注文住宅新築のよくある失敗例6つ|解決・成功のポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
注文住宅 失敗した人

「注文住宅を建てたいけれど、家づくりの知識が無い。失敗したらどうしよう」
「注文住宅、建ててから後悔したくない!失敗例を知って納得できる家にしたい」
人生の中で最も大きな買い物ともいえるのが「家を建てる・買う」ことではないでしょうか。何度もする買い物ではないだけに、失敗はできるだけ回避したいですよね。
この記事では注文住宅の計画を進めている方に向けて、先輩たちが経験した注文住宅の成功例と失敗例、失敗しない家づくりのコツなどについて紹介します。注文住宅ではどのような部分で失敗しやすいのか、事前にしっかりと理解して、家づくりに役立ててください。

1.注文住宅のよくある失敗例6つと対策

初めての家づくりでは、どんなに慎重に進めたとしても予測できないことがあります。先輩たちがどのような失敗を経験しているか、またどのようにすればよいか対策も紹介します。
※家づくりの条件はそれぞれの家族で違いがありますので、同じ事例でも失敗とは捉えられないケースもあります。ひとつの参考例と捉えてください。

1-1.外観や建物形状へのこだわりで失敗する例と対策

外観デザインの自由度が高いことは注文住宅の魅力でもあるのですが、建物の形と内部空間は互いにリンクしているため、間取りにも影響が出ます。その結果、無駄なスペースが発生したり、家事動線が悪くなったりと間取りの失敗につながることがあります。

また、外観はこだわり始めると費用がかかり、その他構造にも影響が出ます。
例えば、屋根をプロヴァンス風の屋根瓦にしたいと考えた場合、以下のような問題があります。

  • スレート葺きよりも予算は高くなる
  • 施工に時間がかかる
  • 雨水が隙間から入るリスクがあり将来的に修繕費用がスレートよりかかる可能性がある
  • スレートと比較してかなり重量があるため、家の構造に制限が出てしまう(ツーバイフォーなど壁で支える構造の場合、瓦の重みを支えるために壁を厚くしなければならない=室内が狭くなるなど)

【対策】
予算をしっかり把握して、お金をかけるところとかけないところを分けましょう。
また「家に何を求めるのか」を家族で考え、最も必要なところから予算とこだわりを注ぐようにしてください。

1-2.玄関収納で失敗する例と対策

玄関収納は、特に家族が多い場合は容量を多めにとったほうがよいでしょう。特に子供がいる場合、幼少期から高校生ぐらいまでは玄関先に収納したほうがよいものがとても多いです。
例えば小さい子供ならベビーカー、お砂場セットなど外で使う玩具類、小学生~高校生になると習い事や部活の道具、スポーツバッグ、専用の靴など。それらをすべて玄関先に収納できるととても便利です。

【対策】
最近は玄関にウォークインまたはウォークスルータイプの収納スペースをつくる間取りも増えてきました。ベビーカーや自転車、ゴルフバッグなども置いておけるので便利です。収納力も、靴箱だけの場合と比べて格段にアップします。
また、新型コロナウイルスの影響もあり、玄関先ですぐに手を洗ったり汚れを水で洗い落としたりすることが求められています。これから家を建てるなら、大きな収納スペースとともに、簡易的な手洗い場なども用意するとよいかもしれません。

1-3.LDKの間取りで失敗する3つの例と対策

家族のコミュニケーションの中心となるLDK(リビング・ダイニング・キッチン)。見た目や費用よりも使いやすさ、暮らしやすさを優先して失敗を防ぎましょう。

1-3-1.想定よりLDKを狭くしてしまった場合

個室の広さなどを優先してLDKの面積を必要以上に減らしてしまうと、ソファやダイニングテーブルセットを入れたところ「狭すぎた!」と後悔することがあります。
コスト削減方法のひとつとして床面積を減らすことは有効ですが、一般的に採用されているLDKの面積よりも狭くしてしまうと、せっかくのLDKが窮屈で十分にくつろげない環境になってしまうことになります。

【対策】
やむを得ずLDKの床面積を減らす場合は、備え付けの収納を多めに設計しましょう。収納家具を減らせるので、広々と室内を使えます。
また、「家具はコンパクトなものを選ぶ」「場合によってはソファは置かない」などの臨機応変な判断も必要です。

1-3-2.スキップフロアを作る場合

スキップフロアは室内に敢えて段差を作ることで、空間にメリハリと変化を与える効果があります。また段差を利用して引き出しを作ることもでき、収納としての活用も可能です。
しかし、配置を十分に計算しないと、イメージよりも天井を低く感じたり、床のつながりが分断され空間的な広がりを感じにくくなったりします。。
また、高齢になると足腰が不安定になり、段差でつまづいて転倒するなど危険になる可能性もあります。

【対策】
将来的なライフスタイルにも対応できるかどうか、メーカーの意見も取り入れながら判断してください。

1-3-3.吹き抜けによる音の響き・漏れ、冷暖房効率の低下が起こる場合

吹き抜けの開放感は、とても魅力的です。しかし、吹き抜けにもデメリットはあります。

  • 音が気になる…最近の建物は高気密で密閉度が高く、外からの音が室内に入りにくく室内は静かで快適ではありますが、その分、室内の音は外に逃げずに室内で反響しやすくなっています。LDKに吹き抜けがあると、LDKの音と2階の音は互いに響きやすくなります。
  • 冷暖房効率が悪い…吹き抜け空間は冷暖房の効率が悪くなります。冬は暖めた空気が2階に上ってしまい、1階が寒くなるため、足元の寒さを感じる要因にもなります。

【対策】
音の反響には、音を吸収する壁材を使う方法があります。
冬場の足元の冷え対策には、床暖房が一般的です。また、全館空調システムを取り入れることで、家じゅうの温度を一定に保つ方法もあります。
いずれもそれぞれ費用がかかりますので、ハウスメーカーに予算とともに相談しましょう。

1-4.階段の配置やデザインで失敗する例と対策

「リビング階段(リビングルームの中に配置した階段)」は家族間のコミュニケーションが取りやすいメリットがありますが、来客時のプライバシーが守れないなどデメリットもあります。

例えば2階に個室、1階に浴室・トイレなど水回りがある場合、リビングルームに来客があっても、家族は入浴やトイレのために必ずリビングルームを通らなければなりません。

リビングルームの真ん中に見える状態で設置する場合は、階段手すりにおしゃれなデザインを取り入れたいという要望もあります。例えば、手すりをアイアンにするなどです。しかし、手すり部分に隙間ができてしまうため、小さな子供の体がすり抜けて落下の危険があります。

また、冬場はリビングルームの暖かい空気がすべて階段を通じて2階へ逃げてしまいます。

【対策】
来客時の往復が気になるならば、2階に浴室やトイレを設置して、入浴などは1階のリビングルームを通る必要をなくします。
空気の流れを防ぐには、リビング階段をリビングルームの壁側に作り、入り口にドアをつけます。
リビングルームの中央や目立つところに階段を作る場合は、本当にそれが必要なのかよく考え、小さい子供がいる場合などは無理にデザインを優先せず、安全性を取り入れましょう。

1-5.キッチンで失敗する2つの例と対策

キッチンキッチンは毎日使う場所。家づくりの中でもさまざまな要望とともに、悩みや後悔も出やすい場所です。

1-5-1.音が気になる場合

家族とのコミュニケーションが取りやすいアイランドタイプのキッチンや対面キッチンは人気がありますが、リビングとの境界が少なくなるため、洗い物や換気扇の音でリビングルームにあるテレビの音が聞こえないケースがあります。

【対策】
キッチンシンクを静音仕様にするなどの方法があります。
対面キッチン、アイランドキッチン、独立型キッチンなど、キッチンの仕様はさまざまです。家族の状況によっても合う・合わないがあります。憧れやデザインだけで決めるのではなく、実際の暮らしに合っていて使いやすいかどうかで選びましょう。

1-5-2.手元が見えてしまう場合

キッチンの作業台が全部フラットかつオープンになっている場合、リビングからも丸見えになってしまい、片付けが大変と後悔する方もいます。
メーカーのショールームで見たときに、オープンキッチンやアイランドキッチンのデザインに惹かれて採用する方も少なくありませんが、洗い物や生ゴミが出てキッチンがごちゃごちゃしていると、どうしても生活感が出てしまいます。きれいに保つための片付けが負担に感じることもあります。

【対策】
片づけてきれいにする時間がない、子供がまだ小さいなどの場合は、リビングルームから目隠しできる高さのカウンターを設ける方法があります。カウンターに椅子などを置けば簡易的なテーブルにもできます。

1-6.収納で失敗する例と対策

収納は、少し多めに作っておくほうがよいでしょう。家族が増えたり、趣味に使うものが増えたりした場合にも、収納するスペースがあれば対応できます。
ただし、収納が多ければよいからといってロフトや床下収納など縦方向の収納ばかりでは、出し入れがしにくくなります。
またオープン棚をリビングルーム壁面いっぱいに作りつけると、視覚的にごちゃついてしまうことがあります。

【対策】
ウォークインクローゼット、納戸、サービスルームなどは壁面収納棚を作り、整理整頓が必要です。入れっぱなしの開かずの間にならないよう気を付けましょう
中2階を作る方法もあります。天井高が1.4m以下であれば、使用する側の階の1/2の面積までは、階にも床面積にも算入されません。(詳細は、各メーカーに問い合わせてください)

壁面収納は、扉タイプにするのかオープンタイプにするのかで印象や片づけの手間がかなり変わります。扉をつけると閉じてしまえばすっきりしますが、圧迫感も与えます。
オープンタイプはものを取り出すアクション数が少なく使いやすく、明るく開放的になりますが、片付かずごちゃついた印象になりやすいです。かごを利用するなど、収納方法にも工夫と手間が必要になります。
自分の生活スタイルに合わせた収納方法を選びましょう。

2.注文住宅で失敗しないためにおさえておくべきポイント4つ

注文住宅の建築で失敗しないために、おさえておくべきポイントをご紹介します。

2-1.要望の優先順位を決めておく

優先順位イメージ注文住宅は、ある程度の自由度があることがメリットといえますが、あまりに要望が多いと、かえって優先すべきことがまとまりにくくなります。
要望の優先順位を家族で話し合って決めておくことがおすすめです。

例えば、「Aグループ」は絶対に必要なもの、「Bグループ」はできれば取り入れたいもの、「Cグループ」は予算にゆとりがあったら取り入れたいものなど、グループごとに分けるのも方法のひとつです。
優先順位を整理しておくことで、コスト削減のときにも選択しやすくなります。

2-2.部屋の広さや位置関係は「体感」する

注文住宅で「イメージと違った!」と感じやすいのが部屋の広さです。建物が完成したときは家具が何も置かれていないため、ある程度の広さを感じることができますが、引っ越してから家具を設置したらイメージよりも狭かったという声もあります。
このような「イメージ違い」をできるだけなくすためには、設計プランを決定する前に、住宅展示場や友人の家など家具が設置してある場所で「体感」するとよいでしょう。部屋から部屋への移動などもスムーズな動線になっているか確認することをおすすめします。
この際、「天井高」がモデルルームやショールームでは高くなっている場合があります。天井が高いと同じ床面積でも広く感じるため、注意が必要です。なお、一般的な天井の高さは210~240センチメートル、高めに作っている場合でも270センチメートル程度です。

最近は3Dモデルルームなどパソコンを使って室内を見られるシステムも浸透しています。本来はできる限り実際のモデルハウスなどで体感したほうが好都合ですが、難しい場合はリモートで使えるこれらのシステムを利用してください。

2-3.コンセンセントの位置の決め方

コンセントの位置や個数は、暮らしはじめてから「失敗した」と感じるケースが多いものです。特に、コンセントは必要な場所にないと、延長コードなどを使うことになってしまい、見た目にもよくありません。
建てる前に家具の配置、電気が必要な箇所は計画しておくと安心です。
またそれだけでなく、建築士やメーカーの意見は十分に取り入れましょう。

2-4.提案力のある建築会社を選ぶ

自分たちが建てたいと考えている住まいのイメージが明確であれば、さまざまな失敗を未然に防ぐこともできますが、初めての家づくりでは、なかなかイメージできない部分も多いのが実情です。「家は3回建てないと理想通りにはならない」ともいわれるほど、失敗を経験している人が多いのです。

とはいえ、できるだけ失敗は避けたいですよね。失敗を少なく、後悔しない家づくりのためには、注文住宅を建ててくれる会社選びが重要になります。家づくりで起こりやすい失敗について事前にアドバイスしてくれたり、よりよい提案をしてくれたり、プロの経験を十分に生かしてくれる会社がおすすめです。

また、自分たちの理想とするイメージを受け止めてしっかりと具体化してくれる会社なら、イメージが伝わりやすくスムーズに進めることができます。単に希望を聞くだけで、何のアドバイスもなくいわれたままに進める会社では後悔することになりかねません。
家づくりは一生に一度ともいえる大きな買い物です。会社選びは何十年にも渡る付き合いにつながるため、納得できるまで検討してください。

まとめ

注文住宅は、建売住宅と違って自由な選択可能な範囲が広いぶん、自分たちで決断しなければならないことも多くあります。
本当にこの内容で進めてもよいか、ひとつひとつ丁寧に検討し、何か疑問を感じたら曖昧にせず解決しながら進めることが、失敗しない家づくりにつながります。
建築会社やハウスメーカー、住宅展示場などで、プロの方々の意見を聞いて参考にしながら、理想の家づくりを進めてください。

SNSでもご購読できます