住宅を少しでも高く売却するために実践すべき3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
住宅を少しでも高く売却するために実践すべき3つのコツ

住み替えや相続に加え、最近では高齢者施設に入所するために「住宅を売却したい」という方が増えています。

大切にしてきた住宅を売却するのですから、当然誰もが「少しでも高く売りたい」と思います。
でも、どんなステップで売却活動を進めて行けば良いのか、皆さんはご存知ですか?

もちろん近くの不動産会社や全国規模の有名な不動産会社に相談すれば売却活動自体は進めることができますが、それだけでは「高く売る」ための行動としては不十分です。

なぜかというと、売却活動を依頼する不動産会社選びこそが高く売るためにもっとも重要なアクションであり、「近所だから」とか「有名だから」という理由だけで依頼すると損をしてしまう恐れがあるからです。

住宅の売却は非常に高額な取引なので、損をしたり後悔をするなんて絶対にイヤですよね。そこでこの記事では、住宅を少しでも高く売るために必ず実践していただきたい3つのコツを紹介していきます。

「後悔先に立たず」です。できるだけ高く売れるよう、ぜひこの記事の内容を実践してくださいね。

1. 高く売却する決め手は最初のステップ「一括査定」にあり!

「高く売るためには不動産会社選びがもっとも重要だ」とお伝えしました。では「選ぶ」にあたり、その候補となる不動産会社はどのように見つけてきたら良いのでしょう?

実はひとくちに「不動産会社」と言っても、会社によって「賃貸専門」であったり、「マンションだけが得意」であったり、投資物件に注力していたり、強みや特徴は千差万別です。また、エリアによっても取引実績に偏りがあるなど、初めて住宅を売却する人にとって、どの不動産会社が良いのか判断をつけるのは非常に困難です。

そこで使うべきなのが「HOME4U(ホームフォーユー)」の一括査定です。

売りたい物件の種別やエリアなどを入力すれば、大手から地域密着型の不動産会社まで、さまざまな会社の中からその物件に適した不動産会 社をシステムが自動的にピックアップしてくれます。

しかも、NTTデータグループが運営しているので、提携している不動産会社は実績豊富な優良企業のみ厳選されていて、個人情報のセキュリティも安心です。

不動産売却HOME4U


ちなみに!

複数の不動産会社がピックアップされても、この時点で会社を絞り込んではいけません!

なぜかというと、査定額というのは不動産会社によって異なるからです。

下のグラフを見てください。これは同じ物件に対して、A社、B社、C社、D社の4つの会社から提示された査定額です。

例:不動産会社の査定額の違い

同じ物件なのに、A社とC社では590万円も違います。これは実際に査定額を出してもらわないことにはわからない違いです。もし知名度や勘を頼りに不動産会社を絞り込んでしまって、一番高く売ってくれそうな会社を外してしまっていたら、「高く売る」目的からはそれてしまいます。

ですから、まずこのステップでは、できるだけ多くの会社に査定をしてもらうようにし、高く売るための素地を作っておきましょう


査定のためにお金をかけてハウスクリーニングをする必要はありません。
査定とは立地・間取り・構造・築年数・日当たりなどを客観的に見るだけですので、営業マンが来た時に見られて困らないレベルのお掃除さえできていれば大丈夫です。

2. 高額売却につなげるための不動産会社の選び方とは

最初のステップで複数の不動産会社から査定額の提示を受けたら、その中からどの不動産会社と契約を結ぶのかを決めて行くステップに入ります。

先ほど「知名度や勘で選んではいけない」と言いましたが、売却が初めての方は「それなら何を基準に選んだら良いの?」と不安になってしまいますよね。

でも、心配しないでください!
今からどんな視点で不動産会社を選んで行ったら良いのか、3つのポイントをきちんと解説していきます。

2-1. 査定額の根拠を確認する

査定額が高い場合も低い場合も、それ相応の理由があります。

査定額の根拠を確認しましょう!まずは各社に「なぜその査定額になったのか」を確認してみてください。この時点で「相場がそうだから…」というあいまいな答えしか返ってこないような不動産会社だと、先が少し不安かもしれません。

反対に、どんな点がプラスの評価になり、どんな点がマイナスの評価になったのか、詳しく説明してくれるような会社であれば、その査定額は信憑性が高いと言えます。

さらに、「実は類似物件を購入しようとしている見込み客がいる」といった話が出てくれば、その金額での売却も現実味を帯びてくるでしょう。
根拠をしっかり説明してくれるかどうか、チェックをしてください。

2-2. 近隣エリアでの売買実績を確認する

不動産会社には得意とするエリアがあります。

不動産会社には得意とするエリアがあります!特に地域密着型の会社の場合には、その地元にかなり精通していて、見込み客を常に抱えているようなケースもあるので、もしかしたら有名な全国規模の不動産会社よりも、高く早くあなたの住宅を売却してくれる可能性があります。

そこで、査定額を出してくれた各社に、あなたが売ろうとしている物件の近隣エリアで過去2年間にどれくらいの取引件数があるかを聞いてみてください。取引件数が多いということは、その会社に販売力があることの裏付けとなります

また、マンションを売ろうとしているのであればマンションの取引実績を、一戸建てを売ろうとしているのであれば一戸建ての取引実績も確認してみてください。
できるだけ実績が豊富な会社に目星をつけるようにしておきましょう。

2-3. 営業マンの対応を比較する

売却活動を進める際、あなたにとって一番頼りになるのが”担当営業マン”です。

営業マン選びは慎重に!担当営業マンの知見が乏しかったり、対応が悪いようだと、うまく行くはずの話も難航してしまうかもしれません。

また、売却活動の内容報告や内覧希望者との調整など、いろいろな場面で営業マンとはやりとりをすることになるので、あなたが信用できなかったり嫌な印象を受けるような人だと、いちいちストレスになりますよね。

できるだけ高く住宅を売却するためには、売り主であるあなたと営業マンの二人三脚が必要不可欠です。各社の担当営業マンに不安や疑問を投げてみて、真摯に誠実に対応してくれる人柄かどうかを比べてみてください。お互いに人間ですから、相性の良し悪しがあるのは当然です。

あなたが安心して任せられる人かどうかを、他愛もないことも含め、様々な会話を通して探ってみましょう。

3. 最後の一押し!内覧で好印象を与えるコツ

良い不動産会社を選び、信頼できる営業マンとタッグを組めても、肝心の住宅の手入れが行き届いていなければ、内覧希望者に「買います!」と言ってもらうことはできません。それに傷みが目に付くようなところにあれば、値引きの打診を受ける要素にもなってきます。

ただ、そうはいっても費用のかかるリフォームをあちこちに行っていては出費ばかりかさんでしまいますよね。
そこで、

(1) 自分たちできれいにできたり、工夫次第できれいに見せられるところ
(2) 少し費用はかかるけれどハウスクリーニングをすればぐんと見栄えが上がるところ
(3) リフォームしないと買い手がつきにくいところ

この3つを担当営業マンと相談しながら、しっかり整理することから始めてください。ちなみに、どんなところが上記の(1)~(3)に該当するか、例をあげてみます。

(1) 自分たちできれいにできたり、工夫次第できれいに見せられるところ

  • 余計な荷物は親族宅やトランクルームに預け、部屋を広く見せる
  • 蛍光灯や電球を新しいものに変え、室内を明るく演出する
  • 一戸建ての場合は庭や門扉周囲の清掃を忘れずに行う

玄関やリビングは明るく!内覧に来る人は、あらかじめ部屋の間取りや広さを知って来訪しています。ほとんどの場合、買うかどうかの一番の決め手となるのは、「価格と広さのバランスに納得できるかどうかです。

つまり、室内に余計なものがなく、「事前に想像していたよりも広くて良いね」と思わせることができれば、成約に大きく近づきます。ですので、まずは「いかに広く見せるか」を意識しましょう。

また、暗い印象のある物件は買い手がつきにくい傾向にあります。特に第一印象が悪いとその後の挽回が難しくなるので、特に玄関やリビングは天気の悪い日の内覧でも明るく感じるよう準備をすることが大切です。

(2) 少し費用はかかるけれどハウスクリーニングをすればぐんと見栄えが上がるところ

どうしてもキッチンや浴室など水回りの汚れはガンコで、ピカピカにすることが難しいケースもありますよね。そんな時は思い切ってプロのハウスクリーニングを頼んでしまうのがおススメです

費用の目安としては、キッチンで10,000円~24,000円、浴室で10,000円~20,000円ほどです。それくらいの経費で、数千万円もする住宅にすんなり買い手がつくのであれば、費用対効果は大きいのではないでしょうか。
目先の出費だけにとらわれず、トータルで考えてみてください。

(3) リフォームしないと買い手がつきにくいところ

リフォームは個々のこだわりがあります!築年数などにもよりますが、中にはどうにも傷みがひどく、ハウスクリーニングだけでは対応しきれない箇所があるかもしれません。

そういった箇所がある場合には、まずは担当営業マンにリフォームを行うべきかどうか相談してみましょう。購入希望者の中には「どうせリフォームをするのなら自分好みの仕様にしたい」という人もいるので、内覧の前にリフォームをしてしまうと、かえって裏目に出てしまうこともあります。

リフォームせずにそのままいったん売り出し、値引きの打診を受けてしまったらリフォーム費用とのバランスを勘案し、値引きに応じるかリフォーム費用の負担で対応するかを選ぶといった対応策もあります

営業マンの知見を借りてシミュレーションし、自分たちの負担を極力減らし、できるだけ希望の価格で売却できるよう準備しておきましょう。

まとめ

それではおさらいです。
できるだけ住宅を高く売却するコツは、次の3つをしっかり対応することでした。

  1. HOME4U」の一括査定で複数の不動産会社から査定額の提示を受ける
  2. 複数の不動産会社の中から、査定額の根拠が詳細で一番実績が豊富な会社を選ぶ
  3. 担当営業マンと相談しながら、内覧のための準備をきちんとしておく

いかがでしょう?そんなに難しいことはありませんよね?不動産会社や営業マンに頼るべきところは頼って良いのです。

不動産価格が上昇傾向にあるこの時期に、ぜひ本記事の内容を参考にして、高額売却に向けての第一歩を踏み出してくださいね。

あなたの不動産、いくらで売れる?
無料で査定価格をお取り寄せ

「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」
と、お悩みでしたら、不動産会社に査定を依頼してみることから始めましょう。

HOME4U(ホームフォーユー)」は、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

しかも、大手不動産会社も、地域に密着した中小企業とも、提携している一括査定サイトは「HOME4U」だけ。

他にはない、この顔ぶれ。大企業から中小企業まで、全国1,300社の不動産会社を厳選!

NTTデータグループが19年以上運営している老舗の不動産一括査定サイト。提携している不動産会社は、厳しい審査を潜り抜けた信頼できる会社のみです。安心して査定をご依頼ください。


無料で査定依頼をしてみる

SNSでもご購読できます