売却時に知っておきたい!全面リフォームすると家が売れなくなる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家やマンションを売る際、事前にリフォームをしておいたほうがいいか迷う方も多いかと思いますが、売却前の全面リフォームはオススメしません。

どうして全面リフォームをオススメしないのか?それには理由があります。

今回は、全面リフォームをオススメしないその理由と、リフォームなしでも家を売れやすくする方法をご紹介します。

1.売却前の全面リフォームは不要

たとえば、あなたが何か中古のリサイクル品を購入する際に、同じ機能でデザインも似ているものが2つ見つかったとしたら、ついついキレイな方を手に取ってしまうのではないでしょうか。

これを家に当てはめ、売買逆の立場に立って考えると、家を売るならリフォームしていない家よりは、きれいにリフォームした家のほうが買ってもらいやすいのではないか、と思うかもしれませんね。

しかし、最近ではリフォームしていない家のほうが売れやすい傾向にあります。

どうしてリフォームしていない家のほうが売れやすいのでしょうか?

1-1.オススメなのはリフォームなしでの売却

最近では、全面リフォームした家よりも、リフォームしていない家のほうが購入してもらいやすい傾向にあります。

その理由は、リノベーションをするための中古物件を求めるケースが増えている からです。

リノベーションとは、家の骨組みのみを残して、内外装や間取りなどを全面的に改修したり交換したりすること。

自分のライフスタイルにあわせた家に再生することで、より快適で自分らしい暮らしを追求することができる点に加え、資産価値の維持、場合によっては向上したりするという点も人気の理由といえます。

自分の理想をかなえる家を新築で建てるのは費用もそれなりにかかりますが、あえて中古物件を購入し、自分の好きなスタイルにリノベーションする方が安く済むというわけです。

それに、売ろうとしている家をキレイにリフォームしたとしても、買い手の好みに合わなければ意味がありません

リフォームをおすすめしない理由は、それだけではありません。リフォームをすると売る側としてはリフォーム代の回収のため、価格をなるべく高めに設定することになります。

「ん?高く売れるなら良いのでは・・・」とお思いかもしれませんが、それは売れた場合のはなしで、購入希望者は希望に沿う家をできるだけ安く買いたいと考えているものです。

そのため、家の査定価格にリフォーム費用を上乗せして高く売ろうとしても、うまくいかないのが現状。近隣の相場よりも高くなることで、逆に売れにくくなってしまうのです。

家やマンションを売りたいのなら、リフォームはせずに現状のままで売却することをオススメします。

実践した人の9割以上が「やって良かった」と答えている“家を高く売るためのコツ”を見る

2.リフォーム以外に、家が売れやすくなる方法

売却前にリフォームしなくても、家が売れやすくなる方法があります。

それは、ハウスクリーニングをすることです。

家をリフォームすると、場所によって数十万円、多くて数百万円の費用がかかります。その点、ハウスクリーニングの場合は、リフォームの10分の1、ケースによってはそれ以上の安さで、家を見違えるほどきれいにすることができます。

ハウスクリーニングについて、詳しくは「自宅の売却前にハウスクリーニングをするべき3つの理由と料金相場」をご覧ください。

自宅の売却前にハウスクリーニングをするべき3つの理由と料金相場

それに、ハウスクリーニングは、次のような効果もあります。

購入希望者は、内覧で家の状態や周りの環境などをチェックして、購入を決めます。そのため、内覧で「ここに住みたい!」と思わせる工夫をすることがもっとも重要なのです。

その工夫として最適なのが、ハウスクリーニングなのです。

特に、徹底してクリーニングしておきたい場所は、水を使う場所。ここは生活感が出やすく、内覧者も注意してチェックする場所です。

キッチンや浴室、洗面所、トイレに清潔感があると印象が良くなり、購入につながりやすくなるので、徹底的にクリーニングしておきたいところです。

3.リフォームを検討したいケース

部屋の場所によっては、ハウスクリーニングをしてもきれいな状態に戻りにくい場所があります。

それは、結露による黒カビで汚れてしまったり、はがれたりした壁紙です。

北側にある部屋やマンションなど気密性の高い家は、結露に悩まされがち。家具の裏など、普段は目につきにくい場所は、結露による黒カビが付きやすいのです。それに、結露で壁紙がはがれることもあります。

そこで、壁紙が黒カビなどでひどく汚れていたり、はがれや破れが気になったりするところは、壁紙を張り替えたほうがよい場合があります。

☆6畳間の壁と天井の壁紙を張り替えた場合

費用の相場:4万円~7万円

(※費用は、依頼する業者や選ぶ壁紙の種類により異なります。)

ただし、リノベーション予定の人など購入希望者によっては、壁紙の汚れを気にしない人もいます。

そこで、家を売却するときに壁紙の黒カビ汚れなどが気になる場合は、まず不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

4.まとめ

家を売るためには、購入希望者の第一印象をよくすることが重要です。

でも、事前に全面リフォームをする必要はありません。

全面リフォームしなくても、ちょっとの費用でのリフォームやハウスクリーニングなどで家が売れやすくなる方法があるのです。

家を確実に売るために、今回ご紹介した方法をぜひ実行してみてくださいね。

もし、この記事をお読みの方の中に「これから不動産を売ろうと思っているけど、何から始めれば良いかが分からない」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、こちらの「利用した人だけ得をする!不動産を売るなら一括査定すべき2つの理由」の記事をご参照下さい。

不動産を高く売るなら、まずは安心して任せられる不動産会社探しから

あなたは、不動産の売り方がわからない、いくらで売れるか不安、どこに相談していいか分からない、などのお悩みを抱えていませんか。

そんな時にはまず、信頼できる不動産会社を探すこと から始めましょう。不動産会社の選び方を間違えてしまうと、市場価格よりずっと安く売れてしまった!など、損をしてしまう可能性 があります。

HOME4U(ホームフォーユー)なら、物件を売る際に損をしないように、複数の不動産会社を比較し、物件の種類や特徴に応じて、あなたに一番合った不動産会社をご紹介します。

HOME4U安心の3つのポイント

  • 日本初の不動産一括査定サイトだから実績豊富
  • 厳選した550社の優良企業からあなたに合った不動産会社をご紹介
  • 査定依頼した会社以外からの連絡は一切ないから、安心

NTTデータグループ運営のHOME4Uで、信頼できる不動産会社を探しましょう。


まずは査定をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

査定価格に500万円も差が!?
あなたのお家いくらで売れるか、査定価格を今すぐ比較