失敗しない不動産売却での不動産業者選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
失敗しない不動産売却での不動産業者選びのコツ

不動産の売却を決意したら、「できるだけ高い値段で売却したい」。誰しもがそんなふうに思うのは当たり前です。売却価格は、不動産業者や営業担当者によって全く違う結果になることも少なくありません。

下のグラフを見てください。これは、同じ物件をA社~D社の異なる業者に査定を依頼し、出してもらった査定額です。

一棟売り物件 売却査定額の比較

最低額のA社と最高額のD社の差は、なんと「590万円」にもなります。それほど不動産売却において業者選びは重要なのです。

そこで今回は、不動産売却で満足いく結果を得るために、「失敗しない業者選びのコツ」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

1. 業者選びに成功するための比較ポイントはこの5つ!

いくつかの業者から、不動産の売却を安心して託せる会社を選ぶには何を比較して決めれば良いのか、不動産関係の仕事でもしていない限り、わからないのが普通です。
本章では、失敗しないために絶対に比較すべきポイントを5つご紹介します。

なお、ここでは企業の規模(大手か中小か)は問いません。なぜなら、大手であっても以下のポイントが満たされていなければ選ぶべきではありませんし、中小(地域密着)であっても同様です。

大切なのは規模ではなく、「実際に皆さんの物件の売却を成功させられる業者かどうか」だからです。
それでは、一つずつ見て行きましょう。

(1)査定額の違い

複数の不動産会社に査定を依頼すると、先程も紹介したように、各社で査定額が異なるケースがあります。
まず、突出して高額を提示してきた会社がある場合には、この後の比較ポイントが非常に重要になってきますので、注意してください。

なぜなら、契約を取り付けるためだけに他社より高額を提示しているだけで、実際に売り出す時には査定額よりも値下げし、現実的に売れそうな価格に設定するよう提案される可能性があるからです。
ここではこの点だけしっかりと頭に入れておけば大丈夫ですので、次のポイントに進んでください。

(2)査定額の根拠の違い

各業者に、「なぜこの査定額になったのか」を聞いてみてください。どの不動産業者が物件の何を評価したのか(何を評価しなかったのか)といった根拠をしっかりとヒアリングしましょう。そして、自分自身の物件に対する評価と比較し、納得できる回答になっているのかを確認してください。

また(1)でお伝えしたように突出して高い査定額を出してきた業者の中には、根拠があいまいなことが往々にしてあるため、他社と比較する中で信憑性が感じられない場合には、その業者は候補から外すことを検討した方が良いでしょう。

(3)類似物件の売却実績

過去1年くらいの期間で、自分が売ろうとしている物件(マンションならマンション、土地なら土地)の売却実績がどのくらいあるか、聞いてみてください。実績が豊富な業者の方が、より安心できますよね。

(4)売却活動の内容

ほとんどの業者がインターネットサイトに掲載する広告手法を取っていると思われますが、どのようなサイトに掲載する予定かを各業者に聞き、比較してください。
また、インターネット以外の活動として何があるのかも確認しましょう。活動の種類が多ければ多いほど、買い手になりうる人の目にとまりやすくなり、早く売却できる可能性が高くなります

(5)営業担当者の対応

実際に契約を結ぶと、その営業担当者とは定期的にやりとりをすることになります。疑問に感じることや不安に思うことを言い出しにくかったり、一方的に話を進めるなど、皆さんがストレスを感じてしまうような担当者では、先行きが心配になってしまいますよね。

営業担当者は不動産売却を成功させるためのキーマンです
まずは業者を選ぶ時点で生じている疑問や不安があったら、各業者の営業担当者にぶつけてみてください。できるだけ丁寧に答えてくれたり、不安を解消するような提案をしてくれるような担当者を選びましょう。

比較ポイントは以上の5つです。あとで「失敗した」と思わないために、必ずしっかり複数の業者を比較してください。
ちなみに、「そもそも複数の業者をどうやって探せば良いのかわからない」「複数の業者に査定依頼するのは面倒くさい」という方もいるかと思います。そこで、次章で”カンタンに複数の業者を見つける方法“をご紹介します!

2. 最良の不動産業者を見つける一番カンタンな方法とは?

それでは、複数の業者を一番カンタンに見つける方法を紹介します。
それはインターネットの「一括査定サービス」を利用する方法です。
一番カンタンと言えるのは、

  • 外出する必要がない(あちこちの不動産業者に出向く必要がない)
  • 物件の所在地や広さや築年数などを入力すると、その物件に対応できる不動産業者が自動的に画面上にピックアップされる(自分で探す必要がない)
  • 一度入力するだけで、複数の不動産業者にまとめて査定依頼ができる(何度も同じ作業をする必要がない)

このような理由があるからです。
不動産業者の中には「マンション専門」というように、特定の物件しか扱わないところもあるため、自分で探すよりもずっとカンタンに複数の業者を見つけることができます。

お家のいろは コラムほんとうにこれでいいの?…不動産業者を変える決断をするときは?

皆さんの中にはすでに不動産業者と契約をしたものの、なかなか物件が売れずに困っていて、「このままこの業者に任せていて良いのか…」と思っている方もいるかもしれません。そんな方のために、「不動産業者を変えるときの決断ポイント」を紹介しておきますね。

専任媒介契約と専属専任媒介契約媒介契約の契約期間は3か月ですが、継続を申し入れない限り、契約は自然解消となります。もしも以下の状況に該当しているようならば、2章で紹介した一括査定で複数の不動産業者にあらためて査定してもらい、1章で紹介したポイントできちんと比較し、業者を選びなおすことをおススメします。

  • 2~3か月経っても内覧数が伸びない
  • 不動産業者がきちんと営業活動をしてくれない
  • 値下げの提案に納得がいかない
  • 担当者の変更を申し出てもなかなか変わらない
  • 担当者がよく変わり引き継がれない

まとめ

不動産売却は、普通の人にとって、人生に1回あるかないか。初めてのことでわからないことばかりなのは当たり前です。だからこそ、不動産売却の成功は業者選びにかかっているといえます。

ぜひこの記事を参考にして、皆さんの不動産売却をしっかりサポートしてくれる業者を選んでくださいね。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

不動産を高く売るなら、まずは安心して任せられる不動産会社探しから

あなたは、不動産の売り方がわからない、いくらで売れるか不安、どこに相談していいか分からない、などのお悩みを抱えていませんか。

そんな時にはまず、信頼できる不動産会社を探すこと から始めましょう。不動産会社の選び方を間違えてしまうと、市場価格よりずっと安く売れてしまった!など、損をしてしまう可能性 があります。

HOME4U(ホームフォーユー)なら、物件を売る際に損をしないように、複数の不動産会社を比較し、物件の種類や特徴に応じて、あなたに一番合った不動産会社をご紹介します。

HOME4U安心の3つのポイント

  • 日本初の不動産一括査定サイトだから実績豊富
  • 厳選した550社の優良企業からあなたに合った不動産会社をご紹介
  • 査定依頼した会社以外からの連絡は一切ないから、安心

NTTデータグループ運営のHOME4Uで、信頼できる不動産会社を探しましょう。


まずは査定をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較