賃貸管理はクオリティが大事!失敗しない賃貸管理会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

賃貸アパート・マンション経営で賃貸管理会社を利用することは、現在では当たり前と言えるほどに普及が進んでいます。

昔ながらの大家さんのように貸主自ら管理を行うケースはずいぶんと少なくなりました。
賃貸管理会社に管理を委ねる貸主の気持ちとしては、

  • 入居者との契約など、難しいことはやりたくない
  • 物件が遠方にあって、常時管理するのが難しい
  • 所有物件が多すぎて、個人では対応しきれない
  • クレームや水漏れなどの連絡に24時間対応するのはつらい
  • 入居者の募集はプロにまかせたい

等々、様々なものが挙げられるのではないでしょうか。

これらの業務に貸主が全て対応するとなると、かなりの負担を感じてしまうはずです。
また実際に賃貸管理会社なしでは経営が成り立たない物件も多いことでしょう。

数戸規模のアパートで、自宅に近接しているなど管理が容易な場合を除き、賃貸管理会社はアパート・マンション経営に無くてはならないものになりつつあります。

ただし、賃貸管理会社選びに失敗すると、せっかく管理料金を支払っているのにそれに見合った成果が得られません。
そればかりか、入居者からのクレーム発生やメンテナンス費用の増加など、不測の事態を招きかねず、収益を圧迫することさえあります。

この記事では、賃貸管理の質がいかに大切か、その物件の収益性に直結する要素についてお伝えします

失敗しない賃貸管理会社の選び方を知って実際に行動を起こすことで、初めて管理会社を選ぶ方はもちろん、今まで長く賃貸経営をされてきた方も、賃貸経営を成功させる確率がグンと上がることでしょう。

家を貸したいけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「いますぐ管理会社を見つけたい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「賃貸経営HOME4U(ホームフォーユー)」を使って複数の管理会社にまとめて相談依頼してみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「賃貸経営HOME4U」は、厳しい審査をくぐりぬけた約70社と提携 しています。複数の候補の中から管理会社を比較できるから、「転勤の間だけ貸したい」「入居者を探してほしい」「管理業務だけお願いしたい」などの、あなたの目的や条件にこたえる会社が見つかります
しっかりと比較して、信頼できる、最適な管理会社を見つけてください。

1. 賃貸管理のクオリティが収益に直結!

賃貸管理の質は、その物件の収益性に大きく影響を与えます。

どのような要素が直結するのか、一覧表にまとめました。
すでに管理会社と契約されている方で、もしも不満や不安を感じるポイントがあるようでしたら、賃貸管理会社を考え直すべきかもしれません。

収益に直結する要素 ワンポイント解説
入居者の募集力 入居者を適切に募集し、空室を埋める力は管理会社によって大きく異なります。
退去時の内装工事の速さ 退去者が発生した場合に内装工事を手早く行うことで、空室期間を短縮できます。
入居者の物件管理への満足度 共用部分の清掃やクレームへの適切な対応などで退去者の発生を抑止します。
適切な家賃設定 物件に見合った適正家賃設定で空室率を抑えつつ収益性を確保します。
滞納リスクへの対応力 家賃滞納者への督促を適切に行うことで、滞納リスクを抑えます。
賃貸管理料金 収益を圧迫しない適正な賃貸管理料金が安定した賃貸経営維持に寄与します。

親から引き継いだり、長い間所有しているといった賃貸住宅の場合、最初に契約した賃貸管理会社をそのまま利用している貸主の方は多いものです。

そのため不満に感じることがあっても「賃貸管理会社はこのようなものだ」と思い込んでしまっているところがあります。
賃貸管理はどうしても目に見えにくい部分もあり、よほど意識しないと利用中の賃貸管理会社が優秀かどうかの判断は難しいものです。

築年数の浅い物件は人気が高いため「入居者を募集すればすぐに満室」ということも珍しくありません。
新築時は賃貸管理会社の優劣にかかわらず安定した経営成績を残しやすいとも言えます。

しかし築年数が増すに従い、放っておくと徐々に人気が下がってしまいます。古い物件で空室率の上昇に悩まされる貸主は多いことでしょう。

古い物件では、賃貸管理会社によって大きく経営成績に差が付きやすくなってきます。
入居者募集や家賃設定のノウハウや、物件管理のレベルなどは空室率に大きな影響を与えます。

またいくら空室率が低くても、家賃滞納が常態化してしまうと収益が圧迫されてしまいます。
家賃保証のあるプランであればさほど心配する必要はありませんが、コスト面から家賃保証付帯を見送る場合も多いでしょう。

家賃滞納の発生は、管理会社の督促スキルによって大きく左右されます。

なお、ここに挙げた要素は全体のバランスが取れているほうが、一部が突出している賃貸管理よりも安定した経営成績を期待することができます。

2. 絶対に失敗しない賃貸管理会社の見つけ方

どんな基準で賃貸管理会社を選べばよいのかがわかっても、どうやって探せばよいのかわからないという方は少なくありません。

2-1. 賃貸管理会社はどのように見つけたら良い?

賃貸管理会社の変更を検討したくても、どのように賃貸管理会社を見つけたら良いのか迷ってしまうかもしれません。

せっかく新しい賃貸管理会社を利用するなら、あなたの物件にベストな賃貸管理会社を見つけたいですよね。

賃貸管理会社を比較検討する場合、1社だけでなくなるべく多くの賃貸管理会社に相談することが大切です。
しかしウェブサイトをそれぞれの会社のサイトひとつひとつチェックしていくのは想像以上に大変なのも事実。

そこで、複数の賃貸管理会社にまとめて賃貸管理の相談を行うことができる便利な「賃貸経営 HOME4U(ホームフォーユー)」のご利用をおすすめします。

賃貸経営 HOME4U

物件情報など1分ほどの簡単入力で、大手賃貸管理会社から地域密着型の賃貸管理会社まで約70社以上の中から対応可能な企業がピックアップされます。

無料で手間暇かけず賃貸管理のプラン請求ができるので、さっそく相談するところから始めてみてください。

2-2. 賃貸管理会社選びを成功に導くためにするべきこと

賃貸経営は多くの場合、十年単位の長期戦となります。安心して賃貸管理を任せることのできるパートナーが見つかれば、その後の貸主の負担軽減効果は計りしれません。

それでは賃貸管理会社選びで失敗しないためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

賃貸管理会社を規模ランキングから選ぶのはあまりおすすめできません。たしかに管理物件の多い大手なら信頼できるという面はあるでしょう。

しかし場合によっては地域密着型の賃貸管理業者を選んだ方がサービスは行き届くということもあります

また賃貸管理料金のランキングで比較するのも難しい面があります。
管理料金は家賃月額に対して3%~10%程度と料率に幅があります。

料率が低いほうが割安に感じてしまいやすいのですが、利用したいサービスがオプション扱いとなっている場合もあるので注意が必要です。

反対に料率が高くても必ずしもサービスが充実しているとは限りません。
見た目の料率だけで判断してしまうとあなたが本当に望むサービスが得られない場合もあるので、きちんと提示されたプラン内容を精査するようにしましょう。

ぜひ、「賃貸経営 HOME4U」を活用して、複数の会社から賃貸管理のプランを取り寄せ比較してみてください。

大切なことは、ランキングにとらわれず、物件やあなたの要望にピッタリ合った賃貸管理会社を選ぶことです。
まずは、現状の賃貸管理の不満に思う点をしっかりと洗い直してみると良いでしょう。

チェックするべきポイントとしては、例えば

  • 空室率が常に高くないか
  • 入居者から清掃状況などの管理面で不満が出ていないか
  • 管理手数料に見合った仕事をしてくれているか
  • トラブルに24時間いつでもすぐに対処してくれているか
  • 管理の状況をしっかりと報告してくれているか

などが挙げられるでしょう。

しっかりと現状の問題点を把握することができれば、新しい賃貸管理会社選びのポイントが浮かび上がってきます。
なるべく多くの賃貸管理会社に相談して複数のプランを比較することで、最適な賃貸管理会社を見つけやすくなるでしょう。

2-3. 賃貸管理会社の変更手続きは意外と簡単!?

現在利用中の賃貸管理会社に不満がある場合でも、管理会社の変更まで踏み込めない大家さんは案外と多いものです。

  • 賃貸管理会社を変更したくても、どのように変更したら良いのかわからない
  • 賃貸管理会社を変更するにはとても面倒な手続きがあるのでは?

……このような理由で本気の検討にいたらないかたが多いのではないでしょうか。

面倒に感じてしまう理由は「どうしたらよいのかわからない」というのが多くの部分を占めています。
変更の流れをつかむことが出来れば、意外と行動に移せるものです。

こちらで賃貸管理会社変更の流れを紹介しておきましょう。

おおまかにこのような流れで賃貸管理会社の変更を行なうことができます。

気をつけるべきは、新管理会社選びに失敗すると入居者の方への通知などが行き届かない事があるということです。
入居者の方にとって突然の管理会社の変更はクレームにつながってしまう場合もあるので注意が必要です。

その点、「賃貸経営 HOME4U」では優秀な賃貸管理会社が厳選されているので、管理会社の変更手続きなども新管理会社へ安心して委ねることができます。

まとめ

賃貸管理会社選びがアパート・マンションをはじめとする賃貸経営の成績結果をいかに大きく左右するか再認識いただけましたでしょうか?

以下のような賃貸管理の要素は、特に収益に大きく影響を与えます。

  • 入居者の募集力
  • 退去時の内装工事の速さ
  • 入居者の物件管理への満足度
  • 適切な家賃設定
  • 滞納リスクへの対応力
  • 賃貸管理料金

これらの大切な要素がきちんとバランス良く調和する、質の高い賃貸管理が理想です。
しかし利用中の賃貸管理会社の質に不満を持っていても、なかなか変更の手続きをしない方が多いものです。

一括相談を利用することで簡単に複数の賃貸管理会社に相談でき、さまざまな賃貸管理プランを比較検討することができます。

ぜひ一度一括相談を行い、より良い賃貸管理会社選びにつなげてください。

「空室が埋まらなくて困っている…。」
「頼りにできる良い管理会社、カンタンに見つからないかな…」
そんなあなたのお悩みを解決します!

「今の管理会社ではなかなか空室がうまらないので管理会社を変えてみたい が、いざ新しい会社を探すとなると時間がかかりそう…。」

「安心して委託できる優良な管理会社を、手間を掛けずに見つけたい 。」

こんな悩みを持つ賃貸オーナー様にカンタンにご利用頂けるのが、 NTTデータグループが運営する「賃貸経営 HOME4U(ホームフォーユー)」です。

パソコンやスマートフォンから、物件やオーナー様に関するいくつかの項目を入力して頂くだけで、厳しい審査をくぐりぬけた約70社 の中から、 最適な管理会社をシステムが自動で抽出し、無料で紹介 いたします。

入力に要する時間は、ほんの1~2分
管理会社を探すために、わざわざ時間を作ったり出掛ける必要はありません。
実際にHOME4Uを利用して、ご相談されたオーナー様の満足度は
なんと93%
です!

管理会社をお探しなら、ぜひ「賃貸経営 HOME4U」をご利用ください。


あなたにあった管理会社を見つける

SNSでもご購読できます