注文住宅の費用内訳を解説!必要な費用と税金をチェックしよう【一覧あり】

このページをシェアする
何にどれぐらいの費用がかかる?注文住宅の費用内訳! 一覧表つき 必要な費用と税金をチェック!

「注文住宅を建てるための費用について詳しく知りたい!」
「家を建てるときにはどんな税金がかかるのかが知りたい」
そんな方に向けて、この記事では、注文住宅を建てる際に必要な費用・税金の内訳について詳しく解説します

この記事を読んだらわかること
  • 注文住宅を建てる費用・税金の内訳は?具体的にいくらぐらいかかる?
  • 注文住宅購入に必要な費用相場はいくらぐらい?
  • 家を建てるための「資金計画」の立て方、また費用を抑えるコツは?

注文住宅を建てるための予算を建てる際に、何にどれくらいの予算でかかるのかを理解しておくことで、抜けのない資金計画につながります。この知識は、費用を削減したいときにも大いに役立ちます。
お金の流れについてもしっかりと理解し、理想の家づくりを実現してくださいね。

なにから始めて良いのかわからない」「ハウスメーカーの選び方を知りたい」という方におすすめ!
HOME4U 家づくりのとびら」は、元ハウスメーカー勤務の経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で、「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポート。

1.注文住宅を建てる費用の内訳

注文住宅を建てるには、単純な建物の建築費以外にも、必要な費用・税金があります。ここからは、費用項目について、詳しくご紹介します。

1-1.土地購入にかかる費用 土地代金
不動産会社への仲介手数料 など
1-2.住宅本体の工事費用2つと諸費用 建物本体工事費(建築費)
付帯工事費・別途工事費
諸費用

1-1.土地購入にかかる費用の内訳

家を建てるには、まず土地を用意しなければなりません。両親や親族のもつ敷地を利用できるケースもありますが、多くの方は新たに土地を購入します。

土地の購入には、以下の費用が必要です。

  • 土地代金
  • 不動産会社への仲介手数料(売買価格の3%+6万円+消費税)
  • 所有者変更の登記手数料(6~8万円+登録免許税)
  • 印紙代など
  • 不動産取得税(後日納付)

不動産取得税は、各都道府県から納税通知書が送付され、それを使って支払いを行います。なお、土地の購入から一定期間内にその土地に住宅を建てた場合、条件を満たすことで軽減措置(税率4%→3%)が適用されます(令和3年3月31日まで)。

※国税庁「No.7191 登録免許税の税額表

1-2.住宅本体の工事費用2つと諸費用の内訳

家づくりにかかる費用

土地の購入費用を除き、注文住宅本体にかかる費用、そのほかの諸経費に関して詳しく解説します。

建物本体工事費(建築費)の内訳

建物本体工事費(建築費)は建物そのものにかかる費用であり、注文住宅の総費用のおよそ70~80%が目安です。

基礎工事、木工事、内外装工事など建物の建築に必要な工事費用が含まれます。材料費や施工費用だけでなく、工事現場の囲いや廃材処分費、完成した後のクリーニングなどの費用もここに含まれます。
本体工事費用の詳しい費用項目は、次のとおりです。

工事の項目 項目の内容
仮設工事 外回りの足場、メッシュシート張り、竣工クリーニング、発生材処分費
養生費、仮設電気・水道工事、仮設水道光熱費、仮設トイレ、工事看板設置費など
土・基礎工事 基礎工事、土間工事、残土処分など
木工事 構造材等の木材料、大工施工費など
屋根・板金・外壁工事 屋根施工費、外壁張り施工費など
左官・タイル工事 基礎・土間モルタル施工費、左官壁施工費、タイル張り施工費など
塗装工事 内外の塗装施工費
内装工事 クロス張り、Pタイル床張り、畳施工費など
内外建具・家具工事 玄関ドア・サッシ材、建具材、家具造作施工費など
住宅設備機器工事 キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレ・火災警報器施工費など
防水工事 内外シーリング施工費など
電気工事 電線引き込み配線、コンセント、照明器具施工費、ネット・インターホン施工費
電力申請手数料など
給排水衛生工事 給排水配管施工費、外部足洗場施工費、メーターボックス設置費など
ボイラー等熱源工事 給湯・暖房等ボイラー施工費など

付帯工事費(別途工事費)の内訳

付帯工事費(別途工事費)は、建物本体以外にかかる工事費用を指します。金額の目安としては、注文住宅の総費用のおよそ10~20%と言われています。

外部の塀や駐車スペースの土間、庭などの外構工事、照明器具やカーテンの工事、冷暖房工事、地盤補強工事、既存建築物解体工事、水道・ガス引き込み工事などを含みます。

工事の項目 項目の内容
地盤改良工事 地盤調査の結果、改良が必要な場合に行う
既存建築物解体工事 建て替えなどで解体工事が必要な場合
水道・ガス引き込み工事 敷地内への配管工事
照明器具工事 照明器具費など
カーテン工事 カーテン、ブラインド施工費
冷暖房工事 エアコン、暖房工事
外構工事 塀、カーポート、駐車スペース、アプローチ施工費など
造園工事 植栽施工費

付帯工事・別途工事にかかる費用は、状況や要望によって内容が異なります。敷地によっては水道・ガスの配管が整備されている場合もありますし、地盤調査によって補強工事が必要ない場合もあるためです。また、更地であれば解体工事費はかかりません。

諸費用の内訳

諸費用とは、本体工事費や別途工事費以外にかかる費用で、注文住宅の総費用のおよそ5~7%が目安です。以下のように、主に事務的な部分や税金、また新生活にかかわる部分の費用になります。

  • 工事請負契約の印紙税
  • 建築確認申請手数料
  • 住宅ローン融資手数料・印紙税
  • 建物の登記手数料・印紙税
  • 不動産取得税などの税金
  • 火災保険料・地震保険料
  • 新生活の家具や家電などの購入費
  • 引っ越し費用

家を建てる際に必要な諸費用について、もっと詳しく知りたい方は関連記事「家づくりに必要な諸費用の内訳|費用を抑えるポイント」を合わせてご参照ください。

また、税金面では、以下のように、家を建てた方に向けて、様々な優遇特例があります。建てたい家のイメージや求める住宅性能に合わせて、しっかりと活用しましょう。

税金面でお得な特例

  • 住宅ローン控除
  • 長期優良住宅普及促進のための優遇措置
  • 住宅取得等資金贈与の特例
  • 不動産取得税の軽減措置

現在使うことができる補助金や減税対策について、また国が推奨するZEH住宅や長期優良住宅については、本記事にあるコラム「税金の補助金を活用する」をご参照ください。

注文住宅に必要な費用の内訳は複雑で、「どんな家を建てたいのか」「どんな土地に建てるのか」によっても異なります。

のちに混乱してしまうのを防ぐために、住宅展示場やハウスメーカー・工務店を訪れる前に、必要な費用を把握しておくことが大切です。そして、それをサポートするサービスとしておすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談です。

元ハウスメーカー勤務の専門アドバイザーが、住みたいエリアの土地相場価格を含めた注文住宅の予算相場や費用の考え方について、その場でお教えします。広く知識を得たい方には、講座形式でのご相談も可能です。
相談は完全無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

2.データに見る注文住宅の費用相場

ここからは、注文住宅を建てる際に必要な費用相場をデータから見ていきましょう。
住宅金融支援機構が調査したフラット35の利用者調査(2020年度)では、「土地ありで注文住宅の購入のみ」の場合と「土地なし(土地購入あり)で注文住宅を購入した」場合の所要資金と住宅面積の平均金額は、次のような結果となっています。

地域 土地ありで注文住宅の購入のみ 土地なしで注文住宅を購入
資金 面積 資金 面積
全国 3,534万円 124.4平米 4,397万円 111.1平米
首都圏 3,808万円 123.9平米 5,162万円 105.8平米
近畿圏 3,746万円 127.4平米 4,540万円 111.2平米
東海圏 3,606万円 126.5平米 4,412万円 114.8平米
その他地域 3,534万円 123.4平米 3,949万円 113.1平米

参照・引用:住宅金融支援機構「PDF2020年度 フラット35利用者調査

上記の表を見ていくと、注文住宅(土地購入なし)の所要資金は全国平均で3,534万円、住宅面積は124.4平米(約38坪)です。地域ごとに違いはありますが、この数字はひとつの目安になります。

土地なしで新たに土地購入が必要の場合、土地代金が高い都市部では費用は大きくなる傾向にあります。土地購入に費用がかかりすぎると、新築住宅にかけられる予算が減ってしまうため、費用バランスを崩さないように注意しましょう。

家を建てる費用相場や予算別の建てられる家のイメージについて知りたい方は、以下の関連記事をご参照ください。

家を建てる費用はいくら必要?建てられる家のイメージは?予算金額の目安を解説!
お家のいろは コラム
“税金の補助金を活用する”

せっかく家を建てるなら、補助金や税金の優遇制度を活用した家づくりも検討してみてはいかがでしょうか。
現在、国はSDGsの概念のもと、主に「環境に配慮した家」「長く住むことができる家」に対して、以下のような補助金や支援制度を設けています。

  • ・すまい給付金(建売住宅は2021年11月30までの契約まで)
  • ・ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金
  • ・グリーン住宅ポイント制度

また、都道府県、市町村など自治体ごとにも、「その土地の木材を使った家」や「移住した方」への補助金が存在します。各制度の締め切りを含めて、活用できる制度がないかを確認しておきましょう。

「このエリアにはどんな補助金制度があるの?」「この制度を活用したいけど、具体的にどうすればいい?」「ZEH住宅って、どのハウスメーカーなら建てられるの?」など具体的な情報が知りたい方は「HOME4U 家づくりのとびら」など、無料で注文住宅のプロに相談できるサービスがおすすめです。

ZEH住宅メーカーおすすめ8社を紹介!補助金についても解説
長期優良住宅ってオトクなの?メリット・デメリットを徹底比較

3.家を建てるスケジュールとお金の流れ

ここからは、一般的な家づくりのスケジュールに合わせて、お金の流れを確認していきましょう。

家づくりのスケジュールとお金の流れ

施主がハウスメーカーにお金を支払うタイミングは、通常4回(土地の購入を含めた場合は5回)です。契約金・着工金・上棟金・最終金と工事の進行に合わせて、支払いを進めていきます。

支払いの金額は、契約金額を均等に4分割する会社もありますし、契約金とその他3回分の金額を変える会社もあります。お金の支払い方法は建築会社と結ぶ「工事請負契約書」に記載することになっているため、事前に必ず確認しておきましょう。

また、住宅ローンを利用して支払う場合、完成までに支払う資金をいったんローン会社から借りる「つなぎ融資」という方法を利用することも可能です。

家を購入する際の流れや「つなぎ融資」の詳細は、以下の記事を合わせてご参照ください。

注文住宅の住宅ローン|融資実行日や支払いはいつ?流れを解説
住宅ローン以外に借りるローン「つなぎ融資」について知っておくべきこと

4.注文住宅の「資金計画」を立てる3つのステップ

注文住宅を建てる際に、最初に大切なのが「資金計画」をしっかりと組み立てておくことです。「何となく」進めるのではなく、以下の3つのステップを踏んで、予算づくり・ローンの返済計画を進めましょう。

4-1.(1)自己資金を洗い出す

まず、大切なのが「自分たちがどれぐらいの自己資金を用意することができるのか」ということを確かにしておくことです。

自己資金の洗い出し方
  • 貯蓄を確認し、将来のために残しておくべきものを差し引く
  • 親や祖父母、近しい親族からの援助が可能かを確認する

貯蓄はすべてを注文住宅に使ってしまうと、何か不測の事態が起こったときのリスクが大きくなってしまします。また、将来の教育費や介護費などの貯蓄も必要です。残しておくべき貯金には、手を付けないようにしましょう。

また、親や祖父母から住宅購入のための生前贈与を受ける場合は、特別な税金控除があり、贈与税が一定額まで非課税となります(2021[令和3]年12月31日まで)。非常に有用な制度のため、当てはまる方は必ず活用しましょう。

参考:国税庁「No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

4-2.(2)建てたい家のイメージから住宅ローンの「借入金額」を想定する

次に、どのような家のイメージを建てたいかによって、大体の予算を想定し、住宅ローンの「借入金額」がどの程度まで必要かを算出します。

家を建てる費用全体を考える際には以下のポイントにご注意ください。

  • 土地購入費用と建物の工事費用の割合は、4:6、または3:7程度が目安。
  • 「坪単価」には、建物本体工事費(建築費)しか含まれていない可能性が高い。

また、住宅購入時の費用目安となる「坪単価」には、「付帯工事費(別途工事費)」や「諸費用」は含まれないのが一般的です。単に坪単価だけを見て注文住宅の総費用と捉えることがないように注意してください。
坪単価の考え方や相場については、関連記事「坪単価とは?新築戸建て住宅の坪単価相場と費用を抑えるコツ」にて詳しく解説しています。

また、必ずほしい設備が、グレードアップやオプション追加をしなければつけられない場合、費用がオーバーしてしまう原因となります。住宅商品を参考にする際には、できるだけ標準仕様も確認しておきましょう

家づくりにかかる費用をしっかり把握して予算オーバー回避!

4-3.(3)月々の返済額を確認しながら住宅ローンを決める

全体の費用のイメージができたら、次は月々の返済額を考えながら、住宅ローンを決めるプロセスに移っていきます。

月々の返済額も、あまり負担が大きくなりすぎないように注意が必要です。日々の貯蓄や将来的に発生する可能性がある育児・介護の費用なども加味して、返済金額や方法を検討しましょう。

また、自己資金は、ローン実行前に発生するお金の支払いにも必要となります。自己資金の全額を頭金としてカウントせず、「支払い分」と「頭金分」を分けて考えましょう

途中の支払いがどの程度発生するかは「どんな家を建てたいか」「土地の購入や地盤改良が必要か」によっても異なります。
ご自身の建てたい家や個々のご状況を含めて、抜けのない資金計画を立てたい方には「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスがおすすめです。

元ハウスメーカー勤務で多くの実績を積んだ専門アドバイザーが、マンツーマンで資金計画をお手伝いします。

土地探し、ハウスメーカー選びも並行してスタートすることができるため、スムーズに注文住宅を新築する計画を走り始めることができます。

【必見】失敗しない家づくりは
資金計画の検討が大事!

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 土地と建物の費用・予算配分がわかる
    住宅ローンの予算シミュレーションや、住みたいエリアの坪単価などもお調べできます。
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    予算イメージから、【中立・客観的】な立場で、あなたにぴったりなハウスメーカーをご案内します!
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

5.家を建てる費用を予算内に抑える4つのポイント

理想の家を建てる際、さまざまな要望を盛り込んでしまうと予算を超えてしまうこともあります。特に、最初に作成する住宅プランから何を差し引いていくべきかを悩む方は多いはずです。

ここからは、家を建てるための予算がオーバーしてしまった方に、予算削減のポイントをご紹介します。費用を抑える4つのコツを活用して、賢く予算内に収めましょう。

新築注文住宅のよくある失敗事例集|後悔しないポイントと対策

5-1.土地代を抑える

土地に予算をかけすぎれば、住宅の建築費に使える費用が圧迫されます。
以下の2つのポイントから土地の条件を見直してみましょう。

  • 立地条件を見直す
  • 敷地面積を抑える

土地代を抑えることで住宅にかかる費用を削減することなく、家づくりのトータル費用を削ることができます。
土地の購入が必要な場合は、住宅の費用とのバランスを考えながら、どちらかに寄り過ぎないように気を付けましょう

プロが教える「土地」の探し方|理想の土地を選ぶ方法と裏ワザを伝授!

5-2.坪数(延床面積)を削減する

住宅の坪数を減らすのは、直接的に費用の削減につながります。
「こんな部屋やスペースがあったらいいな」という理想のすべてをストレートに盛り込んでいけば、それだけ坪数は大きくなる可能性が高くなってしまうでしょう。

要望に優先順位を付けて整理することで、削減できる部分を見つけることができます。家族の意見も聞きながら、しっかり話し合いすることをおすすめします。

また、どうしても坪数を減らしたくない場合は、部屋数を減らす、建物の形を四角などのシンプルなものにするなど別の方法を考えましょう。ローコスト住宅メーカーの提案と比較してみるのもおすすめです。

ローコスト住宅で人気のおすすめハウスメーカー11選!【比較一覧表つき】
ローコスト住宅が安い理由は?デメリット対策、コストを抑えるコツとは【注文住宅】

5-3.外構工事を抑える

外回りの塀やフェンス、駐車スペースやアプローチ、庭などの外構工事費を見直してみてください。

外構工事費は一般的に、付帯工事・別途工事の中でも費用の割合が大きくなる部分です。工事をする範囲や使う素材によって金額が大きく上下します。

全体的なバランスも考え、削減するにはどのような方法があるか、ハウスメーカーに工事プランを請求することをおすすめします。

5-4.設備・仕様グレードを抑える

キッチンやユニットバス、洗面所など、住宅設備のグレードを再度検討してみましょう。極端にグレードの高い設備が含まれていたり、全てをハイグレードの設備に揃えていたりしていませんか。

まずは「グレードを落としてもいい部分」「グレードを落としたくない部分」に分けてみましょう。グレードを落としてもいい部分から、コストダウンを検討します。

また、外壁や内装の素材・仕様についても、グレードを見直してみるとよいでしょう。
こだわりたい部分が「標準仕様」に含まれている住宅商品を選ぶことも、大きな節約につながります。

こだわりたい条件からハウスメーカーを絞り込むのがお得!

こだわりたい条件からハウスメーカーを探すことで、「標準仕様」のままで満足できる注文住宅を建てることができます。

また、複数の「こだわり」や「希望条件」をすべて実現してくれるハウスメーカーを探したい場合は、ぜひ一度「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスをご利用ください。

HOME4U 家づくりのとびら

注文住宅に関する専門アドバイザーが、ご予算やご要望条件にぴったりと合ったハウスメーカーを複数ご案内します。一番大変なハウスメーカーの絞り込みをお手伝いするのはもちろん、「本当にこのハウスメーカーと契約しても大丈夫かな‥」と不安な方も、最後の答え合わせとしてご活用いただけます。

まとめ

この記事では、注文住宅の購入にかかる費用の内訳、相場や家づくりのスケジュール、費用の内訳や削減するポイントについてご紹介しました。

資金計画を立てる際には、土地と建築費用を合わせた総予算の枠、こだわりたいポイントを明確に決めるところからはじめましょう。

まずは、一緒に暮らす家族やパートナーと話し合い、現実的な範囲で計画を立てていくことが大切です。わからないことがあれば、ハウスメーカーに確認してみましょう。「まだ依頼すると決めていないハウスメーカーには質問しづらい‥」という方には、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスがおすすめです。

家を建てるために必要な費用をしっかりと把握し、失敗しない理想の家づくりを進めましょう。

この記事のポイント まとめ

注文住宅を建てる費用の内訳は?
土地にかかる費用
  • 土地代金
  • 不動産会社への仲介手数料
  • 登記手数料
  • 印紙代
  • 不動産取得税
建物本体工事費(建築費)
  • 仮設工事
  • 土・基礎工事
  • 木工事
  • 屋根・板金・外壁工事
  • 左官・タイル工事
  • 塗装工事
  • 内装工事
  • 内外建具・家具工事
  • 住宅設備機器工事
  • 防水工事
  • 電気工事
  • 給排水衛生工事
  • ボイラー等熱源工事
付帯工事費(別途工事費)
  • 地盤改良工事
  • 既存建築物解体工事
  • 水道・ガス引き込み工事
  • 照明器具工事
  • カーテン工事
  • 冷暖房工事
  • 外構工事
  • 造園工事
諸費用
  • 工事請負契約の印紙税
  • 建築確認申請手数料
  • 住宅ローン融資手数料・印紙税
  • 建物の登記手数料・印紙税
  • 不動産取得税などの税金
  • 火災保険料・地震保険料
  • 新生活の家具や家電などの購入費
  • 引っ越し費用

それぞれの詳しい解説については、「1.注文住宅を建てる費用の内訳」をご参照ください。

注文住宅の費用相場はいくらぐらい?

土地ありで注文住宅を建てた場合の所要資金は全国平均で3,534万円、土地なしで注文住宅住宅を建てた場合は4,397万円です。

より詳しい解説が知りたい方は、「2.データに見る注文住宅の費用相場」をご一読ください。

家を建てる際にお金の支払いは何回ある?

施主がハウスメーカーにお金を支払うタイミングは、通常4回(契約金・着工金・上棟金・最終金)。土地の購入が必要な場合は、5回です。

お金を支払うタイミングについて知りたい方は「3.家を建てるスケジュールとお金の流れ」のチャート図をご確認ください。

注文住宅の「資金計画」を立てる3つのステップは?
  1. 自己資金を洗い出す
  2. 建てたい家のイメージから住宅ローンの「借入金額」を想定する
  3. 月々の返済額を確認しながら住宅ローンを決める

詳細は「4.注文住宅の「資金計画」を立てる3つのステップ」をご参照ください。

家を建てる費用を予算内に抑える4つのポイントとは?
  • 土地代を抑える
  • 坪数(延床面積)を削減する
  • 外構工事を抑える
  • 設備・仕様グレードを抑える

詳しいポイントや注意点については「5.家を建てる費用を予算内に抑える4つのポイント」にて解説しています。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方の方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる
    ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける
    注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる
    スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。