介
  • 査定依頼した会社以外からの連絡は一切ないから、安心

NTTデータグループ運営のHOME4Uで、信頼できる不動産会社を探しましょう。


まずは査定をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較