注文住宅の費用相場・予算を解説!平均いくらかかる?予算の決め方は?

注文住宅の費用と予算 費用相場や間取り例も公開

「注文住宅を建てるための費用について詳しく知りたい」
「費用別にどんな注文住宅が建てられるのか知りたい」

そんな方に向けて、この記事では注文住宅を建てる際に必要な費用について、以下の内容を解説します。

この記事でわかること
  • 注文住宅の費用内訳・相場
  • 建築費用ごとの間取りイメージ
  • 注文住宅の予算の立て方

何にどれくらいの費用がかかるのかを大まかに理解しておくことで、より正確な資金計画やコストカットにつながります。ぜひ最後までご覧ください。

建売住宅や分譲住宅も視野に入れている方は「家を建てる費用」の記事もご覧ください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

1.注文住宅にかかる費用の内訳

注文住宅を建てる際には、住宅本体を建てるための工事費用以外にも必要な工事費・税金があります。
具体的には、家づくりにかかる費用は以下の3つに分けることができ、土地をまだ持っていない方には加えて土地代がかかります。

家づくりにかかる費用

以下より、各費用の概要について解説します。

1-1.建物本体工事費(建築費)の内訳

建物本体工事費(建築費)とは、住宅の建築そのものにかかる費用です。金額の目安は、家づくりにかかる総費用のおよそ70%です。

基礎工事や木工事といった住宅の建築に必要な工事費はもちろん、材料費や施工費、工事現場の囲いや廃材処分費、完成した後のクリーニング費用などもここに含まれます。

詳しい費用項目は、以下を参考にしてください。

建物本体工事費(建築費)の項目
工事の項目 内容
仮設工事 外回りの足場、メッシュシート張り、竣工クリーニング、発生材処分、養生、仮設電気・水道工事、仮設水道光熱、仮設トイレ、工事看板設置 など
土・基礎工事 基礎工事、土間工事、残土処分 など
木工事 構造材等の木材、大工施工 など
屋根・板金・外壁工事 屋根施工、外壁張り施工 など
左官・タイル工事 基礎・土間モルタル施工、左官壁施工、タイル張り施工 など
塗装工事 内外の塗装施工
内装工事 クロス張り、Pタイル床張り、畳施工 など
内外建具・家具工事 玄関ドア・サッシ材、建具材、家具造作施工 など
住宅設備機器工事 キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ・火災警報器などの施工
防水工事 内外シーリング施工 など
電気工事 電線引き込み配線、コンセント、照明器具施工、ネット・インターホン施工、電力申請 など
給排水衛生工事 給排水配管施工、外部足洗場施工、メーターボックス設置など
ボイラー等熱源工事 給湯・暖房等ボイラー施工 など

1-2.付帯工事費(別途工事費)の内訳

付帯工事費(別途工事費)とは、主に、家を建てる前にかかる工事費や、住宅まわりの工事費を指します。金額の目安は、家づくりにかかる総費用のおよそ20%と言われています。

詳しい費用項目は、以下を参考にしてください。

付帯工事費(別途工事費)の項目
工事の項目 内容
地盤改良工事 地盤調査の結果、改良が必要な場合に行う工事
既存建築物解体工事 建て替えで解体工事が必要な場合
水道・ガス引き込み工事 敷地内への配管工事
照明器具工事 照明器具や取り付け
カーテン工事 カーテン、ブラインド施工
冷暖房工事 エアコン、暖房工事
外構工事 塀、カーポート、駐車スペース、アプローチ施工 など
造園工事 植栽施工

付帯工事・別途工事にかかる費用は、状況や要望によって内容が異なります。
敷地によっては水道・ガスの配管が整備されている場合もありますし、地盤調査によって補強工事が必要ない場合もあります。
また、更地であれば解体工事費はかかりません。

1-3.諸費用の内訳

諸費用とは、主に、家づくりにおいて発生する事務手数料や税金、また新生活にかかわる部分の費用です。金額の目安は、家づくりの総費用のおよそ10%です。

詳しい費用項目は、以下を参考にしてください。

諸費用の費用項目
  • 工事請負契約の印紙税
  • 建築確認申請手数料
  • 住宅ローン融資手数料・印紙税
  • 建物の登記手数料・印紙税
  • 不動産取得税などの税金
  • 火災保険料・地震保険料
  • 新生活の家具や家電などの購入費
  • 引っ越し費用 など

より詳しく知りたい方は「注文住宅の諸費用の内訳」の記事も参考にしてください。

お家のいろは コラム
注文住宅にはお得な制度がたくさん!

注文住宅にかかる税金には、さまざまな優遇特例があります。

税金面でお得な特例

  • ・住宅ローン控除
  • ・登録免許税の税率軽減
  • ・不動産取得税の軽減
  • ・固定資産税の軽減
  • ・贈与税 住宅取得等資金に係る非課税措置

新築住宅の補助金」の記事では、上記に加え、新築住宅がお得になる補助金・助成金制度の概要も解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

1-4.土地購入費用の内訳

両親や親族のもつ敷地を利用できるケースもありますが、注文住宅を建てる際には、多くの方が新たに土地を購入します。

土地の購入には、以下の費用が必要です。

土地購入費用の項目
  • 土地代金
  • 不動産会社への仲介手数料(売買価格の3%+6万円+消費税)
  • 所有者変更の登記手数料(6万~8万円+登録免許税)
  • 印紙代
  • 不動産取得税(後日納付)など

土地の購入にかかる費用や税金の計算方法については「土地の購入にかかる費用・税金」の記事も参考にしてください。

2.【ケース別】注文住宅の総費用と内訳公開!

注文住宅の平均的な総費用と、その費用内訳を土地代込み(土地購入が必要な場合)と、土地代なし(土地をすでに所有している場合)のケース別に解説します。

2-1.土地代込みの場合の相場と内訳

住宅金融支援機構の調査によると、注文住宅における所有資金の全国平均は、以下のとおりです。

  • 土地付注文住宅(土地代込み):4,455万円
  • 注文住宅(土地代抜き):3,572万円

上記の差額から、土地購入費用は883万円程度であることがわかります。
これらの金額をもとに総費用の内訳を求めると、各項目は以下のような金額になります。

(例)土地代込みの相場から見る注文住宅の内訳
建物本体工事費 2,500万円
付帯工事費 715万円
諸費用 357万円
土地購入費用 883万円
総費用 4,455万円

参考: PDF 住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

なお、土地を探す際にはハウスメーカーも同時に探すことをおすすめします。
なぜなら、せっかくいい土地に出会っても、建てたい家のイメージが決まっていないと「本当にこの土地でいいのか…」と迷いが生じ、なかなか契約に踏み切れないケースが多いからです。

自分たちだけで探すのが難しいと感じたら、ぜひHOME4U 家づくりのとびら 無料プラン作成サービスをご活用ください。
土地探しと希望の家づくりを叶えるハウスメーカー探しが同時に進みますよ。

【必見】注文住宅の土地選びを、
最短で進めるには

HOME4U「家づくりのとびら」
無料プラン作成サービスがおすすめ!

  • 希望に合った土地の提案がもらえる 住みたいエリアやこだわり、予算に合った「土地」をご提案します。
  • 条件に合う間取りプランがもらえる 実際の間取り図を見ることができるので、「理想の土地」がイメージしやすいです。
  • 資金計画の提案がもらえる 土地費用はもちろん、本体工事費や諸費用も含めた「資金計画」をご提案します。
【無料】土地探しを含む
家づくりプランをもらう

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2-2.土地代なしの場合の相場と内訳

すでに土地を持っている場合、注文住宅の総費用の内訳は以下のとおりです。

(例)土地代なしの相場から見る注文住宅の内訳
建物本体工事費 2,500万円
付帯工事費 715万円
諸費用 357万円
総費用 3,572万円

参考: PDF 住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

土地購入あり・なしの注文住宅についてより詳しく知りたい方は「家を建てる費用(土地あり・土地なし)」の記事をご覧ください。

全国平均を見て「高い」と感じた方もご安心ください。
上記は相場ではありますが、建築依頼先にローコストハウスメーカーを選んだり、住むエリアや土地を工夫したりすれば注文住宅の費用を抑えることができます。
詳しくは続きをご覧ください。

3.エリア別に見る注文住宅の費用相場

エリアによって注文住宅の費用相場は異なります。
土地代込み、土地代なしの各エリアの注文住宅費用相場は、以下のとおりです。

土地代込み:エリア別の注文住宅費用相場
エリア 費用 床面積
全国 4,455万円 111.4平米
首都圏 5,133万円 107.2平米
近畿圏 4,658万円 112.7平米
東海圏 4,379万円 114.5平米
その他地域 3,980万円 112.8平米

参考: PDF 住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

土地代なし:エリア別の注文住宅費用相場
エリア 費用 床面積
全国 3,572万円 123.8平米
首都圏 3,899万円 123.8平米
近畿圏 3,778万円 127.1平米
東海圏 3,650万円 123.5平米
その他地域 3,372万円 123.1平米

参考: PDF 住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

【初心者必見】
家づくりは、基礎知識と
予算・資金計画が成功のカギ!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン相談(無料)すると
もらえる!

  • 家づくりパーフェクトガイド
    予算の立て方や、土地の探し方・選び方など、失敗しない家づくりの秘訣をまとめた「家づくりパーフェクトガイド」をプレゼント!
  • ご予算シミュレーションシート
    ご相談時に、借入希望額から毎月返済額、もしくは毎月の返済額から借入額をシミュレーションしたシートをプレゼント!建物本体金額や付帯工事費+諸費用の総予算もシミュレーションいたします。

4.建築費用別の注文住宅間取りイメージ

注文住宅は、自分のこだわりと予算のバランスを見ながら、自由に価格帯を選べる点がメリットの1つです。
ここでは、以下の建築費用別に間取りのイメージを解説します。

どのくらいの建築費用をかければ自分の要望が叶いそうか、イメージしながら見てみてください。

4-1.建築費用1,000万円台前半の注文住宅間取り

建築費用1,000万円台前半の注文住宅間取り 1F
4-1.建築費用1,000万円台前半の注文住宅間取り 2F

1階:LDK
2階:3部屋+フリースペース

キッチン、洗面所、トイレなどの水回りを1箇所に集めることで、コストダウンを叶えた間取りです。
収納スペースは2階に2か所しかありませんが、どちらもウォークインクローゼットになっており、ファミリークローゼットとして利用できます。

4-2.建築費用1,500万円台の注文住宅間取り

建築費用1,500万円台の注文住宅間取り1F
建築費用1,500万円台の注文住宅間取り2F

1階:LDK+書斎
2階:4部屋

1階の書斎は、テレワークスペースや収納、子どもの学習スペースなど、さまざまな用途で使うことができます。
リビングから2階にかけて吹き抜けがある造りになっているため、日中は明るく開放的な室内が叶います。

この辺りの価格帯の注文住宅を目指すなら「1,000万円以下・1,000万円台の注文住宅」の記事もぜひご覧ください。

4-3.建築費用2,000万円台の注文住宅間取り

建築費用2,000万円台の注文住宅間取り 1F
建築費用2,000万円台の注文住宅間取り 2F

1階:LDK
2階:3部屋+納戸

2階の納戸をはじめ、収納スペースをたっぷり設けた間取りです。
納戸は収納スペースだけでなく、通常の部屋としても利用できるため、家族のちょっとしたパーソナルスペースとしても活躍するでしょう。

前述のとおり、建物本体工事費(建築費)の費用相場は2,500万円程度なので、平均的な間取りとも言えます。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

4-4.建築費用3,000万円台の注文住宅間取り

建築費用3,000万円台の注文住宅間取り 1F
建築費用3,000万円台の注文住宅間取り 2F

1階:1LDK+和室+納戸+学習スペース
2階:4部屋+セカンドリビング+フリースペース

高級感がある和室や畳コーナーは客室にぴったりのうえ、子どものお昼寝や遊ぶ際のスペースとしても活用できます。
2階のセカンドリビングでは、寝る前に家族でコミュニケーションをとったり、ホームパーティーで開放したりと、さまざまな場面で活躍します。

4-5.建築費用4,000万円台の注文住宅間取り

建築費用4,000万円台の注文住宅間取り 1F
建築費用4,000万円台の注文住宅間取り 2F
建築費用4,000万円台の注文住宅間取り 屋上

1階:LDK+和室
2階:3部屋
屋上

1階だけでなく、2階にも洗面所やトイレを設けた間取りです。水回りが増えることで、家族の朝の準備がスムーズになります。
また、屋上スペースを設ければ、趣味のガーデニングやバーベキュー、グランピングなども気軽に楽しめます。

以上が、建築費用別の間取りイメージです。理想の近い間取りは見つかりましたか?
見つかった方も、そうでない方も、HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスなら、あなたに合ったハウスメーカーから効率よく実際の間取り図を入手できるのでおすすめです。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

5.【資金計画】注文住宅の予算の決め方

注文住宅を検討する際には、事前に資金計画をしっかりと立てておくことが大事です。
「何となく」進めるのではなく、以下の3つのステップを踏んで、より正確な予算を考えてみましょう。

【ステップ1】自己資金を洗い出す
【ステップ2】建てたい家のイメージから住宅ローンの「借入金額」を想定する
【ステップ3】月々の返済額を確認しながら住宅ローンを決める

以下より、各ステップを詳しく解説します。

5-1.【ステップ1】自己資金を洗い出す

どれくらいの自己資金を用意することができるのか整理するには、以下の2点を確認しましょう。

自己資金の洗い出し方
  • 貯蓄を確認し、将来のために残しておくべきものを差し引く
  • 親や祖父母、近しい親族から援助が可能かを確認する

貯蓄すべてを注文住宅の資金として使ってしまうと、何か不測の事態が起こったときのリスクが大きくなってしまします。
また、将来的には子どもの教育費や、親の介護費なども必要となります。
残しておくべき貯金には、手を付けないようにしましょう。

親や祖父母から住宅購入のための生前贈与を受ける場合は、特別な税金控除があり、贈与税が一定額まで非課税となります(2023[令和5]年12月31日まで)。
詳しくは「注文住宅の補助金」の記事で解説しています。非常に有用な制度のため、当てはまる方は必ず活用しましょう。

参考:国税庁「No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

5-2.【ステップ2】建てたい家のイメージから住宅ローンの「借入金額」を想定する

注文住宅はこだわればこだわった分、建築費が高くなります。
どのような家を建てたいのかをなるべく詳細にイメージし、大体の予算を想定したうえで、住宅ローンの「借入金額」を想定しましょう。

注文住宅の予算を考える際には、以下のポイントを押さえてくとよいです。

注文住宅の予算を考える際のポイント
  • 土地購入費用と建物の工事費用の割合=4:6または3:7程度が目安
  • 「坪単価」には、建物本体工事費(建築費)しか含まれていない可能性が高い

住宅購入時の費用目安となる坪単価には、1章で解説した付帯工事費(別途工事費)や諸費用は含まれないのが一般的です。
単に坪単価だけを見て注文住宅の総費用を計算することがないように注意してください。

注文住宅は自由にデザインや住宅設備を考えられるため、予算オーバーしてしまうことが多いです。
本記事6章では、注文住宅の費用を予算内に抑えるポイントも解説しています。

また、住宅ローンの借入金額や月々の返済額を想定する際には、家づくりのとびらの「注文住宅予算シミュレーションがおすすめです。
スマホから簡単に住宅ローンの借入金額をシミュレーションできます。無料なので、ぜひご活用ください。

5-3.【ステップ3】月々の返済額を確認しながら住宅ローンを決める

全体の費用のイメージができたら、次は月々の返済額を考えながら、住宅ローンを決めるプロセスに移っていきます。

月々の返済額も、あまり負担が大きくなりすぎないように注意が必要です。日々の貯蓄や将来的に発生する可能性がある育児・介護の費用なども加味して、返済金額や方法を検討しましょう。

また、自己資金は、住宅ローン実行前に発生するお金の支払いにも必要となります。自己資金の全額を頭金としてカウントせず、「支払い分」と「頭金分」を分けて考えましょう。
住宅ローンの融資実行日や支払い日については「注文住宅の住宅ローン」の記事で解説しています。

より詳しく注文住宅の費用シミュレーションをしたい方は「注文住宅の費用をシミュレーション」の記事も参考にしてください。

ハウスメーカーの実際の建築プランを入手し、複数社比較してみることもおすすめです。
自分が建てたい家の相場イメージが掴みやすいうえ、あなたに合ったハウスメーカーも見つけやすくなりますよ。

無料プラン作成スタート

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

6.注文住宅の費用を予算内に抑える4つのポイント

理想の家を建てる際、さまざまな要望を盛り込んでしまうと予算を超えてしまうこともあります。特に、最初に作成する建築プランから何を差し引いていくべきかを悩む方は多いはずです。

ここからは、注文住宅の予算がオーバーしてしまった際の、予算削減のポイントをご紹介します。

6-1.土地代を抑える

土地代を抑えるには、以下の2つのポイントから土地の条件を見直してみましょう。

土地条件の見直しポイント
  • 立地条件を見直す
  • 敷地面積を抑える
  • 土地の形状を見直す

詳しくは「土地の探し方」や「旗竿地とは?」の記事を参考にしてください。

【必見】注文住宅の土地選びを、
最短で進めるには

HOME4U「家づくりのとびら」
無料プラン作成サービスがおすすめ!

  • 希望に合った土地の提案がもらえる 住みたいエリアやこだわり、予算に合った「土地」をご提案します。
  • 条件に合う間取りプランがもらえる 実際の間取り図を見ることができるので、「理想の土地」がイメージしやすいです。
  • 資金計画の提案がもらえる 土地費用はもちろん、本体工事費や諸費用も含めた「資金計画」をご提案します。
【無料】土地探しを含む
家づくりプランをもらう

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

6-2.坪数(延床面積)を削減する

「こんな部屋やスペースがあったらいいな」という理想のすべてをストレートに盛り込んでいけば、それだけ坪数は大きくなり、費用もかさみます。

間取りを考える際には、要望に対して優先順位を付けて整理しておくことが大事です。家族の意見も聞きながら、しっかり話し合いをしましょう。

どうしても坪数を減らしたくない場合は、部屋数を減らす、建物の形をキューブ型などのシンプルなものにするなど、別の方法を考えましょう。

6-3.外構工事を抑える

外構工事費は一般的に、付帯工事・別途工事の中でも費用の割合が大きくなる部分です。

外回りの塀やフェンス、駐車スペースやアプローチ、庭などの外構工事費を見直してみてください。
工事をする範囲や使う素材によって金額が大きく上下します。

全体的なバランスも考え、削減するにはどのような方法があるか、ハウスメーカーに相談してみてください。

6-4.設備・仕様グレードを抑える

キッチンやユニットバス、洗面所など、住宅設備のグレードを再度検討してみましょう。

極端にグレードの高い設備が含まれていたり、全てをハイグレードの設備に揃えていたりしていませんか。
まずは「グレードを落としてもいい部分」「グレードを落としたくない部分」に分けてみましょう。グレードを落としてもいい部分から、コストダウンを検討します。

また、外壁や内装の素材・仕様についても、グレードを見直してみるとよいでしょう。
こだわりたい部分が「標準仕様」に含まれている住宅商品を選ぶことも、大きな節約につながります。

以上が、注文住宅の費用を予算内に抑えるポイントです。
より詳しく知りたい方は「家づくりの予算オーバー回避」の記事も参考にしてください。

なお、無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらなら、注文住宅のプロにあなたに合った資金計画を相談できます。

【必見】失敗しない家づくりは
資金計画の検討が大事!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 土地と建物の費用・予算配分がわかる
    住宅ローンの予算シミュレーションや、住みたいエリアの坪単価などもお調べできます。
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    予算イメージから、【中立・客観的】な立場で、あなたにぴったりなハウスメーカーをご案内します!
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

7.予算・資金計画を立てたあとにやるべきことは?

予算や、資金計画がある程度固まったら、次は建築依頼先となるハウスメーカーと、家を建てるための土地を決めます。

ハウスメーカーを探す際には、家づくりのとびらの無料サービスの活用もおすすめです。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

また、以下の記事を参考に、自分のこだわりたい部分を強みとしているハウスメーカーに絞って比較してみるのもよいでしょう。

まとめ

この記事では、注文住宅の購入にかかる費用の内訳、相場、間取りイメージなどを解説しました。
それではおさらいです。

この記事のポイント

注文住宅の費用内訳は?

注文住宅の費用は、大きく以下の3項目に分けられ、土地を持っていない方は別途土地購入費用がかかります。

  • 建物本体工事費(建築費)
  • 付帯工事費(別途工事費)
  • 諸費用

詳しくは「1.注文住宅にかかる費用の内訳」をご覧ください。

注文住宅の費用相場はいくら?

住宅金融支援機構の調査によると、注文住宅における所有資金の全国平均は、土地代なしで3,572万円です。
2.【ケース別】注文住宅の総費用と内訳公開!」では、土地代込みの注文住宅の全国平均や、土地購入費用の相場もお伝えしています。

1,000万円台の注文住宅の間取りは?

建築費用が1,000万円台であれば、二階建て・3LDKの間取りがかないます。
各建築費用別の間取りイメージや詳細は「4.建築費用別の注文住宅間取りイメージ」をご覧ください。

注文住宅の予算を抑えるポイントは?

注文住宅の予算がオーバーした際には、以下の方法を試してみてください。

  • 土地代を抑える
  • 坪数(延床面積)を削減する
  • 外構工事を抑える
  • 設備・仕様グレードを抑える

詳しいポイントや注意点については「6.家を建てる費用を予算内に抑える4つのポイント」で解説しています。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。